<   2016年 06月 ( 68 )   > この月の画像一覧

2016年 06月 20日
あなたの優しさは人への思いやりじゃなく嫌われないための自己保身~いい人ブランディングは破滅の道
優しさを勘違いしている人が多い。
あなたが人に優しいのは
他人への思いやりがあるからじゃなく
自分が嫌われたくないからでしょ。
あなたが周囲から優しくされているのは
あなたに嫌われたくないからでしょ。

例えばなんかこの写真が
いまいちだと思っても
「わあすごーい!かわいいー!素敵!」
と上っ面だけでいいねを押し合い
ほめ殺しし合っているのは
「私はあなたの批判しない。
なんでもほめてあげるから
あなたも私のことを批判せず
ほめてね」っていう
馴れ合いの暗黙のルールを
お互い作っているだけの話だ。

それを「友達」とか「いい人」なんて
勘違いしてぬるま湯に浸かっていると
はたから見たらイタイことしているのに
気づかないまま恥さらしになってしまう。

ポジティブな言葉だけを言うとか
何でもかんでもプラス思考とか
ハッピーを連呼するとか
感謝を多用するとか
使い方間違えると
現実を見れなくなるただのバカになる。

何を言われても
自分の負の感情をぐっと押し殺し
「いや毒を吐いちゃいけない。
とにかくプラス思考だ」なんて思うと
どんどん知らぬ間にストレスをためこみ
後でとんでもないことになる。

光もあれば影もあり
表もあれば裏もある。
清濁あわせのまなきゃ
現実をまともに生きられない。
プラスだけなんてあり得ないんだよ。
マイナスがあるからこそプラスもあり
プラスもあるからこそマイナスがある。

そんなこともわからないっていうのは
中学生の男子が
かわいい女の子はう○こしないとか
そういう発想と同じでしょ。

人間だれしもポジティブ思考だけでは
やっていけないわけで
時には文句を言ったり愚痴を言ったり
毒を吐きたくなったりする。
それが人間でしょ。
そこにフタをして
いいことだけを発信しようなんて
田舎者が金持ち自慢の
かさ上げブランディングに引っかかり
自分の身の丈に合わない
高い授業料を払わされて
ぼったくられるという構図とまるで同じ。

無理にいいこぶった発信なんかしたって
そんなもん、見透かされてるって。
何より自分が苦しい。
マイナスな感情だろうと
人間らしく吐き出すことに
そこに人間的魅力が出るんだよ。

必死に「メイク」して
いいことしか見せない
ブランディングなんて偽物。
偽物同士が偽物だとわかっているのに
偽物批判されたくないから
「優しさ」という言葉にすり替えて
互いに気づいているのに
苦言も批判も言えずに
いいねごっこをしているうすら寒さ。

するとだんだん
偽物の自分がいたについてきて
本当の自分を見失い
無理にポジティブな自分を
演じることに疲れてしまう。
ネット上でよくあるパターンだ。
いい人ブランディングの破滅。

本当の優しさとは
気づいたことがあったら
いいねじゃなくて教えてあげること。
何でもかんでも許してあげることじゃなく
時には怒ったり注意すること。
それが本当の愛でしょ。

愛がないからみんな批判し合わない。
批判されたくないから。
みんなでごますりあってる。
あなたの優しさは
他人への思いやりじゃなく
自分が嫌われないための保身。
それは偽物の愛。

言い方や伝え方には注意が必要だけど
気づいているのに
自分が嫌われるのがイヤだから
ほめ殺ししあって本質を見誤るような
そういう上っ面の人間とは
付き合いたくない。
それは優しさなんかじゃない。
残酷なことだ。

上っ面の発信しかできない人には
上っ面の人しか寄ってこない。
だから互いにいいねして
イタイことに気づかないまま
外に出て初めて
気づかされるという悲しい現実。

誰か早めに言ってあげれば
恥かかなくて済んだのに。
でも言わないよ、絶対。
嫌われると思っているから。
だからいいねしかいわない。
すごいねしか言わない。
気づいていてもだ。
そして後から「大丈夫~~」なんて
ネコナデ声ですりよってくるわけだ。
心配しているアピールをしないと
関係性が崩れてしまうからだ。

嫌われたくないから
優しくするという
はき違えた態度を続けていると
本気であなたのことを
心配してくれる人や
本気であなたのことを
好きになってくれる人は
現れないだろう。

上っ面のハッピー発信から本音の発信へ。
それが今後を生き抜く真の発信術だと思う。

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は
申込フォームよりお願いします。
無料で郵送します。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-20 22:39 | 生き方
2016年 06月 20日
女僧侶と写真家という2つの顔を持つ人だからこそできた両A面セルフマガジン制作話
e0171573_2165954.jpg
なかなか人にはマネのできない斬新な冊子。
それが両A面冊子。
惜しくもセルフマガジン大賞を逃したが
大賞をとってもおかしくなかったのが
女性でありながら僧侶で
赤ちゃんを撮るカメラマンでもある
大江香子マガジンだ。
このマガジンが両A面冊子になっている。
e0171573_217926.jpg

両A面冊子とは、表も裏も表紙になっていて
表からも裏からもページが展開していくもの。
裏を裏にするのはもったいないので
裏も表紙にすれば表も裏も二度おいしいし
表からも裏からも注目して読んでもらえる
メリットがある半面
真ん中ページで表からと裏からのページが
出会った時に両者に共通するような中身でないと
両A面にする必然性がなくなってしまうので
実はかなり難しい構成だ。

ほとんど両A面冊子って見ないし
あったとしても両A面にしている
意味が見い出せないと
単に物珍しさをアピールしただけの
読みにくい冊子になってしまう。

大江香子さんからセルフマガジンサポートの
依頼があったのは4/21。
セルフマガジン大賞に間に合わせるには
超ギリギリもギリギリだった。

大江香子さんからは
カメラマンの活動とお寺の活動の両方を
知ってもらう冊子を作りたいとのことで
はじめは12ページの無難な構成案だった。

<大江さんから送られてきた構成案>
1P:表紙(ベビグラファー&女性僧侶)
2~3P:ベビグラファーとは
4~5P:出産・子育て、ベビーマッサージとの出会い
6~7P:教室の紹介、教室写真
8~9P:女性の働き方、資格のこと
10~11P:お寺のこと、年間活動、若坊守
12P:裏表紙

ただ大江さんからの依頼があって
私はぴんとひらめいたのだ。
大江さんなら両A面冊子にできるかもしれない。
e0171573_2181932.jpg

ただオーソドックスな手法ではない。
構成やデザインに失敗すると
イタイ冊子になりかねない。
いやーでも大江さんなら
両A面にできる格好の材料だ。

そこで大江さんにすぐさま

もしベビグラファーとお寺のことを
だいたいほぼ均等に載せるのであれば
両A面みたいな両方表紙冊子
というパターンもあります。
具体的には表面はベビグラファー
としての表紙からはじまり
ベビグラファーの紹介をしていく。
裏面も表紙にしてしまい
こちらはお寺の表紙としてスタートし
縦書きで寺のことを紹介していく。
そしてちょうど中間ページに
ベビグラファー&お寺の
共通するようなことを載せる
(教室、プロフィールなど)

両A面の場合はおもしろさがあるのと
変わった感があるのと
別々の2つの顔を持つ人にとっては
いい手ではありますが
やや奇をてらった戦法では
ありますがいかがでしょうか?!

とサポート翌日に提案したところ
大江さんもそれにのってきてくれて
両A面の冊子で進めることになったのだ。

両A面の肝はセンターページで
両者が最後に融合できるかどうか。
写真やベビーマッサージの活動も
お寺の活動も場所はお寺が中心なので
センターページに
お寺の住所や地図などを載せ
大江さんの2つの顔の写真を載せて
経歴を入れればここで
おさまりがつくと判断し
見事にきれいな両A面の構成案ができたのだ。
e0171573_2174322.jpg

ただデザイナーの力量が問われるので
時間がないこともあり
私の懇意にしているデザイナーに頼み
私が編集に入ってコントロールして
両A面冊子を作り上げていった。
e0171573_2183743.jpg
e0171573_2184398.jpg

今時、1つの職種や1つの仕事しか
していない人は少ないので
2つの顔を持つ人は
両A面のセルフマガジンを
作れる可能性もあるのだが
とはいえ実際にやるとなったら
大江マガジンのようにうまくいくかは難しい。

オーソドックスに
まずAという仕事もやってます
次にBという仕事もやってます
の方がまとまりがいい場合がほとんどだ。

うまく2つの顔が関連し合い
最後に見事にセンターページで
融合できるネタがあるかどうかが
両A面冊子の肝になるだろう。

いやーそれにしても
私も一度作ってみたかったんです。
両A面冊子。
だから大江さんという絶好の材料がきて
これはなんとしても両A面にして
うまく調理していいマガジンを作りたいと思い
かなり細かなラフなども作って
燃えに燃えました(笑)。
e0171573_219466.jpg
e0171573_2191271.jpg

編集って冊子を作れる楽しさがある。
いい素材が来た時に
いかにうまく調理するかが
編集の腕の見せ所であり
それが実に楽しい。

大江香子マガジンはほんと
素晴らしい冊子だと思うので
ぜひ欲しい方は大江さんに
請求していただければ。
(もしかしたらもう在庫がつき
増刷待ちになるかも)

今後もいい素材にめぐりあい
いいセルフマガジンを
この世に送り出す手伝いを
していきたいなと思います。
e0171573_2110080.jpg

そんなわけで新名刺には
「セルフマガジン編集者」
という3つ目の肩書きを入れてます。

・大江香子さんのブログ
http://ameblo.jp/tsumugikko/entry-12168787340.html


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-20 21:09 | セルフマガジン
2016年 06月 20日
マザー牧場の2万5000株の桃色吐息(ペチュニア)写真アップ!
e0171573_1849521.jpg

千葉にあるマザー牧場の桃色吐息写真。
多分実際に行くより写真の方が
すごく見えるとは思いますが
なかなか素晴らしいとは思います。
e0171573_18495642.jpg
e0171573_1850036.jpg
e0171573_1850533.jpg
e0171573_18504781.jpg
e0171573_1851141.jpg
e0171573_1851712.jpg
e0171573_18511153.jpg
e0171573_18511579.jpg
e0171573_18511994.jpg
e0171573_18512385.jpg
e0171573_18512755.jpg
e0171573_18513152.jpg
e0171573_18513651.jpg

・写真貸出
http://www.kasako.com/fotorental.html
※写真の無断転載禁止

・国内旅行写真目次
http://www.kasako.com/traveltop2.html

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-20 18:53 | 【写真】国内
2016年 06月 20日
かさこ塾の地方小都市開催は今後は減らします。大都市開催中心にシフトします
好きを仕事にする大人塾、
セルフブランディング&ブログ術を
全4回で教えるかさこ塾ですが
今後は地方小都市開催を減らし
大都市(東京、名古屋、京都、大阪、福岡)の
開催中心にシフトしたいと思います。

理由は、大都市ではキャンセル待ちが
10数名も出るほど入れない状況の一方
地方小都市は残席があり
かさこ塾の需要と供給にミスマッチが
起きているからです。

特に東京近郊のみなさまには
入りたくても入れない方がいて
東京の開催を秋以降
増やしていきたいと思います。

ただ現状の方針通り
参加者が10名以上いるから
かさこ塾をやってほしい!
ということであれば
日本国内であれば離島だろうが山奥だろうが
どこへでも行きます。
交通費や宿泊費を負担する必要はなく
みなさまからいただく受講費で
私の方でやりくりします。

できるだけ塾生の地域の多様性を
実現していきたいとの思いで
今年は地方開催に注力し
参加者が10名以上集まらない段階でも
実現に向けて場所と日程を抑えて
告知する方式をとってきましたが
地方小都市ではなかなか
集まりにくいのが現状です。

その一方で大都市では
かさこ塾受講をお待ちいただいている
人が何人もいる状況のため
きちんとニーズに応えるよう
開催場所をニーズの多い大都市中心に
シフトする次第です。

大都市圏で
キャンセル待ちで入れなかった方や
満席になってあきらめた方に申し訳なく
今後はできるだけ大都市開催を
増やしていきたいと思います。

開催告知については
随時ブログでお知らせします。

現在、地方小都市のいくつかで
かさこ塾開講予定ですが
今後、小都市で受講できる
チャンスはないかもしれませんので
この機会に近隣の方は
ご参加いただければと思います。
(定員は20名まで)

<小都市開催受講者募集一覧>
・7月富山かさこ塾※残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾※残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/

・9月千葉船橋かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・9月静岡三島かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・9月福島郡山かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24465389/

<東京の予定>
9/1(木)9/15(木)9/29(木)10/6(木)
19:30~21:30 サンクチュアリ出版にて
7月頃になりましたら正式申込をスタート。

・・・・・・
10月以降から大都市圏開催中心に
シフトしていきます。
今後ともかさこ塾を
どうぞよろしくお願いいたします。
※方針は状況により突然
変わることもあります。

・かさこ塾公式サイト
http://kasako.jp/

・かさこ塾とはどんな塾なのか
知りたい方は
夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」をご覧ください。
冊子希望の方は
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

・参加者を10名以上集めたので
小都市でも開催してほしい方は
kasakotaka@hotmail.com
にご連絡ください。

・2時間凝縮講義であれば
どんな小さな町でも
今まで開催していない町を優先し
人が集まらなくても
開催する方向で進めますので
kasakotaka@hotmail.com
にご連絡ください。

・かさこ塾の様子を知りたい方は
入場無料、誰もがこれる、子連れOK
好きを仕事にする見本市=
かさこ塾フェスタ6/25福岡に
お越しください。
私ほか30名の塾生が出展するイベントです。
http://kasakoblog.exblog.jp/24454466/

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・7/29新潟
http://kasakoblog.exblog.jp/24447542/

<誰もが参加できるオフ会>
・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

・7/29新潟
https://www.facebook.com/events/512543748953592/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-20 11:12 | お知らせ
2016年 06月 19日
好きなことがわからない人は今すぐ卓球をしてみなさい
好きなことがわからないという人が
意外と多い。
原因は様々だがその1つに
単なる経験不足があげられる。

だってそうでしょ?
やったことないことは
好きかどうかもわからない。
やってみたら好きになるかもしれない。
経験が足りないから
好きなものがないだけかもしれない。

今月に多分20年以上ぶりに
卓球をやってみたらめちゃめちゃおもしろく
今月だけで4回も卓球をしている。
先日はかさこ塾生9人で卓球大会をして
2時間も試合をした。
あまりにもおもしろいので
来週も卓球やるし
来月もまた卓球大会を企画している。

私が卓球が好きだったかというと
まったく好きではなかった。
ほとんどしたこともない。
うまくもない。
野球は好き。
サッカーも好き。
バスケも好き。
テニスも好き。
バトミントンも好き。
ゴルフもそこそこ好き。
でも卓球なんてそんなに好きではない
スポーツだった。

たまたま、かさこ塾フェスタ東京の
運営メンバー4人で
「この4人が絶対にしなさそうなことを
打ち上げでしよう」と考え
ボーリングをしたんです。
そこに卓球もあった。
卓球をしたいという人がいたから
したいわけじゃなかったけど
やったらそれがめちゃめちゃおもしろかった。

つまり好きなことって
やってみないとわからない。
昔そんなに好きではなかったことも
もしかしたら今やってみたら
おもしろいかもしれない。

つまり「好きなことがわからない」
といっている人は経験が少ないから
少ない経験の中で
好きなことを探そうとするから
見つからない。

だからいろいろやってみたらいい。
私にとっての卓球のように
「いやーそんなにおもしろくないだろ」
ってこともやってみたらいい。

仕事という意味では人前で話すこともそう。
私、人前で話すこと大キライだった。
そんな私が今、
人前で話すことを仕事にしている。
ずっとキライ、苦手と思っていたけど
やってみたら楽しかったんです。

だからいろいろやってみたらいい。
苦手とか嫌いとか思い込んでいる
だけかもしれない。

いろいろやれば新たな世界が広がる。
たかが卓球だけどね
卓球がおもしろいって発見があるだけで
毎日が楽しくなったりもする。

食わず嫌いならぬやらず嫌いにならず
大人になっていろんなことに
チャレンジすることで
もしかしたら一生好きな趣味や
もしかしたら仕事になるようなことも
見つかるかもしれないので。

・好きなことが見つかるかも?
好きを仕事にする見本市=
かさこ塾フェスタ6/25福岡で開催!
入場無料、誰もがこれる、子連れOK。
私も無料セミナー3本やります!
http://kasakoblog.exblog.jp/24454466/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾受講者募集一覧>
・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/

・7月大阪かさこ塾※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

・9月千葉船橋かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・9月静岡三島かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・9月福島郡山かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24465389/

・9月東京でも開催予定
9/1(木)9/15(木)9/29(木)10/6(木)
19:30~21:30 サンクチュアリ出版にて

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・7/29新潟
http://kasakoblog.exblog.jp/24447542/

<誰もが参加できるオフ会>
・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

・7/29新潟
https://www.facebook.com/events/512543748953592/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-19 22:00 | 生き方
2016年 06月 19日
これまで開催したかさこ塾一覧(2016/6現在)
<これまで開催したかさこ塾>
1期生(2014年2月)東京:12名
2期生(2014年5月)東京:23名
3期生(2014年7月)東京:18名
4期生(2014年10月)東京:18名*1名再受講

5期生(2015年1月)東京:20名
6期生(2015年4月)東京:20名
7期生(2015年6月)東京:20名*1名再受講
8期生(2015年6月)大分中津:10名
9期生(2015年7月)名古屋:20名

10期生(2015年8月)東京:20名
11期生(2015年9月)京都:20名*1名再受講
12期生(2015年10月)広尾:15名
13期生(2015年10月)福岡:13名
14期生(2015年10月)東京:20名

15期生(2016年1月)仙台:15名
16期生(2016年1月)大分中津:15名
17期生(2016年1月)福岡:20名
18期生(2016年1月)東京:20名
19期生(2016年2月)鹿児島:11名
20期生(2016年3月)東京:20名
21期生(2016年3月)静岡:15名

22期生(2016年4月)京都:20名
23期生(2016年4月)名古屋:20名
24期生(2016年5月)札幌:18名
25期生(2016年5月)広島:20名
26期生(2016年5月)福岡:20名
27期生(2016年6月)東京:20名
28期生(2016年6月)東京:20名

・かさこ塾公式サイト
http://kasako.jp/


by kasakoblog | 2016-06-19 18:36 | かさこ塾
2016年 06月 18日
【悲報】モノを売るな!体験を売れ!と言っているセミナーが残席あるため土産で集客しているイタイ話
「モノを売るな!体験を売れ!」との
教えをしているセミナーのはずなのに
セミナーに空席があるため
「参加者お土産発表!」と題し
講師愛用の石鹸やら
コーヒーやらカレーやら
砂糖までお土産につけるので
セミナーきて!と
必死になって集客している様子が
イタイを通り越して
もはや腹を抱えるほどの
爆笑話としかいいようがないので
ブログで取り上げることにした。

おかしくね?
ビジネスセミナーでしょ?
食品展示会とか
コーヒー展示会とかじゃなく
売上を上げるための
ブログやSNSの使い方を
教えるセミナーなんだと思うんだけど
セミナーに客が集まらないからって
参加者お土産を5つも発表し
うち4つが単なるモノで
釣るってアタマ大丈夫か?

ビジネスセミナーなのに
講師愛用の石鹸もらえるから来てねとか
やれカレーがもらえるとか
コーヒーがもらえるとかって
そんなにセミナーに中身がないのだろうか。

「モノを売るな!体験を売れ!」
ならぬ
「体験はないからモノで釣れ!」
といっているようなものだ。

セミナー集客したいなら
まさにこのセミナーで
教わったことを実践し
セミナーに来たらモノがもらえるではなく
セミナーに来たらこんな体験ができるって
そっちをアピールするのが普通でしょ。

っていうかそういう教えをしているのに
ビジネスセミナーなのに
講師の愛用石鹸とか食べ物とかの
土産をつけてセミナー集客してるって
逆ブランディング=すなわち
かえってマイナスイメージになっていることに
誰もこの関係者は気づかないのだろうか。
多分主催者丸投げ、放置、
内輪ノリに誰も懐疑的な意見がいえない
そんな雰囲気なのかもしれない。

私に置き換えてみたら
このバカさ加減がよくわかると思う。
私は同種のセミナーを行っている。
好きを仕事にするための
ブランディングやブログ術を教えるセミナーだ。

なのにセミナー集客に苦労し
「参加者お土産第一弾!
かさこ愛用の石鹸を配布します!」
「参加者お土産第二弾!
かさこ塾ロゴ入りコーヒープレゼント!」
とかいったらイタくね?
っていうかおかしくね?
っていうかこの時点で
こんなセミナー行きたくない
と思うのが普通の感覚だと思う。

なぜならセミナーの中身とは
まるで関係のない
お土産をつけているからだ。

っていうかそんなお土産いらんから
セミナーに出たら気づきがあって
ブログの書き方が変わったとか
SNSの発信の仕方がわかったとか
それが参加者にとっての
「お土産」であって
はっきりいって石鹸とかカレーとか
コーヒーとか砂糖なんていらないわけだ。
私だったらセミナー内容がよくても
そんなモノいらないから
多分会場に置いていくだろう。

今、大事なのはモノそのものではなく
そこに付随するストーリーなり
人なり体験が重要で
こんなにいっぱいモノがもらえますよとか
こんなスペックのモノですよって
宣伝じゃなく
体験やストーリーを売れって話でしょ。

その上で大事なのは
「何を買うかではなく誰から買うか」。
だからこそやれ石鹸がもらえるとか
コーヒーがもらえるとかではなく
「この人がおすすめしている
セミナーだから行こう」とか
「この人に会いたいから
セミナーに行こう」っていうのが
エクス~~~何ちゃらとかいう
マーケティング手法なわけでしょ。

私はその主張に全面的に賛成する。
その通りだと思う。
にもかかわらずだ。
そのセミナーの集客に
セミナーで得られる体験を売らずに
土産をエサにするなんて……。

もし私がこのセミナー講師だったら
塾生がこんなおかしなことしていたら
こんなマイナスブランディングを
即やめさせるだろう。
自分の教えとは違う方法で宣伝されたら
自分のブランドにも傷がつくし
何よりもせっかくいいこと教えているのに
その教えに疑問を持たれてしまう。

イベントやセミナーをやる時って
ちゃんとコンセプトやブランディング考えて
何がメインで何がターゲットで
どんなことを訴えるのかをきちんと決め
そこからはみでるものは
たとえ「お得」であっても
イベント価値が毀損しちゃうから
排除していくのがイベント主催者の務め。

それは昨日、山本太郎氏講演会の
舞台裏話にも書いたけど
私は私のことを宣伝したいし
私の映画のことを宣伝したいけど
でもここにはそぐわないよなってものは
排除していかないと
イベントの趣旨がぶれ
イベントの満足度が下がってしまう。

いやーでもほんと難しい。
講師がいくら素晴らしい教えをしても
その教えとは真逆のことを
してしまう塾生がいてもおかしくはない。

ただ誰かがそれに気づいたら
言ってあげないと。
「せこい土産特典つけることを
大々的にブログで宣伝することは
講師やセミナーのブランド価値を
下げることになるんじゃないですか?」と。

誰か言ってあげなかったのかな?
講師も丸投げで見てないのかな。

教えることは素晴らしくても
教えが実践されていないどころか
まったく逆のことをしていると
マイナスブランディングになるので
やめた方がいいだろう。

いいか?
モノで釣るんじゃない。
体験をアピールするんだよ。
そしたらこれだけの講師陣がいれば
とっくに満席になっているだろう。

・九州かさこ化計画!
6/25福岡で3本無料セミナー実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24454466/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾受講者募集一覧>
・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/

・7月大阪かさこ塾※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

・9月千葉船橋かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・9月静岡三島かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・9月福島郡山かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24465389/

・9月東京でも開催予定
9/1(木)9/15(木)9/29(木)10/6(木)
19:30~21:30 サンクチュアリ出版にて

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・7/29新潟
http://kasakoblog.exblog.jp/24447542/

<誰もが参加できるオフ会>
・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

・7/29新潟
https://www.facebook.com/events/512543748953592/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-18 22:33 | セルフブランディング
2016年 06月 17日
自分の宣伝をしたい時こそ他人の役に立つ話9割:宣伝1割に~山本太郎氏講演会の舞台裏レポート
多くの人前で話す機会があると
「自分の活動をとにかく宣伝したい!」
との思いから
「このチャンスを逃すまい!」と考え
場をわきまえず、自分の立場をわきまえず
時間をいっぱいいっぱい使って
しこたま自分の宣伝をしてしまう人がいるが
まったくの逆効果だ。
宣伝すればするほど人はひいていく。

だから自分の宣伝をしたいと思う時こそ
時間が10あったら
9割は他人の役に立つ話をし
残りの1割で宣伝をすればいい。
そのぐらいの割合の方が
かえって宣伝効果はあるんです。

昨日急きょ行われた
山本太郎氏講演会では
私は極力でしゃばらず
私が映画監督を務めた
原発ドキュメンタリー映画
「シロウオ」の宣伝は
最小限にしようと思った。
なぜなら宣伝すればするほど
逆効果になる可能性があったからだ。

映画「シロウオ」の宣伝チラシは配布し
自己紹介時に「シロウオ」の監督です
という話にとどめ
映画のDVDを持参していたが
「ぜひ見てください!DVD販売中です!」
みたいなことは言わないつもりでいた。

ところが!
最後の最後で奇跡が起きたのである。
なんと山本太郎氏が
映画「シロウオ」の宣伝をしてくれたのだ。

もともとの打ち合わせにはなかった。
でもこの時の講演動画を
見ていただければわかるが
とっさに山本太郎氏が
映画「シロウオ」のDVDを持ち
宣伝してくれる様子がよくわかる。

https://www.youtube.com/watch?v=7rh6CEtIoX4

なぜこんなことが起きたのか。
下記はあくまで私の憶測なので
山本太郎氏がどう考えたかはわからないが
多分、私が2時間の講演会の中で
ほとんど映画の宣伝をせず
最後の最後も自分の映画DVDではなく
山本太郎氏の著書を宣伝して
終ろうとしたからだ。

多分それを見た山本太郎氏が
気をきかせてとっさに映画DVDをとり
最後に映画の宣伝をしてくれたのだと思う。

この瞬間、鳥肌が立つほど感動した。
私が叩き案を作った
講演会の中身の進め方は
間違っていなかった。
自分がでしゃばらないようにしてよかった。
映画の宣伝をしないようにしてよかった。

私はこの講演会に行かないという
選択肢も考えたけど
1日つぶして5万円の交通費をかけ
この講演会に来てよかったなと。
そして何より私がでしゃばらないでいる
意図を山本太郎氏が多分気づい
機転をきかせてくれたことが
本当にうれしかった。

山本太郎氏と会うのははじめてだ。
多分山本太郎氏は私を知らない。
山本太郎氏は大分中津の
かさこ塾生のママたちが
企画した講演会に参加し
できるだけ大分中津の住民と
話をしたい、話を聞かせたいと思って
わざわざ来たはずだ。

そこにどこぞの輩とも
わからない私がいて
原発をテーマにした
ドキュメンタリー映画を
撮影したからといって
自分を映画の宣伝に
利用されるのは勘弁だと
思っていたのではないか。

もとは映画「シロウオ」上映会時に
山本太郎氏も呼び、監督の私も呼び、
それぞれが話をしてもらうという形で
進められていた会だったので
主催側からすると「まずシロウオありき」
「まずかさこありき」という思いが
捨てきれないのは致し方なかった。

でも前日に急きょ山本太郎氏が
来ることに決まり
「シロウオ」上映会との
コラボはできなくなった。
この時点で私が大分中津に
行く必要性はなくなった。

私が行かなくてもいいのではないかと
何度も何度も考えた。
でも主催した大分中津かさこ塾生らは
私と一緒にこの会を進めたのだから
かさこさんには来てほしいし
何らかの形で話をするなり
山本太郎氏とのからみを
してほしいとの
思いがあることもわかった。

でもわざわざ時間とお金をかけていくなら
私も「手ぶら」で帰るつもりはない。
私自身にとって何らかの
メリットがなければ行く意味はない。

でも私のメリットを追求すれば
山本太郎氏講演会という趣旨から逸脱し
山本太郎氏や太郎氏目当てできた
お客さんにマイナスイメージ与えかねない。

でも私が行かなければ
主催者たちのテンションは下がる。
また前日に決まったこともあり
宣伝と集客の点では
私も行く方がプラスに働く。

でも私が行くなら
単に講演会を聞きにいくだけでは
費用対効果に合わない。
でも私が講演会に絡めば
違和感を覚えさせてしまう可能性がある。

どうやってすべての関係者に
違和感のない形で
でもそれぞれの関係者に
メリットがある形で私が絡むのか。

そこで講演会の前日の夜
2時間の講演会の内容を考え
1部を山本太郎氏講演会、
2部を原発問題を
山本太郎氏と私とで語る形に、
3部を質問・交流会という案を作った。
多分これならすべての関係者に
違和感なく、かつすべての関係者に
メリットがある会になるのではないかと。

講演会を主催した塾生からは
「開演前まで映画『シロウオ』の
紹介動画を流したらどうか」
という話も出たが却下した。
なぜなら山本太郎氏を期待して
来るお客さんが多いのに
山本太郎氏と関係のない
映画作品が流されていても
違和感があるからだ。

極力、私はでしゃばらない。
極力、映画の宣伝はしない。
ただ2部で原発問題を話す際
山本太郎氏への話を補足する材料として
映画「シロウオ」のエッセンスを使う。

なぜなら映画「シロウオ」の肝は
原発計画がありながら
原発を阻止した町は
住民がだんまりせずに
きちんと原発反対と声を上げ
デモなど含めて活動したことと
政治の世界に議員を
送り込んだことにあるからだ。

まさに山本太郎氏の原発反対運動と
リンクする内容であり
聞く側もこれから反対するために
何をしたらよいか
「シロウオ」は参考になる。

「シロウオ」の話を
山本太郎氏の話とからめて
ほんの数分だけでもできればいい。
それが他とのバランスを崩さず
私にもメリットがある形になる。
だから、話の流れの中で
「シロウオ」が出れば
声高に時間を割いて
「シロウオ」の宣伝をする
必要はないと思った。

2時間の講演が終わりに近づき
この会の流れを見る限り
映画「シロウオ」の宣伝を
最後にする必要はないなと。

むしろ山本太郎氏が何を考え
どう行動しているのかを
もっと来た人は知りたいと
思ったはずだと考え
1週間前に出版された
山本太郎氏の著書を紹介して
終えることにした。

そしたらまさかの
山本太郎氏が映画「シロウオ」の
宣伝をしてくれたのである。

それは私がでしゃばらず
それまで宣伝を
しなかったからだと思う。
もし私がでしゃばって
時間がないから私も話したい!
宣伝したい!みたいになって
映画のことをべらべら宣伝し始めたら
山本太郎氏が宣伝してくれることは
なかっただろう。

だからみなさんも
何か自分のことを宣伝したい!
と強く思った時に
その時の全体感を見失い
自分が突っ走ってしまうと
かえってしらけさせる結果になり
マイナスイメージになりかねない。

そんな時こそ他人に役立つ話を9割し
自分の宣伝は1割ぐらいの割合で
話をするようにしたらいい。

特に自分の宣伝をしたいがために
でしゃばりすぎに
なってしまいがちな人は
十分気を付けた方がいい。

ブログだって同じ。
告知したいからといって
告知を冒頭に持ってくるのは愚。
小金を稼ぎたいからといって
アフィリエイト広告を
冒頭に持ってくるのも愚。
宣伝や告知は最後にしないと。
でないとしらけるから。
どんなにいいこと書いてあっても。

Takeの前にとにかくGive、Give、Give。
損して得とれのスタンスで
いろんなことにのぞんだ方が
結果として自分にプラスになるだろう。

「山本太郎 闘いの原点: ひとり舞台」

・7/2(土)王子で原発ドキュメンタリー映画
「シロウオ~原発立地を断念させた町」上映
http://kasakoblog.exblog.jp/24300537/

・原発をテーマにした
ドキュメンタリー映画「シロウオ」DVD販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/23983432/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾受講者募集一覧>
・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/

・7月大阪かさこ塾※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

・9月千葉船橋かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・9月静岡三島かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・9月福島郡山かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24465389/

・9月東京でも開催予定
9/1(木)9/15(木)9/29(木)10/6(木)
19:30~21:30 サンクチュアリ出版にて

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・7/29新潟
http://kasakoblog.exblog.jp/24447542/

<誰もが参加できるオフ会>
・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

・7/29新潟
https://www.facebook.com/events/512543748953592/

・6/25福岡で3本無料セミナー実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24454466/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-17 23:15 | セルフブランディング
2016年 06月 17日
9月に福島郡山でかさこ塾開催!
福島郡山でかさこ塾開催希望があり
開催したいと思います!
希望の方は下記概要確認の上
お申込いただければと思います。

日程:9/16(金)9/30(金)10/14(金)10/28(金)
時間:13時30分~15時30分(開場13時10分)
※講義後、時間のある方は
17時まで個別相談会&交流会
場所:とんがりふれあい館・体験学習室
福島県郡山市麓山一丁目16-17
交通:JR郡山駅から徒歩約15分
受講費:4回で4万円(税込)
定員:20名まで

※欠席する回は講義内容を
スライドと音声データでフォローします。

<卒業後の塾生サポート>
・卒業後もメール相談無料
(セルフマガジンの作り方詳細はのぞく)
・かさこ塾講義の再聴講無料

※キャンセルについて
・開催10日前から7日前まで→10%
・開催6日前から4日前までのキャンセル→50%
・開催3日前~当日のキャンセル→100%

<こんな方はどうぞ!>
・自身の仕事や活動の集客や宣伝に
ネットをうまく活用したい
・好きなことを仕事にしたい
・個人のブランド力や発信力を
身に付けたい
・新規の仕事や好きな仕事を
今まで以上に取り込みたい
・自分が変わるきっかけが欲しい
・先行きが不安で
個人力を身に付けておきたい
・ブログやSNSをしているが
うまく活用できていない
・ブログの文章がうまくなりたい
・仕事以外に楽しみを見出したい
・全国に異業種の仲間が欲しい
・好きなことを仕事にしたいが
何から始めていいかわからない
・自分の好きなことは何かを探りたい
・とにかく人生楽しみたい!
・全国の楽しい塾生たちと
つながりたい!
など

<かさこ塾とは?>
http://kasako.jp/

<受講者感想>
http://kasako.jp/?page_id=56

<内容>※変更になる場合もあります
・1回目:
セルフブランディングとは
自己PR、ブログ作成、 ユニークな肩書きのつけ方
本気で好きなことを見つけるワークシート
・2回目:
なぜブログなのか、自分理念作成
強みのわかるプロフィール作成
個人名刺の作り方
仕事につなげるブログの書き方
ブログ文章の黄金パターン
・3回目:
プロフィール写真の重要性
個人名刺フィードバック
SNSの使い方(フェイスブック、ツイッター)
自分PRプレゼンの仕方
ブログを資産にする方法
・4回目:
プレゼン
かさこ塾まとめ、3つのアドバイス、3つのメッセージ

2016年6月時点で全国各地に
500名の塾生がおり
塾生とのつながりも魅力です。

参加希望の方は「かさこ塾郡山」
という件名で、
kasakotaka@hotmail.com
にお名前、電話番号をお知らせください。
※Yahooメールは届かないため
他のメールでお送りください。

かさこ塾に入ろうか悩んでいる方は
かさこ塾の紹介もある
夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」をご覧ください。
希望の方は、郵便番号、
住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾受講者募集一覧>
・9月千葉船橋かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・9月静岡三島かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/


<2時間ブログ術講義>
・7/29新潟
http://kasakoblog.exblog.jp/24447542/


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-17 21:17 | お知らせ
2016年 06月 17日
なぜ山本太郎氏はペットボトルのラベルをはがすのか~芸能人が原発反対と言えない理由~講演会レポート
e0171573_9473816.jpg
芸能人の一番おいしい仕事はCMだから。
数日働くだけで中堅俳優でも
2000万円ぐらいの収入が得られるから。
企業にきらわれないために
CM仕事をとりたい芸能人は
原発反対などとは言えない。
原発反対は電力会社を敵に回すだけでなく
あらゆる企業を敵に回すことになるから――。

昨日山本太郎氏講演会が行われた。
主催者側として私が山本太郎氏のために
用意したペットボトルの水の
ラベルは外しておいたが
山本太郎氏自ら持参したペットボトルも
やはりラベルをはがしていた。

なぜペットボトルのラベルをはずすのか。
そんな話から山本太郎氏は
芸能人の多くが原発反対を言えない理由を
説明し始めた。

山本太郎氏のような「中堅俳優」クラスでも
企業の宣伝をするCM仕事なら
数日働いただけで年間2000万円もの
収入が得られるという。

映画や舞台、ドラマなどは
おもしろい仕事ではあるが
拘束時間も長く
わりよく稼げる仕事ではない。
でもそうした仕事をしたい。
でも生活もしなくてはならない。
そんな時に一番おいしい仕事がCMなのだ。

CM仕事がいつきてもいいように
特定の企業を応援しているような
行動はできるだけ避けたい。

だからペットボトルのラベルをはずす。
ラベルでメーカーがわかれば
「あの芸能人はA社をひいきしている」
という話になり、A社以外の仕事が
こなくなってしまう可能性があるからだ。

またすでに何らかのCMに出ている場合
競合他社の宣伝をしてしまう可能性もあり
その場合は多額の違約金が
発生することもある。
だから企業名がわかる
ラベルをはずしたり隠したりする。

山本太郎氏は現在議員なので
気にする必要はないかもしれないが
本人いわく「長年のくせではずしてしまう」
といった話をしていた。
そもそも山本太郎氏は
芸能界をやめたわけでも
俳優をやめたわけでもなく
ただ「原発反対」といっていたら
仕事が激減しただけにすぎない。

芸能人にとってCMはおいしい。
だから企業に文句を言うようなことを
大っぴらには言えない。
原発反対といえば
電力会社を敵に回すだけでなく
原発建設メーカーや
電力会社の株主となっている大企業や
電力会社に融資している金融機関なども
敵に回すことになりかねない。
つまり単に電力会社から
嫌われただけでは済まされないのだ。

だから多くの芸能人は
原発反対と言いたくても言えない。

ただ山本太郎氏はいい意味で
変わったのかもしれない。
もしかしたら以前なら
原発反対と声をあげない芸能人なんて
人間のカスだぐらいのことを
言ったかもしれないが
(あくまで私の想像)
芸能人は芸能人の立場があり生活があり
すぐにすぐ自分のように
言動で示せる人は少ないことに
ここ数年の活動で理解するように
なったのではないか。

でもだからといって
あきらめたらそこで終わりだ。
だから、できることからやろうと
呼びかけている。

芸能人が原発反対と言えないように
テレビをはじめとしたメディアも
広告収入で成り立っているため
原発にとって不利益になるような
報道はしにくい。

もちろんあれだけの原発事故が起きたので
黙っているのは不自然だし
そこそこの報道はされるようになった。
でもどこまで踏み込めるかも疑問であり
取り上げるにしても扱いを小さくするなど
相当な配慮の上での報道ではないかと
山本太郎氏は指摘する。

またある意味では一定のガス抜きのために
原発反対報道をさせている面も
あるのではないかと指摘する。

なぜテレビが無料で見れるのか?
テレビが無料なのは当たり前という
世界の中で生きてきた私たちにとって
そんなことは考えもしない
ことかもしれないけれど
テレビが無料なのは企業が大金はらって
CMを流しているおかげ。

だからこそ大金はらっている
企業に逆らうことはできない。

お金の力というのは本当に怖い。
だから私は安易に人に
おごられることも含めて
支援とか広告とかスポンサーとか
クラウドファンディングとか
対価なしにお金をもらうことに
ものすごく警戒心をもっている。

なぜならお金を出した人間に
逆らえなくなる可能性があるからだ。

きちんとこちら側が商品なり
サービスなりを提供した対価として
お金をもらうならそれはそれでいい。
お互いの関係が対等になれるから。

でも「ただ」でお金をもらってしまったら
お金を出す側がお金だけあげて
口を出さないことはあり得ない。

対価なくお金をもらってしまった側は
お金をもらっている人に
配慮せざるを得なくなる。
活動資金を依存すれば
自分の信念を曲げたことも
せざるを得なくなってしまう。

そんな生き方でいいのか?
それにノーをつきつけたのが
山本太郎氏だ。

でも山本太郎氏もはじめは
うまいことやろうと思っていたらしい。
でも国の原発事故対応の
あまりのひどさに我慢しきれず
事務所を辞めざるを
得ない事態になってしまったものの
リスクを覚悟で原発反対を叫び始めた。

なぜ?
山本太郎氏は目立ちたかったから?
ヒーローになりたかったから?
社会的使命を感じたから?

多分、違うのではないか。
山本太郎氏の大好きな仕事は俳優。
その想いは今も変わっていないようだ。
今も俳優をやめたわけではない。
ただ仕事が減ってしまっただけだ。

その俳優を続けるためにも
遠回りかもしれないけれど
多くの人が長生きし
この日本が安全に暮らせて
いろんなことが物言える社会にしたい。
でないと俳優という仕事も
ゆくゆく続けられなくなってしまう。

だからこそとりあえず今は
優先すべき原発問題や
政治の世界にうってでた。
でもきっと山本太郎氏は
これからも俳優をしたいのではないか。

だからこそ今の経験はいい意味で
「芸の肥やし」と自分に言い聞かせ
「茨の道」を歩んでいるのだと思う。

でも一昔前の
ヒステリックに過激に
原発反対と言っているような
イメージとは違った。
山本太郎氏は自分でも言っていたが
「賢く」なった。

ただ原発反対だけを叫んでいても
現実は変わらない。
過激に発言しただけでは
バッシングされたり
誤解されたりしかねない。

現実を変えるために
現実の戦略をどう組み立てていくか。
崇高な理念だけではなく
少しでも現実を良くするために
現実的に何をしたらよいのか。

山本太郎氏の好き嫌いや
支持するかしないかは重要ではない。
大事なのは一人ひとりが
自分の生活をよりよくするために
政治に関心を持ち
最善でなくても現状でベターなものを
きちんと選択をしていくこと。

そのためには誰かに頼るのではなく
一人ひとり自ら声をあげ
発信していくことだと思う。

声をあげずにだんまりを
決め込むことこそが
政治や社会を悪くしている原因。

山本太郎氏はこんなことを
講演で言っていた。
「今の政治が悪いのは
政治家が悪いんじゃなく有権者が悪い。
今の政治家を選んだのは有権者であり
また政治に無関心でいる人が多いから」

政治が悪い社会が悪い景気が悪いと
他人のせいにする前に
一人ひとりが自分の意見をきちんと発信し
小さなことでもできることからしていくことが
社会をよりよい方向に
向けていくことにつながるのではないか。

できることからしよう。
ブログを書いて発信してもいい。
共感する記事や応援した人の記事を
シェアやリツイートするだけでもいい。
できることはたくさんあるはず。
大それたことは無理でも
小さなことなら。

・なぜ山本太郎氏は
俳優失業のリスクを負ってまで
原発反対に声をあげたのかが
よくわかる本
「山本太郎 闘いの原点: ひとり舞台」

・7/2(土)王子で原発ドキュメンタリー映画
「シロウオ~原発立地を断念させた町」上映
http://kasakoblog.exblog.jp/24300537/

・原発をテーマにした
ドキュメンタリー映画「シロウオ」DVD販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/23983432/

・山本太郎氏講演動画

https://www.youtube.com/watch?v=Uow5IZLFaDc

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・6/25福岡で3本無料セミナー実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24454466/

<好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾受講者募集一覧>
・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/

・7月大阪かさこ塾※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

・9月千葉船橋かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・9月静岡三島かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・9月福島郡山でも開催予定
9/16(金)9/30(金)10/14(金)10/28(金)
時間:13時30分~15時30分

・9月東京でも開催予定
9/1(木)9/15(木)9/29(木)10/6(木)
19:30~21:30 サンクチュアリ出版にて

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・7/29新潟
http://kasakoblog.exblog.jp/24447542/

<誰もが参加できるオフ会>
・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

・7/29新潟
https://www.facebook.com/events/512543748953592/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」をご覧ください。
希望の方は、郵便番号、
住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-17 09:51 | 東日本大震災・原発