人気ブログランキング |

一人で全部やろうとしない

一人で全部やろうとしてしまう人がいる。
何でも自分でやらないと気がすまない人がいる。
人に頼めない人がいる。

私もそういう傾向は強い。
だって自分でするのが一番いい。
自分のしたいように、
自分のこだわりたいように、
全部自分でできるから。

でも一人でやるにはどうやったって限界がある。
どんなにすごい人だって、
身1つで24時間しかない。
どんなにすごい人だって、
自分でできないこともいっぱいあるし、
自分より得意な人がいっぱいいる。

だからいろんな人と協力しながらやる。
するともっともっといいものができ、
そして人に頼んだ分、自分の時間が浮くので、
自分のやるべきことに集中できる。

企業でいうなら事業の選択と集中。
やたらめったら多角化して手を出せば失敗する。
自社の強い部分にお金と時間と労力をさき、
あとの部分は得意な取引先に外注してしまう。
そうすることでいいものを作り上げていく。効率的に。

今回、かさこマガジンを制作し、
かさこマガジンパーティーをするわけだけど、
何人か協力してくれる方のおかげで、
私一人では考えつかなかったアイデアを思いついてくれて、
そのおかげでいいものができそう。

冊子のデザインはマガジンを創刊すると決めた時から、
「この人しかいない!」と心に決めたデザイナーさんがいた。
いざデザインを発注する電話をしたら、
もうすでにつぶやきかさこを読んでいてくれて、
「ひょっとして例の件だよね?」
と仕事頼む前から内容を理解してくれていた。

さらに「16ページなんだよね。
どうやってかさこワールドのコンテンツを入れ込むか、
難しいね。台割、考えようか?」
とまで言ってくれた。
本当にありがたい。

私のラフをもとにデザインをしてもらっているけど、
「これはこうした方がいいんじゃない?」とか、
いろいろアドバイスをしてくれる。
そのおかげで「確かにそっちの方がいいかも!」
といいデザインに仕上がっていく。

はじめ私は自分でデザインしようかと思っていた。
かさこマガジンなら編集・原稿・撮影だけでなく、
デザインまでやったら完璧なんじゃないかとか、
自分一人でやったらかっこいいみたいな思いもあった。

でも自分に実作業のデザインはできないし、
自分でやるより専門の人に頼んだ方が、
いいものができると考えた。
それに自分でデザインまでやっていたら、
マガジンの肝心の中身を作る時間が割けなくなる。

そう、自分一人で抱え込まず、
協力してくれるプロに任せれば、
結果、自分はその分の時間が浮き、
また自分では考えつかないアドバイスをいただき、
いいものができるのだ。

今回のパーティーはどっか適当に居酒屋の個室でいいや、
と私は思っていた。
でもパーティーに協力してくれると申し出てくれた読者の方が、
かさこワールドにふさわしく、
かつパーティー第一回にふさわしい場所をと、
「TIBET TIBET」という名の、まさにかさこワールドっぽい、
いい店を見つけてきてくれた。

店も自分で決めなきゃ気がすまないとか思っていたら、
店を探すのにも時間とられていただろうし、
適当に雰囲気のない居酒屋で済ませていたように思う。
自分一人で抱え込まず、何でも自分でやろうとせず、
人のアドバイスや協力を受け入れるからこそ、
自分では思いつかない、新しいアイデアによって、
いいものが生まれてくる。

仕事なんかもそう。
何でもかんでも自分で抱え込んで、
人に仕事ふれなかったり、
他の人のアドバイスを聞けなかったりすると、
どうしても自分の物理的なキャパシティと、
自分の狭い世界に阻まれて、
ある程度まではできても、
それ以上のものができなくなってしまう。

もちろん人に頼むのは大変なこと。
自分の考えをわかってもらわなきゃいけないし、
人は指示通りに動いてくれないかもしれない。
「やっぱり自分でやった方がよかった」
と思うこともしばしばあるだろう。

でもだから自分だけでやっていたら、
そこそこのレベルで終わってしまう。
もしそれ以上の成績なりクオリティなりを目指すなら、
いろんな人と組んで、個人でなくチームや組織で対応する。

自分一人でやろうとする人は、
周囲からスタンドプレイとも取られかねず、
「あの人は一人でできるから」とか妙に安心もされて、
協力してくれる人が現れない。
だから余計に苦しい。

でも人って人を手伝ったり助けたりするのが、
好きだったりもする。
素直に自分じゃできないから力を貸してって、
自分の弱い部分を認めて、
人を信頼して頼めば、
どんどん周囲に協力してくれる人が集まってきてくれるはず。

そうすることで今まで以上のことができるようになる。
それがチームや組織の醍醐味でもある。

自分一人で抱え込んでしまいがちな人は、
自分でやるべきことをできるだけ絞って、
あとの周辺事項は得意な人に頼んだり、
他の人に頼んだりするなどして、
チーム対応ができるようになると、
「そこそこできる」からパワーアップができるだろう。

もしかしたら私に欠けていたのは、
人を使うことだったのかもしれない。
これからいろんな活動をしていくにあたっては、
今までのように一人で何でもというわけにはいかなくなる。
人を巻き込んで、人に協力してもらって、
1つのことを作り上げていくことが、必要なんだと思う。

それが今の自分の壁を越え、
新たな成長を遂げる秘訣。

みなさんも思い当たる節があったら、
いつまでも自分一人で抱え込まない意識だけでも持ちたい。

by kasakoblog | 2010-12-05 23:08 | 働き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog