人気ブログランキング |

自分だけを責めるのは間違ってる

何でもかんでも自分のせいだと思い込む人がいる。
「私がすべて悪い」と。

でも世の中にそんなことってほとんどない。
世の中で起こるいろんなことは、
いろんな人が関わりあい、いろんなことが絡み合い、
その結果、生じたもの。

「すべて自分が悪い」って、
ある意味では、非常に思い上がった考え方だ。
そんなにあなたはえらいのか。
そんなにあなたは影響力があるのか。
そんなことはない。
自分ひとりだけのせいで起こることなんて、
ほとんどない。

「すべて自分が悪い」って、
ある意味では、現実から「逃げる」ことでもある。
目の前に起きている現実を、
冷静に分析することなく、
他人を責める勇気がないから、
「自分は悪い」といってしまえばラクになる。
でもそれは現実をちゃんと見ていない。

自分はちっとも悪くなくて、
すべて他人のせいだという人は、
とってもたちが悪いけど、
自分がすべて悪くて、
他の人はすべて悪くないという人も、
善人に見えて、実はたちが悪い。

すべての責任を自分一人で背負い込む必要なんか、
ぜんぜんない。
ちゃんと目の前に起きている現実を、
冷静に見なくっちゃ。

そんなに力を入れすぎなくていい。
そんなに自分を責めなくていい。
100%悪人なんてこの世の中にそう多くはいないんだから。

自分だけを責めることは、
最もラクな方法だけど、
それは正しいやり方とはいえない。
自分を悲劇のヒロインに仕立て上げて、
傷つくことで生きてる証を得ることは簡単だけど、
それは倒錯した考え方。

一人のせいですべてが悪いことなんてない。
自分だけを責めないで。
もっと気持ちをラクにして。
時には他人のせいにするぐらいの、
ずる賢さを持ったっていい。

人のせいにしたって、
それが正しい分析なら、
嫌われることなんかないから。

自分だけをいじめたって、
誰も同情なんかしてくれないから。
自分だけを責めたところで、
余計に虚しくなるだけだから。

必要以上に自分を責めないで。
泣きたくなることがあれば、
思いっきり泣けばいい。
怒りたくなることがあれば、
思いっきり怒ればいい。

そんなことしたって、
ぜんぜんみっともなくないんだから。
そんなことしたって、
誰も嫌いになったりしないから。

100%の悪人がいないように、
100%の善人なんていないわけで、
自分が100%の善人じゃないからって、
それを執拗に責め立てる必要なんかない。
そんな人、どこにもいないんだから。
自分が100%の善人になれると思っていること自体、
おかしい。
そんなの誰もなれっこない。
だから自分だけを責める必要なんかない。

自分に完璧を求めすぎてはいけない。
完璧な賢い人なんかどこにもいないし、
みんな人それぞれ、愚かな部分や弱い部分や、
至らない部分をいっぱい持っている。
それが「普通」なんだから。

自分を責めすぎず、他人を責めすぎず、
完璧を求めすぎず、
ちょうどいい具合の、折り合いを探っていけばいい。

それが「普通」の人間が、
いろんなことが起きる毎日の生活のなかで、
少しでも未来を前向きに、いい方向に、
進めていく考え方なんじゃないかと思う。

自分だけが悪いなんて、
そんな驕った考え方、
そんな逃げた考え方をしてはいけない。

自分だけを責めず、
思いっきり深呼吸して、
目の前に起きる出来事を、
時には突き放した目で見て、
気持ちをラクに持てばいい。

起こってしまったことを後悔してもキリがない。
自分を責めることは過去にこだわり続けること。
過去は変えられないが、
未来はいかようにでも変えられるのだから、
自分だけを責めるのをやめて、
明るい未来にするために、
何をしたらよいか前向きに考えればいいと思う。

by kasakoblog | 2010-10-25 19:52 | 生き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog