人気ブログランキング | 話題のタグを見る

思わせぶりの大迷惑

誰だって多くの人から好かれたいと思う。
だからみんなにいい顔しようとする。
でも現実には誰かに仕事を頼めば、
誰かに仕事を頼めなくなり、
誰かと予定を入れれば誰かと遊べなくなる。

人生では何かを選べば、
何かが切り捨てられる場面が多々あるわけだが、
捨てる方をはっきり断ると相手が傷つくと心配する。
いや実際には相手が傷つくことなんてどうだっていい。
きっぱり断ることで自分が嫌われることがイヤなのだ。
完全なる自分勝手な自己防衛。

そこで何をしてしまうか。
思わせぶりな態度だ。
ようは両方にいい顔をする。

「もしかしたらそっちに大きな仕事ふれるかもしれないな~」
前に頻繁に頼んでいた取引先に、
最近はめっきり頼まなくなってしまったものの、
かつては随分とお世話になった営業先が、
「何かありましたらぜひまたうちに!」
なんてかわいらしい女性の営業マンが来るものだから、
困ってしまって、まったく仕事を頼む気なく、
その仕事は関連会社に頼むことが決まっているのに、
はっきり断ると気まずいから、ついついいい顔しようとして、
「おたくに大きな仕事ふれるかもしれない」なんて、
苦し紛れにいってしまう。

発注先にしたら熱心な営業マンにまいったなと思いながら、
仕方なく言ってしまった言葉。
しかし営業マンはそうは受け取らない。

「えっ!ほんとですか!ぜひ!
具体的に内容聞かせてもらえれば、見積もりもってきますんで!」
なんていって、思わせぶりな態度を、
もしかしたら脈ありなんて勘違いしてしまい、
熱心に見積もり持っていって、
「もしここがとれたら営業ノルマ達成できるぞ」
なんて計算してしまったりして、
日々、通いつめれば仕事頼んでくれるだろうなんて、
とんだ勘違いして時間を使い果たした挙句、
発注先としては単にいい顔しようとしただけだから、
「あっ、ごめんね。今回だけは他に頼んじゃったんだけど、
今度は頼むかもしれないから」なんて、
嫌われたくないから、思わせぶりな態度をとり続け、
結果、営業マンの時間を無駄に費やさせ、
妙な期待を抱かせて、単に失望を大きくするだけの話になる。

こうして人に嫌われたくないから思わせぶりな態度をとれば、
自分は頼むつもりはまったくないのに、
相手を勘違いさせてしまう結果、
相手に大迷惑をかけていることになる。

「頼む気ないんだったらはじめにはっきりいえよ!
どんだけ打ち合わせにこさせ、
どんだけ見積もりださせるんだよ」って、
営業マンを怒らせる結果になる。
人に嫌われないように思わせぶりな態度をとることは、
実はとんだ大迷惑。
本当に相手を傷つけたくないと思うのなら、
始めからきっぱり断ればいいのだ。
つまり断れないのは相手のことを考えているんじゃなく、
自分がただかわいいだけのご都合主義だ。

仕事に限った話ではなくプライベートでも、
思わせぶりな態度は百害あって一利なしだ。
よくあるのは思わせぶりな女性。
いろんな男性からアプローチを受けるが、
はっきり断れない。
なぜなら断ったら自分が嫌われちゃうかもしれないし、
相手を傷つけることになるかもしれないから。

だから好きでもない男に誘われても、
断らず、イヤな顔せず、デートに行ってしまったりする。
女性にとっては本気で好きなわけでもなく、
付き合う気などもまったくなく、
ただ嫌われたくないから1度だけならつきあってもいいか、
ぐらいの軽い気持ちでいる。

しかし男性にとったら受け止め方はまったく違う。
「デートの誘いをOKしてくれた」
「しかもデート中は好意を向けてくれる」
「ってことはOKなのか!!!」
なんて勝手に舞い上がってキスしようとした瞬間、
「ヤダ!」なんていわれて傷つくわけです。

「なんだよ、だったらデートなんかOKすんなよ。
はじめっから断れよ。
そうしたらあきらめるし、期待しないし、
その労力を他の女性に使うのに」と。

いや、それですんなりあきらめてくれる男性ならまだいい。
思わせぶりな態度をとったがために、
あらぬ誤解を抱かせ、
女性は断っているのに「いやよいやよも好きのうち!」
なんて勝手に解釈して、
それこそストーカー行為とかされかねない。

なぜなら男性はこう考えるから。
「キスはイヤとか言われたけれど、
デートはOKしてくれたり、
デート中はすごく楽しそうにしていたから、
オレに絶対、気があるはずだ。
キスがイヤだといったのはおしよやかさを出すための、
社交辞令みたいなもんで、
そこで押しまくる男性の強さを求めているに違いない!」
なんて。

こうして女性の思わせぶりな態度のために、
途中で断っても男性の勘違いがとけず、
悲劇を生むことも多々あるわけだ。

多くの人から好かれたい。
多くの人から嫌われたくない。
だから思わせぶりな態度をとり、
はじめにきっぱり断らないと、
結果、多くの人から嫌われ、
多くの人から勘違いされる結果となる。

自分が誰かに思わせぶりな態度をされて、
期待して裏切られたらすごい失望し、
その人のことをひどいやつだと思うくせに、
人って都合のいい生き物で、
自分は嫌われたくないからと、
相手に期待させるような思わせぶりな態度をしてしまいがち。
それは目先では多くの人にいい思いをさせるのかもしれないが、
結局、相手の期待度を上げ、勘違いさせてしまう分、
相手のがっかり度は大きく、
「だったら思わせぶりな態度なんかとるんじゃねえよ!」
と逆切れされて嫌われるのがオチだ。

本当に相手のことを思うのなら、
仕事でもプライベートでも、
その気がないならはじめからきっぱり断るべきだ。
思わせぶりな態度は自分勝手なご都合主義。
それは結果として相手を不幸にし、自分も不幸になるだけ。

しかし人間ってバカだから、
ついつい目先のことしか考えず、
みんなにいい顔してしまう。
それはやさしさでも何でもない。
ひどい残酷な仕打ちだということを認識すべき。
思わせぶりな態度をとる人間だと気づかれると、
「あいつはいつも本気じゃないいい加減な奴」と思われ、
どんどんあなたの周りから人は離れていくだろう。

思わせぶりな態度ほど大迷惑な話はない。
最初にきっぱり断るべきだ。
それが本当のやさしさ。

by kasakoblog | 2010-11-26 01:27 | 生き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog