人気ブログランキング | 話題のタグを見る

靖国神社の参拝是非を語る前に

小泉総理大臣の靖国神社参拝は、大きな議論を巻き起こしている。
総理大臣が戦前日本の軍国主義の象徴たる靖国神社に参拝することは、
近隣諸国の感情を考えると、してはならないことだという。
野党も政策議論では勝てないのか、総理の揚げ足とりにここぞとばかりにこの問題に夢中になっている。

僕はここで靖国神社への参拝の是非をジャッジしようとは思わない。
僕が思うに、軍国主義の象徴たる靖国神社でこれほど大騒ぎするのならば、
言ってみれば日本の軍国主義の精神的支柱でもあり、指導者の旗印でもあった天皇はどうなるのだろうか?

過去の象徴である靖国神社を参拝することが近隣諸国の感情を悪化させるというのであれば、
いくら憲法で定められた象徴天皇制であろうが、過去の日本軍国主義の中心となった天皇に、
内閣総理大臣が指名されるというのはいかがなものか、という議論が巻き起こっても不思議ではない。
軍国主義の象徴たる天皇に総理大臣が頭を下げることが許されて、
軍国主義の象徴たる靖国神社に総理が頭を下げることだけがこれだけ騒ぎになるというのはおかしい。
こういうことを問題にするなら、きちんと筋道を通したとするならば、
何も靖国神社だけが攻撃の的になるのはおかしいのではないか。
こういう議論の浅さというか、マスコミが取り立てて騒ぎ立てることによって、
事の真相を錯乱させることは重大な犯罪だといえる。

もう一つこの問題で心配になったことは、
小泉総理の行動に日の丸を振って応える一部大衆の盲目的態度と、
アジア諸国の感情を代弁していると自負しているがごとく、声高に参拝反対を唱える過激な一部大衆の態度である。
どちらが正しくてどちらが間違っているということではなく、
他人の態度によく物事を考えずに、極端な賛成か極端な反対しかできない、
単細胞の大衆に危険な匂いを感じた。

これだけ様々な問題が複雑に絡み合った中で、態度を決定し表明することは大切なことだが、
簡単にどちらが正しいと決めつける態度は、らくだが非常に危険なことだ。
一つの問題に対して、マイナスプラスその両面を見るような冷静な目がないがぎり、
簡単にカリスマ指導者は独裁者へと転化し、また簡単に犯罪者へとまつりあげられる。

この問題に一党両断的な解説を加えることではなく、その背後に忍ぶ多くの問題を見据えて欲しいとつとに願う。

by kasakoblog | 2001-08-16 14:55 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog