配当利回りならJリート!

2万円の株を買うと、毎年分配金で1700円もらえる。
20万円の株を買うと、毎年分配金で1万5000円もらえる。
利回り6~8%という驚異的な金融商品があるのをご存知だろうか。
Jリート(不動産投資信託)だ。

貯蓄から投資へという掛け声のもと、
多くの投資家が株式投資や投資信託で、
資産を半額に減らしてしまい、
多くの人たちは金利が0%だろうが、
元本が減らない預金の素晴らしさを知った。

あとはむしろ株式投資や投資信託のように、
イマサマが横行するようなギャンブルではなく、
ある意味ではとっても公平なスロットマシーン、
円高か円安を当てる丁半バクチのFX(外国為替証拠金取引)に、
シフトしている人も多いが、
さすがに丁半バクチは資産運用という意味では恐ろしい。

私も金融ライターという職業柄、
すべてに手を出してやってみたが、
株は10万円が1万円に、
投資信託は20万円が12万円にと、
金融ライターでありながら、
見事に大損ぶっこいた。

FXは豪ドルで何回かやっていたが、
負けたことはなく多分プラス3万円ぐらい。
でもこの小金を稼ぐために、
丁半バクチにかけるいは怖すぎ、
心理的にも毎日レートが気になるので、
儲かるかもしれないけど、やめた。

そしてここ数年、毎回儲かっているのが、
Jリート(不動産投資信託)である。

Jリートとは、みんなで金を出しあって、
複数のオフィスビルや商業施設やマンションなどを買い、
賃料収入で儲かった分のほとんどを、
半年に1回、投資家に分配金として還元する金融商品だ。

投資信託(ファンド)であるが、
東証に上場しているので、
株のように買える便利な商品である。

このJリートの配当利回りが大変なことになっている。
日本株市場で配当利回り上位で検索すると、
上位はほぼすべてこのJリート。
しかも6~8%と驚異的な数字である。

Jリート名/株価/配当利回り/分配金目安
e0171573_1144671.jpg


なんでこんなものすごい配当利回りになっているか。
・金融商品の中でも知名度が低く人気がない。
・株価が下がるとJリートも下がる傾向にある。
という理由だ。

株価が安いけど、不動産の賃料収入は入ってくる。
だから利回りで見るとものすごい高い数字が出ているのだ。

利回りっていいうと難しいけど、利子・金利みたいなもの。
今、銀行に普通預金で預けると0.02%。
そんな超低金利時代にJリートだと6%とか7%とかつく。

比較すると、
10万円を銀行に預けると1年間で20円の利子。
その10万円でJリートに投資すると、
1年間で6000円入ってくることになる。
なんとも恐るべき違い!
株にも配当はあるが、さすがにここまで%の高いものは皆無だ。

手数料は高いは元本から取り崩して、
分配金を出すようなイカサマ詐欺商品の、
投資信託を全部売り払ったので、
その資金でJリートにここ数年、投資するようになった。

日経平均株価が下がった時にJリートを買い、
日経平均株価が上がったら売って儲ける。

ただ株でもJリートでもそうだけど、
日経平均が下がった時に投資して、
もっと下がってしまったらどうしようという恐ろしさだ。
それを軽減してくれるのがJリートである。

私も投資した後、買った値段より下がったことは何度もある。
でも持っていれば6~8%もの分配金が、
半年に1回入ってくるから、
別に下がってもいいやと持っていられる。
でもそのうち上がってくるから、そこで売る。
そんなことを繰り返しているので、
株式投資では1/10になり、
投資信託では1/2になってしまった私が、
Jリートでは損したことがない。

もちろん投資商品なのでリスクはある。
株以上に値動きが荒いので、
もしかしたら半値とかになってしまうかもしれない。
不動産の状況が思わしくなく、
賃料収入が減れば、分配金が減って、
利回りが下がってしまうかもしれない。

そして一番恐ろしいのは地震リスクで、
首都圏とかに地震がきて、
ビルの補修工事にお金がかかったり、
賃料ががくんと下がったりしたら、
まったくどうしようもない紙切れになってしまうかもしれない。

でもだからといって10万円預けて20円しか利子がつかない、
普通預金に預けておくのなら、
預金の中のほんの一部の資金を、
「最悪0円になっても仕方がない」という覚悟のもと、
この日経平均株価の低迷時に、
Jリートに投資すると、結構おいしいと思い、
先週、株価が下がりまくったところで、
いくつかの銘柄に投資した。

今後もまだまだギリシャ、スペインをはじめとした、
欧州危機の影響で、今の株価で購入しても、
外国人投資家が資金を引き上げちゃうと、
株価は下がってしまうかもしれないが、
でも欧州危機と日本の不動産賃料市場には、
そんなに直接的な影響はないわけで、
賃料が入ってくれば株価は下がっても、
6~8%ぐらいの分配金が入ってくる。
そして何より為替リスクがないことがいい。
為替変動の影響を受けるような商品は、
まずほとんど為替でやられる。
でもJリートに為替リスクはない。

そんなわけでいくつかJリートに、
先週、今週に投資しました。
株と同じように売買できます。
もし株でも投信でもFXでも、
資産運用がうまくいかないという方は、
Jリートを試してみるといいかもしれない。

ただし投資はバクチ。
0円になっても許せる範囲のお金で、
少額で試してみるといいかと思います。

手数料は高いは、運用成績は悪いは、
元本から取り崩して分配金は出すは、
詐欺みたいな投資信託なんかに投資するより、
よっぽどもいいです。

本当は今、株式投資の取材をしていて、
いろいんな人たちの話を聞くと、
株の方がロマンがあって数倍にもなる可能性もあるので、
やりたいのはやまやまなのですが、
銘柄数が多いし、不祥事リスクとかも怖いので、
やっぱり手を出せず、
自分の慣れ親しんだJリートに振り向けることにした。

ちなみに金融機関や証券会社にいっても、
手数料がふんだくれる投信ばかり勧めて、
Jリートを勧めるところはあんまりないんじゃないかな。
自分たちが儲からないし、
そもそも株でも債券でもない、
不動産の実物投資でもない、
Jリートが何たるかを知らない金融機関の人もいるので。

Jリートのような「いい商品」の、
認知度が上がればいいのに。

Jリートとは?
http://www.japan-reit.com/page/guide01-2.html


もし何かAmazonで買い物する方いらっしゃれば、
下記よりお願いできれば助かります。
※有料メルマガにせずブログ記事の取材費を捻出するため、
アマゾンのアフィリエイトをしています。
Amazon

by kasakoblog | 2012-06-13 01:20 | 金融・経済・投資

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog