企業年金が消えるのは当然~投資の教科書はウソだった

年金制度の不安・不満は頂点に達しているが、
報道されるのは公的年金ばかり。
しかし先日、企業から資金を預かったAIJ投資顧問会社が、
2000億円もの年金資金を消失させてしまったと大問題になった。

実は公的年金だけでなく企業年金も自分年金も欠陥的・致命的問題がある。
公的年金だけでは不安だからと、
企業や個人が投資に手を出したところ、
本来なら長期間、投資すれば、
預金金利よりも高い利回りで運用できるはずが、
今まで「投資の教科書」に書かれていたことが、
まるで通用しなくなってしまったからだ。

預金金利が超低金利でお金を預けていても増えません。
だから投資をすれば金利が高くついて、老後の生活も安心です。
これが投資のレトリックだ。

では何で稼ぐのか。
株式と債券だ。
株式は企業が紙切れを発行し、返さなくてもいいお金。
その代わり業績が上がったり、人気が出たりすると、
紙切れの値段が上がるから、上がった時に売れば儲かるのと、
業績がいいと配当が出るので、配当収入が見込めるというもの。

一方、債券は紙切れだか借用証書のため、
必ず利子をつけてお金は返さなくてはならない。
このため株式ほど儲かる可能性は低いが、
そこそこの利子を期待できる。
もちろんギリシャとか倒産企業の債券を買ってしまうと、
元本が確保できるかわからないので、
預金とは違ってリスクはある。

年金資金を確保するために、
企業年金はだいたい株式に50%、
債券に50%の割合で投資している。
債券が仮に安全だとしても、
株式が半分も占めていると、
株式の変動で大事な資金が増えるどころか、
大きく減ってしまう可能性がある。

例えば1000万円運用していて
債券500万円が10年間で650万円に増えたとしても、
株式500万円が10年間で300万円になってしまえば、
トータルで950万円。
50万円のマイナスである。
超低金利だろうが預金に預けておけば、
1000万円は確保されるわけで、
手間隙かけて手数料もとられて、
50万円マイナスなんて、なんてバカらしいことだと思うだろう。

でもなぜこんな愚かなことが行われてきたのか。
それは株価は一時的に上がったり下がったりしても、
最終的には右肩上がりになると信じられていたからだ。
e0171573_9195346.jpg

図をご覧いただきたい。
これが投資・運用の前提となっている大原則。
株式は上がったり下がったりする。
時には買った時の半値以下になってしまうことも
あるかもしれない。
でも長期的に見れば世界の経済は絶対に成長するから、
一時的に株価が下がったとしても、
20年、30年持っていれば必ず上がるという神話に基づき、
株式投資が行われてきたわけだ。
e0171573_9201742.jpg

じゃあそれは本当なのだろうか。
日本株(TOPIX)の推移をご覧いただきたい。
1985年~2012年の約27年間の変遷だが、
見ての通り、27年前の株価指数の値より、今の値の方が低い。
20~30年持ってもマイナスの可能性が多いにあるということだ。

ちなみに2012年1月末時点で、
TOPIXに推移していたらどうなるか、
というわかりやすいサイトがあるが、
それによると、
5年:100万円→48万円
10年:100万円→90万円
15年:100万円→66万円
20年:100万円→58万円
30年:100万円→181万円
となる。
http://myindex.jp/data_i.php?q=TS1047JPY

なんだ、かさこさん、30年預ければ、
81万円もプラスになるじゃないかと思うかもしれないが、
株式という非常にリスクが高い資産に預けて、
30年も預けたのに2倍にすらならないのでは、
はっきりいってお話にならない。

しかも今から30年前なら、
まだ日本が成長した時期も含まれる。
しかしこれから30年後に、
日本が成長すると思うだろうか?
そう考えた時、今までと同じように、
株式は右肩上がりだから持っていれば大丈夫なんて、
果たして思えるだろうかという話だ。
e0171573_9204930.jpg

今後、株式はどう動いていくのか。
簡単に言ったら右肩下がりのトレンドになっていくだろう。
もちろん市場なので下がるだけでなく上がる時もある。
しかし基本的には前よりもどんどん下がっていく。
つまり長期に持てば持つほど、
今までの常識とは違い、大損する可能性が高いわけだ。

こういう時代の変化が起きたにもかかわらず、
長期投資していれば株価は上がるなんて、
とんでもない幻想にしがみついて、
企業年金の多くが運用されている。
するとどうなるか。
思ったほど収益を上げられず、年金不足になるとこういうわけだ。

もし株式で収益を上げるとするなら方法は3つ。
1つは長期投資ではなく短期投資。
右肩下がりのトレンドとはいえ、
株価には波があり、下がったり上がったりする。
だからちょっと上がったら長期で持たずに売る、
ということを繰り返す。

しかし当たり前の話だが、
どこが波の天井でどこが波の底かなんて誰にもわからない。
基本的には右肩下がりの傾向にあるわけだから、
間違って高値でつかんでしまうと大損する可能性もある。
そんな危険な資産に年金資金を預けますかという話。

もう1つは売りから入る。
売りからとは単純にいうと、
「株価が下がる方にかける」ということだ。
しかしこれもそう単純にはいかない。
下がると思ったら上がってしまうこともあるからだ。

3つ目は集中投資。
株式市場全体で見れば右肩下がりだが、
数少ない企業は右肩上がりで株価が上がっているところもある。
そういう企業を探してそこに集中投資する。

しかしそんなことが果たしてできるだろうか?
例えば安定しているといわれていた電力株は、
原発事故で瞬く間にボロ株へと早代わりした。
どこか成長するか企業を見極めるのは、
言ってみれば宝くじを買うようなもの。
そこに集中投資してもしどこか1社でも、
何か不祥事かがあって業績悪化、もしくは破綻してしまえば、
大事な資金はおじゃんである。

今まではアホのごとく、
ただ株式に投資して長年持っていれば上がると思われていたが、
もはやそういう時代ではなくなった。
そう気づいている人も多いが、
運用方法を変えたところで、
確実に儲ける方法などない。
だからこそAIJのように、
高利回りをうたいながら、実際には大損してしまい、
それを虚偽の報告をして誤魔化したというような、
とんでもない事件が起きるのだ。

株式投資は楽しいがもはやギャンブル。
ギャンブルで老後の生活費を稼ぎますか?という話。
もはやこれまでの投資の常識で、
大事な年金の運用なんかできない。

お金を増やすことが無理なら、
お金支給という年金制度ではない、
老後の生活を保証する仕組みを作るしかない。

例えば住宅無償、食品無償などだ。
人口が減って空き家が増えているのだから、
住宅無料で住んでもらえば、
お金がなくてもとりあえず雨風はしのげる。
食べ物も買うお金がないなら、
大量に出ている食品廃棄物とかを、
無償で回す仕組みを作ればいい。
もしくは放射能汚染された食品を、
無料で老人限定で支給すればいい。

これまでの常識が180度変わった今、
これまでの制度の延長線上のような、
小手先の改革では無理やり延命したところで、
抜本的治療には絶対にならない。

投資の常識が180度変わった。
なのにまだ過去の常識にしがみついて、
年金が運用されている。
もしくは小手先のテクニックで、誤魔化そうとしている。
だからAIJのような事件が起きる。

もはや株式で年金を運用する時代は終わったのかもしれない。
宝くじやパチンコで年金を運用しないのと同じように。

by kasakoblog | 2012-02-28 00:56 | 金融・経済・投資

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog