人気ブログランキング | 話題のタグを見る

好きを仕事にする方法

好きな旅行を仕事にしたい。
25歳で転職を決意した私は、
すぐにでもその夢を実現しようと、
旅行書出版社にネパール旅行記「カトマン沈遊記」の売り込みに行った。

その時、出版社の編集者からこう言われた。
「自腹で再度ネパールに取材に行けますか?」

若造だった私はこの言葉にムカついた。
何を言っているんだ。
私は旅行を仕事にするつもりでいる。
仕事として取材費もらえたら行くけど、
なぜ自腹で再度取材しなくちゃいけないんだと。

すぐに夢を実現しようとあわてても、
夢を実現することはできない。
しかし若い頃は実績も実力もないくせに、
プライドだけは一丁前で、すぐに成果を求めがちだ。

最近になってようやく気づく。
好きを仕事にしたいのなら、
自腹を切ってでも先行投資すべきだと。
先行投資し続けて、自分の実績なり作品ができれば、
仕事=お金は後からついてくると。

お金がもらえないから行動しないとするなら、
いつまでたっても実績がないままで、
好きなことは一生、仕事にならないだろう。
はじめは他の仕事でお金を貯めながらも、
そのお金を好きなことに回して、
好きなことが仕事になるような実績づくりをしていく。

はじめは自腹。
そのうち安いけど仕事が入ってくるようになり、
そういう仕事をきちんとこなしていけば、
だんだんわりのいい仕事も入ってきて、
やっと好きなことが仕事になる。
はじめは仕事にならなくても、
10年ぐらいやり続ける覚悟があるか。
その覚悟がなければ、好きなことは仕事にならない。

過去の自分を振り返って若かったなと思う。
自分に投資もせずに、
いきなりわりのいい仕事をくれと、
言い放っていたようなものなのだから。

そんな甘っちょろい考えも、
徐々に現実を知るようになり、
小さな仕事でもできることから、
コツコツやっていくようにしていった。
いつかチャンスが巡ってくるはずだと。

そんな風にして10年が過ぎた今、
いろんな仕事が舞い込んでくるようになった。

今も自腹でどんどん先行投資をしている。
それがお金=仕事になるかはわからない。
ただ私は旅行や撮影や文章書くのが好きだから、
そこにお金を払ってでも、続けている。
そんな過去のストックが、
徐々に仕事になるようになってきた。

にわとりが先かたまごが先かみたいな話だけど、
人は形のないものを信用しないわけで、
自分で形あるものを先に作っていくことが必要だと思う。

依頼がきてから仕事をするんじゃなく、
依頼がくるまえに“仕事”をしておく。
それが好きを仕事にするポイントだろう。

自分に先行投資したお金が、
いくばくかでも戻ってきて、
そのお金でまた再投資して、
また新たな仕事の種となるものを生んでく。
それを10年やり続ければ、
きっとそれなりの仕事になるんじゃないだろうか。

これからも仕事になるかどうかはわからないけど、
自分の感性を信じて、
自分がおもしろいと思ったことを、
写真に撮ったり文章書いたりしていきたい。

それがお金=仕事になるかならないかは、
今の私にとってはさほど重要ではない。
仕事になるかどうかは後の話であって、
ただ自分の心のままに、
好きなことをやり続けていくだけ。

結果、それが仕事になればいい。
そういうスタンスで好きなことをし続けると、
逆に仕事になりやすいということに、
10年たってやっと気づいた。

思い返せば、25歳の頃の自分が恥ずかしい。
「取材費くれなきゃ旅行に行かない」なんて、
なんて勘違い野郎なんだろうと。

好きなことを仕事にしたいという人にとって、
この内容が何かいいヒントになればいいなと思う。

10年前に売り込みにいった「カトマン沈遊記」のなかで
おすすめの旅行記「マッサージルームの誘惑」
http://kasako.web.infoseek.co.jp/katoman.files/katoman2.html

カトマン沈遊記目次
http://kasako.web.infoseek.co.jp/katoman.files/katomantop.html

by kasakoblog | 2009-09-16 21:34 | 働き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog