2001年 01月 26日
アジアン・ジャパニ-ズ3
稚拙な文章で、かつたいしたことのない写真でありながら、
このアジアン・ジャパニーズ・シリ-ズが人気を得た理由は、企画性のおもしろさにあった。
ヒットとなったアジアン・ジャパニ-ズ1では、
旅先で出会った長期旅行をしている若者に、なぜ旅をしているかをインタビュ-し、
その半年後、日本帰国後、彼らが何をして暮らしているかを再びインタビュ-するという、
その2段構えの構成がおもしろかったのだと僕は思う。

日本が嫌になって漠然とアジアを旅している若者を旅先で取材。
しかもそのインタビュ-ア-である著者自身が、取材者と同じく、
日本が嫌になって旅に出てきた若者の一人であるということが、より対象に迫った内容となっていた。
書評「アジアン・ジャパニ-ズ3」小林紀晴
社会からドロップアウトした若者の取材だけにとどまらず、彼らが日本に帰ってからどうしているかまで追ったところが、
ただのおもしろ旅本とは違った企画で、人気を得た要因であったと思う。

今回の3は、沖縄各地の島に、本州からドロップアウトしてきた若者を取材したもの。
ただそれだけで、前回のような追跡取材はない。
沖縄→故郷の諏訪→沖縄→タイと旅をしている、その構成の脈絡のなさが気になった。
沖縄の間に入った故郷諏訪の話は、別にここの話とはあまり関係ない。
ただ著者自身が沖縄の旅の合間に、7年に一度行なわれる祭りのために故郷に帰っただけの話。

もちろん、一冊の本に沖縄の話と諏訪の話を入れてある意味を持たせるために、
海と山の対比であったり、沖縄にドロップアウトした若者たちや自分も含めて、
「帰る場所-故郷とはどこなのだろう」という問いが含まれているのだろうが、
深く掘り下げた一つのテ-マになるには、あまりに不十分な内容だった。

もう一度、著者が売れる以前に出した力作を期待したい。
アジアン・ジャパニーズの特性であった、2段構えの構成はおもしろかったのにな。


# by kasakoblog | 2001-01-26 00:36 | 書評・映画評
2001年 01月 25日
人生に無駄はつきものだ(1)
引っ越しの時のおはなし。
仕事を休んで、平日にしか開いていない役所関係の手続きをする。
横浜の区役所に行って住民票の異動届をもらい、その足で杉並区役所に行き、都民復帰を果たす。
その場ですぐに新しい住民票をもらい、それを持って今後は免許証の住所変更に赴く。

警察署に行き、住所変更の申請用紙を見て、「しまった!」と思った。
写真が必要なのだ。

免許証の住所変更は、新しく免許証を作り直してくれるわけではない。
古い住所が書かれた免許証の裏に、警察署員が手書きで新住所を記入し、ハンコをポンと押すだけなのだ。
それだけなのに、「なぜわざわざ写真が必要なのだろうか?」などと文句を言っても始まらない。
とにかく役所の手続きというのは絶対なのだ。
仕方なく近くのスピ-ド写真で4枚700円もする写真を役所提出のために買った。

なぜ「しまった」と思ったかと言うと、家にはこんな時のためにと、
中国で8枚200円で撮った証明写真がいっぱいあったからだ。
中国で撮ったからといってすごく写真の質が悪くなるわけではないので、十分使える。
日本でスピ-ド写真を撮ると異様に高いので、こういう時のために中国で多めに撮っておいたのに・・・。

僕は典型的なA型なので、とにかく神経質なのだ。
こんな些細なことでもすごく気になって1日ブルーになったりする。
「なんであの写真を持ってこなかったんだ。ああ、700円も損した・・・」と。
そんな時、僕はいつも自分にこう言って励ましの言葉をかける。

「人生に無駄はつきものだ」

人の日常生活には無駄があふれている。振り返って「ああ無駄だった」と後悔する。
何事においても無駄をゼロにすることが僕の理想だが、なかなかそううまくはいかない。
遠回りしてみたり、無駄をしてみたり、それがきっと「人間」なのだから。

たかがスピード写真700円の話で少しおおげさか?


# by kasakoblog | 2001-01-25 00:37
2001年 01月 24日
転職の思想
ついこの前、やっとドラクエをクリアした。去年8月の発売日に買ったにもかかわらず、こんなに時間がかかってしまった。
それにしても、主人公はゴットハンドにも勇者にもならず(共に上位職)、最後の敵を倒してしまった。
仲間も賢者を完全にマスターする前だった。
ゲーム全体の流れと並行した形で職業がアップしていったら、もっとおもしろかったのにと思った。

そんな感想を抱いた時、ふとドラクエにおける職業制度は、時代の流れと密接に絡んでいるのではないかと思った。
最近のドラクエの職業制度は、転職すればするほど、前の職を生かした形で強くなるのである。
これは今の現実社会の反映または先取りではないだろうか?

ドラクエⅠやⅡには職業制度はなかった。
はじめて職業制度が採用されたドラクエⅢでは、転職すると様々な技術は身につけられるが、
基本的には弱くなってしまうので、ほとんど転職する意味がなかった。
ところが今回のドラクエは簡単に職を変えることができる。
職を移ってまた前の職に戻っても、その職で得たものは消えない。
転職することによってしかなれない上位職制度も増えた。

終身雇用で一生同じ会社に勤めることが当たり前だった時代のドラクエは、転職は前より「弱くなる」という発想に基づいている。
ところが終身雇用制度が揺らいでいる今の時代のドラクエは、
転職することが自分自身の成長のためになるというスタンスになっているのだ。
現実社会の流れに沿った形で、ドラクエの職業制度も移り変わっているのである。

今回のドラクエの職業制度のように、これから現実社会もますます転職が当たり前の時代になるだろう。
転職することによって、個々人がキャリアアップしていき、様々な職歴を生かした仕事ができるようになる。
今の日本では、リストラや人間関係などによるマイナス志向の転職が多いが、
これからは自分自身や仕事のステップアップを図る、プラス志向の転職が当たり前の時代になるだろう。


# by kasakoblog | 2001-01-24 00:39 | 働き方
2001年 01月 23日
むしめがね(子供心)
e0171573_0423994.jpg

がっこうのりかのじゅぎょうで、じっけんをやった
むしめがねをつかって、かみをもやすんだ

くろいかみにむしめがねをあてて、たいようのひかりをあつめると、
なんだかきゅうにかみがあつくなってきて、
こげくさ~いにおいと、しろ~いけむりがでてくるんだ
そのうちかみはこげて、そしてみごとにあながあくんだ

小学校低学年の頃の僕の写真。
天袋に眠っていた忘れ去られたアルバムから引っ張りだしてきた写真。
虫眼鏡で紙を燃やす事に夢中になっているこの写真を見ると、

当時のことがありありと思い浮かんでくる。
理科の授業でやった虫眼鏡で紙を燃やす実験に、すごく感動したのを覚えている。
学校から帰ると、白い紙を黒く塗りたくって、熱心に紙を燃やしつづけた。
紙が燃える独特のこげくさいにおいまでもが、
今にも漂ってきそうな、そんな懐かしい思い出の写真。


# by kasakoblog | 2001-01-23 00:42
2001年 01月 22日
ラーメン太陽(高円寺)
高円寺北口からすぐ近く。
高円寺に引越てきた当初から、駅から家まで歩く道程でずっと気になっていた店があった。
「麺ロード」という喜多方ラーメン屋の隣りにある、「太陽」というラーメン屋。
店は古そうだが、そのくせ店頭に電光掲示板をおいて「雑誌・テレビで紹介された店」などと、
四六時中流しているので「なんだこの店は?」といつも気になっていた。

今時雑誌テレビに紹介されたことを自慢する店なんてそうそうない。
だいたいうまい店は口コミでしっかり伝わるから、「雑誌に紹介された」などと宣伝しなくても人は入るのである。
そんなこともあって、気になってはいたが、避けていた店でもあった。

今日、夕食にラーメンを食べたくなって、22時を過ぎていたので味噌一まで歩くのは面倒だし、
前からチェックしていた高円寺の駅前にあるラーメン屋に行こうとしたら、定休日で閉まっていた。
仕方なくその代わりにこの「太陽」に入ったのだ。

当店自慢のごまみそらーめん730円を注文。出てきたらーめんは、オレンジ色に近いスープをしていた。
はじめに食べる一口に緊張がよぎる。おそるおそるスープを飲むと「これはいける。変わった味がしているけど」と思った。
スープは「工夫して作ってあるな」と感じさせる、味に深みと奥行きがあった。
それでいてしつこくないこってりさがあって、今までに飲んだことのないスープだった。

今度は麺と具をすすってみると、ここでもまた驚かされた。
スープがこってりみそなのに、具も麺もしょうゆらーめんを連想させるのである。
このミスマッチングが、なんともいえない味を醸し出している。

きざみのりがかかって、その風味がラーメン中に充満している。
具はメンマと少々のネギで、みそには大概入っているもやしが入っていないことが、しょうゆを連想させるのかもしれない。
若干、麺だけがスープとの調和にかける点はあったが、のりの風味漂い、しょうゆを連想させる具と麺でありながら、
スープは特徴のあるコクのあるみそという不協和が、何とも言えないおいしさを醸し出している。

これがいいのか悪いのかはわからない。
もしかしたらみそに合う具と麺にすればもっとおいしくなるのかもしれないが、
これはこれですごく変わっていて特徴があっていいなと感じた。

久々に「また行ってもいいかな」というラーメン屋に出会えた。
まあそれでも到底Sランクには届かない。結構いい線いってるけど。
もうちょっと具が豊富であることと、麺のレベルアップをすれば言うことはない。


# by kasakoblog | 2001-01-22 00:45 | グルメ・ラーメン
2001年 01月 21日
罪と罰(6)
僕に罪を押しつける3人の男たち。
一人は僕がばあさんを階段から突き落としたと訴え、一人は僕が財布を盗んだと言っている。
そして最後の一人が口を開いた。
「こいつだ!うちの店からカツサンドと牛乳盗んだのは。万引きだぞ。万引きは立派な犯罪なんだからな。
今更、代金払ったって承知しないからな。うちの店で万引きして許されると思うなよ!」

おいおい今度は万引きの罪かい。
「いい加減にしてくれ。俺は万引きなんかしてない。第一、カツサンドと牛乳だけ盗む奴なんているのか?
万引きする勇気があったらもっと高価なもの狙うよ」
僕の言葉にカッときたのか、男はやっきになって反論した。
「カツサンドは高価なものじゃないのか?カツサンドをバカにする奴は絶対に許さないぞ。
誤れば代金払えば許してやったものの、カツサンドをバカにしたからただじゃおかないぞ」

おいおい、このバカどうにかしてくれ。何をカツサンドごときでむきになってるんだ?
「盗んだっていうけど、あんたの店ってどこなんだい?俺は全く知らないよ」
「とぼけやがって。あんたが新幹線から降りてきて、うちの店からカツサンドと牛乳を盗んだのをこの目で見たんだ」
「新幹線?あんたの店は新幹線のホーム内にあるのか?」
「まだとぼける気か?」

やった。これで僕の無罪が証明される。
「俺は新幹線には乗っていないぞ!これで俺の無罪が確定したな」
「うそだ!そんなのうそだ!」
とキヨスクのおやじは顔を真っ赤にしていった。

ちょうどその時、ばあさんを突き落としたと証言する男が戻ってきた。
「ひょっとして、ばあさんが階段から突き落とされたのも新幹線のホームか?」と男に聞くと、
「そうだ」と帰ってきた男は言った。
「ひょっとして、財布を盗まれたあんた、新幹線に乗っていたのか?」ともう一人の男に聞くと、
「そうだ」と財布を盗んだと訴えた男は言った。

「ということはだな。この3つの犯罪はすべて新幹線のホームで起きたわけだ。
ならば俺は人違いだ。俺は新幹線の乗っていない!」
やった。これで僕は無実になれる。


# by kasakoblog | 2001-01-21 00:46
2001年 01月 20日
メメント・モリ~就職活動生へ~
自分のやりたいことさえ見つかれば、就職活動は成功したも同然と以前書いた。
しかしその一方で、本当にやりたいことを見つけるのは難しいとも書いた。
では一体どうすればよいか。
本当に自分のやりたいことを見つける良い考え方がある。
それが「メメント・モリ~死を想え~」という発想である。

余命を半年後と宣告された病人が、逆に少ない時間を生き生きと過ごすように、自分自身の死を身近に考えてみる。
人間はいつかは死ぬ。
自分が死ぬまでにどうしてもやりたいことは何だろうか?
死ぬまでにやりたいことを就職活動にとらわれず100コぐらいあげてみる。
そうするとおのずと、自分の本心がわかってくる。
「死」を意識して考えると、「生」に限りが出てくるので、やりたいことが素直に浮かんでくる可能性が高いのだ。

今の世の中、いつ死が訪れるかもしれない、極めて治安の悪い時代。
地下鉄なんか乗っていたらサリンをまかれるかもしれないし、脱線するかもしれない。
交通事故で死亡する人など数限りない。
日本で相次いで起こる地震は、ある日、突然避けようもなく襲ってくる。
寿命死が少なくなり、人為的な死や突然死が罷り通っている現代においては、
いま自分がどんなに元気だろうが、いつ死へ誘われないとも限らない。

「死」を意識することによって、本気で有限の生を生きようとする。
それまでにどうしてもやりたいことが、本音で見えてくる。
ただ企業に入るという目先の目標を考えた上で、やりたいことなど考えるから、
本音ではない、へんてこなものしか思い浮かばない。
そして志望動機なんていう建て前を作って、あとで入社してから後悔する。
「やっぱり自分のやりたいことはこんなことじゃなかったんだ・・・」と。

どうしても自分が死ぬまでにしたいことをあげていけば、おのずとその先の道は開けるはずだ。
もしかしたら、自分のやりたいことをするためには、会社に入ることではないという結果が出るかもしれないが。

「メメント・モリ~死を想え~」
常に自分のどこかにこの意識を持って生きていきたいなと思う。
人間、死ぬ気になれば何でもできるというように。


# by kasakoblog | 2001-01-20 00:46 | 働き方
2001年 01月 19日
おいしいカップラーメンを探せ⑥
日清の「武骨麺」。
この特異な名前に惹かれて買ってみた。
(カップラーメンを選ぶ時、結構ネーミングを気にしていることがわかった。
でもこれでよく失敗するんだよな・・・)

「武骨」の所以は、食べごたえのある太麺なのだそうだが、
たいした食べごたえのある麺とは思えなかった。まあ、普通の麺だ。
塩味のあっさり風味においしさを醸し出しているのがごま。
さっぱりしていてなかなか良い。

ただ気のせいかスープが時々変なにおいを発する。
芳香剤のような薬品くさいようなにおいがたまにするのは、調味オイルのせいか。
ちょっとくさくて気になった。

ごまとネギのかやくは、あっさり塩味スープに合っていて良いのだが、
それ以外に入っているかやくの肉がおそろしくまずい。
これだったらはっきりいって入れない方がましだ。

全体的にさっぱりあっさりしていていいが、それ以外にたいした特徴はなく、
値段も143円と安いが量は少なく、一食にするには物足りない。

結論からいえば、このラーメンの名が「武骨麺」という変わった名前でなかったら、
食べることはなかっただろう。


# by kasakoblog | 2001-01-19 00:47 | グルメ・ラーメン
2001年 01月 18日
かさこ金融道⑦ 役所の怠慢
消費者金融で不動産担保の融資の仕事をしていた時の話。
毎回うんざりするのは、借りる人が驚くほど税金を延滞していることだ。
うちに借りにくる段階で、銀行はもちろんクレジットカードやあちこちのサラ金から金を借りまくっている。
だから税金など払っている余裕はないのである。
税金をちゃんと納めているか役所に行って調べるのが、僕の仕事の一つなのだが、まあ、とにかくひどいこと。
滞納額が100万円を越えるのは日常茶飯事である。

しかしもっと驚くべきことは、これをほったらかしにして、のうのうとしている役所の怠慢さである。
3年近くも滞納し、しかもその額が100万円を越えているのだから、
それを支払わせるようにするのが役所の仕事であるのに、一切そんなことはしないのだ。

なぜか?
そんな面倒なやっかい事をしたくないからである。
税金の未納額が増えれば、本来なら自分たちの給料が減ってしまうはずだが、
税金の回収目標があるわけではなし、未納が増えれば税金をアップすれば済む話として、ほったらかしにしているのである。

よくよく考えればこんなひどい話はない。
税金を滞納している人をほったらかしにしているのは、まじめに払っている人をバカにしているとしか言いようがない。
しかもその滞納者が全く払えないならともかく、不動産を持っているのだから、
さっさと競売かけて売り飛ばして、税金を回収すべきなのである。

まじめに働いて税金を払っている人が不動産を買うことができず、
税金を滞納している人間が、払わずいつまでも不動産を持ちつづけるというのは全くおかしな話だ。
こんなひどいことが、役所で罷り通っていることを知り、僕は愕然とした。
なんていい加減な国なんだろうかと。


# by kasakoblog | 2001-01-18 00:47 | 金融・経済・投資
2001年 01月 17日
取捨選択
朝、6時50分。
僕は通勤電車でつり革に捕まって、宮本輝の短篇小説を読んでいた。
まだ眠くて幾分流し読みをしていた中で、ふと目にとまった言葉があった。
「取捨選択」
いい言葉だなと思って、一度本から視線をそらし、その言葉から沸き上がってくるイメ-ジを思い浮べていた。

本から視線を外し物思いに耽っていたその時、僕の目に信じられない光景が飛び込んできた。
外の公園で子供とお父さんがキャッチボ-ルをしていたのである。
僕は目を疑った。

今年一番の寒さではないかと思われるこのくそ寒い中、しかもまだ朝7時前で朝日さえ昇っていない暗い中で、
さらには休日でもなんでもない平日に、子供とお父さんがキャッチボ-ルをしているのだ。
ただでさえ「親と子のキャッチボ-ル」姿など見なくなった最近において、信じられない時間にキャッチボ-ルをしている。
これは一体どういうことなのだろうか?

僕は電車の中を見渡した。この信じられない光景に他の人も釘づけになったはずだと。
しかし誰も気に留めていなかったようだ。
というより、電車が通り過ぎた一瞬の光景に、誰も気づかなかったのだろう。

人間は同じものを見ているようで、全然違うものを見ている。
所詮、自分の興味あるものしか見ていないのだ。
逆に、自分が日頃から意識しているものには、敏感に視覚が反応する。

僕はなぜ無数の景色の中から、あの光景だけを選び取ったのだろうか。
冬の早朝の親と子のキャッチボールの光景が、僕に飛び込んできたのはなぜなのか。
人は知らぬ間にいろんなことを取捨選択しているんだな。


# by kasakoblog | 2001-01-17 00:48