人気ブログランキング |

朝青龍を生け贄に賭博を隠ぺいした相撲業界

ここ連日、テレビのニュースは、
サッカーW杯か相撲の野球賭博問題ばかり。

それにしてもほんと根底から腐っている相撲業界。
野球賭博29人含め65人が賭博行為に関与し、
その結果、暴力団に資金を提供していることになる、
とんでもない行為が常態化していたわけだ。

このとんでもない問題は、
メディアとしては三流扱いされ、
嘘八百の記事ばかりと思っている人も多い、
週刊誌が報じたことで発覚した。
週刊誌が報じなければ、
この問題は明るみにならなかったことを考えると、
実に恐ろしいし、逆に週刊誌は素晴らしい報道をしたと思う。

思えば数年前から、テレビや相撲協会は、
朝青龍をターゲットに、
やれ品格がないだのモラルがないなど、
連日のように騒ぎまくり、ついには引退に追い込んだ。
まあモラルの問題だけでなく、暴行疑惑もあったから、
ある意味では致し方がない部分があるにせよ、
それでも朝青龍だけを徹底的に悪役に仕立て上げたやり方は、
どうにも違和感を覚え続けた。

ガッツポーズをするなんてとんでもない行為だと、
朝青龍をバッシングしていた裏で、
相撲業界の連中は暴力団に資金提供する賭博行為を、
連日やっていたのだと思うとぞっとする。

朝青龍のような外国人力士を、
わかりやすいヒール役にしてメディアを釘付けにしておけば、
自分たちの問題まで嗅ぎ付けないのではという、
ある意味では非常に作為的な感じすら受ける。
つまり朝青龍は自分たちの問題を隠ぺいするための、
生け贄だったのである。

腐った相撲業界はもはや全とっかえしない限り、
再生は無理だと思うし、しかしそんなことができるわけもなく、
これだけ大人数が犯罪行為に加わっていれば、
軽い処罰でなあなあにして終わらせてしまうのだろう。
まるで今の政治家のように。

与党も野党も事務所費問題や献金問題など、
調べればいくらでも出てくる。
だからお互いなあなあのまま問題をやり過ごし、
ターゲットとなった大臣なりを辞めさせるだけで済ませるから、
いつまでたっても政治とカネの問題が改善されないという。
相撲業界にしても政治家にしても官僚にしても、
長年にわたり腐り続けてきた慣習は、
もはや全とっかえしない限り、問題の根は断ち切れない。

とかげの尻尾きりみたいに、
特定の誰かを処罰してやり過ごしてきたからこそ、
いつまでたっても問題は解決しないまま、今日に至っている。
今回は琴光喜をクビにすることで、
この問題を終わらそうとしている。

それにしても恐ろしいのは、
メディアが1つの問題だけに集中砲火するやり方。
朝青龍ばかりをターゲットにすれば、
他の力士の問題には及ばない。
普天間の迷走だけを取り上げ続ければ、
他の問題は見向きもされない。

そして視聴者が飽きた頃に別の問題を集中砲火し取り上げて、
ターゲットとなった輩を辞めさせれば、一件落着とばかりに、
今まで騒いだ問題のその後はほとんど報じることなく、
結果、何の問題も解決しないまま、
他の問題は隠ぺいされたまま、
ただ国民的エンタメとして問題が消化されていく恐ろしさ。

テレビが集中砲火して問題を取り上げている時こそ、
そのターゲット以外の処罰はどうなるのか、
今後の再発防止をためにどのような対策をするのか、
しっかり見ていかなくてはならないと思う。

by kasakoblog | 2010-06-26 10:57 | マスコミ

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog