人気ブログランキング |

本が売れないのに1日220冊も新刊が出る理由

非常にいい記事がありましたのでご紹介します。
<下記、出版経験もある私見を交えた記事の要約>
・本が売れないのに新刊が年8万点(1日220冊!)も
出版されているのは、本来の委託販売とは異なった、
独特の返品条件付売買制度のせい。

・この制度の存在があるので、
出版社が取次から資金を得ることを目的に、 新刊を出しまくる。
*新刊を出せば、売れなくても、
取次からひとまず金がもらえるから。

・出版点数が多いせいで、
本が並ぶ期間が短くなり、 自ら首をしめる結果に。

・書店に並んでも返品率が40%という大いなる無駄!
(送料は全部出版社持ちで余計に経営悪化)

・取次という中抜き業者の存在が、
出版不況の構造的原因では?

・定価販売を義務付ける再販制度のため、
書店が自由に値段を決めることができず、
返品は増え、書店も出版社も苦しくなる。

・ベストセラーや新刊本ばかり置いて、
読者が読みたい本が書店にないため、
Amazonだけが独り勝ちする。

・出版社の倒産が相次いでいる
(2008年52社、負債総額197億円)

・書店の倒産も増えている
(2008年48社、負債総額297億円)

・本が売れないといいつつ、
Amazonとブックオフは儲かっている
(Amazonは大手書店の2倍の売上*書籍以外も含む、
ブックオフは2008年売上は前年比9.2%増)

結局、出版社もテレビ局も新聞社もそうだけど、
時代や客のニーズに対応せず、
旧態依然の商習慣=利権を守ることばかり考えているから、
売れないのに本をいっぱい出し、
潰れるというバカなことをやっている。

共倒れしてしまう前に、
規制緩和して自由なビジネスができるようにすれば、
必要とされる出版社も書店も生き残ることができ、
読者にとっても望ましい環境ができるんじゃないかと思う。

それと最近では、出版社も書店も取次も一切いらない、
著者自らがネットでマンガの連載などをはじめる、
といった動きも出てきている。

著者がもらえる印税は本の定価のわずか1割。
ならば著者がネットで直販し、
市販の書籍の1/5の値段で販売すれば、
著者は収入が2倍になり、
読者はデジタルとはいえ1/5の値段で購入することができる。

ネットの出現は単なる中抜き業者や、
既存のメディア会社(出版社、テレビ局、新聞社、レコード会社)の存在を、
根本的に揺るがしていると思う。

<かさこワールド関連コーナー>
*作家になりたい馬鹿者に告ぐ
http://www.kasako.com/sakuhin.files/sakka.html

*私の著書一覧(写真集、サラ金本など9冊)

<元ニュース>
・相次ぐ出版社破たん、出版不況を抜け出す術はあるか

by kasakoblog | 2009-04-30 17:03 | マスコミ

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog