かさこ金融道「督促電話」

「もしもし、村岡と申しますが、花山さんいらっしゃいますか?」
「もしもし山田さんですか。アイプルの村岡ですけど」
「あ、どうも」
「どうもじゃないでしょうが。おたく何やっとるんですか」
「何やってるってその・・・」
「おたく今、何日だと思ってるんですか」
「すみません」
「私が聞いてるのは、今日は何日かというとるんです」
「5日です」
「おたくの支払い日は何日なんですか」
「すみません」
「だから私が聞いてるのは何日かというとるんですわ!」

「すみません、1日です」
「4日も支払い遅れて何の連絡もないというのはどないなっとるんですか」
「すみません」
「うちの支払いなめとるんですか。それとも担保にしてる不動産はもういらんってことで連絡しなかったんですか」
「いえ、違います。すみません。ちょっと忙しかったもので・・・」
「忙しかったら支払いしなくていいなんて誰が決めたんですか。契約書のどこにもそんなこと書いてないですよ。
いい加減なこというのもたいがいにせんと、すぐにでもおたくの不動産、競売にかけますよ」
「すみません。すぐ払いますので」

「すぐってことは今日支払っていただけるんですね」
「いえ、その・・・、もう2、3日・・・」
「おたくね、すぐっていうのは今のこというんですわ。2、3日後たったらもう1週間もの遅れですよ。
おたく今の自分の置かれている立場をわかっとるんですか」
「わかってます」
「わかってるんだったら、2、3日後でなく今日支払いしなさんな。今日でももう3日遅れなんですから」
「わかりました。今日払います」
「ほんとに今日払えるんですね」
「はい」
「今日の何時にどこで支払うつもりなんですか」
「いえ、それはまだちょっと」

「おたく、そんなことでほんとに今日支払いできるんですか。もう今日の11時ですよ。
そんなこともわからず、また今日も支払えんかったらお話にならないですよ」
「すみません、今日は無理です」
「どうして無理なんですか?おたくの給料日は25日でしょう。まだ給料入ったばかりじゃないですか」
「それがその他の支払いとかで・・・」
「あのね、うちはおたくの自宅担保にとってお金貸してるんですよ。それより他の支払い優先するとはどない神経しとるんですか。
それとももうおたくは、うちの支払いは不動産売って支払うつもりでおるんですか」
「いえ違います」
「だったらなんで他の支払い優先するんですか。よく考えて支払いの優先順位考えないと大変なことになりますよ」
「すみません」

「だったら今日支払いできないじゃないですか」
「はい、すみません」
「すみませんじゃなくて、支払う方法真剣に考えなさんな。うちは最大限待ってもあさってまでですわ。
それまでに支払わなければ、契約書にのっとって競売かけるなり給料差し押えするなり法的な手段に訴えますよ」
「それだけは勘弁してください」
「だったらなんとかあさってまでにきちんと支払いしなさんな。今回は特別ですよ」
「はい」
「その代わり、来月の支払いからは一日足りとも遅れずうちの支払いしてくださいな」
「わかりました」
「じゃあ、なんとしてでもあさってまでですよ。あさって振込みする時に、連絡必ずください。
その時になってまた待ってくれは絶対に聞かないですからね」

by kasakoblog | 2001-07-06 12:47 | 金融・経済・投資

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog