人気ブログランキング | 話題のタグを見る

朝3時のロンドンの怪

2日間、筋肉痛になるほど、
ロンドンを歩き回って疲れ果てて眠っていた私が、
現在、朝3時、眠れない事態に陥ってしまいました!

タン、タン、タン、タン・・・・・・

継続的な音で目が覚めた。
はじめは気のせいかと思ったが、
音は鳴り止まない。

ひょっとして何か虫でもいるのかと思った。
中国では部屋にこおろぎがいて、
うるさくて寝れなかったり、
インドでは白トカゲと大量の蚊がいて、
寝れなかったりした経験があり、
妙な音を出すのは決まって虫だったからだ。

しかしロンドンで虫?
まさか?

私はおそるおそる電気をつける。
音の方向へと目をこらす。
すると、原因がわかった。
天井からの水漏れの音だった!!!

天井から巨大な水滴がたれ続けていて、
それが継続的な音となって床を打ち鳴らし続けている。
タン、タン、タン、タン・・・・・・

私の部屋は地下1階。
ということは原因は上の部屋に違いない。
朝3時、フロントで不寝番を続ける、
ホテルのいかついおっちゃんにいって、
上の部屋に注意しに行ってもらったが、
今のところ、水漏れが収まる気配はなく、
「明日、修理するから今日はもう寝なさい」
みたいに言われて、
「あの、寝たいのは山々ですが、この音では・・・」
と苦笑いするより他なく、
それだったら日記の更新でもするかと起きることにした。

それにしてもまさか水漏れがあるなんて!
よく旅行英会話集なんかに水漏れみたいなシーンがあって、
「いまどき、水漏れするホテルなんかないだろう!」
と思っていたけど、あるんですね~。
ちなみにこれまでアジアの安宿とまって、
水漏れは経験なし。
さすがは古い町並みの代償か、ヨーロッパ。

ただこのホテル、全体的に“薄い”んです。
上も横も廊下からの音も結構響く。
もともと1泊約1万円の安宿だから仕方がないんです。
1泊1万円程度では老朽化した安宿の部類。
最低でも1万5000円以上は払わないとダメみたい。

部屋の設備はというと、
きれいなトイレ&シャワーは部屋についてはいるけど、
バスタブはなし。
ベッドは寝返りはうてない小さなサイズで、
やや背中が痛くなるスプリング。冷蔵庫もないです。
朝食はついていて、トーストとコーンフレークとゆで卵。

まあでも仕方がない。
7泊で8万円。
他のホテルは7泊で最低でも12万円はした。
8万円程度のホテルもあったけど、
市内から離れていて不便だったので、
設備に不安があるものの、
交通の便がよく、値段も4万円は浮く、
このホテルを選んだのだから、
水漏れぐらいの話題提供は歓迎しないと(苦笑)。

幸いにして水漏れしているところに、
大事な荷物がなくてよかったんだけど。

旅行をしていて思い知らされること。
それは金の力。
特に先進国はより鮮明になって表れる。
金を払えば、時間が節約でき、快適さを約束されるが、
金がなければ、時間や快適さを犠牲にせねばならない。

人生も旅に似ていて、金と時間をどうやりくりするか、
そのバランスをいかにうまくとるかが大切。

そんなわけで真夜中に目覚めた私ですが、
もう一度、寝てみようと思います。

by kasakoblog | 2010-05-02 11:47 | 旅行記

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog