<   2015年 06月 ( 43 )   > この月の画像一覧

2015年 06月 22日
他人を見てバカだなと思ったら高速で自分を見つめ直せ
人間って不思議なもので、自分のことはよくわからないのに、
他人のことになるとよくわかる。
特に他人に失敗や欠点、ダメなところほどよくわかる。

その時、多くの人は「こんなんじゃダメだな」とバカにするのだが、
そんな時こそ自分に置き換えて自分は大丈夫か見直した方がよい。

「なぜこんなブログの書き方するんだろう。
こんなんじゃ誰も読まないよね」
と思ったら、自分のブログを見直したらいい。
「こんな投稿、SNSにされても迷惑だよね」
と思ったら、自分もしていないか見直したらいい。
「こんな資料の作り方じゃ、誰も読まないし、
誰もわからないよね」と思ったら、
自分の資料がそうなっていないかすぐ見直してみる。

人の振り見て我が振り直せ。

この意識を持てるかどうかで、
おんなじように生きていて、
おんなじ情報を受け取っているのに、
仕事の成果や人生の楽しさは10倍、100倍変わってくる。

でも悲しいかな、人って他人を見て、
「あれじゃダメだな」で見下すことによる満足で終わってしまいがち。
そんな時こそ自分も見つめ直し、
自分の欠点を直す大チャンスなのに。

私はセルフブランディングのためのブログ術を教えているのだが、
ブログタイトルの重要性について特に力説している。
塾生のブログタイトルを見て、
「こんなタイトルだと仕事につながらないから変えたほうがいい」
とアドバイスしていたりする。

でもふと思ったのだ。
私のブログタイトル、大丈夫か?
一番ダメなタイトルのつけ方してるんじゃないのか?

以前の私のブログタイトル
つぶやきかさこ

何をテーマにしているかまったくわからない!
どんな人が発信しているのかもまったくわからない!
ダメダメじゃないか!

人の振り見て我が振り直せ。
そこで私は、
ブロガーかさこの「好きを仕事に」
というタイトルに変えたのだ。

一を聞いて十を知る。
ということわざもある。
情報ってただ情報として収集しても閲覧しても、
自分で考えなきゃ1の情報は1のままでしかなく、
しかも自分に応用できない。

他人の行動という情報を見て、
ただバカだなと思うのではなく、
自分はどうか、多くの人がこのような間違いをしているのではないか。
そう考えたら、1の情報から10とまでいかないまでも、
いろんな生きた知恵を発見することができる。

ただただ情報を情報として受け止めるだけで終わっていないだろうか?
他人の言動や社会のニュースを見て、
ただ「バカだな」で終わっていないだろうか。

自分に置き換えて考えてみる。
自分の言動を見直してみる。
そういうクセをつければ、
わざわざ勉強する時間を作らなくても、
わざわざ本を読まなくても、
日々の生活からいろんなことを学べるはず。

それをできれば感じただけでなく、
ブログのネタとして文章化すると、
さらに自分の理解が深まり、
また他者に役立つことにもなり、
価値ある人として認識されるようになる。

人の振り見て我が振り直せ。

簡単そうで難しいことだけど、
ぜひ意識してみるとよいと思う。

※ちなみに、かさこ塾が個別指導だけでなく、
10人~20人による集団講義なのはこのため。
同じ塾生を見ると、人の失敗が目につき、
自分に置き換えて考え直すきっかけになる。
逆に人の成功事例を見て、マネることもできる。
塾生同士では何か気になったことがあったら、教えあうようにしている。

実社会にでると欠点や失敗を指摘してくれる人はいない。
いつのまにか裸の王様になってしまう。
だからそうならないために、
また好きを仕事にするための他者目線を取り入れるため、
私のアドバイスだけでなく、塾生同士でアドバイスしあって、
人の振り見て我が振り直せるような形にしています。

・6月に発売した著書「マイナスな人生でもプラスになれる生き方」
(好きを仕事にした26人のインタビュー集)
やっとAmazonで在庫が入りはじめました!
ブログでも読めますが、本で読みたい方はぜひ!
Amazon

・大阪と京都でかさこ塾開催仮決定!10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・名古屋でのかさこ塾は残り2名に!定員20名、申込18名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23158780/

・待望の東京・土曜日開催!全4回の申込もスタートしました!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

<2時間凝縮講義のお知らせ>
・6/28(日)取手(14:00-16:00)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/22950780/

・7/10(金)北海道・網走(18:30~20:30)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/23105629/

・7/28(火)広尾88スタジオ 昼の部14〜16時/夜の部19〜21時
住所:東京都渋谷区広尾5丁目21-5ライツェント広尾200(2F・公園側入口)
交通:恵比寿駅徒歩13分・広尾駅6分
受講費:4000円(税込) 定員:各回20名
申込:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=265242

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
※上限5000人に近づいているため、承認にお時間をいただく場合もあります。
フォローは遠慮なくどうぞ。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-22 20:16 | セルフブランディング
2015年 06月 22日
京都でかさこ塾開催!
好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術実践編、
全4回のかさこ塾、関西での開催要望が多いことから、
京都で下記で開催決定しました!

<京都>
日時:9/17(木)、9/24(木)、10/1(木)、10/8(木)
時間:13:00~15:00
場所:阪急西院駅から徒歩8分のラファエラさんの事務所
受講費:35000円(税込)
定員:18名※満席になり次第、締め切りします。

※全4回の講義すべて参加が前提ですが、
どうしても参加できない回があれば、
欠席者には講義の内容をフォローします。

※受講費は事前振込み。開催決定後、振込先をお知らせします。
※キャンセル料:1週間前~3日前=50%、2日前~=100%

<申込>
京都希望の方は「2015かさこ塾京都」という件名で、
kasakotaka@hotmail.com
にお名前、電話番号をお知らせください。
※ヤフーメールは届かないことがあります。

※2時間講義との違い
・毎回宿題が出ます。話を聞いただけでなく実践することになります。
・宿題に対して私が個別アドバイスします。
・塾生は卒業後も実費のかかるものでない限り、無料でアドバイスします。
・すでにかさこ塾は塾生100名以上おり、入塾者は、
フェイスブックでの非公開グループ「かさこ塾」に加わり、
卒業生との情報交換などもできます。
これまで東京開催のかさこ塾生には、京都、大阪、兵庫の方もいます。

どうぞよろしくお願いいたします。

※卒業生が大阪地方講義に参加した「かさこ塾と地方講義の違い」
http://nakanoseri.com/osaka/

※現在東京で受講している7期生のレポート
1回目レポート
2回目レポート
3回目レポート

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
※上限5000人に近づいているため、承認にお時間をいただく場合もあります。
フォローは遠慮なくどうぞ。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-22 17:19 | お知らせ
2015年 06月 22日
川越菓子屋横丁写真
e0171573_20453981.jpg

小江戸と呼ばれる埼玉県川越市の昭和レトロな菓子屋横丁の写真(2009年撮影)。
2015年6月に火災が起きてしまったので心配です。
ちなみに私はすぐそばにある川越高校の出身です。
e0171573_20454444.jpg
e0171573_20454996.jpg
e0171573_20455329.jpg
e0171573_20455831.jpg
e0171573_2046219.jpg
e0171573_2046777.jpg
e0171573_20461129.jpg
e0171573_2046199.jpg

※写真の無断転載を固く禁じます。

・時の鐘写真
http://kasakoblog.exblog.jp/23308736/

・国内写真目次
http://www.kasako.com/traveltop2.html

・写真貸出
http://www.kasako.com/fotorental.html

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-22 15:45 | 【写真】国内
2015年 06月 22日
川越・時の鐘写真
e0171573_20555378.jpg

小江戸と呼ばれる埼玉県川越市の時の鐘の写真です。
ちなみに私は川越高校出身です。
e0171573_20555829.jpg
e0171573_2056355.jpg
e0171573_2056813.jpg

※写真の無断転載を固く禁じます。

・国内写真目次
http://www.kasako.com/traveltop2.html

・写真貸出
http://www.kasako.com/fotorental.html

・川越菓子屋横丁写真
http://kasakoblog.exblog.jp/23308703/

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-22 13:55 | 【写真】国内
2015年 06月 21日
「そんなの無理」じゃなく「やりましょう」~したいことを他人に語るとカッコ悪いという悪習をぶち壊せ
自分のしたいことを他人に語るなんてカッコ悪い。恥ずかしい。
話して実現できなかったらカッコ悪い。恥ずかしい。
だからしたいことは他人に話さず、うちに秘めておこう、
という人が多いような気がする。

また「いつか自分がそのレベルになったら」とか、
「もう少しちゃんと勉強してから」言おうみたいな人も多いが、
そういう人ってはっきりいって一生、したいことを言えないんだよね。

だから私は自分のしたいことを堂々と語れる人のお手伝いをしたい。
自分ができることならできるだけ叶えてあげたいと思う。
そうすれば、言わずにいる方がカッコイイみたいな悪習をぶち壊し、
やりたいことを話せば、あっという間に叶ってしまうかもしれないんだ、
ってことが少しずつ広まっていくと思うから。

今年1月、かさこ塾5期生でライターの杉谷和子さんが、
「いつも取材する側ばかりなので、いつかインタビューされたい!」
とみんなの前で堂々と話したので、
「じゃあ来週インタビューしてブログで紹介しましょう」と私が声をかけ、
すぐさま実現した。

もちろんしたいことを話したからといって、
私が取り上げるべき基準に達していなかったら取り上げはしない。
でも30年間フリーライターしていたのに、
50歳になって切り絵作家になったってすごいじゃん!と思ったので、
すぐさま取り上げることにした。

今年6月、かさこ塾7期生でレジンアクセサリー作家のらむねさんが、
塾講義の後の懇親会で「『かさこでいいかも』にいつか出たいんです!」
とぽろっと話した。

言った夢はできるだけ叶えてあげたい。
でも「いいかも」に取り上げるには何かおもしろいネタなり、
フックがなければならない。

彼女をどう調理して取り上げたら番組として成り立つだろうか。
彼女と少し話をする中で、アクセサリー作家に対して、
タダでクレクレと言ってくる人が多くてムカつく!みたいなことを、
かわいい女の子にもかかわらず、キレキレな言葉で発していたので、
「これは動画向きとして編集次第ではおもしろいかも」と考え、
「じゃあ来週収録しましょう」という話になり、
「かさこでいいかも」の収録をした。
e0171573_2373861.jpg

杉谷さんにしても、らむねさんにしても、
すぐさまそんなことが実現するとは思わなかったに違いない。
多分お二人とも「この先、何カ月か後には」みたいな、
遠い未来に実現したらいいなぐらいの気持ちだったはずだ。

でもぽろっと本音の夢を語った。
意外と多くの人はぽろっとでもしたいことは言わない。
恥ずかしいしカッコ悪いし、自分がそのレベルに達していない、
と思っているからだ。
でも他人はどう捉えるかわからない。
もしかしたらチャンスをくれるかもしれない。
だから私にしたいことを言って、
私基準ですくい取れる夢があるなら、実現できるお手伝いを喜んでしよう。

ただきっと多くの人に夢を話すとどうなるか。
「そんなの無理」「おまえにはまだ早い」「できるわけがない」と否定されてしまう。
だからこそ言いにくいというのもある。

でも自分の夢を100人否定する人がいても、
101人目の人が叶えてくれるなら、
どんなに否定されても夢を語り続ける方がいい。
100人反対でもたった1人理解者がいれば、
自分のしたいことが実現できるのだから。

多くの人は万人に好かれようといい子ぶりっ子するから、
言いたいことも言えず、変に気を使い、
否定されるかもと、否定される人に焦点を合わせて、
物事を考えてしまうから人生うまくいかなくなる。

別に万人に好かれる必要なんかない。
仕事も恋愛も100人に嫌われようが、
たった1人、評価してくれる人がいれば、
それで人生、幸せになれるのだ。

だからみなさんも、したいことはどんどん言いふらそう。
そして人からしたいことを聞いたら、
できるだけ実現できる手伝いができないか考えよう。

したいことを他人に語るとカッコ悪いという悪習をぶち壊せ。
「そんなの無理」じゃなく「やりましょう」と言える人になれ。

きっとそんな風に多くの人が生きていけば、
社会は楽しくなるし良くなるんじゃないか。
そんな風に思っている。

というわけで。
「いいかも」に出たいと言って翌週出演が決まった、
レジンアクセサリー作家らむねさんの「かさこでいいかも」ぜひご覧ください!
おもしろく仕上がっていると思います。
そして何よりかわいい!

https://www.youtube.com/watch?v=vbAx1LjcHYk

・杉谷和子さんインタビュー
e0171573_237229.jpg
http://kasakoblog.exblog.jp/22756461/

・かさこYoutubeチャンネルにぜひ登録を
https://www.youtube.com/kasakotaka

<講義のお知らせ>
・6/28(日)取手(14:00-16:00)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/22950780/

・7/10(金)北海道・網走(18:30~20:30)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/23105629/

・7/28(火)広尾88スタジオ 昼の部14〜16時/夜の部19〜21時
住所:東京都渋谷区広尾5丁目21-5ライツェント広尾200(2F・公園側入口)
交通:恵比寿駅徒歩13分・広尾駅6分
受講費:4000円(税込) 定員:各回20名
申込:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=265242

・名古屋でのかさこ塾は残り2名に!定員20名、申込18名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23158780/

・待望の東京・土曜日開催!全4回の申込もスタートしました!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
※上限5000人に近づいているため、承認にお時間をいただく場合もあります。
フォローは遠慮なくどうぞ。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-21 23:08 | 生き方
2015年 06月 20日
一人だけで楽しめる趣味を持つことの幸せ効果
e0171573_2134231.jpg

先日、平日に家族でディズニーランドに行ったのだが、
午前中のパレード待ちのため、場所取りをしている20~30代の女性がいた。
彼氏か友達とでも来ているのかと思いきや一人だった。

パレードが始まると彼女は一眼レフを取り出し、
写真を何枚も撮影していたのだが、ふとその姿を見ると、
ものすごく幸せそうな楽しそうな表情で撮影しているのだ。
心底、ディズニーランドが好きなんだろう。
実に楽しそう、幸せそうな表情だった。

一人でディズニーランドに行くなんてとか、
一人で映画館に行くなんてとか、
一人でどこかに行くって、
マイナスなイメージを持つ人もいるかもしれないけど、
そんなことはない。
したいことがあったらどんどん一人で行ったらいいと思う。
楽しいことがあったらどんどん一人で行動すればいいと思う。

趣味には2種類ある。
みんなで楽しむことと一人で楽しむことだ。
みんなで楽しむ趣味は素晴らしいと思う。
ただ問題がある。
人が集まらないとできなくなってしまう可能性があるのだ。

その点、一人で完結できる趣味はいい。
自分が思い立ったら人の予定など気にせず、
すぐ自分だけでできるからだ。

心の底から楽しめる、一人で完結できる趣味があるだろうか?
ぜひそんな趣味を持ったら、人生とっても楽しくなると思う。

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
※上限5000人に近づいているため、承認にお時間をいただく場合もあります。
フォローは遠慮なくどうぞ。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

<講義のお知らせ>
・6/28(日)取手(14:00-16:00)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/22950780/

・7/10(金)北海道・網走(18:30~20:30)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/23105629/

・2015年7月28日(火)広尾88スタジオ 昼の部14〜16時/夜の部19〜21時
住所:東京都渋谷区広尾5丁目21-5ライツェント広尾200(2F・公園側入口)
交通:恵比寿駅徒歩13分・広尾駅6分
受講費:4000円(税込) 定員:各回20名
申込:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=265242

名古屋でのかさこ塾は残り2名に!定員20名、申込18名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23158780/

・待望の東京・土曜日開催!全4回の申込もスタートしました!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739


by kasakoblog | 2015-06-20 21:34 | 生き方
2015年 06月 19日
少年Aの手記の出版賛否より精神異常や未成年を理由に極悪犯罪人の刑罰が甘すぎる
酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aが手記「絶歌」を販売したことが、
未だに大きな話題(その多くは批判)となっているが、
この手記騒動で考えなければならないのは、
日本が極悪犯罪人に対してあまりにも刑罰が甘すぎることではないか。

先日、電車内の週刊新潮の中吊り広告で、
「気を付けろ!『元少年A』が歩いている!」
というタイトルを見て、ぎょっとした。
何の罪もない小学生2人をなぶり殺し、
他3名も重軽傷を負わせた鬼畜が今は世の中に放たれていて、
もしかしたら電車内で隣に座っているかもしれないし、
町ですれ違うかもしれないということだ。
こんな恐ろしいことはない。

未成年だからとか精神異常だからという理由だけで、
何の罪も何の関係もない小学生2人が殺されたのに、
この極悪犯罪人は、税金で保護され、税金で心のケアを受け、
「更生」のために莫大なコストや時間をかけられている。

おかしくないか?
そんな金と時間があるなら、
被害者家族の心のケアのために、税金を注ぎ込めよ。
殺された子供も殺された子供を持つ家族も、
何にも悪いことはしていないのに、
たった1人の人間のクズのせいで人生を台無しにされ、
とてつもない心の傷を背負わされているのに、
鬼畜の加害者の人権が守られ、更生するために税金が使われる不思議。
殺された子供の人権はないのか。
被害者の人権はないのか。
被害者の許諾なしに出版したうんぬんなんて問題ではなく、
こんな犯罪人が堂々と世の中に放たれることの方が大問題だ。

更生可能性のあるような犯罪ならともかく、
何の罪もない子供をなぶり殺し、
頭部を切断して学校の正門前に置くような異常者だよ。
未成年だからとか精神異常だからとか、
何年もケアしたからといって世に放たれる必要はない。
それどころか再犯の可能性すらある。
どうするんだ。また被害が出たら?
殺されたら二度と生き返らないんだよ。
殺した人間が堂々と生かされるなんて信じられない。

例えばケンカしていて、
カッとなって殺してしまったとか、
そうした場合に何でもかんでも死刑にせよとは思わないけど、
少年Aはそんなレベルの犯罪じゃない。

「あなた方は、『加害者の側になる可能性がある』のだが、それは考えたことがないのか?」
なんてバカなこと書いてた元アナウンサーがいたけど、
どこの誰が小学生を殺して頭部を切断し、学校前に置くんだ?
そんな加害者になるやつなんて10年に1人いるかいないかの確率であって、
誰もがこんな鬼畜な加害者にはならない。
電車内でトラブルになって間違って人を殺してしまったとか、
そういうレベルの犯罪じゃないんだよ。

子供の頭部を切断して正門前に置く犯罪者を、
生かしておくことが社会の正義なのか、
まともに生きる圧倒的多くの人が、
犯罪に巻き込まれないリスクを減らすことが正義なのか。
私は断然後者だと思う。

鬼畜の人権は手厚く守られ、世に放たれて、
被害者感情をさかなでするだけでなく、
他の人たちの安全な生活を脅かすのが当たり前って、
どう考えてもおかしい。

未成年だろうが精神異常だろうが、
鬼畜な犯罪者は死刑か終身刑にすべきだ。
まともに生きる多くの人たちの人権を守るため。

ついでに裁判員制度なんてくだらない制度やめて、
被害者が刑罰を下せるようにしてはどうか。

18年前に小学生をなぶり殺した元少年Aは、
あなたのそばにいるかもしれない。
そんなに加害者の人権を守ろうとする意味が、
まったくわからない。

そういえば「検察官、悔しかったら死刑にしてみろ」
「刑務所出たらまた人を殺す」と叫んだ鬼畜は、
昨年3月に千葉県柏市で連続通り魔事件を起こし2人を死傷させた竹井聖寿被告。
彼の言う通り。
この極悪犯罪人を死刑にできない方が狂ってる。

極悪犯罪人に死刑または終身刑を。

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
※上限5000人に近づいているため、承認にお時間をいただく場合もあります。
フォローは遠慮なくどうぞ。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

<講義のお知らせ>
・6/28(日)取手(14:00-16:00)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/22950780/

・7/10(金)北海道・網走(18:30~20:30)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/23105629/

・2015年7月28日(火)広尾88スタジオ 昼の部14〜16時/夜の部19〜21時
住所:東京都渋谷区広尾5丁目21-5ライツェント広尾200(2F・公園側入口)
交通:恵比寿駅徒歩13分・広尾駅6分
受講費:4000円(税込) 定員:各回20名
申込:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=265242

名古屋でのかさこ塾は残り2名に!定員20名、申込18名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23158780/

・待望の東京・土曜日開催!全4回の申込もスタートしました!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739


by kasakoblog | 2015-06-19 19:32 | 一般
2015年 06月 18日
「いいね!」だけでなく「シェア」する人の方がなぜ人生がうまくいくのか
他人の役に立ちたいと考えているから。

フェイスブックには「いいね!」と「シェア」の2つのボタンがある。
「いいね!」を押す人は多いが「シェア」を押す人はなかなか少ない。
でも「シェア」する人の方が他人のことを考えているから、
いろんな面で人生うまくいくんじゃないかと思う。

なぜなら「いいね!」をしたら投稿した本人はうれしいが、
そのいい記事やいい投稿は他の人には知らされない。
でも「シェア」をすれば、こんなにいい投稿があった、
こんなに役立つ情報があったと、
自分の「友達」に知らせることができるからだ。
つまり自分が読んで満足し、
それを投稿した本人だけに伝えるのが「いいね!」だが、
有益な情報を独り占めせず、
他の「友達」にも知らせる配慮を持っている人が、
「シェア」をしていることになる。
他者への配慮があれば何をやってもうまくいくだろう。

私は「好きを仕事にしよう」というメッセージを発信し、
そのために個人力をアップするためセルフブランディングをしよう、
と講義をしているわけだけど、
そこではじめに伝えているのは、
自分だけが楽しむのではなく、
他人も楽しませてはじめて、好きが仕事になるということと、
自分目線で発信するのではなく、
他人目線で発信すべきということだ。

自分だけが満足する行為から、
他人も役立つにはどうしたらいいかという思考回路に変われば、
役立つ情報を発信してくれる人だと認識され、
ネット上で個人としての力を評価され、
存在価値が向上することになる。

自分だけ満足してそれを他者にシェアしない限り、
それは趣味であって仕事にはならない。
多くの人に伝えたい。
そういう気持ちを持って発信するからこそ、好きが仕事になる。

そうした他者目線の思考回路に変換するための第一歩が、
フェイスブックでシェアすることだ。
いい記事があったら自分で満足するだけでなく、
他の人に知らせてあげること。
そういうスタンスになって日々暮らしていくと、
自然と仕事が入ってきたり、お金が入ってきたりする。
頼りがいがある人として認識されるようになる。

ブログもそう。
自分の知っていることをできるだけ披露する。
知っている情報をみなさんに共有する。
すると役立つブログ、役立つ人として認識される。
だからその延長線上で、その技術やさらなる情報や、
アドバイスやコンサルを有料でもいいからお願いしたい、
という人が出てくる。

自分で独り占めしている限り、お金も仕事も入ってこない。
いい情報があったら知らせてあげて、他人の役に立つ。
そんな風な意識で暮らしていけば、
個人力もアップし、好きなことが仕事になるだろう。

だから私もフェイスブックのタイムライン上に流れてきた中で、
おもしろい記事があったら率先してシェアするようにしています。

みなさんも「いいね!」より「シェア」を。

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
※上限5000人に近づいているため、承認にお時間をいただく場合もあります。
フォローは遠慮なくどうぞ。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

<講義のお知らせ>
・6/28(日)取手(14:00-16:00)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/22950780/

・7/10(金)北海道・網走(18:30~20:30)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/23105629/

・2015年7月28日(火)広尾88スタジオ 昼の部14〜16時/夜の部19〜21時
住所:東京都渋谷区広尾5丁目21-5ライツェント広尾200(2F・公園側入口)
交通:恵比寿駅徒歩13分・広尾駅6分
受講費:4000円(税込) 定員:各回20名
申込:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=265242

名古屋でのかさこ塾は残り2名に!定員20名、申込18名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23158780/

・待望の東京・土曜日開催!全4回の申込もスタートしました!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739


by kasakoblog | 2015-06-18 21:30 | セルフブランディング
2015年 06月 17日
人間関係のポートフォリオ~イヤな人を切るといい人が入ってくる
最近思うのは、その時その時に付き合う人間関係って、
人によってキャパがあるんじゃないかってこと。

例えば友達として付き合える人数が10人のキャパしかない人がいたとして、
すでに10人、関係性が続いている人は、
そこにわって入って新しく入ってこれる余裕はないんじゃないか。
この10人の中で誰かを切らないと、新しい出会いは生まれない。

このことは仕事の取引先なんかだとより実感する。
例えば付き合っている取引先が10社あって、
その10社で自分の予定はいっぱいいっぱいだったとする。
そういう時って新しい会社から新規のいい仕事ってなぜか入りにくい。

ところが不思議なことに、どこか1社、あまり付き合っていてもよくない、
相性が悪い会社との仕事を断ち切ると、なぜか新しい取引先が現れる。
これはすごくよくある。

だから。人間関係のポートフォリオは、
時々見直して入れ替えなくてはならない。
10人の中でイヤイヤ付き合っている人がいたら、早めに切った方がいい。
するとそこに1人分の「空席」が生まれ、
新たな人間関係を構築できるチャンスが出てくる。

これって恋人関係なんかはまさしくそう。
よく私が見るのはダメ男と付き合っている女性が、
いつまでたってもいい男性と巡り合えないこと。
このダメ男を切らない限り、新しい出会いは生まれないのだ。

ずるずる引っ張らずにダメ男に見切りをつけた途端、
すぐさますごいいい男性が現れ、あっという間に結婚し、
今は幸せな家庭を築いている人とか何人かいる。
恋人という席が1人しかなく、誰かに占拠されていると、
容易に入ってこれなくなっているのだ。

こんなことを書こうと思ったのは、先日、
フェイスブックの友達が5000人上限に達してしまったから。
でも記事に大きな反響があり、この2日間ぐらいで200人ぐらいの申請があった。

「まったく上限なんか設けるなよ!
いっぱい友達がいたっていいだろう!」と思いながら、
ふと人間関係のポートフォリオについて考えてみた。
これはネット上とはいえ、友達になっているものを、
一度見直した方がいいという神の思し召しではないかと。

そこで友達リストを見直した。
ほとんどフェイスブックをしていない人を優先的に外し、
あとはあまり絡みのない人を外した。
そして前々から気になっていた何人か。
ブロックすることのほどでもないけど、
空気を読まないどうでもいいコメントを、
自己主張のために書き込んでくる人を外した。

別に5000人の上限にならなければ、
このどうでもいいコメントをしてくる、
気になっている数人は外すことはなかったと思う。
最近は私もようやく大人になって、
変なコメントに突っ込んだり反論せず、スルーしていた。

でも頻度が多いと気になるわけ。
別にたいしたことは書いてないんだけど、
「またおまえか。コメント書くならまともなこと書けよ」とか、
私が何度もしつこく、コメント欄に長文書くなといっているのに、
自説を連投で、挙句の果てに「中略」なんて言葉も入れて、
自己主張するバカもいて、別に害もないし、
スルーしているけど、正直うざいのよねっていうか、
そんなに自分の意見を書きたいならブログか自分のタイムラインに書けバカ、
といっているのにわからない人もいて、友達数が上限になったことで、
そういう人を心おきなく友達から外せる絶好の機会だなと思い外すことにした。

もしそういう人を外さなければ、新しく申請してきてくれた、
新たな出会いのチャンスを逃すことになる。
どっちをとるかと考えた時に、別に外すほどイヤなわけではないけれど、
でも自分に1ミリ足りともプラスにならない、
いやむしろ少しマイナスな気分にさせる人を切っちゃった方がすっきりするなと。

でもそういうことすると、卑怯者とか、
意見の合わないやつを認めないかとかいうバカもいるわけです。

あのさ、意見が合わないんだから仕方がないじゃん。
無理にSNSでつながる必要はない。
別にSNSは様々な意見を持つ人たちが集まって、
共同で何かの活動をする会社でもなければ国会でもないわけだ。
イヤな奴は切ればいい。
意見の合う人とつながればいいじゃないか。

別に意見の合う人ばかり集めたからといって、
世の中にはいろんな意見をネットで目にする機会があるわけだから、
情報収集をバランスよくしていれば、別に視野が狭くなることはない。

なんかこういう人たちってさ、
例えるなら、私は阪神タイガースが好きだって考えに対し、
俺は読売ジャイアンツが好きだからおまえもジャイアンツを好きになれ、
みたいな横暴さを感じるわけ。
いやさ、私は阪神が好きだって投稿して、
あなたは巨人が好きだって話は私には関係ない。
しかも自分は巨人が好きですって投稿だけならまだしも、
阪神じゃなく巨人を好きになれみたいな強制を感じるわけよ。

価値観とか趣味とか好き嫌いとか考え方とかは、
いい悪いとか正しい間違っているという話ではない。
人それぞれによって違う。
阪神が好きだといっているのになぜわざわざ巨人が好きという人を集めなきゃいけないのか。
他に阪神が好きな人がいたら、友達上限があるなら、
巨人ファンを切って阪神ファンを新たに加えた方が双方いいのに。

そういう人と無理に付き合う必要はないってことを、
上限5000人で気づかされた。
なんでもかんでもいっぱい増やして、
多様な考え方や意見があった方がいいというのは、
社会の話であって、別に個人のSNSには関係ない。

ぜひみなさんもネット上の人間関係やリアルな人間関係を、
今一度見直してみてはどうだろうか。
イヤだなと思っている人を切らないせいで、
いい出会いを逃している可能性がある。
自分の人間関係のポートフォリオを悪化させている可能性がある。

ほんと不思議なことだけど、イヤな人ひとり切ると、
いい人がひとり現れる。

一度関係性を持ってしまったからといって、
いやいやつながる必要はない。
自分の価値観や意見だって変わる。
その時々に必要な人とつなげればいい。

そう思ったらきっと人間関係で悩まされる機会が減るんじゃないかな。
しがらみだから切れないなんて言い訳していると、
その人のために自分の人生が台無しになってしまうから。

自分の人間関係のポートフォリオをぜひ見直してみてほしい。

・100いいねしたい記事!
「残念なコメント」
http://ameblo.jp/promotion173/entry-11891116722.html



・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-17 20:47 | 生き方
2015年 06月 17日
なぜ約200万円かけて自腹で40ページの冊子「かさこマガジン」を無料配布しているのか
e0171573_2581183.jpg
自分自身の活動をより多くの人に知ってほしいから。
仕事獲得のツールにもなるから。
いろんな人とつながれるから。

昨年末、1万2000部自腹で出版した40ページの冊子「かさこマガジン5」だが、
あっという間になくなったので、2月に4500部増刷、
またもうなくなりそうなので、先日さらに4000部増刷し、
2万500部、発行することになった。

印刷費だけでも100万円!
発送費だけでも70~80万円ぐらい。
デザイン費や封筒代などもろもろ入れると、
200万円ぐらい自費で負担していることになる。

そこで多くの人が疑問に思う。
疑問1:なぜ200万円も自腹で冊子を無料配布しているのか?
疑問2:しかもなぜ惜しげもなく、セルフブランディング術のノウハウを公開するのか?

そこで思うのはこんな疑念だ。
疑念1:実は資産家で道楽でやっているのではないか。
疑念2:取得した個人情報をもとに高額のバックエンド商品を売り込むのではないか。

まず資産家ではない。
株で儲けたりとかはしてない。
(株で損したことはあるが)

それと高額のバックエンド商品はない。
私が個人向けに提供しているサービスで、
値段的に高いものは全4回講義のかさこ塾で、
東京だと25000円、地方だと3万2000円~3万5000円程度。
10万円の教材売りつけたり、20万円のセミナー売ったり、みたいなことは一切ない。

ではなぜ?
おかしいじゃないか?
しかも広告が入っているわけではない。
それとも、かさこさんは頭おかしいのか?
それとも、ボランティア精神あふれる人なのか。

そんなわけはない。
このセルフマガジンは自分のためにやっている。
200万円かけても十分、様々なメリットが得られると思っているから、
無料で配布しているのだ。
e0171573_2584820.jpg

1つ目は、このセルフマガジンを欲しい個人にあげているだけでなく、
自分に仕事を発注してくれる可能性のある、
出版社や広告代理店や制作会社などにDMとして送っていること。
これまで300社ぐらいに配布し、5~6社ぐらい仕事が獲得でき、
1件20万円~50万円ぐらい/1年の仕事が獲得できている。
新規取引先の営業ツールとして十分ペイできるのだ。

来月にはクリエイターの展示会があり、
今年で出展3回目となるのだが、
ここでもセルフマガジンを3日間で1000部ぐらい配布する。
このイベントでも1年トータル100万円以上の仕事が獲得できている。

つまり慈善事業でもなく、高額バックエンドを売る必要はなく、
私の本業である編集・ライター・撮影技術を示す作品例として、
かさこマガジンを渡すことで、コストに見合ったリターンがあるから、
発行しているのだ。

2つ目は、仕事以外でもマガジンをきっかけに、
様々なご縁やチャンスをいただいていること。
直接仕事や報酬につながらなくても、
かさこマガジンの威力のおかげで、
いろんな人と知り合いになれたり、チャンスをいただいている。

ちなみに私が映画製作経験がまったくないのに、
映画監督に抜擢されたのは「かさこマガジン」を見て、
その完成度に惚れ込んでくれたからだ。

そして何より3つ目は、多くの人に、
私の活動内容を知ってほしいから。

国内外の写真も撮れば、おもしろい生き方をしている人をインタビューして、
文章を書いていたりすることもあれば、
珍スポットめぐりをしていたり、Youtubeで対談番組をアップしていたり、
音楽活動をしていたり、映画を作っていたりする。
さらにはブログ術やセルフブランディング術を教える講義や、
全4回のかさこ塾を開催していたりする。

活動が広すぎて、口頭では説明しにくい。
ホームページを見ても、活動のすべてをわかってもらうのが難しい。
だから冊子というアナログの視認性の良さを活かし、
あえてお金のかかる紙媒体にこだわって作成し、
多くの人に見て欲しいと思っているから、無料で配布しているのだ。

この「かさこマガジン」には私の様々な活動が全部網羅的に凝縮されて紹介されている。
それだけではない。
私の生き方・働き方・考え方すべて、すなわち私自身の生き様が、
この本に濃厚に凝縮されている。
だから多くの人に知ってほしい。
たとえ仕事獲得ツールにならなかったとしても。
自分という存在を知ってほしい。
自分の活動を知ってほしい。
だから誰でも無料で送っている。

ただ今回の「かさこマガジン5」は今までのマガジンとは違い、
かなりみなさまに具体的に役立つ実践的なノウハウを紹介している。
正直ここまで出してもいいのだろうかというためらいもあった。

でも最近思うのは、出し惜しみしない方が、
結果的にはかえってプラスになるということ。
もちろんセルフブランディング術のノウハウは冊子だけでなく、
講義に出席していただりたり、かさこ塾に来ていただいた方が、
より体系的網羅的に詳しく解説する。

とはいえかなり冊子にはノウハウが紹介されている。
でもそれでいい。

考え方としては先にGiveすることで、
後からTakeはかえってくるという感じ。
でもほんとセルフマガジンを無料で配布するようになったら、
いいご縁やいいチャンスがものすごく広がる。
できるだけ出し惜しみせず、Giveすることが、
人生うまくいく秘訣なんだとマガジンの無料配布で実感している。

しかもこのマガジン。
単なる私の自分宣伝マガジンではなく、
いろんな人を紹介したり、実用的な情報を紹介しているせいか、
多くの人が友達や知人に配ってくれるんです。
そのおかげで私のことを直接知らない人にも、
私のことを知ってくれるきっかけになっている。

私はネットでの情報発信こそセルフブランディングの核だと思っている。
でもそれだけでは限界がある。
リアルで会った時にURLという記号ではなく、
ネットで展開されている活動内容を、
物体として紹介することによる絶大な効果は計り知れない。
私が他の人と違うのは、
セルフマガジンを2万部以上もわざわざ印刷し、
ネットだけでなくアナログなツールでも発信していることだ。

そのおかげでいろんな人に知ってもらうことができ、
まったく誰も知らない地方で講義をやっても、
いろんな人が来てくれる結果につながっている。

そんなわけで4000部また増刷し、家はかさこマガジンだらけ!
ですので、遠慮なく、マガジンもらってください。
1部だと申し訳ないとか無料だと申し訳ないと思わず、
欲しかったら遠慮なく希望メールをいただければ。
なんたって大量のマガジン入りダンボールで、
収納がすごいことになっているので(笑)。

そして何よりもこの「かさこマガジン5」を読んで、
多くの人が楽しい人生を送れるきっかけになってほしい。
ほんとはそれが一番の目的。
楽しく生きる人が増えたら、きっと政治も社会も経済も人間関係も、
みんなみんな良くなるはず。
そうなればその恩恵はまわりまわって私にまわってくるはず。

セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数(1~200)を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

冊子の紹介は大歓迎!
ここにある表紙画像をブログやSNSなどで、
紹介する時の画像としてお使いください。

講義に来れなくても、かさこ塾に来れなくても、
このマガジンを読んだことがきっかけで、
人生楽しくなればこんなうれしいことはない。

またマガジンを読んで私に興味を持ってくれた方は、
ぜひ講義などに来ていただき、生かさこをご覧いただければ。
ネットからリアルへつながることで、
お互いにとって人生のいい刺激、いいプラス効果になると思います。

そんなわけで、地方ばかりでずっと講義をしていましたが、
地方で大人気だった2時間に凝縮した、
好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術講義が、
7/28と9/2に広尾で開催が決定しましたので、よかったらお越しください。

・2015年7月28日(火)昼の部14〜16時/夜の部19〜21時
※各講義のあと1時間程度の交流会を会場で予定
場所:広尾88スタジオ
住所:東京都渋谷区広尾5丁目21-5ライツェント広尾200(2F・公園側入口)
交通:恵比寿駅徒歩13分・広尾駅6分
受講費:4000円(税込)
定員:各回20名
申込:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=265242

・2015年9月2日(水)昼の部14〜16時/夜の部19〜21時
申込:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=264822

また、待望の東京・土曜日開催!全4回の申込もスタートしました!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

名古屋でのかさこ塾は残り2名に!定員20名、申込18名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23158780/

<地方講義は残り2つ!>
・6/28(日)取手(14:00-16:00)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/22950780/

・7/10(金)北海道・網走(18:30~20:30)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/23105629/

ぜひまずはかさこマガジンをお取り寄せいただければと思います。
・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
※上限5000人に近づいているため、承認にお時間をいただく場合もあります。
フォローは遠慮なくどうぞ。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-17 02:59 | お知らせ