人気ブログランキング |

トラベルフォトグラファー~明日からヨーロッパへ!

遅い夏休みで明日からヨーロッパに行ってきます!
11日間。
オーストリアのウイーンin、フランスのパリout。
その間、どのようなルートをたどるのかは、
私の気分次第ではありますが、
今のところ、
オーストリア、スイス、ドイツ、ルクセンブルグ、フランスの
5カ国を回る予定です。

えっ、たったの11日間で5カ国も?と思われるかもしれませんが、
オーストリアの面積は北海道程度で人口は約830万人。
スイスの面積は九州程度で人口は約780万人。
ルクセンブルグに至っては面積は神奈川県程度で人口約50万人。
ヨーロッパの1カ国1カ国なんてとっても小さいし、
かつ陸続きでつながっているから、5カ国なんてことも十分可能なんです。

夏休みの旅行といいつつ、
真の目的は来年出版予定の写真集の撮影のため。
そんなわけで夏休みのプライベートな海外旅行というよりは、
半分は仕事みたいな感じ。
最近1週間はオーストリアの現地の観光局の人と、
英語でメールのやりとりをして、
撮影アポ&許可が取れるところはお願いしていた。

オーストリア3都市のはじめの3日間は、
アポイントが入っています。
6~7年前に旅行ガイドブック「るるぶ海外版」の、
取材をしていた時に戻ったような感じです。
そもそもオーストリアは2003年に、観光局主催のプレスツアーで、
取材のために行ったことがある場所でもあります。

海外取材ができるトラベルライターになりたいと思い、
サラ金・アイフルを辞めたのが1999年、24歳の時。
すぐにその願いは叶わなかったものの、
編集プロダクション1社経験して退職した後、
フリーになった2002年、27歳の時に、
旅行ガイドブック「るるぶ中国版」の取材を任され、
念願の初トラベルライター仕事。

フリーから「るるぶ」の編集を請け負っている、
編集プロダクションに転職し、
2002年~2004年の間に、8回、海外旅行取材に行けて、
旅行ガイドブックの編集・取材・執筆・撮影をする、
まさに念願のトラベルライターになれたわけです。

ただその後は正社員の仕事としての、
“トラベルライター”は卒業して、
現在も務めている金融・経済中心の編集プロダクションに、
2005年、30歳の時に転職。
トラベルライターから金融ライターに転身し、
私が担当している金融専門誌が9月中旬発行の号が終わって、
やっと夏休みを取ることになったわけです。

ただなぜか個人での活動の方は、
文章より写真が注目されたために、
方々飛び回り、工場やら猫やら洋館やら廃墟やらを撮影する、
トラベルフォトグラファーになり、
その延長線上で今回も、
夏休みのような仕事のような旅行に出かける次第となりました。

長々と自分の経歴を書いたのは、
やりたいことってすぐに叶うわけではないし、
でもあきらめなければ、
思わぬ違った形で随分経ってから叶うこともあるので、
したいことがあったら、
あきらめてほしくないなということを伝えたかったため。

そしてまた自分がはじめに思い描いていた夢とは違っていても、
自分の興味にしたがって行動していれば、
はじめの夢とは違うかもしれないけれど、
好きなことが仕事にできるかもしれないということを伝えたかったから。

私は当初なりたかったトラベルライターを30歳で“辞めて”しまった。
トラベルライターでも旅行ガイドブックの仕事は、
自分のしたいこととは微妙に違うと感じたからだ。
でも今では転身した金融ライターにものすごく満足しているし、
トラベルフォトグラファー的な仕事も、
個人という形でできることにとても満足している。
はじめに思い描いたものとは違えど、結果は満足している。
そういうこともあるので、自分の興味に従いつつ、
目の前の与えられた仕事や状況に精一杯向き合っていけば、
きっと自分が満足できる道にたどり着けるんじゃないかと思います。

まあそれにしても今回の旅行もまたクレイジーです。
写真集という形になる以上、
できるだけ多くの写真を撮影したいと考え、
アホみたいなハードスケジュールを立てております。
毎日毎日、都市を移動し、いろんな街を撮影する予定。

それは仕事でもあるけど、仕事の義務感からだけではなく、
やっぱり旅が、撮影が好きだから。
好きじゃなきゃ、こんなアホなスケジュール、誰も立てない(笑)。
そこそこ撮影して終わりにして、
後はゆっくり休もうみたいに思うのが、
好きでもない仕事を仕事にした人の感覚でしょう。

「こんなハードスケジュールでよく体力が続くね」
とある人から言われた。

でもきっとそれは体力の問題じゃない。
好奇心が続くか続かないか。
ただそれだけ。

好奇心がなければ、いくら体力があっても、
ハードなスケジュールなんて立てない。
逆に好奇心があるからこそ、
多少きつかろうが、めったに行けない場所なんだから、
できる限り、あちこち行きたいと思う、
好奇心=好きという気持ちがあるから。

まあ多分、経費と収入ではとんとんぐらいなので、
仕事としてどうなのかという問題はあるにせよ、
好きなことが仕事になる喜びは、
仕事の成果にも反映してくるとも思います。

毎日が真剣勝負。
旅は好奇心が磨耗したら終わり。
私の好奇心がどこまで続くか。
私の気力と体力がどこまで続くか。

とはいいながらも、私なりに無理したスケジュールではなく、
存分にプライベートな旅行としても楽しみながら、
仕事もしていきたいと思います。

ネット環境の問題でどれだけ更新できるかわかりませんが、
できる限り、現地から日記を更新していくつもりです。
また旅行から帰ったら、
いい写真をたっぷりお見せしたいと思いますので、
楽しみにしていただければ。

かさこ旅行コンテンツ
http://www.kasako.com/traveltop.html

by kasakoblog | 2010-09-22 23:28 | 働き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog