2009年 10月 02日
政治に景気と雇用を求めるな
「景気対策してほしい」
「雇用を回復してほしい」

政治に期待する筆頭がこの2つだが、
政治に景気回復や雇用を期待する時代は、
もはや終わっているのではないか。

お国が何もしてくれないから、
景気が悪いし雇用も回復しないという、
お国頼みの腐れ根性が、
この国の経済を停滞させているのではないか。

まだろくに社会インフラが整っていない、
50~60年前の日本なら、
政府が行う財政出動で景気は回復し、
雇用を創出できた。

道路がないところに道路をつくることで、
雇用が生まれ、建設業者が潤い、
それによって経済が活性化する。
今のインドや中国みたいな、
まだ未舗装の泥道ばかりの国が道路を作るなど、
政府主導でばんばん公共事業を行えば、
社会インフラの整備とともに、経済活性化効果は大きい。

しかし日本をはじめとする先進国で、
50~60年前の公共事業などの財政出動モデルで、
景気が回復すると思っていること自体が時代遅れで、
そんなことを国民が期待しているから、
いつまでたっても景気は停滞続きなんだと思う。

政府が無理やり景気対策したところで、
一時的なバブルを生むだけで、
かえってその反動=不景気がひどくなる。

不景気を回復するために、
税金を使った大規模な景気対策を行えば、
一時的に景気は回復するが(バブル)、
またその反動で不景気がひどくなる。

結果、景気、不景気の波が大きくなり、借金が増えるだけ。
これは単なる借金たれの自転車操業であって、
景気対策と称した自転車操業やっていても、
その場しのぎに過ぎず、
抜本的な経済活性化にはなり得ない。

政府が税金を使った景気対策はもはややるべきではない。
むしろ政府が経済の邪魔をしないことは大切だ。

政府がやるべきことは、
一時的なバブルを生み出す景気対策ではなく、
・経済が活性化するような、時代に合わせたルールの変更
(規制緩和/規制強化)
・ルール違反業者が儲からないよう管理監督
・国民が最低限生きていけるための生活支援の枠組み
(生活保護、医療費無料、失業保険など)
の3つだと思う。

上記3つをやらないのに、
アニメの殿堂作るとか、定額給付金ばらまくとか、
多目的ダムを作るとか、
そういうことをしているから、社会がおかしくなる。

税金をばらまけば、
一時的に景気が回復するのは当たり前。
しかしそれは借金して金持ちになったと錯覚する多重債務者と同じで、
後からつけがやってくるだけで、何の解決にもなっていない。

バカな評論家やマスコミや自民・公明連中や経団連をはじめ大企業が、
「民主党に成長戦略はない」と批判したが、
人口が減少し、社会インフラがかなり整備されている今の日本で、
単なる数値を増やすだけの成長戦略など、
はっきりいっていらない。
にもかかわらず、未だに高度成長期の日本と勘違いしているのか、
政府が税金をばらまくことで、そのおこぼれに預かり、
他力本願で儲かろうとする腐れ根性の輩たち。

9月18日の朝日新聞で、三菱UFJ証券のチーフエコノミストが、
「ゼロ成長時代のモデルを築け」と指摘していたが、
もっともだと思う。

ゼロ成長でも豊かな社会になるよう、
今までの税金の再配分方式=財政支出を見直すべきだと。

インドや中国などの新興国は、
一人あたりの所得が日本人の1/13~1/40という少なさで、
しかもろくに道路など社会インフラが整備されていないから、
政府による大規模公共工事は必要だし、
経済成長率を目標に掲げることで、
国民の暮らしが豊かになることに直結する。

しかし日本はもはや経済成長を目標にする時代は終わった。
人口が減るんだからマイナス成長で当たり前。
経済成長ではなく社会成長を目標にすべきだ。

未だに国民の多くが、
政府に景気対策と雇用創出を願っている、時代錯誤な現状。
それが破綻しているという現実に目を向け、
単に数字が増えることを喜ぶのではなく、
質的な社会幸福を追求すべきではないか。

バカな自民の需要の先食い政策の反動が出たか、
日経平均株価は再び1万円を大幅にわりこみはじめた。
ばらまき景気対策なんてやったところで、
一度のバブルを生むだけなんです。

ぜひ民主党にはバカな国民やマスコミの、
「景気対策しろ」の大合唱にまけず、
セーフティーネットの強化をすることにだけ、
注力して欲しい。

それともし日本が再び経済成長したいなら、
義務教育で中国語を教えなさい。
アメリカ中心の経済から中国中心の経済になることは、
誰の目にも自明。
中国に対してアレルギーを持っている人も多いだろうが、
中国人をカモにしなければ、
日本の経済成長はあり得ない。


by kasakoblog | 2009-10-02 12:50 | 金融・経済・投資


<< 愛媛にいます!      マクドナルド12時 >>