人気ブログランキング | 話題のタグを見る

原潜事故

信じられない原潜事故。
この事故のおかげで、日航機事故の報道がどこかへ吹き飛んでしまった。
原潜事故の報告を受けていながらゴルフを続けた森総理。
よくテレビ番組で、渋谷の女子高生に「今の総理は誰ですか?」との質問に、
「わかんな~い」「そんなのしらな~い」と答える姿を映し出して、若者の政治に対する興味感心のなさを嘆くが、
こんなアホな総理の名前を知る必要なないのかもしれないと、今回の対応を見て思った。

乗客を考えない航空会社とパイロット。国民の税金を私用に使う、機密費問題。
一向になくならない腐敗であふれるKSC汚職事件。
医者は患者を助けるのではなく殺し、犯罪を取り締まる警察が犯罪を犯す。
こんなどうしようもない社会だからこそ、若者は怒りを通り過ぎて「ばか」になってしまうのだろう。
暗いどうしようもないニュースばかりの世の中だからこそ、
「ぱぱでぴよ~ん」などという「ばか」を通り越してしまうほど明るいアホな曲が、
日本ミュージック界のトップを走ったりする。

「原潜」という普段耳にしない存在がクローズアップされ、外交問題に発展した時、
必ず思い出すのが、かわぐちかいじのマンガ「沈黙の艦隊」だ。
米ソ冷戦体制と原潜・軍事問題の中で、日本はどうあるべきかを、徹底したリアリズムで書き通した、シュミレーションマンガ。
この前読んだ時には、「もう冷戦体制も終わったし、以前より核の脅威はなくなったし、今や過去のマンガだな」と思ったが、
こうして原潜問題が出てくると、未だにこのマンガの提起している問題が生き生きとしてくる。

日本の外交はどうあるべきか。日本の防衛はどうあるべきか。日本とアメリカの関係はどうあるべきか。
敗戦で作られた体制からもう60年近くが過ぎようとしている。
日本の国としての根本的政策を考える時期に来ているのだろうなと思う。
そのためには、森なんてもちろん、宮沢だとか橋本だとかそんな連中じゃなくて、
石原慎太郎や小沢一郎ぐらい、明確なビジョンを持った人が総理にならなければ無理だろうなと思う。

by kasakoblog | 2001-02-13 00:58 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog