<   2015年 10月 ( 58 )   > この月の画像一覧

2015年 10月 05日
マイナンバーとか言ってないで、役所や公共施設が今すぐやめるべき3つのこと
印鑑、ファックス、和暦。
ほんと迷惑だから
申請書類や手続きの際に
この3つは即刻やめていただきたい。

1:印鑑
バカじゃないのかと思うのが印鑑。
申請書類に印鑑つけと。
その辺の100円ショップに行けば
様々な名字の印鑑が売っている時代に
印鑑を押させることに何の意味があるのか。
バカもほどほどにしてほしい。
印鑑押させるのはやめるべき。

2:ファックス
メールはダメです。
ファックスじゃないとダメです。
っていつの時代の人なんですかね?
昔はファックス、仕事でばんばん
使っていただけど
今ファックスなんて使うの皆無。
ファックスもこの前、撤去した。
そんな前近代的なもので
書類送ってくれってバカなんですかね。

っていうかファックスで送られてきた
書類管理するってめちゃめちゃ無駄。
紙で保管しなきゃならないし
検索できないし、どうやって仕事すんの?
メールならカラーの書類だって送れるし
何十枚、何百枚もの資料送るのもラク。
ファックスで送ってくれって
今すぐやめてほしい。

3:和暦
申請書の日付記入欄が和暦って
何かの嫌がらせなんですかね。
普通に西暦にしてほしい。
いちいちネットで今は平成何年だっけとか
調べるのがうざい。
別に和暦じゃなく西暦にしたところで
西洋にのっとられるわけじゃあるまいし
一般社会で常識的に使われている
西暦年での記入に今すぐすべき。

だいたいさ、歴史上の出来事は
すべて基本西暦で教えているじゃない。
例えば今年は戦後70年って
終戦の年が1945年で
今年は2015年だから
すぐ計算できるのであって
和暦にしたら70年とかわからないし
例えばリーマンショックは2008年と
いった具合に西暦ならすぐわかるけど
リーマンショックが平成何年とか言われても
まずわからないから。

マイナンバー制度がスタートし
いろいろ便利になるというけど
とりあえずマイナンバーの是非はともかく
印鑑、ファックス、和暦を今すぐやめろ。

話はそれからだ。

・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

・第一回セルフマガジン大賞開催!作品募集!
http://kasakoblog.exblog.jp/23460766/

<年内のかさこ塾>
・10/29スタート全4回の東京かさこ塾※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<その他のイベント>
・10/31大分中津で、かさこトークライブ&写真術講義開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23675696/

・12/13無料トークライブ3本など様々なイベント満載「かさこ塾祭り」
http://kasakoblog.exblog.jp/23734970/

</2時間凝縮講義>
・10/15佐賀で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23510376/

・10/24大分日田で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23663071/

・11/7沖縄で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23531194/

・11/9鹿児島で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23680082/

・11/24藤沢で2時間凝縮ブログ術講義※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/23724594/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-10-05 14:50 | 一般
2015年 10月 04日
本を出したいとか抜かしている人の9割は本気でないことを見抜くたった一つの方法
「本を出したいのなら
もう原稿は書いてるんですよね?」
と聞けばいい。
本気で本を出したいなら
原稿を書いているはず。
「いやまだ書いてないんですけどね」
とかいっているのは
本を出したいのではなく
我欲が目的だからだ。

本を出したという人が多い。
でもその多くが我欲だ。
文章を書きたいわけでもなく
多くの人に何かを伝えたいわけでもなく
・印税で金を稼ぎたい
・有名になりたい
・作家という名誉を得たい
といったことが主目的に過ぎない。

だから「本を出したい」というのに
原稿を書いていない。
原稿書かなきゃ本は出せねえんだよ。
本気で本を出したいなら
もう書いているはずでしょ。
書いてないってのは
目的が本を出すことじゃない。

「いや出版が決まってから」
って言い訳する人もいるけど
出版決まってからでないと
じゃあ書かないんですかってこと。
別に今の時代は昔と違い
自分で電子書籍を出すこともできるし
ネットで無料で全文公開したっていい。

本を出したいって本来の目的は
自分が書きたくて書きたくて
仕方がないものがあり
多くの人に読んでほしいと思うからだ。
本気で本を出したいのなら
とっくに原稿を書いているだろうし
多くの人に伝えたいと思うのなら
ブログで公開したり
電子書籍を出すなりしているはずだ。

なぜそれをしないのか。
本を出す目的が我欲だからだ。
金が欲しい、有名になりたい
みたいなことに過ぎない。

でもさ金が欲しいなら
本を書くなんて面倒なことせず
株式投資でもすればいいわけだ。

ようは動機が不純なんだよ。
目的と手段が間違ってるんだよ。
そんなんで人に役立つ本を
書けるわけがない。

本気で本を出したい人は
とっくに原稿書き始めている。
多くの人に読んでほしいと思う人は
ブログで公開している。

私の知り合いで本気の人もいる。
その人は小説を書きたいと思い
自費出版して配布していたが
今はネットでも全文無料で公開している。
さらに現在はその続編を書いていて
これも書き上げたら全文掲載する予定だという。

そういう人が本気の作家なんだよ。
書きたくて書きたくて仕方がないから書く。
書いたら多くの人に読んでほしいから
全文ネットで公開しちゃう。
これぞ本気の作家であり
やれ印税で稼ぎたいとか
有名になりたいみたいな
おかしな目的で本を出したいとかいって
でも原稿をろくに書いていない人なんて
本気で作家になりたいわけじゃない。
腐った我欲でしか考えていない。
そんなもん、読む価値はない。

それとね本を出したって
印税で大儲けできないから。
1500円の本が1万部売れても
印税10%で150万円。
年間本を6冊出したって
年収1000万円にも満たない。

これだけ出版不況や本離れが
加速している時代に
「本を出せばラクして儲かる」とか
「本を出せば有名になれる」みたいに
勘違いしているなら目を覚ました方がいい。

伝えたいことがあるなら
書いてブログで公開すればいい。
その内容が素晴らしければ
出版社からオファーがきて
本を出せるようになるだろう。

・多くの人に伝えたいから
自費で印刷し無料で配布している
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・ブログでインタビュー記事を
載せていたら今年夏に書籍化された本
拙著「マイナスな人生でもプラスになれる生き方」

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-10-04 22:47 | 働き方
2015年 10月 04日
結婚式撮影
e0171573_21481827.jpg

時々結婚式撮影の依頼を受けて
撮影しています。
今日撮影したのは、東日本大震災で被災した
猫の保護活動をしている
「にゃんだーガード」で知り合ったお二人。
私との関係は新郎が
3年前に私のブログを見に来てくれて
かさこオフ会に参加。
そこで猫の保護活動をしていると知り
福島で同行取材。
新郎とにゃんだーガードの隊長とは
福島原発20キロ圏内にともに行った仲です。
ブログをやっているといろんな
ご縁がつながり結婚式の撮影まですることも!
e0171573_21482520.jpg
e0171573_21483074.jpg
e0171573_21483592.jpg
e0171573_21484015.jpg
e0171573_21484428.jpg
e0171573_21485550.jpg
e0171573_2149130.jpg
e0171573_2149629.jpg
e0171573_21491125.jpg
e0171573_21491562.jpg
e0171573_21492131.jpg
e0171573_21492632.jpg
e0171573_21493067.jpg
e0171573_2149367.jpg
e0171573_21494031.jpg
e0171573_21494842.jpg
e0171573_21495312.jpg
e0171573_21495750.jpg

・にゃんだーガード
http://nyanderguard.org/

・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-10-04 21:55 | 【写真】国内
2015年 10月 03日
チャンスは待っててもこないんだよ。自分で動いて作るんだよ!という見本を一例
昔の私もそうだった。
誰かが自分の能力や才能を発掘してくれて
誰かが自分を高く評価してくれて
いい話が舞い込んでくるのではと
ただ何もせずぼーと口をくわえて
待っていたバカだった。

しかしいつまでもチャンスは回ってこない。
「自分の良さがわからないなんてバカだ!」
「誰も見る目がない!」
「なんであんな奴が活躍しているのに
自分に声がかからないんだ!」
「結局はコネなんだ」とか
まったくおかしなことを言っていた。

本当にバカだ。
でもかつての私のようなバカは
いくらでもいる。
いいかい。
チャンスは待っててもこないんだよ。
自分で動いて作るんだよ。

ではどうやって。
そこで素晴らしい直近の事例を紹介しよう。
京都のおうちパーティーコーディネーター
大橋りささんの事例だ。

彼女は今、京都かさこ塾に通っているのだが
2回目の授業の終わりに
「次の授業の前にランチをしませんか?」
と声をかけてきた。
どうせ一人で食事をする予定だったので
ちょうどよいと思い、食事をすることにした。
e0171573_23184198.jpg

するとどうだろう。
待ち合わせの講義会場に行くと
外でランチではなく
彼女が普段仕事をしている
テーブルコーディネートを会場で始めて
自ら作った料理をふるまってくれたのだ。

大橋さんは自分のしている仕事を
4回のかさこ塾の講義の中のどこかで
私に見てもらいたいと思っていたのだ。
e0171573_2319460.jpg
e0171573_23191658.jpg
e0171573_23192168.jpg

テーブルコーディネートは見事だった。
料理も見事だった。
もちろん大橋さんがそのような活動を
しているのは知っている。
でもただ聞くのと
実際に体験してみるのとでは
まったく実感が違う。

大橋さんはこの「作戦」について
ブログでこんな風に書いている。

自分に自信がないなんて言っていたら、
せっかくのチャンスを
モノにする機会を失ってしまう。
待ってても誰も引っ張ってなんかくれない。
自分で動かなきゃ。


見事という他ない。
自分でチャンスを作る。
自分の仕事をより多くの人に知ってもらう。
私が横浜から京都に4回来るという
限られた時間で体験してもらう。

いい意味で私を「利用」する心意気があり
でも押しつけがましくなく
でも自らさりげなくチャンスを作る
そういう積極性って私は好きだ。
だからかつてのかさこ塾生でもあったけど
「いつか取材されてみたい」といった塾生を
翌週取材してブログに掲載したり
「かさこでいいかもに出るのが夢」といった
塾生を「じゃあ来週収録で」といって
収録して掲載したりしている。

もちろんある程度の実力がなければ
なんでもかんでもOKはしないけど
でもただ指をくわえて待っているだけでは
何も起こらないわけで
ダメもとでチャレンジする人には
私ができることはしてあげたいなと思う。

だからただ待っているだけではダメ。
待っていても白馬の王子もいい仕事も
やってはこない。
自分で行動し、自分でチャンスを作るんだよ。
たとえ失敗したとしてもいい。
何度もチャンスを作れば実る機会もある。

あんたはシンデレラじゃない。
自分にとりたてて特別な才能がないなら
なおのこと自ら積極的に行動しチャンスを作れ。
そうやって動いていれば自分がしたい夢が
どんどん叶うようになるだろう。

・おもてなし料理&コーディネート教室
を京都で行っている大橋りささんのブログ
http://ameblo.jp/2014risa/

・無料冊子「かさこマガジン」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-10-03 23:19 | セルフブランディング
2015年 10月 02日
目の前のことをがんばらないで別のことをするのは単なる逃げだと思う
今の仕事がつまらない。
今の生活がつまらない。
だから今の仕事や生活は手を抜いて
どこかにある楽しいユートピアを求めて
別のことを何かしようというのは
単なる現実逃避でしかない。

私はパラレルキャリアを勧めている。
会社員だろうが自営業だろうが
今の仕事や活動とは別に
自分の好きなことを続け
それをネットで発信するべきだと。
同時並行して2つのことをする
ということだ。

でもね、パラレルキャリアって
今の仕事はつまらないから手を抜き
好きなことだけをがんばればいい
という話ではない。
どんなことでも必ずつながっているし
どんなことでも自分の役に立つし
目の前のやるべきことを放棄するのは
今後どんな活動をしても
信頼は得られなくなってしまう。

だからパラレルキャリアだろうが
何だろうが、目の前にあることも
懸命にがんばるべきだと思うわけです。

ところが何かを勘違いしてしまい
今の仕事はつまらないけど
きっとどこかに私の楽しい仕事が
あるはずだみたいな幻想をいただき
いつまでも自分探しをし
いつまでもあらゆるセミナーや
習い事に通いつめたところで
そんなものは逃げにしかならない。

今の目の前の仕事は全力を尽くせ。
手を抜かずにがんばれ。
でもその上でもっと好きなことを
できれば仕事にしたいとか
もう1つ仕事の柱を作りたいという意味で
別の活動をしたらいいと思う。

そんな2つもがんばるなんて無理
というかもしれないけど
そんなことはない。
よほどのブラック企業なら
がんばる必要なんかまったくなく
法律違反で全力尽くしたら
死んじゃうからとっとと辞めるか
手を抜けばいいと思うが
そうでない会社ならがんばって仕事すれば
それによって仕事の効率がアップし
自分の活動をする時間が作れるはずだ。

私は25歳から37歳までの会社員時代
ずっとそうしてきた。
会社の仕事も全力でがんばる。
でも自分の活動も広げていきたい。
そのためにむしろ会社の仕事を努力し
いかに効率よく効果的な仕事ができるか
考えてきたからこそ
残業手当てでダラダラ働くのとは違い
より仕事を多くこなし
そのためにスピードアップをはかり
空いた時間で自分の活動をしてきた。

逆にいえば仕事をがんばれたのは
自分の活動があったから。
自分の活動の時間をとりたいと思わなければ
ダラダラ会社で働き続けていただろう。

今の仕事は自分のしたい仕事では
ないかもしれないけど
でもどんな仕事だろうが
必ず自分の好きな活動に役に立つ。
私でいえば、マクドナルドでバイトしたことと
サラ金で働いたことが
ライター、カメラマンとして活動する上で
ものすごく役に立っている。

同業界同職種にどっぷり浸かっている人って
視野が狭く、活動に広がりがなく
柔軟性がないから息詰まってしまう。
まったく違う業界業種を経験したことが
好きな仕事をした時に他者とは違う
強みになる可能性が高い。
だから今の仕事も目の前にあることも
一生懸命した方がいい。
学べることは多いから。

そうした意味でのパラレルキャリアを
実践してほしい。
そうしたら会社を辞めざるを得なくなり
フリーランスになったとしても
仕事はうまくいくだろう。

・無料冊子「かさこマガジン」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-10-02 22:51 | 働き方
2015年 10月 02日
どなたでも遊びに来れる入場無料の「かさこ塾祭り」12/13に開催!私出演無料トークライブ3本あり!
e0171573_2242059.jpg
私ほか、かさこ塾生20数人による
好きをテーマにしたセッションや
セミナー、写真展示などを行う
共同展示イベント「かさこ塾祭り」が
12/13(日)に都内で開催決定!
入場無料、どなたも見学自由ですので
ぜひ遊びにきてください。

※「かさこ塾祭り」とは:
「好きを仕事にするセルフブランディング
&ブログ術講義実践編」=「かさこ塾」
の卒業生有志による共同展示イベント。
いわば“オトナの文化祭”!
コンセプトは
「自分の好きなことで人の役に立つ」こと。
各人が好きをテーマにした
ワークショップや展示や物販、
相談コーナーなどを設けています。

<私出演イベント>※無料。予約不要
・公開インタビュー:11時~11時40分
家族の思い出ライター
鯰美紀さんによるかさこ公開インタビュー

普段はインタビューする側のかさこに
私の両親を取材したこともある
ライターの鯰さんがインタビューを実施。

・トークライブ1:14時~14時40分
人生復活請負人ソフィア・エムートさん
&かさこの人生相談室
e0171573_2271758.jpg

壮絶な人生を乗り越えたソフィアさんと
私による対談トークライブ。
動画で「恋愛相談」や「人生相談」に
のっている二人のトークを生で見れます!

・トークライブ2:17時~17時40分
e0171573_17174228.jpg

ブランディングコンサルタントの
Rinさん(鈴木萌子さん&かさこのトークライブ

・セルフマガジン大賞発表:18時~
11月末までに私宛にセルフマガジン大賞に
応募した人の中から大賞を決定し
塾祭り会場で発表します!
※大賞者特典:
1:本ブログでセルフマガジンの紹介および
ご本人の活動についてインタビュー記事を掲載
2:全4回のかさこ塾受講費無料
※大賞者がかさこ塾生の場合
受講費をキャッシュバック
※大賞以外にも優れた
セルフマガジンはブログで紹介!

応募要項
http://kasakoblog.exblog.jp/23460766/

<無料のセミナー>
・島旅研究家いずやんの
「日本の島へ旅に行こう!」セミナー

・ウェブ解析士Googleアナリティクス講師
ばばっちのアクセスアップセミナー

・ライフスタイル系フォトグラファー
Michikoのコルメちゃんのパリ探検レポート

<無料の対面セッション>
・起業専門の司法書士・佐藤良基さんの
無料起業相談

・川口裕樹の
「刺さる商品PR作りサポート」

・カードセラピー研究家&デザイナー
Yukaの!オラクルカードリーディング

・ナレーター・声優柳よしひこの
「題名のないショートな朗読会」

<有料イベント>
・みそソムリエKEIKOの
手作りみそを使ったおにぎりや味噌汁販売

・カフェ好きなwebデザイナーみやもとあいの
カラダに優しい&おいしいメニュー提供

・ユルい天然石アクセサリー作家
キャサリン本田さんによる
アクセサリー作りのワークショップ

・健康セラピスト養成インストラクター
葉月の「私になる!」写り方レッスン

・くいしんぼうセラピスト宮崎さとこの
「コミュニケーションの達人になる!」

・オーガニック☆コンシェルジュ/
発酵食スペシャリスト高橋みず保の
「日本の国菌「麹」を学ぼう♪」

・ダンサー/アロマテラピーアドバイザー
MAKIのアロマ+ストレット

<写真共同展示>
・星空写真家・安江隆広
・テレビ編集マンの癒し系
フォトグラファーえびこ
・フォトグラファーふかつみちよ
・花と緑のフォトライター&
文章アドバイザー宮野真有
・旅する写真家菊池洋
・旅好き写真作家大内陽介

※出展内容については
変更になる場合もあります。

<イベント概要>
開催日:2015年12月13日(日)
時間:10:00〜19:00
料金:入場無料
※プログラムにより一部有料
会場:3331 Arts Chiyoda
東京都千代田区外神田6丁目11-14
http://www.3331.jp/access/
JR御徒町駅または秋葉原駅より徒歩8分
地下鉄銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
地下鉄千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分

それにしてもかさこ塾すごい。
塾祭りについては私は一出展者として
参加するだけで運営は何もしておらず
塾生が実行委員を立ち上げ
今年はじめから毎月定例会を行い
祭りの概要を固めていってます。
ぜひ楽しい塾生に会いにきてください!

・イベント詳細などは
かさこ塾祭りホームページで
http://kasakofes.com/

・かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-10-02 22:07 | お知らせ
2015年 10月 01日
スペックで差別化できないからこそブログで個性や人柄を打ち出すんだよ
サービスや商品や技術のスペックで
他者に抜きんでることは難しい時代になった。
どこも似たりよったり。
新しいサービスや商品や技術を売りにしても
すぐさまマネられてしまう。
こだわっているのは当たり前。
サービスや商品や技術がいいのは当たり前。
そうなると残された道は
価格競争しかないわけだが
価格競争になったら一部の大手企業以外は
全滅してしまう。

そんな時代だからこそ
差別化できるのは個性や人柄。
サービスや商品や技術の良さを
声高に何度もPRするよりも
その人ならではの個性や人柄を
ブログを通じて打ち出した方がいい。

サービスや商品や技術が
一定程度のレベルに達していたら
消費者が選択するのは
何を買うかではなく、誰から買うかの
1点にいきつく。

男性なのか女性なのか。
20代なのか50代なのか。
北海道出身なのか九州出身なのか。
ミスチルが好きなのか、スマップが好きなのか。
脱原発なのか、原発容認なのか。
巨人ファンなのか阪神ファンなのか。
かわいい系なのか美人系なのか。
ラーメン餃子派なのかラーメンライス派なのか。

そう。もはやサービスや商品そのものの
スペックは関係なく
その人と気が合いそうか合わなそうか
好みで決まるのだ。

だからサービスや商品や技術を
売りたいのなら
スペックだけでなく
自分の個性や人柄がわかる情報を
ネットでアップしていけばいい。

だってそうでしょう。
どんな職種を選ぼうが
自分だけしかその仕事ができないなんて
職種はほとんどなく
必ずライバルがいて競争は激しい。
その中から「私」を選んでもらうには
もはや「好み」でしかない。

でもその「好み」がわかる情報がないと
消費者は選べない。
だから自分を選んでもらうために
自分の過去の経験や価値観や考え方や
趣味のことなどを発信する。
そしたらそこで消費者は
好みに合うかどうかを判断できるわけだ。

価格だけをひたすらPRしていれば
価格が高くなったら売れなくなる。
技術力だけをPRしていれば
他者も同種の技術があれば
あなたを選ぶ必然性はなくなる。
サービスの特徴だけをPRしていれば
他者も同種のサービスを始めたら
横並びになってしまう。

個人で勝負しようとするならなおのこと。
どんな属性や個性を持ち
どんな人柄なのかを発信することで
自然に自分に合う客、合わない客が
選別されていく。
自分の考え方や意見を強く
打ち出せば打ち出すほど
他者と差別化ができる。

それによって「そんな考えキライ」
という人も出てくるだろうが
そんな人を相手に仕事をしても
うまくはいかない。
だから万人受け狙って
どっちつかずのあやふやな意見を書くより
自分を出さずに商品のことばかり語るより
自分の価値観がわかる情報を
ネットで発信していった方が
自分にとっても客にとってもいい。

個性や人柄でしか差別化できない時代。
だからこそ個性や人柄が
わかる情報もネットで発信していきたい。

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を希望の方は
申込フォームより入力お願いします。
無料で郵送します。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-10-01 22:06 | セルフブランディング
2015年 10月 01日
プロに頼めば安心!と丸投げすると残念な結果になる理由
自分で何も考えていないから。
だから「えっ?なんでこんなの?
イメージと違う」とか
「もっとよくなると思ってたのに」
みたいな不満に思うことになる。

あらゆる場面でその道のプロに
仕事は頼んだ方がいい。
クオリティが違うし
短時間で済ませることもできる。

でもね。
プロに仕事を頼むって
自分は何も考えず
何の努力も準備もせず
「おまかせ!」っといって
丸投げすることではない。
そんな頼み方をすれば失敗するだろう。

例えば名刺やホームページ
セルフマガジンなどは
自分で作るより
プロのデザイナーに頼んだ方がいい。

でも丸投げではなく
依頼する前に自分でちゃんと考え
こんな要素を入れたい
こんな風なデザインにしてほしい
こんな目的で使いたい
といったことを伝えなければ
プロにおまかせしたところで
自分のイメージ通りにはならないし
なんとなくかっこいいものが
できたとしても
ただかっこいいだけで
意味のないものになってしまいかねない。

もちろんプロの側が
素人からの依頼を受けた場合
「おまかせ」という曖昧な依頼に対し
どうしたいの、こうしたいのと
ヒヤリングはするだろうけど
ちゃんと自分で考えてない人って
「いいの!プロにまかせれば
すごくいいのができるはずだから!」
みたいな答えになりがちだ。

私のライター仕事でいうなら
「プロのライターさんだから
うまく文章をまとめてくれるに違いない」
と考え、事前に質問事項や
取材趣旨を伝えているにもかかわらず
自分では何も考えず取材にのぞみ
話がちょーつまらないケースが時々ある。

いやいくらプロのライターでも
素材がつまらなければ
うまい文章は書けない。
そうならないよう事前に
話を考えてもらえるよう
質問事項や取材趣旨を送ったりするのだが
面倒なのでそうしたものは読まず
ぶっつけ本番でのぞまれ
話がつまらないと
ライターの作文力を持ってしても
せいぜい20点を40点にできるぐらいで
80点とか100点の文章には
到底ならない。

プロが話をうまくまとめて
おもしろい文章にするにしても
当の本人がまかせっきりではなく
自分なりに準備をしてくれないと
プロでもどうしようもない。

カメラマン仕事であるのは人物写真。
取材で写真撮影がある旨
事前に伝えていても
よく見える服装なり
髪型を整えるなりしてもらわないと
いくらプロでも限界がある。

撮るってわかってるんだからさ
服装や髪形ぐらい気を使えよ
と思ったりするわけだが
そういう気を使わない人に限って
「よく見えるように加工しておいて!」
なんて平然と言ったりして
いやいや加工するにも限度ってものが
あるでしょうっていう話だ。
そういう人に限って
「いい写真がない」とかいって
文句を言ってきたりする。

いい写真を撮ってほしいと思うのなら
自分で普段以上に服装や
身だしなみなどに気を使う必要がある。

デザインや文章や写真の話を例にあげたが
いろんな場面でプロに頼む時には
「プロだから全部丸投げすれば
自分は何も考えなくていい」ではなく
素人でも自分なりに事前に考えて
自分はこうしてほしいという要望を
明確にしておいた方がいい。
本人の要望がしっかりしていれば
プロはその要望に従い
要望以上の結果を出してくれるだろう。

またプロに任せる前に
自分なりにいろいろ考えておけば
いいアイディアが浮かぶかもしれないし
事前にここが問題になりそうだと
いったことにも気づけるようになる。

どんな仕事の依頼でもそう。
プロに任せれば安心だといって
自分が考えることを放棄して
丸投げしない方がいい。
自分でちゃんと考え、準備した上で
プロに発注すれば
よりいいものになるだろう。

・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

・第一回セルフマガジン大賞開催!作品募集!
http://kasakoblog.exblog.jp/23460766/

<年内のかさこ塾>
・10/16スタート全4回福岡かさこ塾※残席1名
http://kasakoblog.exblog.jp/23657498/

・10/29スタート全4回の東京かさこ塾※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<その他のイベント>
・10/31大分中津で、かさこトークライブ&写真術講義開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23675696/

<2時間凝縮講義>
・10/15佐賀で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23510376/

・10/24大分日田で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23663071/

・11/7沖縄で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23531194/

・11/9鹿児島で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23680082/

・11/24藤沢で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23724594/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-10-01 00:03 | 働き方