<   2015年 04月 ( 48 )   > この月の画像一覧

2015年 04月 05日
なぜブログをすると好きが仕事になるのか~ブログ開始2ヵ月で好きなことがお金になったかさこ塾生!
e0171573_2345933.jpg

好きを仕事にしたいならブログをやれ!との教えのもと、
講義やかさこ塾をしているわけですが、
わずかブログ開設2ヵ月で好きなことがお金になった人が!

かさこ塾5期生のプリザーブドフラワー作家の絵美子さん。
4/3に物販ブースでイベント初出展したところ、
「ブログを見たので来ました」というお客さんがきて、
プリザーブドフラワーを購入していってくれたとのこと。

絵美子さんは上場企業でバリバリ働いていたが、ストレスで倒れたことがきっかけで、
プリザーブドフラワーに出会い、初めて自分が花が大好きなことに気づき、
プリザーブドフラワー作りをはじめた。
花が仕事になればと、今年1月のかさこ塾を受講し、
かさこ塾でブログ開設の宿題が出てから、
「プリザーブドフラワー作家・絵美子の花で暮らしを豊かにするヒント」
というブログを始めた。

ブログ始めてからわずか2ヵ月にもかかわらず、
あまりサボらずにほぼ毎日更新を続けた結果、
イベントの集客にブログが役立ち、
しかも物を購入してくれるという、
くだらん炎上記事書いてアクセス集めて、
広告収入稼ぐという全近代的なブログでの稼ぎ方ではなく、
まさに好きなことをテーマに情報発信し、
それによって好きな仕事(お金)になった素晴らしい例だと思う。

そして何よりも、お金になるならない関係なく、
ぜんぜん今まで自分が知らない人がブログを読んでくれて、
わざわざ会いに来てくれるというこの上のないうれしさ!

ちなみに「プリザーブドフラワー作家」で検索すると、
一番上に絵美子さんのブログが出てくる。
これぞ、ユニークな肩書きの勝利!

私ももうほぼ毎日更新して15年がたつけど、
「ブログ読んで会ってみたいのでイベントに来ました」
といってくれるこの一言がどれだけうれしいことか!
これはブログをやっている人にしかわからないうれしさだと思う。

絵美子さんのブログにも、
「ブログやってて良かったよおぉぉー(≧∇≦)!!」
と書いてあるけど、ほんとブログやっていて、
こんなうれしいことはないんです。

ブログをやらないとどうなるか?
イベントや物販始めたところで、
知り合いに声かけるしかない。

知り合いで、自分が始めた好きな活動を、
応援してくれる人はいるかもしれない。
でもね、リアル友達からそういうの誘われて、
正直うざいなと思う人もいっぱいいるはず。
「バンドやってライブ来てくれませんか!」とか、
「演劇やっているので今度講演来てくれませんか!」って、
リアルな関係が先にあると、正直うざいと思う人はかなりいると思う。
また1回ぐらいは来てくれたとしても、
何度も来てくれる人はそうそういない。

でもブログをやっていたら違う。
その活動に興味のある人が来てくれる。
無理やり仕事仲間とか家族とかを誘うわけじゃない。
相手もいろんなブログを見た中から、
この人はおもしろそうだから行ってみたいと思って来る。
だから相思相愛になれるわけです。

しかもブログならいろんな人に見てもらえる。
イベントやるから来てねってリアルな人間関係に伝えてもたかがしれてる。
でもブログなら今まで出会ったことのない人に伝えることができる。
こんなすごいツールはないわけです。
しかも無料でできるんだから。

好きなことを仕事にしたいのなら、
好きなことをブログで毎日情報発信しよう。
たったこれだけで夢は叶います。

ぜひみなさんも実践してみてください。
本気で好きなことを仕事にしたいのなら、
「いつかやろう」ではなく、今すぐ始めてみればよいかと。

ちなみにどうやってやったらいいか。
1:独学でやる
→がんばってください!

2:好きを仕事にするセルフブランディング術11カ条が書かれている、
無料冊子「かさこマガジン」を取り寄せ、熟読し実践してみる。
→郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

3:細かなノウハウを学ぶために1回限りの講義に参加してみる。
→現在開催中の講義一覧
http://kasakoblog.exblog.jp/22932159/
講義に参加できない方は、ブログ術講演DVDを購入して学ぶ。
http://kasakoblog.exblog.jp/20700792/

4:自分一人ではなかなかできず、またやったところで、
独りよがりのブログになってしまう人は、
宿題も出て添削もあり、アドバイスもあり、仲間もできる、
かさこ塾に参加してみる。
→6/2よりかさこ塾7期生募集開始
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・プリザーブドフラワー作家・絵美子さんのブログ
http://ameblo.jp/nomuemi/

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-04-05 23:14 | セルフブランディング
2015年 04月 05日
ブログ文章添削講座5:ブログは丁寧に書くよりコンパクトに書け!
ブログを長時間かけて丁寧に書いているんだけど、
書いた文章が自分の中でもモヤモヤしていて、
スッキリしない人にために、ぜひアドバイスしたいのが、
丁寧に書くよりコンパクトに書け!という点。
実際の事例を、かさこ塾2期生で、
週末弾丸旅行家たなひでさんの記事をもとに解説します。
※あくまで私の主観です。

・・・元記事・・・(元記事はさらっと読み流す程度でよいです)
(タイトル)
どんなホテルでも1500円割引で泊まる、たった1つの方法

(本文)
毎月の弾丸旅行や仕事での出張合わせると年間20日以上泊まってるので
ホテル代だけでもバカになりません。

そんなホテル代を一泊1500円引きで泊まる方法をご紹介します。
地方のホテルであれば素泊まり3000円~6000円ぐらいなので
割引率は25%~50%とかなりお得感あります。

■ホテルを割引で泊まる手順 その1
楽天プレミアムカードに入会

年間費10,800円掛かりますが
年間7泊以上泊まるのであれば元は取れます。
その他にも海外保険がついてきたり旅行者にはお得な特典が多いです。
入会したら3コース選べますがホテルが
割引になるトラベルコースを選択しましょう。

■ホテルを割引で泊まる手順 その2
楽天プレミアムカード ホテル予約専用ダイヤルに電話で予約
プレミアム専用ダイヤル:050-2017-8920

残念ながら予約は通常の楽天ホテル予約サイトからは出来ません。
オペレーター経由で予約をとる事になっています。
24時間受付してくれるのでこの点は我慢するしかありません。

楽天ホテル掲載ホテルでカード決済のホテルであれば
全て1500円引きで泊まることができます。

また以下2点の注意が必要です。
1.予約する場合にカードを手元におきましょう。
オペレーターにカード番号を聞かれますので手元に用意しておきましょう。
2.予約した後には予約情報をメールで貰うように伝えましょう。
予約はあくまでオペレーターから予約したことになり
Webなどで予約情報を確認する方法がありません。
なので、最後に今の予約情報をメールで下さいと
必ず伝えるようにしましょう。予約証の代わりになります。


・・・改善点・・・
<全体>
非常に丁寧な文章なのですが、丁寧すぎて、
逆にまどろっこしい感じがしてしまいます。
もっとコンパクトに書く方がすっと読み手の文章が入ってきます。

<タイトル:数タイトルのつけ方に注意!>
元のタイトルである、
「どんなホテルでも1500円割引で泊まる、たった1つの方法」は、
悪いタイトルではないのですが、2つ気になる点があります。

1つは「たった1つ」。
数字を入れるタイトル=数タイトルは興味を引きやすいのでよいのですが、
数タイトルは3つ~7つぐらいある場合の方がよいです。

「たった1つ」を使う場合は、いっぱい答えがありそうなのに、
たった1つしかないの?!というテーマのものに使う。

例:
人に好かれるたった1つの方法

人に好かれる方法っていっぱいありそうなのに、
たった1つでいいの?と意外性があるから読みたくなる。
なのでホテルが1500円割引になるというのは、
「たった1つ」ではあまり驚きや意外性がなく、
むしろ「それしかないの?」的な印象を与えてしまいかねません。

そこで、私ならこんな風にタイトルを変えます。

どんなホテルでも1500円割引で泊まる、たった1つの方法

旅行者必見!どんなホテルでも1500円割引になる方法教えます!

まず「旅行者必見!」というターゲットを明確にして、
煽りっぽい文言を挿入すること。
また「たった1つの方法」という落ち着いた感じのタイトルではなく、
「方法教えます!」という勢いのある感じにすると、
「なになに?!」読んでみようと思ってくれる可能性が高まります。

<出だしが重要>
現状の出だしは自分事の出だしなのでこれも変えた方がいいでしょう。

自分はいっぱい旅行に行っているのでホテル代がかさむ。

あんたが旅行に出掛けてホテル代がかかってるなんて知らねえよ!
となってしまう可能性があります。
そこで出だしは、読者目線に変えます。

旅行でお金がかさんでしまうのがホテル代。
そんなホテル代を節約するとっておきの方法を紹介します。

出だしを変えるだけで、読み手の印象がぐっと変わるはずです。
「みなさんもそう思ってますよね?」といった、
相手の共感を得る文章から始めて、
その問題にこんな方法があるので教えてあげる!となると、
出だしで読者が食いついてくれます。

<コンパクトにする構成>
現在は手順1、手順2という紹介の仕方になっていますが、
それほど複雑な手順ではないので、
わざわざ見出しを2つも立てて、丁寧に解説する必要はないと考えます。
また手順の中にメリットが入ってしまっているので、
読みにくい文章になっています。

そこで手順1・2をたった3行にしてしまいます。

ズバリその方法とは、
・楽天プレミアムカードのトラベルコースに入会し、
・楽天のホテル予約専用ダイヤルで予約することです。

こんなにスッキリしました。
その後に、メリットを書き、注意点を書けば、
構成上も読みやすくなります。

<最後のオチがない>
この記事は注意点で終わってしまっています。
最後まで読んだ人はオチがないのでモヤモヤ感が。

そこで最後に、

国内宿泊が多い方は楽天プレミアムカードに、
入会してみてはいかがでしょうか?

みたいな終わり方にするとスッキリします。

<自分の気持ちを入れる>
またあくまでこれは私の邪推なのですが、
全体的に記事が説明口調でリズミカルな感じがないのは、
もしかしたら筆者がこのサービスを、
それほどいい割引サービスだと思っていないのではという点です。
丁寧に書いているからなのかもしれませんが、
「これ超オトク!私もむっちゃ使ってる!これすごくいいから使ってみて!」
っていう気持ちが感じられないので、おすすめされているんだけど、
本当におすすめなのかなという気がしないでもないです。

もしおすすめであれば、丁寧な文章を書くより、
気持ちを込めた文章を書くとよいでしょう。

・・・私の改良記事・・・
(タイトル)
旅行者必見!どんなホテルでも1500円割引になる方法教えます!

(本文)
旅行でお金がかさんでしまうのがホテル代。
そんなホテル代を節約するとっておきの方法を紹介します。

ズバリその方法とは、
・楽天プレミアムカードのトラベルコースに入会し、
・楽天のホテル予約専用ダイヤルで予約することです。

1泊1500円引きなら、地方のホテルで、
素泊まり3000円~6000円ぐらいの場合、
割引率は25%~50%とかなりお得感あります。

ただ楽天プレミアムカードに入会すると年会費が10800円かかります。
しかし年間8泊以上(8泊×1500円=12000円)、
泊まるのであれば元は取れます。
私の場合、年間20日以上は宿泊しているので、
20泊×1500円=30000円割引となり、約2万円プラスになる計算です。
その他にも海外保険がついてきたり旅行者にはお得な特典が多いです。

注意点がいくつかあります。
通常の楽天ホテル予約サイトから予約ができないこと。
オペレーター経由で予約をとります(24時間受付対応)。
また予約する場合にはカードを手元においてカード番号を伝える必要があります。
予約後は予約情報をメールで送ってもらうようにしてください。

国内宿泊が多い方はぜひ楽天プレミアムカードに、
入会してみてはいかがでしょうか?
・・・・・・・・・

というわけで、第6回のブログ文章の秘訣は、
丁寧に書くよりコンパクトに書け!です。

今回のブログ文章添削講座の記事を提供していただいたのは、
サラリーマンの週末弾丸旅行術のたなひでさんのブログ。
http://www.dan-gan.com/

私に負けず劣らずの珍スポット好き!
特にチベット秘境写真はすごいです!
http://kasakoblog.exblog.jp/22339054/

※ちなみに私は旅行、出張であちこち国内宿泊しますが、
楽天は生理的にきらいなので、じゃらんを使ってます。

<これまでの文章添削講座記事>
ブログ文章添削講座1:導入を変えれば記事は様変わりする!
http://kasakoblog.exblog.jp/22900471/

ブログ文章添削講座2:テーマを絞ってオチをつける!
http://kasakoblog.exblog.jp/22901086/

ブログ文章添削講座3:ブログ文章の黄金パターンで書け!
http://kasakoblog.exblog.jp/22901318/

ブログ文章添削講座4:自分日記を他人に役立つ記事に変換!
http://kasakoblog.exblog.jp/22902573/

<かさこ塾生には無料でこうした文章添削もします!>
・6/2よりかさこ塾7期生募集開始
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況>
http://kasakoblog.exblog.jp/22932159/

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-04-05 20:17 | ブログ術
2015年 04月 04日
社長夫人から転落し、自殺を考えた人生を救ったカードとの出会い~ラファエラさん
e0171573_212787.jpg

25歳で銀行員の夫と職場結婚したラファエラさん。
子供も生まれ、専業主婦こそ私の天職!と幸せな人生を送っていたはずだった。
ところが、夫の勤め先である銀行が吸収合併。
合併後、吸収された側の立場であった夫は、
銀行にいづらい職場環境になってしまい、
やむなく銀行を退職せざるを得なくなってしまった。

しかし一見、この不幸に見える出来事が幸運に転じた。
夫は銀行員退職後、1年間、IT関連企業に勤めた後、独立。
仕事は順調で、個人事業主から有限会社化し、さらには株式会社化。
夫の年収は右肩あがりで、
ラファエラさんは社長夫人として専業主婦を謳歌し、
クレジットカードは富裕層のステータスともいうべき、
“ブラックカード”を持つまでに至った。

お金に不自由なく、仕事もせず専業主婦として暮らせる、
こんな素晴らしい人生はない。
しかし人生は暗転する。
事業が不振になり、2013年に夫の会社は倒産してしまったのだ。

お金のかかる大きな子供も2人いる中、まさかの会社倒産。
これまで悠々自適な社長夫人生活を謳歌していたにもかかわらず、
180度違う生活を強いられることに。
そこで気づかせれた。

「私には何もできない」

もうこんな生活はイヤだ。
どこへ行くにも着物のひもを持ち歩き、
どこかで首を吊って自殺しようと考える毎日だった。

そんな時、たまたま出会ったのが、
タロットカードから派生したインナーチャイルドカードだった。
カードを使って悩みを解決するセラピーなのだが、
ネガティブ思考で死ぬことしか考えていない自分が、
このカードに出会ったことで、救われたというのだ。

カードに教えられたこと。
それは自分の気持ち次第で、現実を捉え直し、
いい方向に持っていけること。
自分はあれもできない、これもできないと思い込んでいただけで、
どんな年齢になっても無限の可能性があるのだということ。
強く夢を願えば叶えられること。

このカードはすごい。
死のうと思っていた私を救ってくれた。
このカードは悩みを持っている多くの人の問題を、
解決する手段になるのではないか。
自分も救われたようにこのカードを広めて救いたい。
そんな思いから、このカードを学び、
インナーチャイルドカードセラピストとして活動するようになった。

このラファエラさん。
4/3に京都で行った私の「好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術講義」に来ていて、
はじめてお会いした。

私ははじめ単なる占いやタロットカードもどきなのかと思った。
ただひかせて「あなたはこのカードを引いたからこんな運勢ですね」
みたいな余興として楽しむにはおもしろい、トランプみたいなものだと思っていた。
私は占いやタロットには興味はない。
引いて運勢わかるなら誰も人生には苦労しないし、
引かせて勝手に運勢を決めつけられることがイヤだからだ。

ただラファエラさんによると、このカードは、
占いやタロットカードとはぜんぜん違う代物だという。
しかもこのカードセラピーをすると、多くの相談者は涙を流すという。

ほんとなのか?!と思っていたのだが、講義を終えた後の懇親会で、
「公開カウンセリングしてみましょうか?」という話になり、
講義参加者のヘップバーンさんが、悩みを相談。
カードを使って何枚かテーブルに並べていった時点で、
ラファエラさんが「もうわかっちゃった」と話し、
「ヘップバーンさんが壁を感じているのは、
そのこと自身ではなく、何か別の要因が引っかかっているからではないか」
といったような話をしたところ、
(実際にはもうちょっと詳しい話をしていた)
なんとヘップバーンさんの目にいっぱいの涙が浮かび始めたのだ。
それはあっという間の出来事だった。
図星だったらしい。

その後は並べた数枚のカードに対し、
ラファエラさんが「このカードはどう思う?!」
などと質問をしていき、その答えによって、
ヘップバーンさんにアドバイスをしていった。
解決する糸口が見つかったのか、
一連のカウンセリングを終えると、気分晴れやかなヘップバーンさんがいた。

ヘップバーンさんのブログにはこの時のことがこう書かれている。

「普段は占いなどは全く信じないのですが、
なぜかラファエラさんのコーチングはぜひ受けてみたいと思いました」

「最初にインナーチャイルドカード6枚を私が引き、
その後すぐそれらのうちの1枚目のカードをラファエラさんが取り上げられて、
私が現在乗り越えられていない1つの壁について、さらっと語られました。
もう、あまりにもびっくりして、思わず涙が溢れ出てしまいました。

そして2枚目、3枚目、4枚目と、それぞれのカードについても語られ、
私の心の中にしまい込んでいた思いをどんどん引き出してくださいました。」


http://ameblo.jp/audryhepburn/entry-12009867021.html

公開カウンセリングを見ていた私も含め懇親会の出席の人たちは驚き!
なぜこんなすごいことができるのかと思って、ラファエラさんに話を聞くと、
「実は私自身もこのカードに救われたんです」といい、
夫の会社が倒産し、自殺しようと思っていた先ほどの話などをしてくれた。
これにまた私も含め、懇親会の出席者が驚き!

そこでなるほどと思った。
ラファエラさん自身が優雅な生活から一転し、
死にたいと思うまでの転落人生や、
ネガティブな思考から抜け出せない日々があり、
でもそこから抜け出せた経験があるからこそ、
的確なアドバイスができたのではないかと。

ラファエラさんのカウンセリングを見ていると、
カードを引かせてそれによってああだこうだと決めつけるような、
偶然性の高い占い的なものではなく、
カードという道具は使っているものの、
カードをもとに質問を投げかけ、その答えによって、
心理状態を読み、アドバイスするという心理カウンセラーのようなものだった。
それもそのはず。ラファエラさんは心理カウンセラーの資格もあるという。

なるほど。カードはツールに過ぎないんだなと。
カードがあるから悩みが“当たる”のではなく、
カードはあくまで手段に過ぎず、
ラファエラさんの豊富な人生経験があるからこそ、
悩みをアドバイスできるんだなと。

私が冗談で「私もこのカード使って、お悩み相談でもしようかな」
なんて言ったら、「人生経験豊富な人ならできると思いますよ」と。
なるほど。
カードうんぬんの前に人生経験が物を言うということなら、
確かに偶然性の高い占い的なものではなく、
心理カウンセラー的な悩み解決になるのだなと。

そういえば翌日東京で「お悩み相談フェス」というのがあり、
占い死ね死ねブログの酒井日香さんが「占いと霊能力」について、
こんな話をしていたのが興味深かった。

「人生に煮詰まった人を助けるのは占いぐらいしかないのかもしれない」

人生追い込まれてどうしようもない状態の人が、
病院に行けるような精神状態ではないだろうし、
かといって大まじめに人生相談して話を聞ける状態でもない。
そんな中で、お遊びっぽい気楽さのある占いやカードは、
わらをもすがる深刻な悩み相談者にとって、
とっつきやすく、かつ話を聞きやすいツールになるのではないか。

インターチャイルドカードセラピストというと、
なんかうさんくさい感じもするけど、
ラファエラさんの経歴を聞いたら、
「なるほどこんな人生経験を持っている人だからこそ、
的確な悩みアドバイスができるんだな」と思った。

かさこ流セルフブランディング術11ヵ条の中で、
「強みのわかるプロフィール作成」というのがある。
なぜ今この活動をしているのか。
活動を始めたきっかけを自分の過去の経歴から解説すれば、
「なるほど、こういう想いでこの活動をしているのか!」
「本人がこんな体験があったからこの活動をしているのか!」と、
見る側が納得でき、信頼することができる。

ラファエラさんは自身の経歴を打ち出すことで、
あやしげなカードセラピストではなく、
ちゃんとしたお悩み解決アドバイザーとして、
信頼できることになると思う。

京都講義の受講者は全員女性だったのだが、
懇親会のラファエラさんによる公開カウンセリングの後、
何人かがすぐさまラファエラさんに個人セッションを頼んでいた(笑)。
その場で公開カウンセリングの威力と、
自身のこれまでの人生語られたら、
これはお願いしたいと思うだろう。

それにしても人生いいことも悪いこともあるけど、
その中で自分の使命や好きなことを見つけて、
自分も楽しみながら他人を楽しませることが、
何より重要なことなんだなとしみじみ思った。

・ラファエラさんのホームページ
http://raphaela-love.com/

・ラファエラさんのかさこ講義感想ブログ記事
http://ameblo.jp/purin1226/entry-12009949635.html

・ラファエラさんの公開セッションの感想ブログ記事
http://ameblo.jp/purin1226/entry-12009946357.html

・京都講義を主催してくれたフアミさんの懇親会感想記事
http://ameblo.jp/imecon-37/entry-12010195821.html

<お知らせ:地方講義まだまだやります!>
・4/16(木)宇都宮(15:00-17:00)
定員12名、予約9名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22825084/

・4/18(土)大阪(14:30-16:30)
定員40名。予約28名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22820592/

・4/19(日)岡山(9:30-11:30)
定員15名、予約9名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22832966/

・4/24(金)大分中津(13:00-15:00)
定員12名。満席

・4/25(土)福岡(14:30-16:30)
定員20名、予約19名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22820596/

・4/30(木)秋田(14:30-16:30)
定員10名。予約6名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22834287/

・5/15(金)名古屋(19:00-21:00)
定員20名、予約10名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22871317/

・6/13(土)札幌(14:00-16:00)
http://kasakoblog.exblog.jp/22927575/

※7/10に北海道・網走で予定

<お知らせ>
・6/2よりかさこ塾7期生募集開始
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-04-04 21:03 | 生き方
2015年 04月 04日
かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況
e0171573_15254231.jpg
東京のみで開催していた人気講義、
「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」の地方遠征ツアー。
4/15時点での開催一覧と予約状況です。

・4/16(木)宇都宮(15:00-17:00)
定員12名、予約11名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22825084/

・4/18(土)大阪(14:30-16:30)
定員40名。満席。
http://kasakoblog.exblog.jp/22820592/

・4/19(日)岡山(9:30-11:30)
定員15名、予約10名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22832966/

・4/24(金)大分中津(13:00-15:00)
定員12名。満席

・4/25(土)福岡(14:30-16:30)
定員26名。満席。※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/22820596/

・4/30(木)秋田(14:30-16:30)
定員10名。予約7名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22834287/

・5/15(金)名古屋(19:00-21:00)
定員30名、予約20名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22871317/

・5/17(日)福井(9:40-11:40)
定員18名、予約9名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22941142/

・5/30(土)静岡(9:40-11:40)
定員30名、予約4名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22946275/

・6/13(土)札幌(14:00-16:00)
定員18名、予約6名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22927575/

・6/28(日)取手(14:00-16:00)
定員20名、予約2名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22950780/

※7/10に北海道・網走で予定

<お知らせ>
・6/2よりかさこ塾7期生募集開始
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-04-04 11:21 | お知らせ
2015年 04月 04日
たった1人の他人のためになることをすれば仕事になる
e0171573_1475366.jpg
赤字でもいい。
たった1人でも私の講義を聞きたいという人がいたら、
全国どこへでも行きますキャンペーンを始めて、
仙台、郡山、京都の講義が終わった。

この3カ所。
本当にたった1人になるのではないかとも思っていた。
特に4/3(金)に開催した京都は、平日の昼間ということもあり、
大阪開催が4/18(土)に決まっていたこともあり、
たった1人になる可能性もあるかもと思っていた。
でも実際にやってみたら10人の方に集まっていただけた。
仙台も郡山も10人以上の方に集まっていただけた。

会社を辞めて独立することになり、
個人で他人様からお金をもらって、
稼がなくてはならないとなった時に、
自分なりにいろいろビジネスプランを考えたわけです。

で、失敗したのは机上のマーケティングで考えたこと。
1円も稼げなかった失敗プランは、
写真データを国ごとのパッケージにして3万5000円で売るというもの。
ニーズもあるはずだと思い、
何より机上の計算で、3万5000円で100社売れたら350万円。
1年に2度、海外旅行に行き、それを販売すれば、売上は700万円!
経費をひいても600万円の利益にはなる。
これは素晴らしい仕事だ!と思ってやってみたが、
1つも売れなかった。
なぜなら全部自分の頭の中で考えたビジネスプランだったからだ。

一方、3年前にある友人が「写真を教えてほしい」と私に言った。
「いっぱい写真を撮ればうまくなる」の一言で片付けたが、
「そんなはずはない。コツを教えてほしい」と言ったので、
その場でいろいろ教えてあげたら、
「これは、かさこさん、仕事(お金)になる」と友人は言った。
そんなもん、仕事になるのかと思ったのだが、
写真教室をやってみたところ、
学びたいという人がいて、仕事(お金)になった。

何年か前に別の友人から、
「ブログ術を教えてほしい」と言われた。
その時、私は「毎日ブログを書けばいいだけ!」と一言で片付けたが、
「そんなはずはない。コツを教えてほしい」と言ったので、
自分はどんな風にブログを運営しているのだろうと、
いろいろと整理してみたらそれなりにコツがあった。
そこで一度試しにブログ術講義を開催したら多くの人が来てくれた。
仕事(お金)になったのだ。

講義を始めてある別の友人からこう言われた。
「講義には行けないので、講義のデータ販売をしてほしい」と。
そんなもん、欲しい人なんてほとんどないのではないかとも思ったが、
友人が欲しいというので講義の再録データを作り、
売ってみたところ、これも多くの人に売れた。

何が言いたいか。
机上のマーケティングでビジネスプランを考えるより、
たった1人、金を出してもほしいという人の声を聞けということだ。

1円も稼げなかった写真データのパッケージ販売。
このビジネスプランに「これはかさこ君、売れるよ!」と、
言ってくれた人がいた。
でもその人は「売れるよ!」といったものの、
その人は買ってはくれなかった。

ここが違いだ。
机上で考えたビジネスプランを、自分だけでなく、
いくら他人がいいといったところで、
「それがあったら買うよ!」という人が1人もいないものは、
まず売れない可能性が高い。

でも自分が机上で考えたプランではなく、
たった1人が「こんなのあったら絶対に買う!」といってくれたものは、
その人以外にも欲しい人が多くいる可能性があり、
ビジネスになる可能性が高いということだ。

「お客様の声を聞く」とか「現場の声を聞け」とか、
「お客様のニーズに合った商品開発」なんて、
きれいごとのような言葉があるけど、
実際にはせっかくの「お客様の声」も、
「そんなもん、ニーズがないからダメ」と否定し、
机上で市場調査したりなんかして、
生の声ではなく理論で考えて、
「これは売れるはずだ」と商品やサービスを出す。
でもそんなもん、思ったより売れない可能性が高い。
生の声を拾い上げていないからだ。

昨日、京都の講義に行って思ったんです。
もし自分だけで考えたら、京都で講義はしなかっただろう。
京都でやっても人は集まらないのではないか。
大阪でやれば、京都の人もそこに来てもらえればいい。
その方が効率的で儲かると。

確かにそうかもしれない。
でもたった1人でも京都で開催してほしいという声があり、
たった1人でもやりますといったところ、
結果的には平日の昼間にもかかわらず10人来た。

もちろん10人だと交通費や場所代や手間などを考えたら、
稼げる収入にはならない。
でも自分が考えている以上に人が来てくれた。

そこで改めて思ったわけです。
ビジネスの基本って、たった1人の誰かを喜ばすことなんだと。
自分でパソコンの画面見ながら、
数字いじくっていくら儲かるとか、
シミュレーションして仕事を作るものではないんだなと。

京都の講義を聴いてくれた人にも何人かそういった人がいた。
個人で好きなことを仕事にしたいと思っていたけど、
実績があるわけでもないし、それでお金をもらったこともない。
でもたった1人、お金を払ってでもやってほしい、
作ってほしいという人がいた。
そういうたった1人のニーズがあれば、
今は赤字だとしても、いずれは稼げるようになるのではないか。

だから個人で仕事をしたい、好きなことを仕事にしたいと思うのなら、
机上で儲かることを考えるより、
たった1人の人があなたにしてほしいということをすればいい。
きっと1人の人がそういうってことは、
世の中に同じように思っている人が何人かいるはず。
そうやって仕事を広げていくものなんじゃないかと。

そんな風な仕事の進め方をしていけば、
きっと楽しく仕事ができるはず。
自分の仕事に誇りが持てるはず。
いやいや仕事に取り組むことはないはず。

そんな人が増えたら世の中よくなるんじゃないかと思う。

だからみなさんも、たった1人の人が、
お金を払ってでもしてほしい、作ってほしいと言われたら、
「そんなの儲からないんじゃないか」と思わず、やってみたらいい。
きっとそれが仕事の実績になり、次につながるから。

というわけでたった1人でも、
全国どこへでも講義やりますキャンペーン継続中。
もし講義をしてほしいという人がいたら連絡ください。
また6/13に札幌開催も決まり、4月は6講演もあるので、
ぜひ最寄りの会場にきていただけたらと思います。

私がこうして自ら実践しているセルフブランディング術&ブログ術を、
みなさんにも応用できるよう教えたいと思います。

<現在開催予定の地方講義と予約状況>
・4/16(木)宇都宮(15:00-17:00)
定員12名、予約9名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22825084/

・4/18(土)大阪(14:30-16:30)
定員40名。予約28名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22820592/

・4/19(日)岡山(9:30-11:30)
定員15名、予約9名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22832966/

・4/24(金)大分中津(13:00-15:00)
定員12名。満席

・4/25(土)福岡(14:30-16:30)
定員20名、予約18名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22820596/

・4/30(木)秋田(14:30-16:30)
定員10名。予約6名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22834287/

・5/15(金)名古屋(19:00-21:00)
定員20名、予約10名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22871317/

・6/13(土)札幌(14:00-16:00)
定員18名。予約2名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22927575/

※7/10に北海道・網走で予定

<東京でのかさこ塾>
・6/2よりかさこ塾7期生募集開始(20名限定)
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2015-04-04 01:47 | セルフブランディング
2015年 04月 03日
6/13に札幌で「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」開催!
e0171573_21471156.jpg
北海道・札幌での開催が決まりましたので、予約開始いたします。

講義:好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術
日時:2015年6月13日(土)14:00~16:00(13:30開場)
場所:札幌エルプラザ・研修室3
住所:札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ
交通:JR札幌駅北口より徒歩5分
受講費:4000円(税込み)
定員:18名
申込:kasakotaka@hotmail.comに
「0613札幌」という件名の上、お名前、電話番号、参加人数、
懇親会参加の有無(17~19時頃を予定)をお知らせください。
※参加者には、セルフブランディング術11カ条を解説した、
「かさこマガジン5」を進呈。

<地方開催予定と予約状況>
http://kasakoblog.exblog.jp/22966614/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-04-03 12:32 | お知らせ
2015年 04月 02日
基本電話に出ない!午前のアポは入れない!で仕事の効率アップ!
今年から仕事で実践している2つのことがある。
1:午前中のアポイントは基本、入れない
2:基本、電話に出ない

いやー。これすごいです。
みなさんもぜひ実践してみてください。
仕事の効率が3倍ぐらいアップする。
なぜすごいのか。

<1>午前中のアポイントは極力入れない
メリット1:昼食とる前のあまり眠くない時間帯に、
アポを入れないことで自分がやるべき作業の没頭できる。
メリット2:朝の通勤電車が遅れてアポに遅れる心配がない。
メリット3:朝の通勤電車に巻き込まれなくて済む。

・メリット1:昼食とる前のあまり眠くない時間帯に、
アポを入れないことで自分がやるべき作業の没頭できる。

これは個人差あるかもしれないけれど、
昼食とった後って眠くなり、
デスクワークしようと思うと、
ものすごく効率が落ちるわけです。
逆に午前中は元気。
この元気な間に自分のすべき仕事をする。
眠くならずデスクワークに没頭する。

今年、よほどのことがない限り、
午前中のアポイントは一切入れなくなったら、
私の主なデスクワーク=原稿執筆作業がとってもはかどる!

昨年までは朝の通勤電車遅延リスクが怖いので、
朝一のアポは避けていたんだけど、
11時からのアポイントは受けていた。
11時というと10時に家を出なければならず、
8時に起きて子供を保育園に送っていき、
家に帰ってくると9時なので、たったの1時間しかない。
1時間だとメール処理して終わってしまう。

なので今年から午前中のアポを一切やめることに。
打ち合わせとか取材とか人に会う仕事を、
逆に午後に入れることでものすごく効率アップになった。

・メリット2:朝の通勤電車が遅れてアポに遅れる心配がない。
昨年から朝一のアポは避けていた。
9時とか10時のアポは入れない。
だって朝、電車ってしょっちゅう遅れるでしょ。
朝の電車遅延リスクを考え、1時間余裕を見ても、
運転見合わせになり、右往左往していたら、
1時間の余裕でも下手したら間に合わないかもしれない。

だから朝一のアポは絶対に避けるべき。
くれぐれも朝9時とか10時のアポは設定しないように。
電車遅れたらどうするんですか?
リスケしなきゃならない。
誰かが間に合っても誰かが間に合わなければ、
その時間が無駄になる。
間に合わなかった人のために、また別に時間をとって、
説明したりしなきゃいけない。

なのでみなさん、朝の通勤電車の遅延リスクは想定内と考え、
社内の会議だろうが打ち合わせだろうが、
社外の打ち合わせだろうが、歩いていける場所ならともかく、
電車での移動が伴うのであれば、
基本朝一のアポは入れないように。
また前述のように午前中の元気な時間に仕事に集中できるのでよい。

・メリット3:朝の通勤電車に巻き込まれなくて済む。
これは会社員には無理かもしれないけれど、
フリーランスの人ならこのメリットも。
集中できる午前中、出鼻をくじかれるように、
朝の通勤電車で疲弊してしまうなんて、
こんな能率の悪い仕事の仕方はない!
例えるなら毎日ハンデ戦やっているようなもの。
自ら仕事の能率が悪くなるようハンデを背負って戦っているようなもの。

だから朝の通勤ラッシュの時間帯にはアポを入れない。
これ徹底したらものすごくストレスが減った。

ちなみに会社員時代は通勤ラッシュがイヤだったので、
20分並んで始発電車に乗ったり、
朝6時前の電車に乗り、会社の始業時間まで、
会社の目の前のマックでブログの原稿書いてたりしてた。
朝の通勤ラッシュの時間帯に移動しなければならないようなアポは、
極力避けよう。

<2>基本、電話に出ない。
電話が必要な職種はやむを得ないが、
メールでできることは極力メールでする。
メールなら記録に残るし、後で見返せるし、具体的な指示ができるし、
その時に電話をとれなくても後で処理できるし、
電車の中での移動中や外での待ち時間なんかでも作業できる。
だからよほどの緊急事態以外は電話はせずに、
仕事のやりとりは基本メールにする。
(というか非常事態でもメールの方がいい場合もある)

ただ、メールの方が仕事をする上でメリットが多いのに、
意味もなく電話でやりとりしようとする人が多い。
そういうのに限って、後で言った言わないのトラブルになったりする。
ほんと電話はやめてほしい。

で、考えたわけ。
そうだ!電話に出なきゃいいんだ!
電話をかけてもつかまらなければ、
用件あるならメールしてくるだろうと。

これ。効果てきめん。
「とりあえず電話」みたいな前近代的な仕事のやり方をする人が、
電話でつかまらないと思うと、メールしてくるわけです。
メールなら移動中とかでも返信できる。

私は仕事のメールの返信はめちゃ早い。
すると相手もメールの方がレスが早いことに気づき、
何度も電話かける無駄をやめて、
次第にどんなことでもメールしてくるようになる。
結果、電話でつかまらないロスはないし、
言い忘れたとか聞き間違えたとかないし、
仕事がぽんぽん進むわけです。

電話に出ない代わりにメールのレスを早くすれば何の問題もない。
逆にメールのレスが遅い人ってほんと困る。
すぐに答えられないものなら「3日後に答えます」とか、
「明日中に連絡します」といった一言を返信すればいい。

でもほんといいです。
電話に出ないって。
ぜひみなさんもやってみてください。
すると電話魔でもメールを送ってくるようになるから。
今までの非効率的な仕事のやりとりが効率的になるし、
トラブルも減るし、電話で仕事中断されずにすむし、
電話で聞いたことをメモする必要もなくなる。

もちろんね、メールでなく電話でなくては困る場合もある。
電話の方がいい場合もごくまれにある。
でもそんな時にもまずはメールで、
「こんな用件について電話で会話したいのですが、
何時頃がご都合よろしいでしょうか?」と先にメールしておけばいい。

実際に私の取引先で素晴らしい営業マンの方がいるんだけど、
この方は基本メールをベースにしながらも、
電話が必要な際にはこのようなメールを送ってくる。
するとこちらも都合の良い時間にかけ直せるし、
事前に何の件で電話したいのかがわかるから、
答えを準備できるし非常にいい。

いや意外とこんなこともある。
「この件について電話で話したいんですけど」というメールがきて、
「それだったらこうです」ってメールで返信すると、
「わかりました!それなら電話不要です」
みたいにメールのやり取りで済んでしまう場合もある。

今まで即連絡をとる手段は電話しかなかったけど、
今ならメールがある。
しかもメールならどこだろうが返信できる。
ぜひ電話をやめて極力メールで。
電話魔がいたら電話を無視したらいい。
そしたら電話魔がメールのやり取りに変わるから。

ぜひみなさんも仕事の効率をアップするため、
1:午前中のアポイントは基本、入れない
2:基本、電話にでない(電話をしない)
の2つを実践してください。
多くの人が午前中のアポをやめれば、
みな午前中に仕事に集中できる。
多くの人が電話にでない(電話をしない)ようになれば、
メールのやりとりでぽんぽん仕事ができるようになる。

すべては仕事を効率よくするため。
いかに限られた時間をうまく使い、
いかに無駄な動きをなくし、
いかにスムーズに仕事を進行することができるか。
いかにパフォーマンスを上げていけるか。
そのためにこの2点はとってもいいと思うので、
ぜひ実践していただきたいと思います。

・無料冊子「かさこマガジン」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこフェイスブック(お気軽にフォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

・ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-04-02 21:00 | 働き方
2015年 04月 01日
特定の名産物でなく、地域の食をまるごとPR~茨城県石岡市のユニークな試み
e0171573_10482090.jpg

前菜からメインの肉料理や魚料理、
さらにはデザート、ソフトドリンク、お酒、お茶まで、
すべての料理の食材をたった1つの市の食材で提供する?!
ユニークな食のイベントが、都内のイタリアンレストラン
「ACQUA PAZZA(アクアパッツァ)」で開催された。
食で地域の活性化に取り組んでいる、茨城県石岡市の食材PR会だ。
e0171573_1049439.jpg

人口減少や少子高齢化に伴い、地方の疲弊は深刻化している。
2040年には日本の半数の自治体が消滅する恐れもあるとの声も。
こうした中、国は「地方創生」を重点政策として掲げ、
喫緊では全国の自治体に約4200億円の交付金を支給することを決定したが、
うち1589億円が「プレミアム付き商品券」に使われ、
97%の自治体が商品券の発行を予定しているという。
地方活性化といっても未だ一過性のバラマキ中心で、
将来の人口減少に備えた抜本的な地域成長戦略には程遠いのが現状だろう。

一方、地域の独自性を武器に、観光振興や名産品などで
地域を活性化させようという動きもある。
特に観光の目玉や名産品、名物料理などがある自治体は強い。
ただ、特定の観光名所や名産品頼みの場合、
そこだけが潤っても、町全体に経済効果が波及しないといった問題もある。
また、多くの自治体では、これといった観光の目玉もなく、
特筆すべき名産品や名物料理もなく、頭を悩ませているのではないか。
e0171573_10515744.jpg

こうした状況の中で、特定の名産品で町おこしをしようという発想ではなく、
地域の食をまるごと武器にしてPRしようというのが石岡市の取り組みだ。
石岡産の食材だけでフルコース料理をふるまうイベントを都内のレストランで開催。
さらに食材を提供した生産者も参加。
いかに石岡市が食が豊富な町であるかを認知してもらう画期的な試みといえよう。
参加した一般消費者は文字通りまるごと石岡を味わうことで、
石岡への興味・関心を持つことができるのだ。
では実際に石岡産の食材を使って、イベントでどんな料理が提供されたか紹介しよう。

・まずドリンクで度肝を抜かれる!
e0171573_10535911.jpg

私、酒は弱くて、日本酒もぜんぜん飲めないんだけど、
乾杯用に出てきた「渡舟」純米大吟醸・斗壜取りは、
めちゃめちゃおいしくて驚いた!
はじめまろやかな甘口なのに、飲んだ後、キリっと爽やかな後味もある。
なんかね、高級な白ワインみたいな感じ。
ワインみたいだと思って、後で帰ってネットで検索したら、
ワイン評論家も絶賛している日本酒だったみたい。
e0171573_10542887.jpg

ソフトドリンクとしてでてきたのが、恋菜ファームのにんじんジュース。
私、野菜ジュースって好きじゃないし、ほとんど飲まない。
野菜は好きだけどにんじんはあんまり好きじゃない。
にもかかわらず!
このにんじんジュースうまい!
っていうかにんじんジュースとは思えない。
すごく飲みくちのいい果物ジュースみたいで驚いた。

・イタリアンで生まれ変わる石岡産の素材たち
e0171573_10551375.jpg

いくら野菜がおいしくても、いっぱいは食べれないんだけど、
みそ風味のバーニャカウダならパクパクいけちゃう。
バーニャカウダあると野菜大量にあっても、いくらでも食べれそう。
e0171573_10555995.jpg

これも驚いた料理。徳利芋のチーズ生ハム巻きフリット。
単なる芋をフリットにして、しかもチーズを混ぜ込んだりすると、
こんなおしゃれな、食べやすい料理に変身するとは!
e0171573_10561878.jpg

イワナのコンフィ わさび菜のヨーグルト和え きゅうりのソース。
単にイワナだけ焼いて食べたんじゃ、
どこにでもある特徴のない料理だけど、
こんな風にソースをつけて食べると、
そんなに好きじゃないイワナもおいしくいただけるんだなと感心。
おいしかったです。
e0171573_10571629.jpg

見るからにうまそう!
弓豚の農民風 赤葱のグリル 里芋ピューレとグリーンソース添え。
こだわりのブランド豚肉がおいしいにはおいしんだけど、
里芋すりつぶしたソースが食感はとろっとしているんだけど、
でも味はさっぱりしていてさらにおいしくなる!

地方の食材をただ和食で出されても、驚きもありがたみもあんまりないけど、
こんな風に洋風にアレンジすると、
すごく食べやすくなるし、いい意味で生まれ変わった料理に化けるんだなと。
もちろん素材そのものがいいからというのもあるんだろうけど、
でも素材がいいからといって、野菜や芋を大量に出されても、
そうそう食べれるものではないけど、調理の工夫によって変わるんだなと。
料理家ってすごい。
出版の業界でいうなら編集者の役割なんだなと感心した。

・・・・・
目玉となる観光名所や名産品がなくても、
こんな風にして地域の食まるごとPRする石岡の試みはおもしろい。
しかも首都圏のレストランで行われることで、地域と都市とを結びつけることにもつながる。

前にブログで「名所がなくてもおいしい料理がある場所は旅の楽しみが10倍になる!」
という記事を書いたけど、
http://kasakoblog.exblog.jp/22891768/
石岡名物や石岡B級グルメがなかったとしても、
石岡産だけでフルコースを味わえますみたいなものがあったら、
旅行行ったついでに食べてみたいかも。

ちなみに石岡には私が前々から目をつけていた、
どうしても行きたいスポットがある。
それは「東筑波ユートピア」。
イノシシとサルが暮らすサル山というのがあるらしく、
野猿写真家としては一度はサルを撮りに行ってみたい場所として、
マークしてたんだけど、まさかこの石岡市にあるとは!
また地元の人に聞いたら、日本一大きい獅子頭のオブジェがあるらしい。
あとは日本最大のダチョウ牧場もある模様。
e0171573_1058508.jpg

ちなみに観光に力を入れるため、
無料の観光案内を「るるぶ特別編集」で2015年3月にできたみたい。
いや、これはすごい。
「るるぶ」の仕事してたことあるし、
今でも国内旅行に行く時は必ず「るるぶ」か「まっぷる」買うんだけど、
「るるぶ」ブランドでかつ「るるぶ」ティストで観光案内があると、
自治体が作っている観光パンフレットなんかより、
はるかにワクワクして見れるから、旅行者には効果はあるかも。

というわけで近いうちに、
茨城・石岡の珍スポットめぐりをしていきたいと思います。

<お知らせ>
・かさこ地方講義開催
http://kasakoblog.exblog.jp/22867080/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-04-01 23:00