<   2015年 08月 ( 47 )   > この月の画像一覧

2015年 08月 04日
能力あっても自信なくて行動できない人より、能力ないけど自信があって行動する人の方が10倍成長する理由
ネットを見ていると、驚くことがある。
「えっ?!ぜんぜんコンサルタント経験ないのに、
コンサルタントとか名乗って金とって仕事しちゃうの?」とか、
「ブログはじめて半年ぐらいなのに、
ブログ術教えますとかいってセミナーしちゃうの?」とか、
「写真歴浅いのに写真展とかやっちゃうわけ」みたいなもの。

でもね、こういう人は今、それほど能力がなくても絶対に伸びる。
実践、行動しているからだ。
行動してからでないと学べないことがあるからだ。
1の行動に勝るものはない。

一方、ものすごい能力はあるのに、
「私なんてまだまだ実力ないから、
お金とって仕事なんてできない」とか、
「私はまだ勉強不足だからもう少し勉強してから」とか、
「私よりすごい人がいっぱいいるから、
私なんか仕事にできない」とか、
「経験が浅いからセミナーやるなんて何年か後じゃないと・・・・」
とか言っている人は伸びない。

どれだけ素晴らしい能力があっても、
自信がなければ人から信頼されないし、
アウトプット=行動がなければ、
机上の空論、頭上の空論で堂々巡りしているだけで、
実地の学びがないからだ。

たいして能力もないのに、はったりで行動できる人はいい。
失敗もするだろうが必ず伸びる。
でもほんともったいないなと思うのは、
能力があるのに自信がないため行動ができない人。

もったいない!

ただなぜそのような思考回路に陥ってしまうのかといえば、
1:自分はもっとできるはずという、
高すぎる理想を描いているために、
一般平均レベルより高い能力があっても行動できない

2:他人と比較しすぎて、特にめちゃくちゃできる人と比較し、
「あの人と比べたら私なんてできない」
と思ってしまい、行動できない

3:プライドが高く、失敗して恥をかきたくない、
という思いが強く、完璧に何事もやってからでないと、
動けないという思考回路がしみついている

4:かつて自分が行動したら、
執拗以上に叩く人がいて、
その叩かれた経験がトラウマになっている

といった理由が考えられるだろう。

でもほんともったいない!
100の理論より1の行動。
100のインプットより1のアウトプット。
100のお勉強より1の実践。

行動しなければわからないことがある。
だから過大な自分を描いて、現状を過小評価してしまい、
せっかく能力があるのに動けないというジレンマから抜け出し、
とりあえずやってみて、それから考える、
という思考回路に変えれば、
はるかに素晴らしい活動ができ、
人生楽しくなるんじゃないかと思う。

行動せよ。
インプットはそれからだ!


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-08-04 11:00 | セルフブランディング
2015年 08月 03日
Over the Rainbow
できない理由を見つける天才
できる方法を1ミリも考えなかった
夢を語るなんてバカげた妄想
そうやってかっこつけて 自分から逃げ続けていた

誰も自分に注目してないのにビビって
人の目 気にして 気を使いすぎて袋小路

プライドばっかり高くて 頭でっかちで動けない
何もせずに いつまでもグダグダしてるじぇねえ
てめえの腐った心を 自意識過剰な気持ちを
捨てろ 捨てろ くだらねえ心を撃ち抜け
Over the Rainbow

「時間がない」といういつもの口ぐせ
忙しさアピールしてまるで芸能人気取り
政治家みたいに本気でしたいことを
先送りしてたらオオカミ少年になってた

スマホ片手にネットニュースに夢中になり
世の中 陰謀論でわかった気になってた

時代や社会のせいにして
自分じゃ一歩も動けない
誰も君のすねた気持ちなんかどうでもいい
悲劇のヒロイン気取っても
誰もあんたのこと助けやしない
マジで生きろ 死ぬ気でやりたいことやってみろ

災害 戦争 突然の悲劇 人生の最終期限
自分じゃ決めることできない だから

たった一度の人生を やなことばかりに追われて 
無駄に過ごし 生きてる意味なんてどこにもねえ
自分のハンドルにぎって 行きたい場所に行けばいい
どこのゴールめざすかは 自分自身で決めろ

Over the Rainbow


https://www.youtube.com/watch?v=YW2nwOQAJcs

・無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/
※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon



by kasakoblog | 2015-08-03 18:02 | 生き方
2015年 08月 02日
気持ちよくキャンセルできるようイベント運営者はキャンセルポリシーを作るべき
イベント運営側にとって直前や当日にキャンセルされるのは、
いろんな意味でとっても痛い。
でも、参加者側の立場になってみれば、
平気でキャンセルする一部のバカ者と、
イベントの度に必ず親戚が死ぬとっても不運な人をのぞき、
本当は行きたかったんだけど、どうしても仕事の都合や、
家族の事情で行けなくなることは当然あり、
本当に申し訳ないんだけど、やむを得ずキャンセルしなくてはならず、
でもキャンセルの連絡したら申し訳ないなと、
直前まで迷ってしまい、
かえってギリギリの連絡になってしまう人も多いのではないか。

だから思うのだ。
キャンセルを避けることはできないのだから、
主催者も参加者もキャンセルでわずらわされないよう、
ちゃんとキャンセルポリシーを作っておけばいいと。

キャンセルポリシーとは予約を取り消した場合のルール。
ホテルやツアーなんかでよくある、
何日前だと何%の代金は徴収しますみたいなアレだ。

最近、私もイベント参加を申込したが、
どうしても直前になって行けなくなってしまったものがあり、
いつもイベントする側なので非常に申し訳ないなと思いながらも、
ただ少し気がラクなことがあった。
それは事前に参加費入金で、入金後は返金不可になっていたからだ。

キャンセルされたら参加人数は減ってしまうものの、
事前入金分の返金は不可というキャンセルポリシーだから、
イベント主催者側に少なくとも経済的損失は発生しない。

だからある意味ほっとした。
もしそうでなかったら、
「直前キャンセルだから参加費は払わせてください」
と言うつもりだったが、日本人の美徳というか悲しいサガというか、
かえってそう言われると、ついつい多くの人は、
「そんなの払わなくていいですよ」と言ってしまうはず。

直前キャンセルは仕方がない事情の人も多い。
特に子ども。
子どもがいない人はまずわからないと思うのだが、
子どもってほんと何かを察知したかのように、
イベントだから出かけようという日に限って熱を出したりする。

いや私はね、子どもがいない時に、
「子どもが熱が出て行けなくなりました」みたいなのは、
もしかしたらキャンセルする都合のいい言い訳なのかなと、
恥ずかしながら思っていたけど、
子どもができてはじめてその意味がよくわかっった。

マジでここぞという時に熱が出たりする。
それも1回や2回ではなく何度も。
もちろん親戚を何人も殺してしまう人のように、
いつも子どもを理由に、
ただ単に直前キャンセルしているだけかもしれないが、
子どもが理由ってそんなにウソじゃないと思う。

ちなみに7/28の2時間講義の参加者から、参加前に、
「当日、子供が熱を出さないよう体調管理に気を付けます」
とのメールをいただいたので、
「お子さんが熱を出したときは看病を優先してあげてください」
と返信したところ、講義受講後の感想ブログで、
こうした返信をしたことを喜んでいただけたみたいで、
ありがたかった。
いやでもこういうメールの返信ができるようになったのも、
子どもがいるからで、子どもがいなかったら、
こんな返信しなかったんじゃないかと思う。

直前キャンセルにはいろんな事情がある。
だから主催者も気を使わず、参加者も気を使わず、
しっかりキャンセルポリシーを定め、
何日前からキャンセル料がかかりますみたいにしておけばいい。
お互いが気持ちよくイベントに向き合えるよう、
キャンセルポリシーを作っておきたい。

ちなみに、全4回のかさこ塾はキャンセルポリシーを設けていますが、
地方講義はわりとどの会場も部屋が広くて、
満席になることはないと思うので、
地方講義開催の際はよほど人数に限りのある会場以外は、
キャンセル料はとらないつもりでいます。

ただごくまれにキャンセルすることを連絡しないバカがいるので、
それだけは勘弁して欲しい。
キャンセルポリシーがなかろうが、
キャンセル料が発生しなかろうが、
キャンセルするなら連絡だけはしてほしい。

ということでぜひイベント運営者は、
キャンセルポリシーを設けるとよいと思います。

・子どもの件のメールやり取りをした7/28の講義参加者の、
おもしろいセミナー感想ブログ
http://ameblo.jp/womens-acupuncture/entry-12056044858.html

・キャンセルするなら連絡しろよボケカス!というカスな輩が多い件
http://kasakoblog.exblog.jp/22450864/

・無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-08-02 21:02 | 働き方
2015年 08月 02日
9/2に東京・恵比寿で「好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術」講義開催!
地方16カ所で好評だった2時間凝縮講義を東京でも開催します!

・2015年9月2日(水)昼の部14〜16時/夜の部19〜21時
※各講義のあと1時間程度の交流会を会場で予定
場所:広尾88スタジオ
住所:東京都渋谷区広尾5丁目21-5ライツェント広尾200(2F・公園側入口)
交通:恵比寿駅徒歩13分・広尾駅6分
受講費:4000円(税込)
定員:各回20名
申込:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=264822

<講義内容>
・好きを仕事にするセルフブランディング術11カ条解説
・なぜ今、ブログなのか。
・ブログ、SNS、ホームページの使い分け
・仕事につなげるためのブログの書き方
・ブログ更新の秘訣
・好きなことの見つけ方
など

2時間凝縮講義をあまりする機会は少ないので、
ぜひこの機会にご参加ください。

<年内のかさこ塾=全4回の実践編の予定>
・京都:9/17(木)~定員20名、申込13名
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・東京・広尾:10/7(水)~定員15名、申込9名
http://kasakoblog.exblog.jp/23488102/

・福岡:10/16(金)~定員20名、申込6名※10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23472519/

・東京サンクチュアリ:10/29(木)~定員20名、申込2名
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-08-02 19:45 | お知らせ
2015年 08月 02日
10/15佐賀で「好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術」講義開催!
かさこ地方講義17カ所目となる佐賀での開催が決定しました!

日時:2015/10/15(木)19時~21時
場所:佐賀市文化交流プラザ交流センターエスプラッツ3Fギャラリー
住所:佐賀市白山2丁目7-1
定員:24名
受講費:4000円(税込み)
※講義終了後、懇親会あり

申込:kasakotaka@hotmail.comに
「1015佐賀」という件名の上、お名前、電話番号、参加人数、
講義終了後の懇親会参加の有無をお知らせください。

※参加者には、セルフブランディング術11カ条を解説した「かさこマガジン」40ページ進呈。
※yahooメールでお申込みいただく場合、こちらにメールが届かないケースが頻発しています。
私は必ず申し込みメールに返信しておりますので、
2日たっても何の返信もない場合は、メールが届いていない可能性があるため、
違うメールかフェイスブック、ツイッターなどのメッセージでご連絡いただければと思います。
(ケータイメアドの方はこちらのPCメールの受信ができるよう設定をお願いします)

<講義内容>
・好きを仕事にするセルフブランディング術11カ条解説
・なぜ今、ブログなのか。
・ブログ、SNS、ホームページの使い分け
・仕事につなげるためのブログの書き方
・ブログ更新の秘訣
・好きなことの見つけ方
など

<年内のかさこ塾予定>
・京都:9/17(木)~定員20名、申込13名
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・東京・広尾:10/7(水)~定員15名、申込9名
http://kasakoblog.exblog.jp/23488102/

・福岡:10/16(金)~定員20名、申込6名※10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23472519/

・東京サンクチュアリ:10/29(木)~定員20名、申込2名
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-08-02 19:41 | お知らせ
2015年 08月 01日
「できない無理」と言い続けていたマイナス思考の私ができるようになった理由
「あなたにはできるはず」と声を掛け続けてくれた人がいたから。

今でこそ私はどんなことでも「できない」「無理」とは言わず、
むしろ前向きに捉えて、できる方法を考えるクセが、
やっとつきはじめたけど、数年前までは、
とりあえず否定から入る、とりあえずできないことから考える、
ダメダメなマイナス思考の人間だったと思う。

私が「できない」と言い続けてきたのが、
ブログ術講義とかさこ塾だ。
今でこそ、ブログ術講義を全国各地で行い、
かさこ塾も次で10期生になり、
開催すればほぼ満席、塾生も約160名ものグループになっているが、
実ははじめ「ブログ術講義なんてできない」
「全4回の塾なんて無理」と断り続けていたのだ。

「ブログの書き方を教えてほしい」という声は、
今から3年前、2012年頃からあった。
写真術講義を行ったサンクチュアリ出版のイベント担当の、
高山直樹さんからも、
「今度は写真術ではなくブログ術講義をしたらどうですか?」
と度々声を掛けられていたのだが、
私はほぼ1年間、断り続けていたのだ。

「ブログを教えるなんて無理」
「強いていうなら、ブログを毎日書けばうまくなる!以上」

私に教えられることなんかない。
コツなんてない。
そう思い込んでいたのだ。

でもいろんな人から教えてほしいという声をいただいたことや、
イベント担当の高山さんからも何度も話をいただいたので、
一度「できない」という門前払いの思考をやめてみた。
もしやるとしたら、何を教えたらいいのだろうかと。

そしたらね、わんさかいろんなコツが出てきた。
1時間半ぐらい講義をするぐらいのノウハウは十分あった。
今まで単に「できない」と決めつけて、
自分が無意識にやっていることを、
ちゃんと深く考えようとしなかっただけだったのだ。

そんなわけで「ブログ術講義をやってほしい」と言われ、
断り続けて1年後にやっと「ブログ術講義」を開催した。
すると大盛況だった。
目の前にニーズがあるのに、自分はそのニーズに気づかず、
チャンスを逃していたのだ。

しかしブログ術講義をやったらさらなる提案が、
サンクチュアリ出版の高山さんからあった。
「ブログ術講義を全4回の塾みたいな形式にしたらいいんじゃないですか?」

えーー。そんなの無理!
とはじめ思った。
ブログ術のノウハウを1時間半の講義にまとめ、
「もうこれですべて私の持ちネタは出しきった!」
と思っていたのに、全4回の講義なんてできるわけがないと。

そう思っていた私は、何度となく高山さんから、
「全4回のかさこ塾をやりましょうよ」と言われていたのに、
「そんなもんできない!」と半年間、断り続けていたのだ。

でもある時、ふと思った。
「できない」という門前払いの思考回路を変えて、
もし開催するなら、全4回の講義内容をどうしたらいいか、
考えてみようと思ったのだ。

単に座学を4回詰め込んでも実践にはならない。
そこで実践的な内容を取り入れた内容にした方がいいと考え、
仮でカリキュラムを作ってみたら、
もしかしたら塾できるかもと思うようになり、
高山さんからオファーいただいた半年後に、
かさこ塾が実現することになった。

「塾なんかやっても人が集まらないんじゃないか」
「1回講義を聞けばもうそれで十分なんじゃないか」
とマイナス思考で捉えていたことも、
私が開催に踏み切れなかった理由の一つだ。
やりもしないのに、失敗するシミュレーションばかりしていた。

ただなんかある時、ふと思ったのだ。
「やってみて人が集まらなければ、塾はやめればいいだけじゃないか」
そう思ったら気持ちがラクになった。
するとどうだろう。
1回目ははじめてということもあり、集客に苦労したが、
2回目以降は受講生の口コミなどのおかげもあり、
開催するごとにほぼ満席になるようになった。

みなさんもかつての私のように、
「そんなの無理」「できるわけがない」
と思考停止になっていないだろうか?
もしかしたらやってみたらできるかもしれないのに。

できない理由はいろいろあるが、
1つはプライド高くて自意識過剰で失敗が怖いから。
この思考回路にハマっている人は、
「てめえのことなんか、誰もそんなに気にしてねえよ!ボケ!
自分を過大評価してんじゃねえ」というしかない。

ただそうした理由ではなく、
「いや私にはできない」と思っている人は、
深く考えていない可能性が高い。

私のように「できない」と言ってしまうのではなく、
「もしかしたらできるのかも」という前提条件で、
どうやったらできるのかを考えてみたら、
意外とできるかもしれない。

よく「ブログは毎日更新なんかできない」
「1カ月やったらネタがつきてしまった」
とかいう人もいるが、これも深く物事を考えていない証拠。
「ネタがつきた」と思った状態から、
果たして自分には何ができるのか考え始めると、
新たな世界を切り開くことができるのだ。

私だって「ブログ術なんて教えることはない」
「毎日書けばそれでいい!以上」で終わってしまっていたのに、
何度となく「そんなことはないはず」と言われて、
一度深く考えてみたら、いろいろネタがいっぱい出てきた。
多分、多くの方がブログのネタがないというのは、
かつての私と同じように「これ以上伝えることはない」
と深く考えようとしていないからだ。
考えれば意外と出てくる。
その壁を乗り越えられるかどうかで、
人は変われるか変わらないかの分かれ道になる。

でもそんなエラそうなことを言っている私だが、
サンクチュアリ出版の高山さんが、
「かさこさんならできるはず」と言い続けてくれたからだと思う。

だから私も、かさこ塾やこのブログでも、
「できない」と思い込んでいる人を、
「失敗してもいいからやってみよう」
「できないんじゃなく、やってみたらできるかも」
と心のブレーキを取り外し、
背中を押す手伝いをしたいなと思って活動している。

そんな風に思えるのは、
私自身がマイナス思考でできないと言い訳していた人間だったから。
自分自身だけではなかなか変わることができなかったから。

・かさこ塾誕生秘話「かさこでいいかも」
サンクチュアリ出版・高山さん登場の回アップ!

https://www.youtube.com/watch?v=MnI3VJCccZ0

<年内のかさこ塾予定>
・11期(京都)
9/17(木)9/24(木)10/1(木)10/8(木)13:00~15:00
定員20名、申込13名
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・大阪:開催中止。京都へ振替

・12期(東京・広尾)
10/7(水)10/14(水)10/28(水)11/4(水)13:00~15:00
定員15名、申込8名
http://kasakoblog.exblog.jp/23488102/

・13期(福岡)
10/16(金)10/23(金)10/30(金)11/6(金)13:30~15:30
定員20名、申込6名※10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23472519/

・14期(東京サンクチュアリ)
10/29(木)11/5(木)11/12(木)11/19(木)19:30~21:30
定員20名、申込1名
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-08-01 22:04 | 生き方
2015年 08月 01日
武藤貴也



SEALDsという学生集団が自由と民主主義のために行動すると言って、
国会前でマイクを持ち演説をしてるが、彼ら彼女らの主張は
「だって戦争に行きたくないじゃん」という自分中心、
極端な利己的考えに基づく。
利己的個人主義がここまで蔓延したのは
戦後教育のせいだろうと思うが、非常に残念だ。

武藤貴也
@takaya_mutou
昭和54年5月25日北海道釧路市音別町生まれ。
東京外国語大学卒業、京都大学大学院修了(専門は外交・安保・国際法)。
平成21年自民党が行った「全国公募」で自民党滋賀県第4選挙区支部長に選ばれ、
平成24年第46回衆議院総選挙で初当選。現在2期目。近江八幡市在住。O型。
e0171573_13572977.jpg
e0171573_13574057.jpg

次に「基本的人権の尊重」について。
私はこれが日本精神を破壊した「主犯」だと考えているが、
この「基本的人権」は、戦前は制限されて当たり前だと考えられていた。

・・・・・・・・・・・・
戦争=人殺しをしたくないというのは、まともな人間の感覚だと思うのだが、
戦争=人殺しをすることを平然と容認する政治家がいるとは。
さらには基本的人権まで否定!
みなさん、ちゃんと覚えておきましょう。


by kasakoblog | 2015-08-01 19:26 | 政治