安否が気遣われる日本企業の皮肉~バベルの塔崩壊~

富士銀行:1兆円
第一勧業銀行:9000億円
日本興業銀行:6000億円
中央三井信託銀行:5500億円
あさひ銀行:5000億円
横浜銀行:2000億円
合計:3兆7500億円

この銀行リストは、神の怒りをかった現代の「バベルの塔」110階という、
驚異のビルに入居していた日本企業のラインナップである。
そしてこの銀行の隣に書かれた数字が何を意味するか、わかるだろうか?
バブルの温床を作ったあげく、今の慢性的不景気の原因を作った銀行への、
不良債権解消のための公的資金導入額である。

この合計金額を村上龍の「あの金で何が買えたか」を参考にするとどうなるか。

砂漠化防止年間費用:1兆400億円
世界最大のニュース番組ネットワーク、CNN:9600億円
途上国の子供すべてに基礎教育:8400億円
パレスチナの復興費用:3600億円
バンコクの空気汚染除去:3000億円
国連予算の完全バックアップ:1200億円
難民への経口補水塩補給:1000億円
アマゾンの森調査・復元プロジェクト:250億円
アフリカ像保護プロジェクト:25億円
モンゴルの寒波緊急援助:15億円
超音波診断装置をチェルノブイリへ:10億円
合計:3兆7500億円

全く皮肉なことだ。
被害にあった企業の大半は、
自らマネーゲームで墓穴を掘って国民の血税を投入した大手銀行ばかりだった。

さてさて日本報道の不思議。
ニューヨーク世界貿易センタービルの倒壊事件を中心とした、
アメリカ同時多発テロが起きている報道では、
テロの概要や背景よりも、邦人の安否ばかりに気を取られている。

「外国で飛行機が落ちました。ニュースキャスターはうれしそうに、
乗客に日本人はいませんでした。いませんでした。いませんでした・・・」
というイエローモンキーの「JAM」を思いだす。

僕はテロを正当化する気は毛頭ない。
しかし悪い事はするべきではない。
どこかでまわりまわって天罰が下るのだから。

ちなみに皮肉なことだが、この銀行の中で一番公的資金を導入された富士銀行の11人の安否が、
まだわかっていないという。

by kasakoblog | 2001-09-13 15:32 | 金融・経済・投資

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog