人気ブログランキング | 話題のタグを見る

目的なき貯金意味なし

老後が不安だから10年で1000万円貯めろというバカな記事があった。
1000万円貯めて何にお金を使うのか?
貯金は手段であって目的ではない。
何にいくら使うのか、お金の使い道を考えてから、
自分が何年後にいくら貯めるかを考えるのであって、
何に使うかもよくわからんのに、
とりあえず老後が不安そうだから、
今の生活を切り詰めて1000万円貯めろなんて、
ほんとバカな話だ。

こんな恥ずかしい記事をファイナンシャルプランナーが堂々と書き、
老後の不安を煽り立てられた読者は、
なんとなく不安だから貯金しなくちゃと思う。

お金は貯めるものじゃない。
使うものだ。
何に使うか具体的に明細だしてから、
そのために貯金するのが筋だろう。

老後不安を煽る記事が多い。
しかし自分が生きているかすらわからない、
30年、40年先の遠い未来を豊かに過ごすために、
今という大切な時間に使えるお金を、
無目的に貯金するのはまったくのナンセンスだ。
そんな金の使い方しかできないから、
老後が不安な人生になってしまうのである。

老後生活の金銭が不安なら、
今こそ貯金するんじゃなく自分に投資して、
老後が豊かに生活を送れるよう、
稼げるスキルでも身につければいいわけだ。

ちなみに「自分に投資する」との「投資」とは、
株やFXや投資信託に投資することではない。
自分でお金を稼げるようになる手段に投資しろという意味。
お金を稼げることに直結しなくても、
今の人生を楽しむ趣味や遊びに使ったっていい。

貯金なんかするより株式投資しろという人もいるが、
投資している多くの人がお金を使う目的がなく、
ただなんとなくお金が増えればいいと思っている。
これも貯金オタクと変わらない。
儲かったお金を何に使うか、目的がないからだ。

貯金オタクは楽しい。
数字が増えていくのは楽しいし、
貯金額が増えれば安心感はある。
しかし貯金ばかりに気をとられて、
せっかくの今の生活が悲惨なものになるのなら、
まったくの本末転倒だ。

無駄にお金を使う必要はないし、
貯金できるに越したことはないけど、
それよりも何よりも、
お金の貯め方ではなくお金の使い方を学ぶべきだろう。

日本人ってお金と時間の使い方が下手なのかもしれない。
有意義なお金の使い方をするのは、
どんな方法がいいのか、
そういうことを考えさせる記事を書くのが、
本当のファイナンシャルプランナーだろうにと思う。

貯金する前に何のためにお金を貯めるのか。
老後が不安というが具体的にいくら足りないのか。
きちんと計算してから貯金目標額を決めるべきだろう。

その順番が間違っている限り、
豊かな老後生活なんてない。
まともな資金計画が立てられないのだから。

遠い未来をよくすることより、
明日をよくすることにお金を使えば、
自ずと未来もよくなっていくのに。

日本人は重度の「老後の不安病」に冒されているのかもしれない。

仮に老後不安のための貯金というなら、
・老後の生活に必要なお金は毎月いくらなのか?
・現段階で自分がもらえる年金受給額はいくらなのか?
それをきちんと計算した上で、
その差額の不足分×老後の年数=貯金額となるはずで、
そんな計算もしないのに、
10年後に1000万円貯めてどうするのか、
まったく意味がわからない。

なんとなく将来が不安だから、
今の生活を犠牲にして貯めるって、
こんなもったいないお金の使い方はない。
まして今の預金金利はアホみたいな超低金利だし。

なんとなく不安だといつまでも思っているから、
本当に不安が訪れてしまう。
なんとなくではなく、何が不安なのか、
具体的な金額を計算してみれば、
何年後に何万円貯めるか目標がはっきりする。

いつまでも「なんとなく不安」と思っている状態から卒業し、
不安の中身を具体化して、
その対策を具体的に考える必要があるだろう。
そうすれば「なんとなく不安」なんて思わなくなるだろう。

ただ無収入になってしまった時に備えて、
最低でも半年から1年分ぐらい、
暮らしていける生活費は常時貯金しておいた方がいい。
その最低貯金額を超えた分を、
自分への投資に回すとよいと思う。

by kasakoblog | 2009-09-28 00:47 | 生き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog