人気ブログランキング | 話題のタグを見る

会社のありがたみ

会社に文句を言う人は多いが、
会社のありがたみを口にする人は、
あまり見たことがない。
誰にだって会社に不満はあるだろし、
どうしようもない会社はとっとと辞めるべきだが、
個人で仕事をするのとは違ったメリットも非常に多い。

私は会社で編集、ライター、カメラマンとして仕事をする傍ら、
個人でライター、カメラマンとして仕事をしている。
その話をすると「フリーになって独立すればいいのに」
という人がいるが、会社にいるメリットはとても大きい。
特に私は一度、数ヵ月だけフリーになったことがあり、
フリーの大変さはよくわかっているつもりなので、
このような状態で働いている。

会社で仕事を続けているのは、
やっている金融関係の取材や執筆が楽しいこともあるし、
個人では受けられない大きな仕事を受けられることもある。
仕事量に関係なく、一定の収入が毎日約束されていることも大きい。
自分一人だとアイデアや考えが偏りがちだが、
いろんな人と情報交換したり雑談したりしながら、
仕事を進めていくことも組織ならではの良さだ。

フリーになったことない人はわからないと思うけど、
定期券があるだけでも、
仕事での交通費を自腹で払わなくていいことだけでも、
ものすごいメリットだ。

今週、私用でどうしても急に、
休まなくてはいけなくなってしまったが、
取材を代わってくれたり、仕事を引き継いでくれたりしてくれる。
これもフリーとは違う、会社にいる大きなありがたみだ。

フリーになんていつでもなれる。
でも会社にいて働けるというのは、
いつでもできるわけではない。

まあ今の社会の傾向は、昔と違って、
会社で学ぶべきこと学んだら、
さっさと独立しようという人は、
どんな業界でも少なく、
むしろ毎日会社の不満や愚痴をいいながら、
絶対に会社を辞めずにしがみついている人が多いとは思うが、
独立志向がなくても、
会社や組織を否定的に捉える人は、
会社にいることのメリットをもっと前向きに考えてもいい。

学生の頃は会社で働く=サラリーマン=奴隷みたいな、
勝手なイメージがあったけど、決してそうではない。
まあ新卒で入社され、会社人間にすべく洗脳し、
奴隷みたいに働かせる企業もまだまだ多いが、
(外食産業の新人研修とかはひどいらしい)
そういう企業ばかりではない。

ただだからといって、
会社に属していることに甘えて、
ろくに仕事もせず、ぬるま湯に浸ってばかりの人が増えると、
大会社といえどどんどん沈んでいく。

そのような意味では、
独立しても仕事ができる力量を持った、
個人の集合が会社でなければならないとは思うが。

多分、会社に文句を言っている人って、
会社から出たことがないからわからない。
そんなにイヤなら辞めてみればいい。
どれだけフリーが大変か。
どれだけ会社がありがたい存在か。

終身雇用の崩壊のおかげで、
会社のありがたさに気づいた、
転職歴を持つ人が増えれば、
働く場と環境を与えてもらって、
定期的にお金までいただいているのだから、
会社でがんばろうと思う人が、
増えてくるのではないか。

まだまだ日本の労働市場って硬直的なんじゃないか。
もっともっといろんな働き方の選択肢があり、
転職が普通になり、
会社内の評価を上げることじゃなく、
仕事をきちんとできるプロ人材が増え、
その集合体が会社になれば、
個人と組織のメリットを生かした有機的な結合で、
社会は活性化するんじゃないかと思う。

今週、だいぶ休ませてもらったので、
その分、また会社でがんばろう。
個人の方の仕事もやっと一段落つき、
来年はじめに写真集出版のお知らせが、
できると思います。

Twitter「つぶやく」ボタン

by kasakoblog | 2010-11-04 22:11 | 働き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog