人気ブログランキング | 話題のタグを見る

30億円自民に貢ぐ経団連

経団連会員企業の献金額(2007年)
自民党へ 29億9000万円
民主党へ   8000万円

経団連の御手洗会長は、民主党の公約に厳しい見方を示し、
自民党の公約には一定の理解を示した模様だが、
上記の献金額を見れば、一目瞭然。

自民党には毎年30億円近い金を貢いでいる。
民主党には1億円にも満たない。
民主党が政権とったら、自民党へ貢いだ金は“無駄”になる。
だからなんとしてでも自民を応援し、
民主に政権なんかとってもらっては困るわけだ。

経団連の御手洗会長の主張
・地球温暖化対策は国民生活に負担がかかるから、
CO2削減なんかできるだけしたくない。
・法人税は下げて(企業負担は下げて)、
その分を消費税増税(国民負担)しろ。
・エコカーや省エネ家電購入支援をもっと続けてやれ。

自民党は30億円も経団連から金もらっているから、
当然、国民ではなく企業よりの政策になるのは当然。
民主党は8000万円しかもらってないから、
経団連にそれほど配慮しない政策になる。

当たり前の話だけど、
こんな風にして政治は動いている。
経団連が自民と民主の公約双方を、
“フェア”に見れるはずはない。

ちなみに民主党のマニフェストには、
なぜかメディアはあまり取り上げないけど、
中小企業の法人税率を18%から11%に引き下げると書いてある。

法人税を下げろとここ数年わめきたててきた経団連だが、
民主党の公約を評価しないというのは、
ようは中小企業なんか法人税率は下げなくていい。
大企業さえ減税してくれればそれでいい、
ということなんだろう。

企業献金が問題になったけど、
もし企業献金が禁止されたら、
一番困るのは、自民党だろうな。

by kasakoblog | 2009-08-04 23:45 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog