人気ブログランキング |

原発推進派に賠償金と義援金は不要~原発推進派の町長が3選

産業のない田舎町が金欲しさから、
日本の安全を売って、原発を自ら好んで建設したのだから、
事故が起きても、原発推進に賛成した町民に、
賠償金や義援金はいらないのではないか。
福島原発事故が起きて以来、
ずっと思っていたことだ。

世界では福島原発事故の大惨事を受けて、
脱原発の流れが加速する中、
当の日本では、なんと原発推進派の町長が、
ダブルスコアという圧倒的大差で、
脱原発候補を破ってしまった。
山口県上関町の町長選である。

投票率はなんと87.55%。
別に投票率が低くて原発推進が勝ってしまったのではない。
過疎化し、人口が減少し、ろくな産業がないこの町で、
地域活性化をするには、
原発関連の交付金しかないと主張し、
原発推進派の立候補者が圧勝した。
町民自らが原発を支持したのである。

結局、今、日本にある原発立地なんて、
ほとんどこのような理由によるものではないか。
別に住民の大多数が反対しているにの、
国や東京が福島に作れと命令して、
福島に原発ができたわけではないだろう。
東電や国が原発は安全だといういかさま情報に騙された、
という側面があったにせよ、
原発が危険だと指摘する人はいっぱいいたわけで、
危険を承知で金目当てで原発を自ら招きいれたのだ。

そのおかげで産業がない田舎町は潤った。
原発があることによる先払い賠償金みたいな、
莫大な交付金や寄付金。
Jヴィレッジのような箱物建設。
そして原発があることによる雇用と、
周辺地域の商売活性化。

別に東京のためにいやいや原発を作ったのではなく、
原発で多大な恩恵を受けられるから、
喜んで招きいれ、電力は足りてるのに、
何機も原発を増発した。
増発しないと地域が潤わないから。

しかし福島原発事故が起きたらどうなったのか?
被害は原発で潤っていた人間だけでなく、
原発に反対していた、
農業・漁業・畜産業・観光業の人たちが甚大な被害を受け、
放射能に汚染され、二度と住めない町になりかねない危機を迎えている。
町が消滅する可能性があるのだ。

いやそれでも金目当てで原発の恩恵を受けた町だけが、
被害を受けるなら自業自得という面もあるが、
そのせいで原発の恩恵が少ない周辺地域、隣接県だけでなく、
日本全体に被害を及ぼした。

そうした事態が起きているにもかかわらず、
上関町の町民の多くが、原発推進を選択した。

ならば、こうするのが筋ではないか。
原発を推進した町民は、万が一事故が起きても、
賠償金や義援金はもらわないこと。
それだけでなく、もし事故が起きて他県に被害を与えたら、
その被害の賠償は原発で恩恵を受け、
原発を推進した町民が支払うべきではないかと。

こういうことを言うと、
「電気を使っているのは東京の人たちだろ!」と反論する。
しかし今回の事故で明らかになってしまった。
少なくとも東京電力圏内は、
福島原発なんかなくても114年間で4度目の暑い夏にもかかわらず、
電力不足になることもなく、他の電力会社に電気を供給するほど余裕だった。
つまり原発なんかなくても電力は足りたのだから、
別に東京の人たちのために作ったというのはウソだったと。
単に原発利権に群がり、原発マネーに群がった、
地元住民含めた人たちのために、
いろんなウソをついて原発が必要なだけだったのではないか。

ならば原発事故による賠償金は、
原発を推進した町民に払う必要があるのか?
それどころか、その町民が原発を推進したせいで、
他県に迷惑をかけたのだから、
むしろ賠償すべき立場にあるんじゃないか。

私は何度も福島県いわき市に取材しているが、
いわき市には原発で「死の町」と化して住めなくなった、
原発立地の町民たちも避難している。
いわき市外で原発の甘い汁を吸ってきた原発被災者が、
いわき市で原発の恩恵も少なく被害しかもらっていない、
津波被災者よりも厚遇されているという話をいろいろ聞く。
でもそれってほんとはおかしいのではないか。

過疎化し産業がないから、
必要もないのに金で潤う原発を、
自ら誘致した町民に賠償金を払う必要があるのだろうか?

被害ばかりで恩恵は受けていない多くの国民が、
増税されて原発の賠償金を支払うっておかしくないか。

原発に賛成する町民は、
金で魂を売ったわけだ。
それで自分に被害を受けるのは当然だし、
他県に被害を及ぼすのなら賠償しろって話。

金に目がくらんだせいで「死の町」になってしまった、
福島原発事故の教訓をせず、
原発推進派がゆうゆう勝利してしまう日本って、
原発とともに滅びるしかないんじゃないかとも思う。

賢人は危険が起きる前に危険を最小限にする工夫をする。
普通の人は、一度すごい事故や失敗が起きると、
それで今までの生き方を改め、反省する。
愚人は、事故や失敗が起きているのに、
その生き方を改めようとしない。

日本は愚人の道を歩みだしたようだ。

by kasakoblog | 2011-09-27 01:21 | 東日本大震災・原発

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog