人気ブログランキング | 話題のタグを見る

谷亮子出馬に見るスポーツバカが国を滅ぼす

サプライズがあるのではと期待された、
サッカー日本代表の発表にサプライズはなかったが、
(マスコミはサプライズがないと困るので、
しきりに川口をサプライズとして騒いでいるが)
昨日のニュースの超サプライズといえば、
谷亮子が参議院比例で民主党から立候補を表明したことだろう。

堀内恒夫、中畑清など「あんたらがなぜ?」というような、
元プロ野球選手がすでに参議院立候補を表明しているものの、
小物感は否めず、それほどのニュースインパクトはなかったが、
なんといっても、やわらちゃんである。

ただそれ以上に驚いたことは、
参議院議員をやりながら、
2012年のロンドン五輪で金メダル目指すという。

はっ?こいつ、バカじゃない?
っていうか、国民をバカにしてる?

そう思った人はそんなに多くはないだろうが、
これほど国民を愚弄した発言はない。

ギリシャが公務員に無駄な手当てなどを払っていたことで、
財政危機で大変なことになり、
年金受給額は減らされるは、大増税されるはで、
国民の反発が強まっているわけだが、
日本だってまったく同じ問題に直面している。

財政危機。
税金を食い物にしてきた責任は問わず、
税金無駄遣いの削減も軽微にとどまり、
年金や社会保障など国民サービスはどんどん軽減されているのに、
消費税増税など大増税を平然と行う事態に差し掛かっている。

こうした危機的な財政状況のなかで、
参議院議員やりながら五輪も目指すという能天気ぶり。
国民は国民のための政治をしてもらうために、
参議院議員に金を払っている。
その議員が政治活動は片手間に、
スポーツ活動にも力を入れようとしている。

問題山積みの日本の政治において、
スポーツやっている暇はないんじゃないの?
全身全霊で政治に取り組んでほしい。
そのために税金払って議員を“養って”いるわけだ。
五輪を目指すなら政治家なんかならなければいい。
国民が議員に期待していることは、
個人のスポーツ活動ではないし、
そのために税金払っているわけではない。

スポーツ選手がよく口にする「スポーツ省」。
日本はスポーツ振興のために、
もっと税金を使うべきだという。

スポーツを口にすれば国民受けがいいと思っている。
しかしその財源はどこから出るのか。
年金の受給額を減らしてまで、
スポーツ活動に税金を注ぎ込むべきだと思う国民は、
どのぐらいいるのか。
消費税を増税してスポーツ活動に金を注ぐのと、
消費税増税なしでスポーツ活動に金を注がないのと、
国民はどちらを選ぶのか。

そんなにスポーツに金使ってほしいと願うのなら、
スポーツ活動の片手間にできてしまうような、
無駄な参議院なんて廃止して、
その金でスポーツ振興に力を入れますぐらいのことを、
参議院に立候補するスポーツ選手は言えないのか。
それならなるほどと思える。
だってやわらちゃんが議員片手間で、
選手活動できちゃうぐらいのものでしかないのだから。

人気スポーツ選手の立候補を、
「政治が人気スポーツ選手を利用している」
というが本当だろうか?
むしろ「人気スポーツ選手が政治を利用して、
自分の活動の幅を広げたい」だけではないか。

日本に金がありあまっているなら、
スポーツ振興に力を入れるもよし、
スポーツ活動片手間の議員を税金で養ってもよいだろう。
しかし今はそういう状況ではない。
そんなことをやっている場合ではない、
財政が危機的な状況であることを、
ギリシャ問題という他山の石がありながら、
学ぶことができないスポーツ選手立候補議員たち。

そもそも金をかければスポーツの成績が上がるのか?
たとえばサッカー日本代表に今までより倍の税金を投入したら、
成績は上がるのか?
上がらないだろう。

身体能力とメンタルの問題は金で解決できない。
スーパーストライカーを金で養うことはできない。
むしろ貧しい環境のなか、
人を押しのけてまでオレがオレがで、
ゴールに向かっていくような、
ハングリー精神を養わない限り、
得点力不足は解決しない。

もちろん金をかければ成績が上がるスポーツもわんさかあるだろう。
しかしそれが今、国が置かれた状況のなかでの最優先課題なのか。

のんきに五輪の金メダルを目指しながら、政治家もやる。
こうした二足のわらじは、一見すると国民受けするかもしれないが、
私には今の日本の国の状況を無視し、
国民を愚弄した態度としかいいようがない。

ちなみに財政破綻で大変な状況となっているギリシャは、
2004年のオリンピック開催国。
オリンピック開催すれば景気がよくなるというのも、
すでに幻想であることが証明されている。

何のための政治なのか。
今、日本の政治に何が必要なのか。
スポーツバカの政治家はいらない。

参議院は元スポーツ選手の“天下り”先ではないはずだ。

by kasakoblog | 2010-05-11 12:42 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog