花札賭博した横綱の品格は???

ガッツポーズをした朝青龍は、
連日マスコミで取り上げられ、
相撲関係者から「横綱の品格がない」「横綱にあるまじき行為だ」
などとさんざんバッシングされ続けてきた。

ところが、今の横綱白鵬は、
花札賭博をしていたにもかかわらず、
品格問題なんかに発展することもなく、
記者に囲まれニヤニヤしながら、
「名古屋場所開催されないと連勝記録どうなっちゃうのかな」
などとのたまわっている状況で、
賭博をした横綱が出場停止になることもなく、
堂々と名古屋場所に出ようとしている。

一体、何?!
このおかしな日本。
ガッツポーズは品格が問われるほどの重要問題で、
花札賭博は何も問われない不思議。

結局、日本って、犯罪の軽重が問題じゃないんです。
他人からどれだけ妬みを買われる存在なのか。
一言でいえば、ムカつく奴は叩いてしまえと、
そういうことだ。

ホリエモンもそう、アイフルもそう、朝青龍もそう。
彼らと同等、もしくはそれ以上にあくどいことやっている、
同業者がいたとしても、
そいつらは叩かない。
目立ってムカつく出る杭を、
あることないことでっち上げ、
ささいな罪を大きな罪に見せかけて、
徹底して社会全体でバッシングする。

あまりに異常ですよ。この社会は。
犯罪の軽重判断ができない。
できないどころか、
軽いとわかっている奴でも、
気に食わなければ徹底してバッシングする。
なんとひどいいかさま社会だろう。

日本中にはびこるグレーゾン。
品格だの価値観だのあやふやな基準で裁き、
出る杭に対する強烈な嫉妬心から、
叩き潰して社会から抹殺する日本。

腐った相撲界。
前に貴乃花が理事に立候補して、
さんざんバッシングされていた時に私は、
「貴乃花親方と朝青龍で別の相撲団体つくればいい」
と書いたけど、まさに今、それをやればいい。

大関と1人の親方だけ解雇して、
1場所だけ中継しないことでなあなあにする、
とんでもない業界。
暴力団の資金援助をした団体が、
国技なんて偉そうに名乗ってほしくない。

腐った業界はもはや小手先の改革では治らない。
全とっかえしないと、問題の根が深すぎて、
解決なんてできず、
また同じ問題や不祥事を繰り返すだろう。

朝青龍という悪役を作っていた頃はよかった。
彼を悪役にして、他の力士は賭博に興じていたけど、
そんなことはつつかれないわけだから。

悪役を追放してしまったがために、
本当の悪がバレてしまった。
悪役は本当に悪いことをしていたかどうかはわからないが、
悪はホンモノの悪。

いつまで嫉妬心でバッシングの度合いを決める、
くだらない狙い撃ち手法を続けるのだろうか。
そんなことやっているから、
本当の悪が隠ぺいされてしまう。

相撲界のひどさもさることながら、
日本全体に犯罪の軽重より、
妬みでバッシングする習慣が蔓延しているのが恐ろしい。

心情的にムカつく奴を叩いて、
本当の悪を叩かない社会。
だからいつまでたっても日本の社会は、
よくならないんじゃないかと思う。

2010年 02月 05日 朝青龍と貴乃花で新団体設立すれば?
http://kasakoblog.exblog.jp/12092957/

by kasakoblog | 2010-07-09 00:10 | 一般

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog