人気ブログランキング | 話題のタグを見る

目先の利益か、十年後の未来か。

先日、自民党総裁候補4人によるテレビ討論を興味深く見ていた。
4人の候補は、政策で大きく2つに分けることができる。
目先の景気対策を優先する亀井さん・橋本さん・麻生さんと、長期的な構造改革をめざす小泉さんとにだ。

もうこの時点で総裁は誰になるか決まったようなものだ。
今の時代に、旧態依然たる景気優先政策を取ることは明らかに時代に逆行している。
目先の利益しか考えずに金をばらまいた結果が、バブル経済であり不良債権の温床となったのだ。
それをまた繰り返そうと考えている候補が3人もいることは誠に嘆かわしい。

3人の中で最も古い思考の人間が亀井さん。はっきりいって彼は論外。
しまいには国民人気取りのためか消費税3%などという政策を持ち出す始末。
彼の頭はほんと目先のことしか考えていないことがわかる。

その次に古い思考の人間が橋本さん。
番組の司会である筑紫さんが「橋本総理時代にかかげた構造改革は間違っていないのではないか」と質問した通り、
実は以前の政策は方向的には間違っていなかった。
しかし今度は党内のご機嫌うかがいなのか、構造改革路線を捨て景気優先政策に走った。誠に残念なことである。

そして今まであまり名の聞かなかった麻生氏。
彼は景気優先という括りながら、3人の中では最もきちんとした政策を持っている人だ。
短期・中期・長期と経済政策を3つに分けて考えていることなど他の2人には見られない傾向。
その政策の中身も実に現実的でよい。
小泉総理のもとで経済担当大臣になることがこの人にとっては一番最善の道のような気がする。

小泉氏の構造改革優先政策に対して、他の3氏は反対した。
特に亀井さんはこういった。
「今、構造改革をすることは失業率を上げ、自殺者を増やすだけだ」

その通りだと思う。しかし今やるべきなのだ。
今、景気対策優先したら一時的に失業率は減るかもしれないが、それは単につけを先送りしているだけ。
ここ1~2年の失業率を下げたところで、10年後に失業率が10倍になってしまえば意味がない。
構造改革せず短期的な景気対策を優先するというのはそういうことだ。
目先の景気優先のために日本社会の未来を潰してはならない。

今すべきことは、今までさんざんその場しのぎで先送りしてきた問題を、根本的に解決することだ。
手術は早ければ早いほうが治る確率は高くなる。
今まで痛み止めを打ってごまかしてきた日本は、今こそ根本的な害悪を取りのぞく手術をする必要があるのだ。
今の苦痛を抑えるために痛み止め(景気優先政策)を打ったところで、薬に慣れてしまっている重病患者(日本)にはもはや効かないだろう。

誰が総理になろうがどこの政党が政権を握ろうが、今やることは景気優先政策ではなく、構造改革でしかあり得ない。
今は、日本の社会そのものを変革する時期にさしかかっている。

by kasakoblog | 2001-04-22 23:47 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog