人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日中韓チキンレースの恐ろしさ

チキンレースとは、双方が車に乗って、
相手の車に向かって衝突寸前まで車を走らせ、
先によけたほうを臆病者(チキン)とするレースのこと。
どちらかが“臆病者”でなければ、
両者は死ぬ可能性もある、何のメリットもないレースだ。

こうしたチキンレースは、
仕事や私生活の場面にも見られる。
双方の利害が真っ向から対立している場合、
どちらか、もしくはどちらとも譲歩しなければ、
結局は双方何も得られないまま決裂になり、
両方が損をしてしまう。

両者が一歩も引かずに本当に対決してしまったら、
双方被害が甚大で場合によっては立ち直れなくなってしまう。
ならばお互い、つまらないメンツを捨て、
互いの損失を最小限にする譲歩をすべきだ。
本当のチキン=臆病者とは、
冷静な判断ができず、
その場で最も利益のある道を選択できず、
始めたことはやめられず、
無謀に突っ込むことしかできない能無しの連中のことだ。
(原発なんてのもまさにそれ)

双方の被害を避けるために、
撤退、譲歩、交渉をするには勇気がいる。
臆病者にできることではない。

経済がガタガタで人気低迷の日中韓の政治家どもが、
人気がないから周囲の人気を集めるため、
チキンレースを始めている。
敵に向かって一歩もひかず、
まっしぐらに突っ込んでいく様子は、
何もしない臆病者どもには勇気ある行動と移るのだろう。

自分たちでは何もできない、
自分に自信がない無責任な周囲の連中は、
チキンレースを煽る。
「やれやれ!逃げるな!逃げたら負けだ!突っ込め!」
まるで戦時中の特攻隊のようだ。

このチキンレースで死ぬのが、
国内政治無策で人気低迷している政治家同士なら、
勝手にメンツをかけて双方死んでくれれば、
双方の国民のためになるかもしれない。
しかし国家のチキンレースは、
人気とりのために始めた無能な政治家と、
そのチキンレースをはやしたてる、
客観的な状況判断ができない無能な国民によってエスカレートし、
互いに衝突する車に乗せられるのは、
政治家でも官僚でも財界でもなく国民だ。

メンツをかけて戦い、自らの命をかけて、
敵国に突っ込んで死ぬことで、
日本社会が素晴らしくなり、
国民生活が豊かになるならともかく、
多くの場合は国民に甚大な被害が出て、
生活もめちゃめちゃになり、
国民の不幸しか招かない。

国同士の戦いではないが、
先日日本人ジャーナリストが殺されたシリアは、
内戦状態が続き、少なくとも2万人以上が死亡しているという。

はじめは単なるデモだった。抗議活動だった。
しかしそれを許すまいと、多くの人を逮捕した。
それがきっかけで抗議活動は急速に拡大。
今度はそれを鎮圧するために逮捕だけでなく警官が暴行を加えた。
もうこうなってくるとチキンレースはとまらない。
相手よりさらに上回る強硬手段に双方が出て、
手段が次第にエスカレート。
手段が強硬になれば犠牲者も増え、
それが怒りに火を注ぎ、さらなる反発を招く。
最終的には抗議やデモなんかでは済まされず、
単なる逮捕では済まされず、
両者分かれて完全な戦闘状態となっている。

これを見て日本人はどう思うだろうか?
バカじゃないかと思うのではないか。
国民が国民を殺しあって内戦状態になり、
生活がままならなくなり、誰もトクしない。

しかしそれは内戦に限った話ではない。
国同士がささいないさかいから、
それがどんどんとエスカレートしていき、
やがては戦争になれば、両国民に多大な犠牲が出る。

日中韓が争っているのをロシアやアメリカが見たらどう思うだろう?
「アジアのバカなサルども、どんどん争いあって、
国力を低下させればいい。
バカどものおかげで武器も売れるし、
黄色人種なんか全滅しちまえばいいんだ」

でもチキンレースを始めてしまったら、
客観的に冷静になんか情勢判断ができなくなり、
あいつが上陸したから今度はオレも上陸するだとか、
あいつが暴言はいたからこっちも暴言はくとか、
あいつが一人殺したからこっちは2人殺してやると、
どんどんエスカレートしていくだけだ。

死亡した戦争ジャーナリストの山本美香さんは、
「報道で戦争は止められる」との使命感から取材活動を続けていたという。
しかしメンツをかけたチキンレースを行う臆病者にとって、
レースを止められてるきっかけとなるような、
客観的に状況を伝えるジャーナリストは邪魔な存在。
だからこそジャーナリストの被害者も増えているのだろう。

「報道で戦争は止められる」と使命感を持ち、
危険をかえりみず戦地取材をしている、
日本人ジャーナリストがいる一方、
戦地にもいかずにナショナリズムを煽って、
人気とりするような政治家や識者がいたり、
視聴率がとれるのか、
両国の感情を悪化させることを使命感にしている報道も見受けられる。

「報道で戦争は止められる」どころか、
「報道のせいで戦争が始まってしまう」可能性の方がはるかに高い。

不用意にナショナリズムを煽り、
勇ましい発言をしている連中こそがチキンだ。
それを煽る国民もまたチキンだ。

本来、本当に国民や国家のためを思う政治家なら、
自国に有利に交渉を進めるために、
強気な態度を見せ、一歩も引かない様子を見せたとしても、
裏ではチキンレースを終わらせる妥協点を図るのだろうが、
今の日中韓の政治家は、国内政策があまりにずさんなため、
対外強硬策でしか国民の支持を得られず、
妥協点を模索する交渉力・政治力もないように見える。

特に人気低迷の韓国大統領と、
これをきっかけに政権を奪回したいと目論む自民党、
都政無策の石原都知事には要注意。

そんな無能な政治家連中につき合わされ、
国民に甚大な被害が及ばないとも限らない。
アホな国民でなければチキンで無能な政治家を、
チキン呼ばわりして煽らないことだ。

一部の国民世論や報道のせいで、
ささいなきっかけが戦争に発展しないとも限らない。
戦争になったら国を守るどころか国が疲弊するだけだ。

くれぐれもチキンレースを煽る、
政治家、識者、メディアに惑わされないようにしたい。

・・・・
もし何かAmazonで買い物する方いらっしゃれば、
下記よりお願いできれば助かります。
Amazon

by kasakoblog | 2012-08-23 23:37 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog