2002年 03月 14日
「別冊宝島Jポップ批評桜井和寿イノセントワールド大全」批評2
「名もなき詩」を「強引な押韻にやはり異議あり」と論評。
ダーリンに対して「君は誰」(誰をダーリと発音)、ノータリン、悩んだり、わだかまり、夢物語と、
立て続けに韻を踏んでいることに関して、解せないと評しているが、
これは桜井君の良さをまったくわかっていない、素人論評だ。

桜井君の魅力は、これだけメガヒットを連発した超人気バンドボーカルにもかかわらず、
消費者(聞き手)に迎合しないことと、一般的ヒット曲へのアンチテーゼを含みつつ、
「かっこいい」というイメージに対する裏切りを常に意識し、
それでいて素晴らしい曲を作り上げることなのだ。

音楽論評的には、この本の指摘のように、無理な押韻は必要ない。
しかしこれがなかったらミスチル桜井はただの現代マスコミに踊らされた、
一時期だけ人気のある、どこにでもいるミュージシャンに過ぎなくなってしまう。

これだけの強引な押韻にこだわりながら、
この「名もなき詩」は、多分ミスチルの中の曲では間違いなくナンバーワンのできの曲である。
トータルでみていい曲を作っていながら、これだけ強引な押韻を折り交ぜる、
その桜井君の既成概念、既成社会に対するアンチテーゼをよみとれず、
「強引な押韻は異議あり」とこの曲を論評するのは全くもっておかしい。

特にこの押韻に含まれる「ノータリン」という歌詞など、従来の人気ボーカリストの口にする言葉ではない。
事実、名もなき詩を主題歌にしたドラマ「ピュア」では、「ノータリン」を別の言葉に変えていたという。

「ロックよりポップの方がタフだと思う」

ポップの中に潜む桜井君のロック的精神。
この強引な押韻やノータリンという言葉があるからこそ、
彼が他のどこにでもいる売れっ子ミュージシャンとはケタ違いの、
異質な存在にしている所以ではないだろうか。


# by kasakoblog | 2002-03-14 21:53 | ミスチル
2002年 03月 13日
罪人の意識
罪を犯した人間は大きく2種類に分けられる。
一つは、自分が悪いことだと知ってやっている確信犯。
もう一つは、自分は悪くないがたまたまそうなってしまったという無責任犯である。

たとえば、金を盗むという犯罪に対して、
悪いと知っていながら、盗んでやろうという人間と、
たまたま目の前にお金が忘れてあったので、とってきてしまったという人間では、
結果としての罪は同じでも、行動を取った過程意識では雲泥の差がある。

金を盗んだかどで捕まえられた時、
悪いと知ってやった人間は、悪いことして見つかったのだから捕まえられて当然だという罪の意識はある。
ところがはじめから盗もうとしたのではなく、たまたまそこに置いてあったから取ってきてしまったという人間には、
どこかで「僕は悪くない」という意識が潜んでいる。

どっちがたちが悪いかといえば、悪いと思っていない後者の方だ。
やれたまたまそこに置いてあったのが悪いだの、盗むつもりはなかっただの言い訳を連発し、
結果としての罪をまるで反省しない。

このたとえとして有名な話が、第二次世界大戦を起こしたニッポンとドイツの軍部の違いである。
ドイツ軍部には戦争を起こした主体的意識はあるが、日本の軍部は、
なにかまわりの状況に流されていつのまにか戦争に突入してしまったという、
戦争に対する主体的意識がない。
だからこそそれは敗戦になった時に、「悪いことをした」という自覚症状のあるドイツと、
「私たちは悪くない」というたちの悪い日本とに分かれたのだ。

いいことをしようが悪いことをしようが、僕は常に確信犯であり続けたいと思う。
自分が主体的に起こした行動であるという自覚さえあれば、それに伴った責任感は必ずついてくる。

主体的意識のない、なんでもかんでも言い訳野郎とは関わりたくないよな。
日本の軍部と同じで、あれだけアジアの人々を殺戮してきたのに、
罪の意識がないなんて最低の人間にはなりたくない。


# by kasakoblog | 2002-03-13 21:54 | 一般
2002年 03月 12日
「別冊宝島Jポップ批評桜井和寿イノセントワールド大全」批評
今、書店の音楽雑誌コーナーには、宝島から出た桜井大全が平積みにされている。
ミスチルフリークたる僕はもちろん買った。
全部読んだわけではないが、よく調べているわりに批評が的外れなところが多くて残念だが、
その中でも唯一的を得た批評の考察をしたい。

無邪気な「メメント・モリ」。

この批評には賛成である。
まあ桜井君というのは、他の人気アーティストとは違って、
カリスマでもなく神でも教祖でもなく、ただの等身大の人間であるから、時には失敗もする。
桜井君の犯した失敗の一つが、確かにここで指摘されているように、
シングル「花」の副題につけた「Memonto Mori」である。

シングルが発売された当初、この「Memonto Mori」なる意味を僕は全く知らなかった。
その後たまたま藤原新也にはまるようになって、
著作をよみあさっている時にぶちあたったタイトルが「メメント・モリ」であった。
その意味は、ラテン語で「死を思い起こす」といった意味である。

この「メメント・モリ」つながりで、藤原新也と桜井和寿がなんと対談していることに驚いたわけだが、
確かにそれを読むと、桜井君が深く意味を考えてこの副題をつけた様子はない。
僕は、桜井君も藤原新也も両方とも好きだが、
無骨な藤原新也と現代社会の苦悩を背負った若者の申し子桜井君の意外な組み合わせを、
うまく結びつけることはできなかった。
あまりに立場が違うし、スタンスも違うからだ。

藤原新也の「メメント・モリ~死を想え~」はまさしくそのタイトル通りの内容だ。
彼がインドのガンジス川で死体を撮りあさって金をもらっていた頃、
死体を見続けることによって得た「メメント・モリ」。
現代ニッポンのマスコミを震撼させた、犬が人間の足を食う写真と、
「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ」というキャッチコピーが象徴するように、
まさしく人間のあっけない死をみつめる作業がこの「メメント・モリ」なのだ。

それだけの深い意味からすると、ミスチルの「花」の副題にはふさわしくなかったのは事実だ。
「花」は実に奥深く、味のある曲であるとは思うが、テーマは「メメント・モリ」ではない。
またこの本で批評しているように、桜井君に「メメント・モリ」を経験しているような出来事はない。
むしろ、虚像の世界で踊り狂う虚しいロックスターと、
現実の狭間で思い悩んだ末に、自分の道を見つけていくみたいな、
死を想うことより、どん底に落ち込んだ中でどう生きていくかということが彼のテーマであり、
それが現代人の共通するテーマであるからこそ、これだけ売れているのだと思う。

つまり「メメント・モリ」=藤原新也の「死」とは、肉体的・物理的「死」であり、
桜井君がテーマにしているのは、心の「死」であり、精神の「死」
というか、虚像社会の中で踊らされる捕われの身からの脱出である。
だから確かに「花」にメメント・モリを副題にしたことを、「無邪気だ」と批評されても仕方がない。

それをしってかしらぬか、昨年発売された優しい歌のカップリングに入った「花」の別バージョンには、
メメント・モリの副題が取られている。
桜井君がメメント・モリをテーマに歌を歌う必要は、あまりないと思う。
肉体的死の知覚は、知人の死で誰もが感じることができるが、虚像社会の中での精神的に死んでいる若者たちに、
生きていく道を探ってやることこそが、ミスチルの、桜井君の使命であるように思うからだ。


# by kasakoblog | 2002-03-12 21:55 | ミスチル
2002年 03月 11日
マンガ「ブッダ」手塚治虫著
多分、この1、2年、手塚ブームが起きるんじゃないかとふんでいる。
鉄腕アトムが生まれたのが2003年ということもあり、
(それにあわせてオープンしようとしている川崎市の手塚ワールドは、建設予定が大幅に伸びているが)
またなんといっても21世紀になっても人類が、20世紀に描いたような近未来社会になっていないこと、
また20世紀に予想されたように、自然を破壊し、人間性が損なわれた機械社会になりつつあるということで、
手塚マンガが見直されるのではないかと思うからだ。

このマンガ「ブッダ」。
僕自身の正直な感想は、まあいまさら読む作品ではなかったかなということ。
全12巻のテーマは、メメント・モリー死を想えーである。
27歳の僕にとってそのようなテーマを考えるには、文章や藤原新也の写真であれば十分なわけで、
わかりやすく、おもしろおかしく、絵にしてかみ砕いて描いたマンガは幼稚すぎるかなと。

この作品はもっと低年齢が読むのにいいだろう。
きっと小学生ぐらいが一番読者ターゲットとしてはいいのではないか。
まあただ昨今の日本人の大人は、高学歴なわりに非常に頭が幼稚化しているという、
パラドックスにおちいっているので、マンガで学ぶにはよいかもしれない。

とはいえ、この作品を読んで改めて、生と死、そして自然の中の人間ということを考えさせられた。
死は恐いものではなく、いつかやがてくるもの。
死を恐れていてもはじまらない。
生き物である以上いつかは死ぬことを知った上で、精一杯生きていくことの大切さはよく伝わってくる。
また改めて人間は動物界の王でもなんでもなく、自然の一部なんだということを再確認した。

ただここで納得がいかないのは、犠牲的精神だ。
確かにやられたらやりかえすのはよくないというのは、アホバカ今のアメリカを見れば明らかだが、
とはいえ、たとえば動物が飢えて死にそうだから、自ら餌となって食わせてやるというところまでいくと、
ちょっとそれは行き過ぎかなと思わざるをえないかな。
またブッダ自伝ではあるが、必ずしも史実にのっとっているわけではないので、
歴史的勉強にはあまりならない。

まあ藤原新也を読んで「死」を考えることが難しい人にとっては、わかりやすい本ではないか。
小学生におすすめの本だな。


# by kasakoblog | 2002-03-11 21:56 | 書評・映画評
2002年 03月 10日
サッカク
現代社会の蜃気楼的イルージョン社会の中に暮らす陽炎たる私たちが、
一番気をつけなくてはならないことは錯覚であると思う。
特に自分に対するサッカクは気をつけなくてはならない。

たとえばよく「忙しい」「忙しい」を連発している人がいる。
本当に忙しい時もあるのだろうが、いつしかくせになり、
はじめは忙しくないのに「忙しい」といっている自覚症状があるのだが、
次第に自分でも本当に忙しいようなサッカクを起こしてしまう。
このようなことは気をつけなければならない。

「忙しい」に限らず、「眠い」「疲れた」「できない」「大変だ」
などというマイナス的発言は、はじめは単なる言い訳のつもりで言っていたことが、
本当に自分はそうなんだと思い込んでしまうから、これは気をつけねばならない。

就職の面接でもそうだ。
はじめは行きたくもない会社の志望動機を考えるために、適当にデッチあげるわけだが、
そのデッチあげた志望動機がまるで本当のように思えてきて、
いつしか本当に自分がしたいことがわからなくなってしまう。
こういったサッカクは一生を左右されかねないから気をつけねばならない。

世に満ち溢れるサッカク。
そのほとんどが自らの何気ない発言から生まれている。
気をつけねばならない。


# by kasakoblog | 2002-03-10 21:57 | 生き方
2002年 03月 09日
しっぱい
毎日毎晩ポテトチップスを食べている。
つるかめランドという安いスーパーで100円でのり塩を、土日に6袋買い込んでおく。
でも最近やっぱりこれはよくないのではないかと思うようになり、
買ってあるとつい食べてしまうので、ストックを買わなければいいのだと思った。

当然悪癖が夜になるとよみがえる。
しかし家にポテトチップスはない。
安いつるかめは夜22時で閉まってしまうから買えない。
かといってコンビニでは132円もする・・・。

そこで結局苦肉の策で、コンビニ100円菓子コーナーで売っていた、
ポテトチップスを買ってみたが、これが恐ろしくまずい。
次の日はせんべいに挑戦してみたが、まずくはないがやっぱりポテチがいい。
結局3日目には仕方がないので132円払ってポテチを買うという情けない結果となった。
これだったらはじめからストックなどやめなければよかったのだ。

たばこも酒も、ギャンブルも遊びもショッピングも、中毒患者ってこんな気持ちなんだろうな。
しかし日本っていうのは、我慢しようと思っても、あちこちに誘惑するものがいっぱいあふれてるから、
なかなか自制するのは難しいよな。
夜開いている店さえなければ食べれずに終わるのに・・・。

物がないところで修業するのは簡単だが、この日本で自制自戒を身につけるのは大変なことだな。


# by kasakoblog | 2002-03-09 21:59
2002年 03月 08日
なんだかなあ
今の若い女の子ってなんで働いているんだろう?
ふと最近そんなことを思う。
考えてみれば、なにがなんでも働かなくては生活していけないという人は、ほとんどいないはず。
親と一緒に暮らしていれば、ほとんど金はかからない。
遊ぶための小遣い稼ぎなら、時間の融通のきくバイトにすればいいものの、
高学歴のせいか多分へんなプライドがあって、いちよ正社員で就職じゃないと気が済まない。

とはいえ生活のために稼いでいるわけでもないから、働くモチベーションが非常に低い。
「別にわたしいつ辞めたっていいんだもん」
ってその開き直りでやってるから、仕事に執着心や責任感がない。
そのくせへんなプライドだけはあるから、やらされ仕事をやると傷ついたりする。

せっかくこんな経済的には極めて豊かな時代なんだから、
何も無理して嫌な仕事を続ける必要はないわけだし、働き方の形態にとらわれる必要もない。
働く意欲を燃やせる好きな仕事でもしていればいいのにと思うわけだが、
親や教師の前でいい点とることで育ってきた、いいこちゃん受験生世代だから、
なにより世間体を気にして、仕事選びをしているからおかしなことになっているのだろう。

でもまあ、こういうバカな大人に育ったのは彼女らのせいではない部分も多々ある。
経済第一主義のためには、思考能力があって、我慢強くて、計算能力のある人間はいらなんのだ。
とにかく物事を深く考えず、イメージや雰囲気になんとなく流され、
目先の利益にすぐ突っ走ってしまうノータリンの大人がいてくれないと、
現代経済社会は成り立たなくなってしまう。

でももうそんな踊らされている時代はバブルの崩壊で終わったはず。
みんな地にあしつけてしっかり歩いていかないと、この厳しい時代は乗り切っていけない。
自分がモチベーションの持てる仕事選びを、若い子にはぜひしてもらいたいものだ。
そういう意識の低い人間が多いから、ずるがしこい政治家が国民をバカにしていいようにやってしまうのだろう。

日本の夜明けはまだ遠い。


# by kasakoblog | 2002-03-08 22:01 | 働き方
2002年 03月 07日
メキシコたびばな
「家に帰るまでが遠足だ」
という小学校時代の陳腐な言葉を、何年かぶりにふと、帰りの飛行機で思い出しつつも、
もう日本行きの飛行機に乗った矢先から、家に帰った気分で、
行きに成田空港で買ったカレーせんと、機内サービスのワインをくらって、
極楽フライトを楽しんだ。

日本の政治や経済は暗い暗いっていうけれど、
20歳そこそこのガキが遊びで海外に行けるんだから、
まあ幸せといわねばならぬのかもしれない。


# by kasakoblog | 2002-03-07 22:01 | 旅行記
2002年 03月 06日
ワールドカップ考
アメリカによるいかさまオリンピック終了後、
いよいよ日本スポーツニュースは連日サッカーワールドカップの話題でいっぱいだが、
考えてみれば、サッカーに興味のない人にとってはたいしたニュースではないといえばない。
もちろんJリーグに興味はないが、日本の代表戦だから見るという人も多いだろうが、
まあ女の子の大半は、勤務中に日本代表戦にテレビにかじりつく男の子を、
不思議な目で見ているというのが、どこの風景ではないだろうか。

日韓共催を機に、しょうもないドラマ番組が相次いで放送されたが、
(深田恭子のドラマやスマップの稲垣のドラマ。何がしょうもないかってテーマが前近代的)
ストーリーは「こうなるだろうな」と明らかに見透かされてしまうもので、
ただ韓国人と一緒にドラマを作ったという話題だけが先行しているだけで、あまり中身がない。
藤原紀香がなぜ日韓親善大使なのかもよくわからないまま、
とりあえず日韓交流をしましょうという、非常にマスコミ的レベルでのうすっぺらなものしか行われず、
なんだか単なる「韓国ブーム」「日本ブーム」でしかないような気がする。

ワールドカップを機に盛り上がっているのは、
ワールドカップのチケットを金にまかせて一般売りから懸賞用にぶんどった企業だけで、
これを機会にひと儲けしようというそういうものでしかない。
「私たちはワールドカップを応援しています」と、 日本全国の企業全部がそういってるんじゃないかと思うほど、
テレビのCMなどではその言葉をつけることによって自分の企業のイメージアップを図っている。

まあそれでも民間企業は、莫大なスポンサー料に見合っただけの利益を、
まんまと消費者からせしめるわけだからまあいいが、
ひどいのはなんといっても各国のキャンプ地を誘致して経済効果を期待しているアホ自治体どもだ。
たかがキャンプ地になっただけで経済効果などあるわけはない。
あるのは地元建設業界やホテル業界を潤すだけで、
支出一方のキャンプ地誘致の莫大な費用は、医療や福祉といった金をかけるべきところに予算を削減し、
住民の税金を無駄使いしているのだ。

もし自治体が民間企業であったら、
キャンプ地誘致に関する巨大プロジェクトを実施するにあたっては、会社の盛衰を決めるわけだから、
数限りないシミュレーションが行われ、最悪の事態を考えても損をしないということが断言できて、
はじめて誘致活動を行うのであって、今の自治体のように、地元の建設業界を潤し、
自分が任期中に派手なことをやったと足跡を残したい、いわばミニ鈴木宗男市長は、
はっきりいって誘致によって絶対に経済効果は出ないし、市民の過度な税金負担が増えるだけである。

ワールドカップはこういった「ワールドカップ」に乗っかるアホ野郎の温床になっているだけで、
もちろんサッカー好きにはたまらない大イベントだか、
一般市民にとっては踊らされてバカを見る、いわば「ワールドカップバブル」に過ぎないように思える。

フーリガン対策もままならない日本において、
世界的な大イベント・サッカーワールドカップが行われるということは、自分にとってどういう意味を持つのか。
たかがボールの蹴り合いゲームを、もう一度自分に引き寄せて冷静に考える必要があるのではないだろうか。


# by kasakoblog | 2002-03-06 22:02
2002年 03月 05日
ニオイ
NHKスペシャルで今、アジアの古都物語をやっていて、
インド・ヒンズー教の最大の聖地ベナレスの映像が映し出された途端、
僕はそこにいた時の「匂い」を思い起こした。

テレビでどんなに世界の果てを映し出そうと、
景色を見ることはでき、音を聞くことはできるが、匂いを嗅ぐことはできない。
しかし不思議なことに、行った場所の映像を見せられて、まず思い出すのが、
テレビで映し出されることができない匂いなのだ。

「匂い」といっても強烈なものではない。
とりたてて特徴的な匂いでもない。
にもかかわらず、その土地土地には独特の匂いがあって、
その地にいる時は意外と気づかないのだけれど、
自分の記憶の中には意外と鮮明に残っているものなのだ。

今から考えてみれば、よくあんな旅をしたなと思う。
インドのベナレスに着いた時には、日本を出て3ヶ月が過ぎていた。
あの景色とあの騒音と、そしてあの匂いの中で、
僕はそこにいたということが不思議でならないのだが、
間違いなくそれが事実であったこともよく覚えている。

匂いが土地の記憶と結びついている。


# by kasakoblog | 2002-03-05 22:03