人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北朝鮮は米中のために温存される

世界正義が大好き、戦争大好きなはずのアメリカが、
なぜイラクやアフガニスタンを攻めるのに、
北朝鮮は攻めないのか。

1:石油がないから(攻めてもメリットがない)
2:北朝鮮の脅威があれば、韓国と日本に武器を売ってボロ儲けできるから

だから戦争大好きなアメリカは、
北朝鮮がどんな横暴をしようが、
世界正義の名のもと攻撃することはないんです。

中国にとっても北朝鮮が温存されていることは都合がいい。

1:韓国が北朝鮮を併合して中国と接する大国になったら困る
2:経済支援をしてあげれば北朝鮮をコントロールできる
3:北朝鮮が存在することで、韓国および日本を牽制できる

こうして北朝鮮がどんな横暴なことをしようとも、
イラクやアフガニスタンやチベットやウイグルに、
米中がつけ狙うということはないわけです。

一番、損しているのは韓国。
韓国は北朝鮮問題が解決しない限りは、
所詮、先進国になりきれない二流国どまり。
多大な軍事防衛費をかけるのなら、
どこかで一挙に北朝鮮を叩き潰せばいいのに。
でもそれができないのは米中が反対しているからだろう。

外交なんて所詮、各国の国益のため。
正義や平和なんて何の関係もない。
北朝鮮を叩き潰すことがメリットがあるのかないのか、
そういう判断で大国は動いている。

しかし北朝鮮問題が起きる度に、
ほんとバカだよなと思う。
日本で例えたら、関ヶ原あたりで国境があって、
東日本と西日本で対立しあっていて、
にらみ合い時に殺しあうって、
どんだけバカな話だと思いませんか?
でもそんなバカな話が続いているのが朝鮮半島。

それにしてもこれだけ経済活動やネットの登場により、
世界がボーダレスなグローバルになった時代に、
国境だとか領土だとか民族だとかって、
争っていることがアホらしい。
世界や人々の利益の全体利益を考えたら、
国益なんてアホみたいなものなのに。

でも残念ながら人類は愚か。
国家という概念に未だに縛られている。

いつか東日本と西日本が戦争するなんて、
そんなバカな話は考えられないというように、
国家同士が争うなんてバカな時代があったねと、
振り返る時代がくるといいのに。

by kasakoblog | 2010-11-24 23:34 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog