人気ブログランキング | 話題のタグを見る

半額でしか買わないものは買うな~ミスド半額と店員暴言とその教訓

半額だから買う、ならやめた方がいい。
100円だから買う、ならやめた方がいい。
バーゲンだから買う、ならやめた方がいい。
というか安いから買うというのはやめた方がいい。
なぜならそれはあなたにとって不要なものだからだ。

「ミスドに来たら店の外までロープ張られてて大行列」
「昼に買いに行ったら30分待たされたわww
しかも買い終わった後も列が全然短くなってない」
ミスタードーナツが半額セールを実施し、大変なことになっている。
私の最寄り駅の店舗でもものすごい大行列になっていた。

この大混雑ぶりに店員がネット上でとんでもないつぶやきをして、
非難殺到、炎上騒ぎになっているという。
「ていうかアホみたいに買ってくバカどもなんなんだよ
そんなに買ってくえんのかよ 貧乏臭いしコジキかよ キモイわ」
「店に来られるのは迷惑」「貧乏くさいし乞食かよ」

店員とは思えない信じられないつぶやきだし、
そもそもおまえら、何で金もらっているのか、
そんなこともわからないのかと思ってしまうわけだが、
ただこういうつぶやき事件がある度に思うのは、
このアホな店員が悪いというより、
安い時給や安い給料でコキ使い、
ろくに店員教育をしない、企業体質があるからだろう。
つまり雇う側が安かろう悪かろう、
使い捨てでしか店員を考えていないからこうなる。

ただ「そんなに買ってくえんのかよ」と店員の文句だけはうなづける部分もある。
もう17~18年前、学生時代にマクドナルドで4年間、
マネージャーとして2店舗でアルバイトをしていたことがある。
当初ハンバーガーの定価は確か210円ぐらいだったと思うのだが、
時々100円キャンペーンをやると、普段の10倍ぐらい売れる。
一人で5個とか10個とか買っていくお客さんがいる。
そんな時に思うわけです。
「いくら安いからといって、そんなに食べれるのかな」
「みんな10人家族とかの大所帯なのか??
いや10人だってこの数は多いような・・・」と。

半額だからいっぱい買う、安いからいっぱい買う、
ってナンセンスなお金の使い方だと思う。
安いからといって食べきれないぐらいの量を、
たくさん買い込んだたら、
安さでつられたのに、結局高くついてしまう。

半額セールをしていなければ普段はドーナツ買わない人が、
半額やっているからといって買っていったら、
その分、出費は増えるわけです。
つまり安さにひかれているのに、トータルで見れば高くつく。

普段からドーナツを買っている人でも、
いつもは1個で十分なのに、半額だからといって3個買って、
無理やり食べるなんて意味がない。
だったら半額で1個買えばいいんです。
普段通りに。

学生とか主婦とかバックパッカーにいがちなんだけど、
安く買うこと=トクみたいな誤解をしている人がいる。
でも必要ないものをいくら安く買っても意味はない。
バーゲンセールなんかで買い込んだけど、
結局ろくに使わず、その分、
出費が増えてしまったなんていうのがこのパターン。
あとは自分の生活や仕事にとって重要なものを安くすると、
結局、物持ちがせず高くつく。

私なんかもこの安さマジックのワナにはまっていた。
例えば靴。
私は取材や撮影でとにかく歩き回るので、
すぐ靴を履き潰してしまう。
だから靴なんかどうせ壊れるんだから、安い方がいいと考え、
西友で2000円とか3000円の靴を買っていた。

すると履き心地は悪いし、2~3ヶ月ぐらいでダメになり、
また買い換える。
そういう無駄な出費を繰り返していた。
震災が起きて靴が丈夫じゃないと大変なことになると、
靴の専門店で1万円の靴を買ったら、
履き心地はいいし、1年もった。
なんだ、2000円の靴を何度も買い換えるより、
1万円の靴を1年使った方がいいと気づいた。

4~5年前に節約アドバイザーの方に、
毎月取材をしていたことがある。
さぞみみっちいことを言うのかと思いきや、
「安い=節約ではない」という勘違いを払しょくすることが、
まず節約の第一歩だと言っていたことが印象的だった。
安いものを買ってあまり使わなかったり、
すぐに買い換えなければならない方がはるかにもったいない。
ならば大金出していいものを買うことが節約だと。

100円ショップなんかいくとろくなことはない。
なんかどれも100円でものすごくお得に見えてくる。
今、必要ではないけど、いつか必要になるかもしれないと考え、
必要でないものをいっぱい買い込んでしまったり、
100円にしては安いから買っておこうと、
使う予定もないのに買ってしまったりする。

そして家に帰ってきてもこれらが活躍する場所はない。
結果、何も使わないまま、
大掃除の時に出てきて捨てるという無駄をする。
結構、こういうバカなことを私も何度かした。
100円で卓球のラケットとボールが買えるから、
これはいつか遊びに行く時に使える!
なんて買ったりしたけど、卓球やる機会なんかなく、
結局、ゴミに出した。
どうしようもない無駄なお金の使い方だ。

ドーナツが半額。
それはトクかもしれない。
でも半額じゃなくても、ドーナツが食べたい、
おいしいからいつも買っている人が、
いつもの量を買うならそれはお得になる。

でも普段ドーナツを食べない人が、
半額だからという理由だけで、
意味もなくいっぱい買い込んでも、
それはまず無駄な買い物になるだろう。
「どうせ半額だから」とありがたみもないため、
いっぱい買ってしまい、食べれなくなっても、
捨てることに罪悪感ないみないたことにもなりかねない。
別に暴言店員を擁護するつもりは毛頭ないが、
半額だからという企業の子供だましみたいな戦略に、
まんまとのせられて、
普段は食べもしない、どうしても欲しいわけでもない、
ドーナツたくさん買う行動って、
貴重なお金を無駄に使うことだと思う。

そのために行列に並ぶのも無駄。
半額のおかげで数百円トクになったとして、
でも仮に30分並ぶとすると、
時間単価で考えたら、それはぜんぜんトクではない。
だって時間だって貴重なコスト。
定価でも1分で買えた方が、
はるかにトクという人もいるだろう。
残り29分で仕事ができるわけだから。

半額じゃなくてもドーナツが欲しいなら買えばいい。
半額じゃないとドーナツ買わない人は、
ドーナツなんか買わず、そのお金を、
今、自分が欲しいものや必要なものに使えばいい。

「お金がない」「欲しいものが買えない」
なんて言っている人に限って、
半額セールやバーゲンセールに弱い。
そんなところで無駄金使っているから、
本当に欲しいものが買えなくなるのだ。

安いから買うではなく、欲しいから買う。
この当たり前の買い物の原則だけだと、
物が売れなくて困るから、
企業は消費者を騙そうと、
おまけ戦略だとか値引き戦略だとか限定戦略とか、
イメージ戦略とかCM戦略とかで、
商品の本質とはかけ離れたところに莫大な予算を投下し、
その分、コストが割高になるか、
品質を落とした物を売りさばいて儲けている。
そんな企業の初歩的な戦略に騙されてはいけない。

安いから買うではなく、欲しいから買うを貫けば、
たとえ給料が上がらなかったり、
ボーナスが少なかったりしても、
お金に困らず、でも欲しいものは手に入れられ、
幸せな人生を送れると思う。

※ちなみに私はミスドのドーナツは好きです。
大学時代は毎日ミスドに行き、
コーヒーを何杯もおかわりし、ドーナツ食べてた。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

by kasakoblog | 2012-09-29 01:04 | 生き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog