2009年 11月 24日
借金を家族内緒は危険
あなたの配偶者または彼氏・彼女が借金しているか、知ってますか?

サラ金から金を借りている主婦の4割が、
なんと夫に借金していることを内緒にしているという。

家族に借金を内緒にする輩はまず破綻します。
人生も家族も仕事も。

私がサラ金で金を貸していた時、
必ず聞くのは、配偶者が借金していることを知っているかどうか。
なぜなら借金を家族に内緒にしている人ほど、
きちんと返さない人が多いから。

貸す側としてはできれば配偶者まで、
連帯保証人にとってしまおうという意図はあるものの、
たとえ連帯保証人にならなくても、
配偶者が借金を知っているかは重要なんです。

なぜなら配偶者に隠している借金って、
ろくでもない使い道で借金になってしまったものが多いから。

パチンコ、競馬などのギャンブル。
家族にいえないですよね。
FX、株など投資の失敗。
最近、主婦が夫にいえない借金って、FXとか多そう。
愛人に貢ぐとか、友人の儲け話に引っかかったとか、
自分だけのための浪費とか。
だから家族にいえない。
そしてそういう借金は今後もまた傷口が広がっていく可能性が高い。

たとえば車をローン(借金)で購入して、
わざわざ家族に内緒にする人はいないと思う。
なぜなら後ろめたくないからだ。

借金を隠すというのは、
後ろめたい使い方をしてるんです。
そんな使い方をするような人間は、
いずれ金を返せない事態にまで、
追い込まれていく。

逆に私が金を貸した客で、
家族に借金をオープンにしているところは、
だいたいきちんと返済していた。
そもそも借金した理由が家族のためのものとかが多いし、
たとえ家族のための借金でなくても、
家族に内緒ごとせず正直に借金があることを告げるというのは、
それだけ家族間に信頼関係があり、
たとえ保証人になっていなくても、
一致団結して借金を返済しようと協力的になってくれるから。
(もちろん保証人でない家族に借金の督促はしてはいけませんが)

そして借金を隠していても、
だいたいいつかはばれるもの。
正直に言わずばれた時には結構な額の借金になっていれば、
だいたいそこで家族関係が破綻する。
家族関係が破綻すると生活も余計荒れてきて、
仕事もうまくいかなくなったりする。
そういう転落借金者を何度も見てきた。

ぜひみなさん一度ためしに、
夫または妻、彼氏または彼女に何気なく、
こう質問してみてください。

「もし借金していたら怒らないから正直に言ってね」

借金は隠せば隠すほど事態は悪化し、
借金額は雪だるま式に増え、
修復不可能な事態になったところで、
やっと家族に知れるというのがよくあるパターン。

なるべく家族の借金は早く知ることが大切。
また借金ぐせのある人間ははっきりいって不治の病に近いから、
そういう人間とは早いところ別れた方が懸命だ。

最近急に不景気になって、
いろいろと資金計画が狂っている人も多いはず。
大丈夫ですか?みなさんの家族は・・・。

保証人と連帯保証人の違いもわからないような人は、
アイフル元社員の激白をお読みください。
金のトラブルに巻き込まれないための基礎知識が書かれています。

アイフル元社員の激白http://blog.livedoor.jp/kasakot/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2009-11-24 23:13 | 金融・経済・投資


<< 東京だって美しい      丸亀城写真アップ >>