人気ブログランキング | 話題のタグを見る

1年に1回、大口を叩こう

バカじゃないかと思われるかもしれないが、
おもしろい提案を1つ。
日本人は必ず1年に1回、
大口を叩いた日記を書かなければならない、
というのはどうだろう?

大口を叩く。ビッグマウス。大言壮語。
すなわち実力不相応な大きなことを言うこと。
日本では極めて忌み嫌われることだ。

大健闘を見せたサッカー代表岡田JAPANが、
「ワールドカップでベスト4」を狙うといったり、
本田選手が「優勝する」なんていったりした時の、
マスコミや国民の反応を見ても明らかだが、
「バカじゃないの!」「身の程を知れよ!」
みたいな蔑んだ目で見る人が多い。

特に日本人は謙遜好きだ。
時には謙遜合戦になったりする。
「いやいや、うちはそれほどでも・・・」
「うちはそんなにたいしたことないですから・・・」
「私なんかで務まりますでしょうか」
みたいな謙遜、控えめが何かと好まれるだけあって、
大口を叩く人は冷笑される可能性が高い。

だから悲観論が横行したり閉塞感が漂ったり、
すぐにあきらめてしまう人が多かったり、
本当はやりたいことあるのに、
無理だと決めつけてしまったり、
今の生活に満足しているわけじゃないけど、
そこそこの満足が得られれば十分とか、
そうやって諦観=あきらめの悟りを開いている人が多い。

それは1つの生き方だけどどうだろう?
将来、どんな時代になるかもしれず、
いつ突然、大地震や大災害が襲ってくるかもわからない時代に、
そんな後ろ向きな生き方なんてもったいないんじゃないか。

「でもそうはいってもかさこさん、無理ですよ。
言っていることはわかるしやりたいとは思うけど、
現実にはできないと思う」
という人が多い。

そこで提案。
1年に1回、大口を叩いた日記を書いてみるのだ。

別にネットで公開してもしなくてもいい。
自分のメモ書き程度で、書いたら捨ててしまってもいい。
とにかく書いてみる。

なんでもいいんです。
ホラを吹いてみる。
やりたいことを。

たとえば「宝くじ1億円が当たる!」とか、
「きれいな女の子といっぱいつきあえる!」とか、
「1年で課長に昇進する!」とか、
「世界一周旅行をする!」とか、
なんでもいいんです。
とにかく自分のやりたいことを、
ホラ吹きのように書いていく。

一人でしにくいなら、友達で集まって、
ホラ吹き大会をしたらいい。
「オレは将来総理になる!」とか、
ホラの度合いを競い合う。

なんか日本人に足りないメンタリティってそれな気がする。
大口を叩くこと。
できもしないことを夢想すること。
受験勉強にさらされ大学受からないと未来がないとか、
大学入ったけど就職できないと未来がないとか、
そんなせせこましい思考回路を、
小さい時から知らず知らずのうちに叩き込まれているから、
「勝ち組」「負け組」みたいな言葉が効力を持ってしまったり、
大学に受かるためならカンニングをするとか、
就職できないから自殺してしまう大学生が多いとか、
おかしなことが起こる。

ホラでいいから吹いてみる。
そういうアホみたいな楽観主義、
理想主義的思考回路を1年に1回トレーニングする。
自分がやりたいホラ吹いていると楽しくなる。
「宝くじ1億円当たる!」
「当たったら何使おう!」
みたいな。

現実には当たるわけはない、かもしれない。
でもホラを吹くのは自由だし、
こうしたポジティブシンキングすると、
なんか楽しくなってくるし、
現実に起こるような気がしてくるから不思議だ。

1年前にある人がこんなことをいった。
「thinking bigが足りない。だから成長しないし大きくなれない」
thinking big=すなわち大口を叩くこと。
実現するかどうかは別にして、
今、どんな仕事をしたいのか、
今後、どんな風になりたいのか、
thinking bigしてご覧と。

はじめはネガティブ志向が染み付いているから、
なかなかビッグなことが書けない。
でも今までは「そんなの絶対に無理」「難しい」と思っていたことが、
書くことで実現するような気になっていく。
そして少しずつ大きなことを考えられるような思考回路になると、
さらにまた大きなことを考えられるようになる。

大は小をかねるというべきか、
ベスト16をめざしていたら、
絶対にそれ以上にはなれないだろうし、
ベスト4をめざしていれば、
ベスト8ぐらいにはなれるかもしれない。
だからホラでもいいから目標はでかい方がいい。

日本は悲観している人が多いから、
ますます将来が暗く、希望がなく、
そして大口を叩く人を自分にはできないから、
羨ましいと思う反感や嫉妬から、
そういう人を叩くことばかりに神経がいっている。
みんなが叩くから、みんな大口を叩かなくなる。
なんという尻つぼみの悪循環!

逆にみんながアホみたいにホラ吹いて楽天的になって、
「おお、それいいじゃん!やってみれば!」
ってお互いにいい刺激し合う関係ができれば、
「言ったからにはやるか」みたいに気持ちになって、
いいスタンスで前向きになれるんじゃないかなと思う。

この日本に住んでいる限り、
すぐにポジティブ志向になんかなれない。
だから1年に1回ぐらい、
落書きでいいから大口を叩いてみてはどうだろうか。

国民の休日でエイプリルフールならぬ、
シンキングビッグデーでも設けた方がいいのかもしれない。
その人は大口叩かないとダメな日とか。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽にフォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

by kasakoblog | 2011-03-10 21:39 | 生き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog