人気ブログランキング |

想定「内」の大津波

想定外という都合のいい言葉がこの震災で何度も使われてきた。
特にこの震災の死者の死因の9割が津波による溺死とも言われ、
まさかこんな想定外の大津波がくるなんてと思う人がいる一方、
大津波は想定内の出来事として事前に対策をし、
被害を激減した地区もあるという。

津波被害で壊滅的な被害があった三陸海岸に位置しながら、
岩手県の普代村は死者がゼロだったという。
(港を見に行った1名だけが行方不明)
津波が低かったわけではない。
大津波に備えていたからだ。

この村は1896年の明治三陸津波、
1933年の昭和三陸津波で計439人の犠牲者を出している。
この教訓から、計画当時は高すぎると批判されたにもかかわらず、
当時の村長が「明治に15mの波がきた」という言い伝えから、
何が何でも高さ15m以上にこだわり、
多額の建設費をかけて高さ15.5m、全長130mもの防潮堤を作った。
このおかげで死者はゼロ、防潮堤内側の住宅被害は一切なかったという。

同じく三陸海岸沿い、テレビで甚大な被害地として、
度々映像が流された大船渡市。
ところが同じ大船渡市のなかで、
綾里白浜地区は推定25mもの大津波がきたにもかかわらず、
家屋浸水なく人的被害もなしだったという。

なぜか。
明治三陸津波、昭和三陸津波の教訓を活かし、
ほとんどの世帯が、昭和三陸津波が押し寄せた場所以上の高台に、
移り住んだからだという。

この場所は明治三陸津波では今回の津波よりはるかに大きい、
38.2mの津波を記録した津波被害場所である。
にもかかわらず、過去の教訓を踏まえたことで、
被害を皆無にできたのだ。

大地震、大津波、原発事故。
確かに想像だにしなかった災害だった。
しかし過去に大津波が頻発し、
津波被害の恐ろしさを風化させず、
単に津波被害の後にその場所を元に戻すだけの「復旧」ではなく、
高台に引っ越すとか15m以上もの防潮堤を作るといった、
想定内の対策をしたことで、
このすさまじい災害にもかかわらず、
被害を皆無にした地区があることをしかと頭に叩き込むべきだろう。

想定外なんかじゃない。
想定内として対処すれば、被害は激減できたのだ。

これまでメディアは甚大な被害地域ばかりを映し出してきた。
私は4/20に甚大な津波被害のあった石巻に行ったが、
何より驚いたのは、廃墟と化した町のすぐそばの高台は、
家屋倒壊すらなくまったく無傷で、
商店の営業などが普通にやっていたことだった。

テレビでよく見せられる映像の地区(石巻)
http://www.kasako.com/1104ishi3.html

そのすぐそばに無傷の場所も(石巻)
http://www.kasako.com/1104ishi1.html

今後、復旧・復興活動が進めるなかで、
絶対に忘れてはならないのは、
便利だからといって元に戻してはいけないということだ。

この震災の甚大なる被害を教訓にし、
今度また地震や津波がきても大丈夫なよう、
高台に引っ越すとか新しい街づくりをしなくてはならない。


今回、甚大な津波被害があった場所は、
1896年、1933年と何度も大津波の経験がある場所だ。
つまり大津波が来ることは想定外だったのではなく、
想定内だった。
言い伝えや記憶に残っている人々が、
過去の過ちを繰り返さないために知恵を絞った。
それによって被害を免れたところもあるということを、
覚えておく必要がある。
でないと甚大な被害地域の映像ばかり見せられていると、
自然災害だから仕方がない、かわいそうで終わってしまう。
それでは未来に救いがない。
今回の件に学べば、次回起きた時に、
死者ゼロとまでいかなくても、
被害を激減できる可能性は大いにある。

津波に限った話ではなく、
仮に今回のさまざまな被害が「想定外」だったとしても、
今後は今回のような大地震や原発事故、
「風評被害」が起きることを想定内として、
社会を作っていかなければならない。
それが真の復興だ。
便利な社会に戻りたいから、
また元の場所に同じものを建てましょうでは、
また同じ被害を繰り返すことになるだけだ。

そう考えれば、震災から2ヶ月も過ぎ、
もっとも復旧が進んでいるといっていた、
福島原発1号機の原子炉に穴が空いていて、
大幅に工程表通りに行かなくなったとか、
未だに大量に汚染水を海に流したりとか、
福島近隣だけでなく、
神奈川県の茶葉からも基準値を上回る放射性物質が検出されたとか、
こうした出来事は、今後の原発を考える上で、
すべて起きてもおかしくない想定内として考えたとするなら、
CO2削減ができないだとか、工場が今までのように動かせないとか、
自動販売機で生活している人がいるとか、
そんな理由で原発を維持するなんてナンセンスだということが、
わかるはずだ。

漁業や観光で暮らしている人が、
海沿いではなく、高台に住むのは相当な不便だろう。
だから津波の記憶が薄れた場所では、
高台から再び海沿いに家を構えてしまった地区もあったという。
しかし過去の経験から、
大災害を想定内に考え、
大災害が起きたら不便とか言っていられないほど、
その地区が壊滅的な打撃を受けてしまうから、
不便であっても高台に住むとか、
日当たりが悪くなり景観も損ねるけど、
15mもの堤防を建てるとか、
そうして被害を防いだところもある。

そうした場所の賢人たちに学び、
私たちは日本を復興するために、
今まで通り原発があってバカみたいに電気を使う社会から、
不便であっても高台に住むような、
新しい社会のあり方を作っていかなくてはならない。

こんなにも恐ろしい甚大な被害があったにもかかわらず、
それを教訓として今後の想定内にできず、
また同じ被害や事故を繰り返すとするなら、
愚かとしかいいようがない。

不便か便利かではなく、
この国が壊滅的な打撃を受けないようにする社会にするためには、
何を復旧し、何を復旧しないべきか、
今一度考える必要があると思う。

チェルノブイリ級の原発事故が起き、
M9という大地震を経験した我々は、
もはや今後「想定外」という言い訳は使えない。
今回の震災被害を想定した、
新しい社会作りが必要だろう。

by kasakoblog | 2011-05-13 00:10 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog