人気ブログランキング | 話題のタグを見る

経費意識のないサラリーマンが会社を滅ぼす

サラリーマンってすごい。
事務所の賃料や通信費や備品代を自腹で払う必要なく、
売上にかかわらず毎月決まった額の金をもらえるなんて。

私は個人で仕事もしているが、会社に勤めてもいる。
病院に行かなきゃならなくて、
会社休んだ時とか、ふと思うわけです。
サラリーマンってすごいなと。
個人じゃなく組織で仕事しているから、
会社休んでも仕事は回るし、給料ももらえる。
事務所の賃料を自腹で払うわけでもないし、
売上が増えようが減ろうが、毎月一定の現金が支給される。
こんな安定的な待遇ってリーマン以外にはない。

ずっと会社に勤めている人とかは、
この当たり前のすごいありがたみがわからない。
私も若かりし頃、わからなかった。
むしろ「売上全国トップでなんでこんな給料低いんだ」
ぐらいにしか思っていなかった。
でも一時期フリーになったり、個人でも仕事をしていると、
サラリーマンがいかに安定的でいいかが、
骨身にしみてよくわかる。

でもやっぱり人って、自分で経験しなきゃ、
そのありがたみをわからない人もいる。

「サラリーマンってすごい。
事務所の賃料や通信費や備品代を自腹で払う必要なく、
売上にかかわらず毎月決まった額の金をもらえるなんて」
とツイッターでつぶやいたら、こんなメッセージが届いた。

「一生懸命に毎日外歩いて売上作っても
社長や上司からクドクド言われてもそれなりのお給料で
毎日頑張ってるサラリーマンもいます。
時々本当に気分の悪い発言されてますよね。
そーゆう発言も見たくないのでマイミクから削除させて頂きます」

やっぱりいた!
自分ががんばってるのに上司から文句を言われ、
それなりの給料しかもらっていないと、
不満たらたらで毎日働いているリーマンが!

でもほんとこの手のくそまじめで、
機転がきかない要領が悪いタイプってかわいそうだと思う。
マイミクがあなたしかいなけりゃ、
あなたに向かって言っているのかもしれないけど、
私はマイミク1000人いるし、
ツイッターのフォロワーは9500人いる。
別にあなたに向かって言っているわけではないんだから、
スルーすればいいのだ。
イヤなら律儀に「マイミク削除させていただきます」
なんてメッセージ送ってくる必要なく、
勝手に削除すればいいだけの話。
そもそもリアルで知り合いのわけでもないし、
互いにどこぞの誰かも知らないのだから。

ただこういうのがスルーできない。
だから「自分は仕事がんばってるのに、
会社から評価されず給料が少ない」
みたいに思ってしまうのだろう。

そういう機転のきかないくそまじめさは、
私もそういう面があるので同情はするけど、
ただ「それなりの給料しかもらっていない」
と思わず言ってしまうのは、ほんと甘ちゃんだなと思う。
多分リーマンしかやったことないんだろう。
自分に与えられた営業成績はそこそこあげられるのかもしれないが、
部全体とか会社全体で何をすべきかとか、
そういう視野がまったくないんだろうなと。

「それなりの給料しかもらっていない」
ほんとだろうか?
自分の給料に不満を持っているサラリーマンに聞く。

・あなたが働いている会社の事務所の家賃はいくら?
・事務所の月の光熱費はいくら?
・紙代、コピー代、電話代は?
・あなたが売っている商品(サービス)を開発するのに、
どれだけの期間とコストがかかった?
・商品の原価はいくら?
・あなたが使っているパソコンなどの備品の総費用はいくら?
・あなたが売り上げた客は毎回きちんと期日に支払いをしている?
・売れ残った商品で処分したものはいくらあるのか?
・為替相場の急変や原油価格の変動で、
あなたの会社にどのぐらいの利益変動があったのか?

最低でもこのぐらいは知った上で、
「私は一生懸命売上作っても、
社長や上司に文句を言われながら、
それなりの給料しかもらっていない」
と言っているのだろうか?
まさか答えられないでそんなこと言ってる?!

経費という意識が欠如している。
自分で商売したことないからだろう。
会社内で自分が与えられた仕事さえしていればいい、
という意識でいるからだろう。
リーマンがいかにありがたい存在か。
会社が売上を上げるためにかけているコストを計算してみればいい。
それを知った上で「それなりの給料」といえるのか。

いや、もちろんなかには、利益を適正に社員に還元せず、
暴利をむさぼっている企業はある。
でもそうと断言できるかどうかは、
まず会社の経費を知っている人間が言うことだ。
経費を知りもしないのに「それなりの給料しかもらっていない」
なんてあり得ない発言だ。

会社の経費を調べて、えらい儲かっているのに、
社員の給料が著しく低いと思うのなら、
社長や上司に文句を言われっぱなしではなく、
社長や上司に対して文句を言うべきだ。
それすらせず、誰も聞きたくもない愚痴を、
友人にしゃべってストレス発散したり、
私のように言い当てられてしまった発言に反発し文句を言う。
そんな暇あったら、会社に言えって話。

それで会社が待遇を改善してくれたら、
あなたは幸せになれる。
それを聞いてくれないなら、
そんなイヤな会社、すぐに辞めればいいじゃないか。

だいたいこういうと「待遇のいい会社なんて世の中にない」
とか言い訳したりするのだろう。
本当だろうか?
世間を知らないだけだ。
世の中には信じられないブラック企業も多いが、
信じられない「いい会社」もいっぱいある。

書籍「日本でいちばん大切にしたい会社」(坂本光司著)
とかを参考にしてみたらいい。
マジでこんな会社あるの?というぐらい、
素晴らしい会社はいっぱいある。
今の会社に不満があるなら転職すればいいのだ。

なぜ辞めれないのか。
自分の仕事力に自信と実力がないからだ。
だから文句を言いつつ、会社にしがみつく。
仕事の実力や自信があれば、
とっとと会社を辞めて転職するなり、
独立・起業すればいいだけの話だ。

そして独立・起業してはじめて、
私がここで書いていたことに気づく。
サラリーマンってこんなにいい職種だとは思いもしなかった。
リーマン時代、しょうもないことで、
ぶつぶつ文句を言っていた私が恥ずかしいと。

当たり前の話だが、
どれだけ売上があってもそこには経費がかかり、
経費をひいた分が利益になる。
その利益の中からあなたの給料が支払われている。
これは個人だけでなく、
売上至上主義のアホな企業にも言えることだが、
どれだけ売上があっても利益が少なければ、
給料は上がるわけがない。

そしてこれも当たり前の話だが、
組織で働いている時は、
総務、経理、人事、法務などは全部誰かがやってくれる。
自分は自分の仕事だけしていればいい。
でも個人で仕事をすれば、
そうしたことも全部自分でしなければならない。
その点を理解していないリーマンが多い。

もちろん個人で仕事をする方が、
リーマンで働くよりいい点もいっぱいあるので、
リーマンが個人よりいいと言っているわけではない。
しかしリーマンしか経験したことない人は、
リーマンのメリットを存分に享受しながら、
そのありがたみにまったく気づかず、
デメリットばかりを見つけて、
会社に文句ばかり言っている可能性が高い。

そうやって不平不満を持ちながら、
イヤイヤ毎日働いていれば、
生産性も落ちるだろうし、ミスもしやすくなるだろうし、
そもそもそんなイヤイヤ働いている社員から
金を払って商品やサービスの提供を受けている、
客に対して失礼だ。

会社にイヤなことがあるなら選択肢は2つ。
1:イヤな点を改善できるよう会社に働きかける。
2:会社を辞める。

この2つができないのなら、文句言わず働けって話。
個人で一度仕事をしてみれば、
リーマンのありがたみがわかるだろう。

※これも当たり前の話ですが、
サラリーマンすべてが経費意識がないといっているわけではなく、
そういう人もいると言っていることを、
ご理解いただければと思います。

・会社と上司に文句があるなら会社を辞めればいい
http://kasakoblog.exblog.jp/16993878/

・サラリーマンは自営の気持ちがわからない
http://kasakoblog.exblog.jp/15108812/

・かさこツイッター
https://twitter.com/#!/kasakoworld

by kasakoblog | 2012-01-26 23:55 | 働き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog