好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 04月 ( 70 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 30日

愛の前提条件は自立なんだよ。自立してないから愛が歪み、愛が依存に変わる

他人のブログでうんざりするのは
愛という言葉を多用しているもの。
なんでもかんでも愛、愛、愛って
言っているとあまりの軽々しさと
語彙のなさにイヤになる。

「ようは愛なんだよね」
とかまとめる人もいるけど
それだけじゃ何もわかんねーよ。

そんなわけで私の場合
年間90万字も執筆していながら
ブログを16年間ほぼ毎日更新していながら
愛という言葉をほとんど使わない。

じゃあ愛とは何なのか。
私の勝手な意見を書いておこう。

世の中には「愛」に見えて
「まがいものの愛」がいっぱい
あふれているような気がする。
たとえば「子どもを愛している!」
といいながら子どもの意見を無視し
自分がしたいことを押しつける親。
これも1つの「愛」なのかもしれないけど
でもそれは自分の「欲」を
「愛」と偽って押しつけているだけだ。

親子の愛だろうが恋人同士の愛だろうが
友人同士の愛だろうが人類愛だろうが
「見返りを求めるのは愛じゃない」
「自分の欲望を押しつけるのは愛じゃない」
と思うわけです。

でも世の中、愛が歪んでいる。
愛という言葉を使いながら
何かリターンを求めている。
リターンがなければ裏切られたという。
それって愛じゃなく単なる欲望でしょ
と思うわけです。

なぜそうなるかって
「愛」という言葉を利用した依存だから。
親と子どもの共依存しかり。
恋愛依存しかり。
愛と言いながらお互いが自立せず
お互いに依存し合っている。

ないものを補い合ったり
協力し合ったりするのは
依存ではないけど
もたれかかるのって
愛じゃないと思うわけです。

時々私のことを「冷たい」と
感じる人がいるかもしれず
そのせいでなぜか5/29(日)
誰もがこれる入場無料イベント
かさこ塾フェスタで
「かさこさんに愛はあるのか」
というテーマで公開インタビューされる
という謎の企画があるわけだけど
多分、私のことを「冷たい」と
感じる人は自立してないんだよ。
私に依存しようとしてるんだよ。

そういう人は私は容赦なく批判するし
塾生だろうが何だろうが
わからない人は人間関係を切る。

元教師で教育問題漫画家のましゅさんが
ブログで非常におもしろい指摘をしていて
「「寛容」を「冷たさ」と感じる人は、
他人に依存しすぎてるんじゃないか」
と書いていてまさにその通りだと思うわけです。
※2016/4/29のブログ
「好きにすればいい」の温度
http://www.matthewroom.com/#!blog/w4w7o

ようは自立していない人間が
自分は何の努力もせず
ただただクレクレ星人になり
「ちょうだいちょうだいちょうだい!」
「私も見て私を見て私を見て!」
「私をかまって!私をかまって!」
みたいにして「愛」を欲しがり
そこで「愛」が与えられないと
「私は愛されていないんだ」とか
いじけてみせるわけだが
それは愛じゃない。
ただ自分の承認欲求を
他人に満たして欲しいだけ。

もちろん承認欲求ってのは
誰にも持っている感情だし
それは悪いわけではない。

でもね、承認欲求を満たすのって
人に「承認して!」って
アピールすることじゃない。
自分が地道にコツコツ努力して
結果として認められることではないか。

フェイスブック上を見ていると
自立しておらず承認欲求を満たそうと
何度も何度もこのバカ
いい歳こいて俺が俺がアピールや
私かまってちゃんアピール
しつけえなっていう人を何人も見かける。

そういう人って自立してないから
すぐに承認欲求を求めたがり
でも自分は何もしないのに
承認ばかりを求めるから
どんどん人が離れていき
結果として自分自身が認められず
セルフイメージが低いがために
また他人の承認欲求を求めようとする。

それをさ「愛」と勘違いしてんじゃないのか。
だから満たされないと
私は愛されていないとかひがむわけだけど
愛されないんじゃなく
自立して魅力的な人間になるための
努力を放棄しているだけだよって話だ。

愛の前提条件は自立なんだよ。
自立していれば自分を愛せる。
他人に見返りの愛を求めなくても
やっていける。
でも自立していないから
自分を愛せないし
他人には見返りを欲しがり
依存という名のかりそめの愛に
もたれかかろうとして
いつまでたっても「愛」が得られない。

じゃあ自立するには何をしたらいいのか。
自分の好きなことを続けることだよ。
これしかないのではないかと私は思う。

何でもいいんです。
どんなくだらないことでもいいんです。
写真が好きでも合コンが好きでも
本を読むのが好きでも
サッカーするのが好きでも。

自分の好きなことを持ち
それをやり続けていれば
他人がどうとか関係なく
自分は満たされるわけです。
自分が満たされれば
自分を好きになれる。
自分が満たされれば
過度に他人に依存しなくて済む。

だから何でもいいから
自分の好きなことを持ちそれを続ける。
それが自己愛の一歩であり
セルフイメージアップの第一歩であり
他人に依存しない一歩なのではないか。

ただここで問題なのが
好きなことが何かわからないとか
好きなことは本当にあるんだけど
これまでの経験から
自分は好きなことは
やってはいけないみたいな
ブレーキをかけている人だ。

でもこれはそんなに
荒治療しなくても
そのブロックを外すことは
できるんじゃないか。
好きなことを見つけ
好きなことをしてもいいという
ブロックの外し方には
いろいろなアプローチがあると思うけど
かさこ塾でもまず第一回でやるのは
好きなことをやってもいいと思えるよう
ブロックを外すワークをしてもらっている。

好きなことに夢中になると
イヤなことがあったとしても
人生楽しくなる。
人生楽しくなると自分自身が輝き出す。
そうやってセルフイメージを回復し
自分が自分のことを好きになり
自分の人生捨てたもんじゃないなと
思えるようになってはじめて
他人に依存せず
見返りを求めない愛を与えることが
できるようになるのではないか。

だから愛の前提条件は自立。
別にすぐにすぐみんながみんな
立派に自立できるかっていったら
そうではないと思う。
ただ依存ではなく自立しようと思うこと。
依存の割合を減らして
自立できる割合を増やしていくことは
できると思うわけです。
自立しているからこそ
いい意味で他人が気にならない。
自分が好きならそれでいい。
だからこそ他人に必要以上の干渉をしない。
他人に承認欲求アピールしなくてもいい。
見返りがなくても人に優しく
接することができるようになる。
それが「愛」なんじゃないか。

どんなことでもいい。
どんなくだらないことでもいい。
一人ひとりが好きなことを持ち
別にそれが仕事にならなくても
それが人生の楽しみになっていれば
自立ができるのではないか。

そうした自立した個人が集まり
各々のスキルや知識を持ちより
時に助け合ったりする。
それが大きな意味での
「愛」になるのではないか。

歪んだ愛にならないために。
見返りを求める
かりそめの愛にならないために。
自分の欲望をおしつけるだけの
愛にならないために。
ひたすら承認欲求を満たそうとする
依存の愛にならないために。

愛には自立が必要だと思う。

あとそうだ大事なことを忘れていた。
自立するにはインドに行け!
それはまたどこかで詳しく書く!

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-30 22:47 | 生き方
2016年 04月 30日

ママプチ起業ブームに思う。仕事も育児も両立とかいって中途半端な共倒れにならないために

育児しながら仕事もしてます!
ママだけど仕事もしてます!
ってアピールを
ネットでしているママも多いけど
それは仕事獲得にとって
デメリットになるってことを
知った上であえてしているのだろうか?

男尊女卑とか女性差別とか
そういう話ではなく
みなさんが例えば経営者だとして
誰に仕事を頼むかを考えれば
答えは簡単だ。

例えばあなたが
小さなレストランをしていて
自分は料理を作る役割りで
もう1人のスタッフは
注文などをとったりする
接客対応メインだとする。

当然店は2人いないと回らない。
でも接客スタッフがママさんの場合
小さな子どもが熱が出て
急きょその日になって
「子どもが熱でいけません!」
っていわれたら
あなたは困ってしまうのではないか?
ならば経営者としたら
「お子さんリスク」のある人より
そうしたリスクの少ない人を雇うのが
当然の判断ではないか。
何度も言うがそれは差別でも何でもない。

例えばあなたが髪を切りたいと思い
忙しい中、時間をとって予約したのに
その美容師さんに小さなお子さんがいて
「急きょ子どもが熱が出たので
今日は休みです」と言われたら
それを許容できるだろうか?
よっぽど腕がいいとか
めちゃめちゃサービスがいいとか
安いとかならともかく
そのせいで髪が切れなくなり
また次いつになるか
わからなくなったら困るだろう。

そう考えると仕事をしたいと思っているのに
「ママ」アピールをするのは
デメリットを伴う。
小さなお子さんのいるママに
仕事を頼むのはリスクが高いと
思われるのも仕方がない。

いやそれでもあえて
ママであることをわざわざ出して
そんなリスクもあるけれど
私に仕事をくださいという
覚悟を持っているならそれでいい。

もしくはママだとアピールしているけど
頼まれた仕事は子どもを理由に
絶対に穴を開けたりしないという
覚悟を持っているならそれでいい。

なんかそういう覚悟もないのに
仕事はほしい、でも子どもは優先って
おかしいと思う。
結局どっちも中途半端になる。
だったらどっちかに専念すればいいのに
と思ったりもする。

シングルマザーだとか
旦那の稼ぎが悪いとかで
働かざるを得ないのなら
育児と仕事の両立を考えた方がいいけど
別にお金を稼ぐ必要がないなら
無理して小さな子どもがいる時に
プチ仕事ごっこをする必要はないわけだ。
だったら子育てに専念すればいいじゃないか。

いやそれでも私は仕事もしたいというなら
「子どもがいるから」という言い訳をせず
仕事として請け負ったことは
きっちりやる覚悟を持たないと
仕事はなくなってしまうだろう。

私は子育てしながら仕事をするママを
応援したいとは思う。
「子どもが小さいうちは
四の五の言わず女は子育てだけしておけ!」
という前近代的な「おばさん」の戯言など
バカにもほどがあると思っている。

でもね。
応援したいってムードを「悪用」し
都合のいい言い逃れのために
ママアピールすることで
子どものせいで仕事ができなかったという
言い訳はしてほしくないなと。
その言い訳をするなら
両立はやめておいて
子育てに専念しろよって
前近代的な価値観の人から言われても
仕方がないと思う。

両立できる方法はある。
特にネットやスマホのおかげで
場所や時間を選ばず
働けるようになったので
仕事内容によっては
子育てしながら仕事の両立も
夢物語ではなくなった。

だからやるならちゃんと覚悟を持ち
両方しっかりやる。
その覚悟がないならどっちかだけにしろ。
仕事は遊びじゃないから。

あえてママであることを
アピールするのが
「子どもがなんかあったら
私は仕事できませんからねー」
という言い訳が見え隠れしていると
両立は無理で仕事のオファーは
こないと思う。

ママプチ起業ブームに思う。
どっちも中途半端になる
最悪の事態は避けてほしいと願う。

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・5月広島かさこ塾※残席5名!
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・6月千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・6月東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-30 01:36 | 働き方
2016年 04月 29日

3年前に将来を言い当てた手相師丸井章夫さんに30分8000円で手相をみてもらった鑑定動画公開!

e0171573_23483430.jpg
3年前、かさこ塾をしていなかった私に
「40歳の時に大ブレイク」
「教える方がメインに」
と手相を見て指摘した
名古屋の手相師丸井章夫さん。

3年前の鑑定結果の公開音源を聞き
「すごいあたってる!」と思ったので
再びみてもらうことに!

定期的に将来のことを
みてもらって記録に残しておけば
将来聞き直したらおもしろいので
3年ぶりに再び丸井章夫さんに
手相をみてもらい
鑑定結果の動画を公開してもよいというので
公開します!

30分みてもらいましたが
主だったところを11分抜粋した動画を
アップしました!
後日全鑑定動画もアップします。

https://www.youtube.com/watch?v=peWDWKNvHTM

ちなみに丸井章夫さんは
上場企業勤めにもかかわらず
パワハラ上司をきっかけに
会社をやめて子供もいるのに
手相師として独立した
おもしろい経歴を持つ方!
http://kasakoblog.exblog.jp/20368151/

手相ではない本も出していて
すごくいい本ですので
よかったら丸井さんの本も
読んでみるとよいです。

あきらめ上手になると悩みは消える」丸井章夫
「幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい」丸井章夫

2013.4.23にみてもらった際のレポート記事
http://kasakoblog.exblog.jp/20359888/

2013.4.23にみてもらった際の鑑定音源

https://www.youtube.com/watch?v=TDP5BDA9wWw

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・5月広島かさこ塾※残席5名!
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・6月千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・6月東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-29 23:49 | 生き方
2016年 04月 29日

9/22(木・祝)愛知刈谷市で原発ドキュメンタリー映画「シロウオ~原発立地を断念させた町」上映

e0171573_22134191.jpg

原発立地を断念させた
和歌山と徳島の住民を描いた、
ドキュメンタリー映画
「シロウオ」の上映会のお知らせです。

日程:2016年9月22日(木・祝)
時間:
上映1回目10:30~12:15
監督トーク12:15~12:30
上映2回目13:30~15:15
監督トーク15:15~15:30
※開場は上映30分前

場所:刈谷市総合文化センター・アイリス小ホール
住所:愛知県刈谷市若松町2-104
交通:「刈谷駅」から徒歩3分
入場料:990円
主催:映画「シロウオ」刈谷上映実行委員会
担当:若松 080-1600-1717
チケット販売
http://t.livepocket.jp/t/gc3ya

・映画紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=FxL9ZYqRZNE

・映画公式ページ
http://www.kasako.com/eiga1.html

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2016-04-29 21:54 | 東日本大震災・原発
2016年 04月 29日

5/28(土)新潟十日町市で原発ドキュメンタリー映画「シロウオ~原発立地を断念させた町」上映

e0171573_22134191.jpg

原発立地を断念させた
和歌山と徳島の住民を描いた、
ドキュメンタリー映画
「シロウオ」の上映会のお知らせです。

日程:2016年5月28日(土)
上映:14:30~16:05(開場14:00~)
監督トーク:16:05~16:25

場所:十日町市情報館ホール
住所:新潟県十日町市西本町二丁目1-1
交通:「十日町駅」から徒歩15分
入場料:前売1000円、当日1500円
主催:十日町・津南「シロウオ」上映実行委員会
担当:高橋025-757-2421

・映画紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=FxL9ZYqRZNE

・映画公式ページ
http://www.kasako.com/eiga1.html

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2016-04-29 20:02 | 東日本大震災・原発
2016年 04月 28日

一人ひとりが人生物語の舞台監督であり主役~あなたが作り出す人生物語とは

e0171573_23194651.jpg

何がゴールで何がスタートなのか。
何が終わりで何が始まりなのか。

始まりのようでいて終わりであり
終わりのようでいて始まりである。

出会いと別れ。
別れと出会い。

その時その時によって
自分の世界に関わる人たちは限られていて
その時その時によって
関わる人たちはどんどん変わっていく。

きっとキャパは限られていて
どんどん増えていくように見えて
実は入れ替わっているだけなんだと。

だからこそその時々で
自分の世界という箱の中に
何を入れて何を外すかは
慎重に選ばなければならない。

捨てなければ入ってこないし
入れるものがなければ捨てられないし。

どんなみすぼらしい人生であっても
世界の中心は一人ひとりであり
舞台の主役は一人ひとり。

ただ目の前に広がる人生という物語を
どう捉えていくかは自分次第。

悲劇のヒロイン演じた物語なのか。
幸せに満ちた物語なのか。

目の前に現れる「配役」を使って
自分自身が望む物語を作り出していく。

ある物語が終われば
また新しい物語が始まる。
新しい物語が始まれば
今までの物語は終わる。

物語という名の人生のストーリーを
あなた自身が舞台監督になり
かつ主役になって
あなた自身が心の奥底で望んでいる物語を
次々と紡ぎ出していくんだ。

それであなたは何がしたいんですか?
それであなたは誰と付き合いたいんですか?
それであなたは何を幸せと感じるんですか?
それであなたは何を楽しいと感じるんですか?

それであなたはなぜ生きてるんですか?

何も考えなくても
何かが終わりまた何かが始まり
そしてまた何かが終わる。

でもどうせなら
流されていく物語を受け身で
受け止めていくより
あなたが望む世界に
あなた自身が塗り替えていけばいい。

それが「変える」ということ。

そう。世界を変えるには
自分が変わる。
自分の心が変わる。

心が変わるには何をしたらいいかって?
決まってるじゃないか。
行動だよ。

そして今日もまた
何かが終わりまた何かが始まる
一人ひとりの人生物語。

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・5月広島かさこ塾※残席5名!
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・6月千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・6月東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-28 23:20 | 生き方
2016年 04月 27日

フットワークが重い人はろくな人生にならない。フットワークが軽くなるための思考法

フットワークが重い人で
人生や仕事がうまくいっている人は
見たことがない。
逆にフットワークが軽い人って
いろんな好運を引き寄せたり
いろんなことがうまくいっている人が多い。

かつて私がサラ金に勤めていた時に
まったく知識も経験もないのに
トップセールスマンになれたのは
ただフットワークの軽さがあっただけだ。
逆にいえばフットワークの軽さがあれば
知識や経験の浅さを補い
優秀な営業成績をおさめることも可能なのだ。

よくフットワークってどうやったら
軽くなるんですかみたいなことを
聞かれるので私の思考回路を
事例をもとに紹介しておこう。

昨日、大分湯布院の「被災地」取材に
行こうと決めたのは4日前の金曜日のこと。
その日は都内で不動産関連の取材仕事があり
家に帰る電車の中で
ふと思いついてしまったのだ。
「ゴールデンウィーク前に
九州の被災地取材に行けないだろうか」と。
ゴールデンウィークは
ボランティアなど人が多いだろうし
かといってゴールデンウィーク後だと遅すぎる。

でもゴールデンウィーク前は
札幌、名古屋、京都に行く予定などがあり
どうやっても行けないと思っていたのだが
こうした「思い込み」や「先入観」を
捨てることがフットワークを
軽くするための秘訣だ。

「いや行けるのではないか」と
あわてて電車で手帳を見たところ
月曜日は横浜で講義、
水曜日は名古屋で講義、
木曜日は京都で講義だったが
火曜日だけ1日あいている。

でもここでどう思うかだ。
「1日しか空いていないから無理」と思うのか
「1日でも行けるのではないか」と思うか。
フットワークの重い人って完璧主義。
しっかり準備してからとか
ちゃんと日程がとれてからとか。
そんなこと言っているから
フットワークが重い。

「別に九州に宿泊しなくても
日帰りでもいいんじゃないか」
と思いつき火曜日なら行けると考え
あわてて飛行機がとれるかどうか確認した。
まずは足を抑えないことには
どうにもならないからだ。

場所は熊本ではなく大分に決めた。
ひっきりなしに報道されている熊本より
あまり報道されていない大分の方が
取材に行く意味があるのではないかと
思ったからだ。
あわてて電車の中で
飛行機の予約状況をチェック。
JALでマイルをためているので
JALで見たのだが朝一の便が
そんなに早くない。帰りも遅くはない。

そこでANAを見たら
朝一便で行き、最終便で行けば
JALで行くよりプラス1時間半以上
現地で滞在できるとわかった。

ANAで空席を確認した後
問題は現地での足。
車の免許は持っているが
ペーパードライバーなのと
地震の影響で道路が悪いところも
あるだろうから
できれば自分の運転は避けたい。

そんな時に思いついたのが大分中津の塾生。
大分中津は福岡寄りの場所のため
大分市内に来るには時間がかかるのと
4日後に1日あいている人がいるのか
という問題もあったが
きっと大分中津の塾生に話をすれば
どうにかなるだろうと考え
4人の塾生に唐突に
「火曜日に大分の被災地取材に行くので
車出せる同行者求む」とメッセージ。

するとフットワークが軽く
レスポンスも早い彼らは
車を出してくれるのと
3人同行してくれることが決まり
私の思いつきで4日後に行くという話は
都内の取材を終えて家に帰りつく
電車の中の移動時間ぐらいで
あっという間に決定したのだった。

「九州まで日帰りですか?」って
よく驚かれるんだけど
朝一の便で行けば大分空港に8時過ぎに過ぎ
帰りは20時近いので日帰りでも
現地に12時間滞在できる。

私は今、かさこ塾や講義などで
全国あちこち行っているけど
結構日帰りしていることも多い。
昨年の大分中津のかさこ塾は
最終日以外は日帰りだったし
静岡、名古屋、京都のかさこ塾も日帰り。

札幌だって福岡だって
1泊することもあるけど
日帰りしようと思えばふつーにできる。

京都かさこ塾は新幹線の東京方面最終が
21時半ぐらいなので
塾が終わって20時過ぎぐらいまで
塾生と食事したり飲んだりしても
十分日帰りできるし
福岡も同様で、塾を終えると
お気に入りのもつ鍋屋に
20時前ぐらいまでいて
21時の最終便で帰るといった
パターンを繰り返している。

日帰りだと深夜遅く
帰宅のこともあるけど
22時、23時過ぎぐらいに帰れるのであれば
はっきりいってサラリーマン時代に
都内で働いて帰ってくる時間と
たいして変わりはない。
移動距離は長いけど
飛行機に乗っている時間など1時間か
1時間半程度なわけで
サラリーマン時代に1時間とか
1時間半かけて
ギュウギュウづめの不快指数マックスの
何の生産性もない通勤電車に乗っているより
はるかにマシな移動時間だ。

早い乗り物に乗ればお金はかかるけど
値段が安い乗り物に乗って
貴重な時間が潰れるぐらいなら
料金は高いけど日帰りできて
時間を有効活用できる移動手段を使えば
その分の時間、お金を稼ぐ仕事時間に
あてればいいだけの話なのだ。

今ほんと便利な時代になって
日本全国どこに行くにも
日帰りしようと思えば
だいたいどこも日帰りできるわけで
飛行機や電車の予約も
ネットで瞬時にできるわけだ。

いやだからさ。
思いついたら行けばいいんです。
できない理由をああだこうだ考えてないで
短い時間の中でも忙しい合間でも
できる方法を考えて
行きたいところに行けばいい。

そうやってフットワークを軽くしておけば
自分のしたいことがどんどん
できるようになったり
チャンスや好運が舞い込んでくる
可能性が高くなると思う。

フットワークが重いというのは最悪。
別に行きたくないなら
行かなければいいが
行きたいのにああだこうだ理由をつけて
行けなかったなんていっているのは
最悪中の最悪だ。

行きたいと思ったらいけばいい。
したいと思ったらすればいい。
フットワークを軽くすること。
それが人生を幸運にする鍵。

思いついたら即行動を心掛け
フットワークの軽い人に
なればいいと思う。

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・5月広島かさこ塾※残席5名!
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・6月千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・6月東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-27 22:55 | 生き方
2016年 04月 26日

地震被害がひどい?!大分湯布院に行ってきたけど、ひどかったのは地震より観光キャンセル

e0171573_23103378.jpg
熊本地震と連呼されていながら
大きな揺れに見舞われたのが大分。
中でも被害がひどかったのが
湯布院や別府だと言われており、
2016/4/16の地震では震度6弱を
記録しているが
熊本に比べて圧倒的に情報量や
報道露出が少ないので
実際のところ現地はどうなのかと思い
2016年4月26日に湯布院に行ってきたが
めちゃくちゃすごい被害になっているのかと
思いきや、現時点では地震から
月日が過ぎたこともあり
そこまでひどい状況ではないように見えた。
(あくまで私の感触)

ただ、今、大分湯布院を苦しめているのは
地震被害より観光キャンセルだ。
このためそれほど被害のない宿泊施設までもが
観光キャンセルのせいで大打撃を受けていた。
e0171573_2311050.jpg
e0171573_2311154.jpg

湯布院の町を巡ってみたが
ところどころに瓦が落ちた家、
塀や石垣などが崩れた家などはあるが
全壊している家はそれほど多くはない。
報道では建物被害が1100件以上となっており
見た目は平気そうに見えても
建物に被害がある家もあるかもしれないが
あちこちの家が半壊、全壊し、
避難所に人があふれかえっている
といった様子ではなかった。
e0171573_23113853.jpg

湯布院の旅館「牧場の家」は
ほとんど地震被害もなく
地震が起きた3日後には
営業を再開したという。
e0171573_23122168.jpg

しかし「湯布院の被害がひどい」
といった情報から
宿泊キャンセルが相次いでいる。
地震当初なら致し方がないが
稼ぎ時のゴールデンウイークの
キャンセルも多く
満室だったが空きが出ている状況だ。
e0171573_23115577.jpg

旅館「牧場の家」の女将、浦田祥子さんは、
「予約をキャンセルしたお客さんの中には
『地震後で大変な時に行ったら申し訳ない』
と考える方もいましたが
むしろ今、来てくれた方が
私たちにとってはうれしいんです」と語る。
e0171573_23123444.jpg

湯布院の旅館の集客サポートや
宿泊ネット販売のサポートなどをしている
川嶋雄司さんは手に取るように
各旅館の予約状況がわかる立場にある。
地震の片付けが終わって
営業再開しているにもかかわらず
相次ぐキャンセルにより
多くの旅館が落胆している様子だった。

旅館だけではない。
湯布院の観光客が激減した。
今まで19年間、湯布院にいるが
こんなに閑散とした湯布院は
はじめてみたという。
e0171573_23124731.jpg

湯布院町川北で人気ピザ店
「檪(くぬぎ)の丘」を営む
山﨑康成さんも
「被害にあった部分は直して営業を再開したが
こんなにお客さんがいないのは
未だかつてない」と話す。
e0171573_2313154.jpg
e0171573_2313931.jpg
e0171573_23134159.jpg

この店は湯布院を一望できる
絶好のロケーションに立ち
人気店で予約がないと
ほとんど入れない店らしいのだが
地震後はお客さんが減っているという。

「メディアは被害のあったところだけを
切り取って報道するため
実態以上に被害がひどいと思われているせいで
それほど被害のない旅館までもが
予約キャンセルによって打撃を受けている。
この現状を打破しないと
地震というより観光キャンセルによって
町が疲弊してしまう」
と川嶋さんは考えていた。

しかし観光情報はなかなか誰も発信しない。
一つには、地震被害にあった人などが
いるので遠慮している雰囲気があること。
被災者がいる中、
被害があっている家もあるのに
「うちは平気ですから観光に来てください!」
とは言いにくい雰囲気がある。

もう1つは、旅館などが自らネットで
積極的に発信しているところが少ないこと。
発信が弱ければ
営業再開していることなどは
観光客には伝わらず
大手メディアの情報しか伝わらない。

「誰も発信しないなんてこのままではまずい」
危機感を覚えた川嶋さんは
湯布院復興を世に広く訴えるため
4/17に湯布院の現状や
営業再開情報などを伝える
フェイスブックページ
「湯布院ファイト!」を立ち上げ
旅館の営業再開情報を中心に
発信をし始めたのだった。

フェイスブックページは4/26時点で
4494人の「いいね!」がつき
観光客や地元の人にも
湯布院の現状の一端を伝えるサイトとして
一翼を担うようになった。

地元の役場職員なども
「このページの情報が役立っている」
と川嶋さんに声をかける様子も見かけた。

中でも20万以上のリーチを集め
3000以上のいいね!を集めたのが
JR九州・由布院駅長・宮田さんの
旅館に向けたファックスの文面だった。

JRの運転が再開したことと
地震の影響があるにもかかわらず
100人ものお客さんが
由布院駅に来てくれたことを
知らせるファックスだった。
e0171573_23141280.jpg

宮田駅長はファックスの意図について
このように語る。
「地震のせいで観光客が来なくて
困っていると旅館のみなさんをはじめ
下を向いているムードの時に
少しでも前向きになれる情報をと思い
具体的に何人のお客さんが駅に
来てくれていると数字を出すことで
勇気づけられるきっかけになればと思い
こうした文面を各旅館に
ファックスしました」と語る。

このファックス文面が「湯布院ファイト!」の
フェイスブックページに取り上げられると
希望の見える知らせとして受け止められ
多くのいいねがついたのだ。
e0171573_23143232.jpg

「通常であれば300人ぐらいの乗客がいるので
確かに減ってはいます。
でも100人ものお客さんが
戻ってきてくれているというのは
地元の人を前向きにできるのではないかと」
(宮田駅長)

「地震がもう収まったとも断言はできないし
絶対に安全ということも言えない。
湯布院に来るかどうかは
あくまでお客様自身の判断です。
ただお客さんが来ている
客観的な数値情報は伝えていきたい」と
宮田駅長は話す。

では現状、避難所はどうなっているのか。
4月26日時点で湯布院の避難所は
由布院小学校と湯布院B&G海洋センターの
2ヵ所だったが
4月28日に湯布院B&G海洋センターに集約される。
避難所生活者が減ってきているからだ。
e0171573_23151010.jpg
e0171573_23152572.jpg
e0171573_23153847.jpg

避難所にいるからといって
その人たちが家に住めないのかというと
必ずしもそうではない。
地震当初からずっと由布院小学校で
避難所生活をしている81歳の木村高子さんは
「家が住めないわけではなく
余震が続く中、一人では怖いので避難所にきた。
余震も収まってきたので
そろそろ家に帰ろうかと思う」と話してくれた。

しかも湯布院は幸いなことに
地震当初から物資は十分だったという。
なぜなら町に自衛隊の駐屯地があるからだ。
「地震の翌朝から避難所には自衛隊がきてくれて
3食、食事を提供してくれたこともあり
食べることも物に困ることもなかった。
不便なことは一つもなかったですよ」
と木村さんは語る。
e0171573_23155721.jpg

家が倒壊したわけではないが
度重なる余震が怖いので
大分市内に一時避難し
町に戻ってきた後も
夜は地震が怖いので
2人と子供とともとに
4人で車で寝泊りをしていた
湯布院町中川に住む立川さん一家も
余震が収まりつつあるため
最近になってやっと
家での生活に戻るようになった。
e0171573_23161949.jpg

「石垣が崩れたのがひどくて
町が何もしてくれないので困っているものの
余震が収まってきたので
久しぶりに家で寝れます」と語る。

このように被災地には
家が住めないから避難所暮らしや
避難生活をしているわけではなく
地震が怖いから避難をしている人もいる。
こうした人たちは徐々に日常に戻りつつある。

もちろん中には家の被害が甚大で
家に住めず
しばらく避難所生活を強いられる人や
建物のダメージがひどく
営業再開に時間がかかるところもあるだろう。

ただ私が今回現時点で見た限りでは
「大分湯布院の地震被害がひどい!」
という情報よりはるかに現地は
日常に戻りつつあった。

ただ日常に戻りつつあっても
現地の情報が少ないまたは断片的なため
観光客のキャンセルにより
むしろ地震よりキャンセルのせいで
町が疲弊している面が大きそうだ。

宮田駅長が言うように
絶対に安全はないので
安心だから来てねとは
言いにくい面もあるだろう。
また観光客としてもわざわざ今
湯布院に行く理由はないといえばない。

ただ判断情報が少ない中で
観光や宿泊をキャンセルすることで
結果として被災地を
苦しめているかもしれない
ということは考えた方がいい。
助けたいと思うのなら
観光に行くことが
復興につながることもある。
e0171573_23214088.jpg

依然として余震がどうなるかわからない。
雨などにより新たな被害などが
出てくる可能性もある。

ただ「ひどい!ひどい!」という
ネット情報だけではなく
営業再開し、日常に戻り
復興に向けて動き出している人たちも
いることを記しておきたい。

※取材は2016年4月26日のもの。
あくまで私が取材した範囲にしか
過ぎませんので
あくまで湯布院の一側面にしか過ぎず
私の感想であることをご了解ください。

・フェイスブックページ
「湯布院ファイト!」
https://www.facebook.com/yufuinfight

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・5月広島かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・6月千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・6月東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-26 23:17 | 東日本大震災・原発
2016年 04月 26日

5年前にはじめて作ったセルフマガジンは1年かけて1000部やっと配布したんだ~継続は力なり

継続は力なり。
このありきたりで当たり前の言葉を
どこまで愚直にこなしていけるか。
それによって人生は大きく変わるのではないか。

昨日、私のセルフマガジン「かさこマガジン」の
増刷分4000部が届いた。
1月に2万1000部印刷したのに
もう残り少なくなったからだ。

わずか4カ月で2万部がはける。

でもね。
5年前。
2011年に私がはじめて作った
セルフマガジンは
1000部配布するのに1年かかった。

もともと500部作る予定だったが
印刷費が500部でも1000部でも
たいして変わらなかったので
1000部を注文したものの
そんなに配布する先がなかった。

仕事先になるような会社に
300部近くDM発送してもなお
私は1000部配布するのに
1年かかった。

あれから5年。
わずか4カ月で2万部はけるまでになった。
自分でも信じられない。
5年前は1000部の
「配布力」しかなかった私が
まさか5年後に2万部
すぐなくなるまでになるなんて。

なぜこんな話を書くのかというとね。
みなさんに「継続は力なり」って言葉を
かみしめて実践してほしいから。

私が5年間で1000部の配布力から
2万部の配布力になったのは
何か一発逆転ホームラン的な
テレビに取り上げられたとか
何かすごいことをなしとげたとかではなく
ただ5年間、サボらずブログを毎日
更新し続けていたからなんだと思う。

だから配布力も本当に日々徐々に徐々に
アップしていっただけ。
だから私自身も過去を振り返って
「えっ5年前まで1000部だったのに
たった5年間でこんなに
配布できるようになったの?」と驚いているのは
一発逆転ホームランではなく
毎日毎日コツコツコツコツ地道に
ブログを更新していったからに過ぎない。

ブログの毎日更新を
サボる言い訳はいくらでもあった。
やらない理由を上げることは簡単だった。
でも私はサボらなかった。

たったそれだけのこと。
だから5年でこれだけの「配布力」が
ついたんだと思う。

だからみなさんに伝えたいんです。
はじめからすごい人なんていない。
でも「すごい」人になるには
何か飛び抜けた才能や出来事が必要なんじゃなく
コツコツ継続することなんだって。

毎日10分でも30分でもいいから
自分の未来のために
投資する時間を確保すること。
自分の未来のために
インプットしたことを
アウトプットしていくこと。

それをコツコツできるかどうか。
すべてはそれに尽きるんだと思う。

だからあきらめないでほしい。
だから言い訳しないでほしい。
だからもっともらしい理由を上げないでほしい。

ただ淡々と毎日1日1日の積み重ねをしていく。
それが1年が過ぎ、3年が過ぎ、5年が過ぎた時に
はじめて自分自身でも気づくんだ。

あーこんなにすごいことになっていたのかと。

自分じゃ実感はない。
3ヵ月で売上2倍とか10倍とか
そういうものじゃないから。
本当に日々1ミリ1ミリ成長していく感じ。

そういう感覚をみなさんにも
ぜひ味わってほしい。

だから継続は力なり。

せめてブログだけは
毎日1日1記事更新しよう。
楽しい未来を作るために。
将来の自分のために。

ということでマガジン大量に
増刷しましたので
遠慮なくもらってください。
今までもらったけど
もっといろんな人に配りたい
というのも大歓迎だし
ずっと欲しかったけど
もらわずじまいでいたという人が
希望メールをくれるのでもいい。

かさこマガジン6には
私の「継続は力なり」の秘訣が
いっぱいつまっているから。

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこマガジン1~5の在庫は
ありませんがPDFで公開してます。
http://www.kasako.com/kasakomz.html

・第3回セルフマガジン大賞実施!
2016/12/20締切。
近日中に詳細書きます。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-26 00:02 | セルフブランディング
2016年 04月 25日

無料冊子「夢を叶えるブログ術~かさこマガジン6」4000部増刷!

e0171573_23264557.jpg

2016年1月に完成した無料冊子
「夢を叶えるブログ術~かさこマガジン6」ですが
2万1000部刷ってほぼ在庫がなくなりましたので
4000部増刷しました。
たんまりあります(笑)。

欲しい方は、郵便番号、
住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

なおマガジン希望のメールを送っても
マガジンを毎年郵送するだけで
うざいDMを送ったりとか
うざいメルマガを送ったりとかしませんので
ご安心ください。

特に今回の冊子は「かさこ塾とはなんぞや」
ということが書かれてますので
かさこ塾に興味のある方などもぜひ
ご覧いただければと思います。

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・5月札幌かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/

・5月広島かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・5月福岡かさこ塾
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

・6月千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・6月東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-25 23:29 | お知らせ