米大統領選よりはるかに価値ある神田うの新婚旅行ニュース

最近何度となくニュースで目にする、
アメリカ大統領「候補」選挙のオバマVSヒラリー。
私はその度にバカらしくてチャンネルを変える。
だってこれで大統領が決まるわけじゃなく、
単に候補が決まるだけで、
しかもこの全国選挙ではなく各州ごとに行われるからだ。

大統領候補者選挙になぜ意味がないのか。
日本に置き換えればわかると思う。
たとえば今、民主党が、次期総理候補を決めるために、
小沢一郎と菅直人が立候補してだよ、
何ヶ月にもわたって相手を中傷したり、
芸能人つれてきてイメージ戦略に訴えたり、
サブプライムで大変な国内情勢なのに、具体的な政策論争もなく、
「祖国を大事にする」だとか、
抽象的なスローガンばかり連呼され、
それが何ヶ月にもわたって延々選挙戦が繰り返され、
しかも選挙は全国の各都道府県で、
一斉ではなく毎週のように各所で行われて、
やれ北海道で小沢が勝っただとか、
菅が涙を流した効果で東京で勝っただとか、
そんなことを延々テレビで放送されたらどうだろう?
しかもね、仮にこのどちらがかっても、与党の候補者もいるわけで、
すなわち大統領そのものが決まる選挙でも何でもないのにだ。

ようは単なるお祭り騒ぎなわけです。
アメリカのお祭りは勝手にアメリカでやらせておけばいいわけで、
重要な日本国内のニュースがいくらでもあるのに、
黒人が勝つか女性が勝つかという、
まるで興味本位の逆差別でアメリカ大統領候補者選挙を取り上げても、
日本にほとんど意味がないわけです。

別にアメリカが好景気で金が余っているなら、お祭り騒ぎも結構だけど、
アメリカがサブプライム問題というとんでもないことをしでかしてくれたおかげで、
世界経済が大混乱に陥っているわけです。
そんな矢先に、候補者選挙のお祭り騒ぎのために、
ムダ金がバンバン使われている。
ヒラリー陣営は選挙費用がないから、
ホームページ等で「バレンタインで大事な人に食事をご馳走するより、
今年は我慢してヒラリーにその分寄付した方が、 政治のためになる」
みたいな新興宗教まがいの宣伝文句で、
金集めに必死になって、その集められた金は、
サブプライムローン問題の解決のために使われることなく、
お祭り騒ぎの演出のために使われていくわけです。

アメリカ主導の経済が破綻するかもしれないという緊急事態の今こそ、
大統領候補者選挙に費やされるムダ金すべてを、
サブプライムローン問題解決のために使う方が、
アメリカ経済、アメリカ国民のためにいかに役に立つか。
自らの世界経済覇権が危ういというのに、
国民からバレンタインプレゼントの金まで巻き上げ、
お祭り騒ぎに使うアメリカに、
日本のメディアも国民も付き合う必要はまったくないわけです。

アメリカの大統領は誰になるかは日本にとって重要なことだけど、
大統領候補者選びの途中経過など、
アメリカでバカ騒ぎして喜ばせておけばいいわけです。

世界経済崩壊の元凶となっているサブプライム問題をそっちのけにし、
ムダ金を使っている大統領候補者選挙を横目に、
アメリカの著名投資家バフェット氏は、
サブプライムの焦げ付きで危機に瀕している金融保証保険会社(モノライン)に、
最大8000億ドル(約85兆6000億円)の救済案を提示した。

本来なら大統領に名乗りをあげている候補者からね、
「この国難に瀕している今、お互いに選挙費用で集めた莫大なお金を、
選挙にではなくサブプライム救済に使いましょう」
みたいなこととか言えないのかなと。
一投資家が85兆円もの支援策を発表しているというのに。

黒人大統領か女性大統領か。
それはそれでエンターテイメントとしてはおもしろいかもしれないけど、
アメリカ経済が世界経済にも深刻な打撃を与えているこの大変な時に、
流す価値のあるニュースとは到底私には思えない。

ま、いずれにせよ、
サブプライムローン問題のおかげで、
アメリカによる世界経済覇権は崩れ、
いずれドル覇権時代が終わりを告げることは、
世界平和のためには大変いいことなんだけど、
その代わりに覇権を握るのは、
ハンドボールでムチャクチャなことをいうような、
クウェートほか中東諸国であるということを日本は肝に銘じて、
何を報道するかをよくよく考えた方がいい。

そのような意味ではアメリカ大統領候補者選挙より、
神田うのの新婚旅行先のドバイがどんなところかという「芸能」ニュースの方が、
今後の世界経済を占う上では極めて重要なニュース価値があるといえる。

by kasakoblog | 2008-02-14 17:31 | 金融・経済・投資

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog