人気ブログランキング | 話題のタグを見る

一人インタビュー「かさこ氏が語る、ミスチルの今後」

かさこ:アルバム「Q」とそれに伴うツアー。さらに間髪置かずにベスト盤の発売と「POP SAURUS」ツアー開催。
このところこんなに精力的にマーケットに打ってでるミスターチルドレンの姿を見ていなかったものですから(笑)、
ひょっとしてこのままスピードつけて解散かと真剣に思いましたよ。
かさこ:でも「優しい歌」というニューシングルの発売と、ツアー最後にこの曲をやることで、
「ああ、まだしばらくは解散せずに活動を続けてくれるんだな」ってほっとしました。

かさこ:「POP SAURUS」にしても「優しい歌」にしても、ファンはミスターチルドレン初期の頃の、
すごく甘酸っぱいようなまだあどけさが残るような、軽快で聞き心地の良いポップな曲を待望しているんですかね?
かさこ:だからなんだか「深海」にはじまって「DISCOVERY」そして「Q」というアルバムの評価はすごく低いような
気がするんですよ。そういったへヴィーなアルバムを引き合いに出して、昔の桜井君帰ってこいみたいな、そんな雰囲気を感じます。

かさこ:でも僕はミスチルの魅力ーひいては桜井君の魅力は、大衆受けするような、もっといえば女の子受けするような、
そんなポップな曲ばかりでないところがいいのだと思うのですよね。そんなバンドだったらいくらでもあるし。
かさこ:たとえば未だに問題作とされる「深海」にしたって、実は一曲一曲よく聞いてみると、全然ヘビーじゃないし、
重くない曲も多いんですよね。「手紙」にしたって「ありふれたLoveStory」にしたって、もちろん「名もなき詩」にしたって。
ただ「深海」っていう強烈なテーマ性を押し出して作られたアルバムであることが、ある意味、タブー視されたアルバムとして、
ファンからも忌避されてしまっているような印象を受けるのですが。

かさこ:でも「深海」ってアルバムはある意味ではまだ沈みきっていない段階だと僕は思うんです。
目の前に深い暗い海があって、今まさにここに飛び込まなくてはならないっていう。だからまだまだ明るい曲もあるっていうか。
かさこ:むしろ「疑似ベスト盤」といわれた「BOLELO」の方が意外と内に沈みきっている感じはありますよね。
「ALIVE」にしても「ボレロ」にしても、「Everything(it's you)」でさえも。

かさこ:だからベスト盤を出し、集大成的なツアーをこなしたミスターチルドレンがめざすものは、
初期作品のポップさにただ戻りましょうというのではなく、「深海」からまさしく抜け出そうという、
強烈なパワーの秘められたアルバム「DISCOVERY」に、その答えがあるように思うんです。
かさこ:多分、ファンの人にミスチルの一番好きなアルバムは?って聞いたらほとんどが「Atomic Heart」って答えると思うですよ。
でもあのアルバムは確かにすごいけど、桜井君自身が「ビックなアーティストになる」という大目標のために作った、
ある意味では非常にマーケットを意識した曲作りになっているわけです。だからこそ大衆受けするわけですが。

かさこ:これ以上セールス記録だとかランキングだとかを気にせず、「自分たちの音楽をやっていく」ことが今後の方向性だとしたら、
僕はぜひもう一度「DISCOVERY」のような、一定のテーマ性を持ちながら、それでいていろんな面が楽しめるっていう、
テーマ性だけを追求した「深海」、実験的作品を多く配した「Q」、そしてマーケットを意識した「Atomic Heart」のあいのこみたいなものが、
いいのではないかって思うんです。

かさこ:「DISCOVERY」も「深海」に次ぐ重いディープなアルバムみたいなニュアンスで受け止められているわけですが、
僕は決してそんな風には思わないですね。変にマーケットを意識したり、変にポップだとかロックだとか、
そういったカテゴリーにとらわれず、たとえば「優しい歌」とか「Not Found」のように、今まで作ったことのないメジャーな曲を作ろうとか、
そういった意識は必要ないと思うんです。
かといって「Q」ほど自由に作りすぎて一つのアルバムとしてばらけてしまうのはまずい。
だからこそ僕は「DISCOVERY」のようなテーマ性がありかつ幅の広さを感じられるようなアルバムを求めているんですね。

かさこ:「光の射す方へ」「ニシエヒガシエ」みたいなデジタル音源を重視したサウンドがあって、
「Simple」「ラララ」みたいなすごくポップな感じでアコースティック感のある曲があって、
「終わりなき旅」「I'll be」のような壮大なスケールのバラードがある。
それでいてこのアルバムは一つとして聞けるんですよね、不思議なことに。
やっぱりそれは長期休暇明けの一発目のアルバムのせいか、すごく自然な形で音楽が表現されていると思うんですよ。
意図的でないのにバリエーションがあって、でも底に流れる一貫性はあるというか。

かさこ:ミスターチルドレンの新しい幕はそういった形のアルバムから始まって欲しいと個人的には願っています。
どのバンドでもそうなんでしょうが、ベスト盤の次に出すアルバムこそが、そのバンドのこれからの命運というか、
方向性を決定づける大きな軌跡になるのではないでしょうか。
ミスチルの次のアルバムに注目したいと思います。

by kasakoblog | 2001-08-29 15:12 | ミスチル

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog