人気ブログランキング | 話題のタグを見る

進行状況

「笠原、どうだい、人生の目標の方は?」と唐突に会社の上司から尋ねられた。
「いや、だいぶたりないですね。もっともっとやらなければって感じです」
「そうか。まあ焦りはよくないからな」
そんな二人に会話に、周囲の人間は「なんのこっちゃ?」という顔をしていた。

その上司とは、業界未経験の僕を採用してくれた面接官でもあった。
「3~5年でフリーのライターとして独立します」
そんな僕の生意気な言葉を買ってくれた人だった。
「一生会社のタイムカードを押し続けますって奴よりは、独立するっていう奴の方が会社にとっても戦力になるってことだ」
そう考える人なのだ。
つまり上司が「人生の目標」といったのは1年前に面接でいった「独立」に向けてどうかい?ということなのだ。

確かに自分自身では会社の仕事はそれなりこなしていると思う。
見方によっては2年目でよくやっていると捉えられるかもしれない。
でもだからといってそれが独立への道に進んでいるかといえば、残念ながらノンといわざるを得ない。
だから僕は上司にまだまだだと答えたのだ。

ただ今年の2月から個人的な仕事をひとつやるようになった。
「Weekly eye」というパンフレットの旅ページを引き受けることになったのだ。
つい先日2・3月分の原稿料約8万円が振り込まれ、僕はそのお金をそのままベトナム航空券代に注ぎ込んだ。
そういうことができるようになったというのは一つの進歩ではあるが、僕の理想はもっともっと高いところにある。
だからこそまだまだがんばらなくてはならないと思うのだ。

それにしても採用してくれた上司が、こうして気に掛けてくれることが実にうれしい。
どこかで誰かが僕の仕事ぶりを見ていてくれる。どこかで誰がが僕に期待を掛けてくれる。

「どうだい、人生の目標の方は?」
目の前の仕事に精一杯になっていた僕に、ふと長期的な視点を与えてくれた上司に感謝したい。
常に自分の方向を見定めながら、毎日を過ごしていかないと、
何にもしないうちにあっという間に時が過ぎ、「こんなはずじゃなかった」なんてことになりかねないから。

by kasakoblog | 2001-06-01 00:21 | 働き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog