人気ブログランキング | 話題のタグを見る

マスク争奪が感染拡大の原因!

日本で新型インフルの感染が爆発的に拡大している原因の1つは、
国民がマスクを奪い合っているからだ――。

マスクを奪い合うことがなぜ感染拡大につながるのか、
私の独断と偏見による仮説を紹介しよう。

1:マスクをつけるべき人がマスクをつけられない
感染拡大の予防につながるマスク着用とは、
せきをしている人がマスクを着けることが最も大事だ。

ところが日本では日本人がマスク争奪戦パニックに陥り、
マスクをつけるべき、せきをしている人にマスクが行き渡らず、
せきをしていない人がマスクを買いだめしてしまっている。
過剰なマスク争奪戦が、
せきをしている人がマスクできないことで、
かえって日本中にウイルスを蔓延させる原因となっている。

2:マスク行列で大感染!
マスクを買うために行列しているばかがいるが、
その行列こそ最も危険な感染地帯である。

行列には、せきをしはじめた感染疑いの人が、
マスクをしないで並んでいる可能性が高い。
そこにマスクをしていない人が並んでいる。
よってマスク行列から感染が拡大する。

マスクをすることは重要な予防策だが、
人ごみを避けることも重要。
マスクを買うために、
感染の恐れがある人ごみに行くぐらいなら、
マスクを買わずに人ごみに行かない方が、
はるかに感染予防につながるのではないか。

3:マスクしてたのに八王子女子高生は感染
マスクをすれば大丈夫と思い込んでいる人が多いが、
東京初の感染者の八王子の女子高生は、
アメリカ滞在中、ずっとマスクをしており、
消毒液を持って手洗いするなど、
入念な対策をしていたにもかかわらず、
新型に感染してしまった。

マスクの効果はいかほどなのか。
マスクのつけ方は正しいのか。
マスク以外の予防(手洗いなど)をあわせてしっかりやっているのか。
そもそも休養・栄養はしっかりとっているかなど、
マスク以外の予防にも配慮しないと、
マスクをしていても感染することは大いにありうる。

4:外でマスクしてるのに社内でマスク外してしまう?
マスク争奪してやっと手に入れたマスク。
ところが日本人の多くが、
通勤・通学時の外でのみマスクをしていて、
会社内、取引先、学校内などで、
マスクをしていない人が多いのではないか。

外でマスクしていくら感染が防げたとしても、
会社内などでマスクをとってしまったら、
マスクの効果はまったく意味がない。
するんだったら、外だけでなく、
社内でもしないと意味がないのではないか。

5:感染率の高い10代のマスク着用率が低い
日本で感染している人の80%近くが10代。
ところが10代の感染予防に対する意識が低く、
社会人や高齢者はこぞってマスクを買いあさっているが、
感染拡大の原因となる10代はマスクをしている人が、
意外と少ないのが、感染拡大を引き起こしているのではないか。

20代以上の人がマスクを買いあさってマスクをするより、
10代の人たちにマスクを配ってマスク着用させる方が、
実は感染拡大防止に効果があるはずだが、
日本ではまったく逆のことが起きている。

そもそも感染拡大の原因となる中学・高校を休校にしてしまい、
高校生が暇をもてあまして、
カラオケ店や繁華街でうろうろしているため、
感染予防策であるはずの休校措置が、
かえって感染拡大を引き起こしているとも考えられる。


マスクパニックが引き起こす、
日本の爆発的感染拡大。
マスクを奪い合うことが、
かえって他国に比べて急激に、
感染を拡大する原因となっているとするなら、
これほど愚かしい行動はないといえるだろう。

マスクは予防に役に立つのか?
http://www.excite.co.jp/News/society/20090521/JCast_41633.html

by kasakoblog | 2009-05-22 12:42 | マスコミ

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog