人気ブログランキング | 話題のタグを見る

復興予算で沖縄と北海道の道路工事。民主党政権崩壊は官僚のクーデター~懐かしい八ッ場ダム訪問

復興予算で沖縄と北海道の道路工事。民主党政権崩壊は官僚のクーデター~懐かしい八ッ場ダム訪問_e0171573_23543937.jpg
被災地・被災者のために使われるはずの復興予算が、
まったく関係のない予算に使われまくっているのをご存知だろうか?

行けばすぐにわかるが、
被災地では今も復興にあえいでおり、大変な状況だ。
町が完全に壊滅したところもある。
でもまた津波がくる可能性がある。
高台移転など莫大な費用がかかるし、
それまでの間の被災者支援にも、
相当のお金がかかることは、
よほどのバカでなければ簡単にわかる。

だから復興予算が組まれ、
そのためだったら税金が多少増税されても、
他の予算が多少削減されても、国民は仕方がないと思うだろう。

ところがその復興予算は、
被災地にろくに金が回らず、
こんなことに使われている。

・沖縄教育振興事業費:約31.5億円
・沖縄道路整備事業費社会資本整備事業特別会計へ繰入:約22億円
・北海道治水事業費社会資本整備事業特別会計へ繰入:約14億円
・北海道道路整備事業費社会資本整備事業特別会計へ繰入:約77億円
・北海道開発事業費:約118億円

すみませんが、沖縄と北海道は震災で甚大な被害があったんですか?
復興予算で沖縄と北海道に道路作る必要があるんですか?
道路作る必要あるなら、別の予算から組み入れるのが筋じゃないですか?

・国際の平和と安定に対する取組運営費:約3億円
・海外広報及び文化交流に必要な経費:約6700万円
・地球規模の諸問題への取組に必要な経費:約7000万円
・独立行政法人国際交流基金運営費交付金運営費:約1億円
・資源エネルギー庁国際会議運営費;約1億7000万円

国際平和や地球規模の諸問題が大事なのはわかるが、なぜ復興予算で??

・ライフサイエンス分野の研究開発の推進等に必要な経費:約56億円
・ナノテクノロジー・材料分野の研究開発の推進に必要な経費:約14億円

こうした研究開発が必要なのはわかるが、
何か被災地復興に関連しているのだろうか?

・男女共同参画社会形成促進費:約1億円

男女共同参画社会形成は重要だが、なぜ復興予算に?

・原子力分野の研究開発の推進運営費:約30億円
うち国際熱核融合実験炉計画関連研究開発費補助金に約19億円

原発被災者のための費用ならともかく、
原発の研究開発を推進する費用が復興予算?
核融合実験炉を作るのは復興じゃないよね?

・独立行政法人酒類総合研究所運営費:約5700万円

謎。

・国土交通省の官庁営繕費:約37億円
うち14億円は、東京・霞が関の合同庁舎4号館の耐震改修費用

霞が関の耐震改修は必要だとしても、
復興予算の枠内でする予算なのか。

・・・・・・・・・・

上記の予算そのものが不要だと言っているわけではない。
必要ならば復興予算ではなく、本来の予算でやるべきだろう。

被災地や被災者に十分予算が回っていて、
それでも金が余ったから、
被災地以外のところで防災にかかわることなら、
金に使いましょうという話ならわかるが、
被災地の庁舎改修がままならないのに、
仮設住宅の不具合が出てきて大変なのに、
なぜ復興予算で北海道や沖縄の道路を作るのか。


民主党政権がマニフェストを守らず、
国民を完全に裏切ったことから、
民主党の政治家に批判が集まっているが、
思い起こせば、政権発足当初は、
マニフェストを実行に移すべく、
事業仕分けを実施したり、
八ッ場ダム建設中止を実行に移そうとした。

しかし官僚にとって不都合な政治家は、
冤罪訴訟裁判で完全に政治力を奪い、
マニフェストを実行しそうな勢いの鳩山首相は、
マスコミを使った大バッシングによって葬りさった。
菅首相に変わった途端、消費税増税が必要だと言い出した。

しかし菅首相は困ったことに反原発の動きを見せた。
原発利権を奪われたのではたまったものではない。
そこで震災対応や原発事故対応を、
全部、菅首相の責任に仕立て上げ、
官僚の言うことを全部聞く野田首相にすりかえた。

復興予算に組み込まれた国際交流基金や酒類総合研究所は、
事業仕分けで見直しが求められた独立行政法人だ。
民主党の事業仕分けの判断が正しかったかはさておき、
ああして国民の前に、事業を俎上にのせて、
必要かどうかを議論するというのは、
財政危機で増税しなければならないほど、
切羽詰っている情勢なら必要だろう。
ところが鳩山政権を葬り去ったので、
事業仕分けで不要とされたものは次々と生き返った。

建設中止だったはずの八ッ場ダムは、
前原大臣が変わった途端、官僚が検討会を開いて、
建設が望ましいとの判断を示し、
まんまと建設再開にこぎつけた。
復興予算で沖縄と北海道の道路工事。民主党政権崩壊は官僚のクーデター~懐かしい八ッ場ダム訪問_e0171573_23551290.jpg
復興予算で沖縄と北海道の道路工事。民主党政権崩壊は官僚のクーデター~懐かしい八ッ場ダム訪問_e0171573_23551952.jpg
復興予算で沖縄と北海道の道路工事。民主党政権崩壊は官僚のクーデター~懐かしい八ッ場ダム訪問_e0171573_23552589.jpg
復興予算で沖縄と北海道の道路工事。民主党政権崩壊は官僚のクーデター~懐かしい八ッ場ダム訪問_e0171573_23553358.jpg

思えば、民主党政権発足時、
一時期、八ッ場ダム建設現場が毎日のようにテレビで報道された。
八ッ場ダムの広報センターである「やんば館」には、
テレビの影響で来場者数が急増したという。

しかし昨日(2012年10月3日)にやんば館に行ってみると、
平日のせいではもちろんあるのだが、
駐車場はがらあき、私の他に先客が2人いたが、
その後は誰も来る様子はなかった。
そもそもメディアで八ッ場ダムを取り上げることもなくなった。
あれだけ騒いだ八ッ場ダムも、こっそり建設再開され、
国民の関心事から消えうせてしまう。
こんなことしてるから、国民がまじめに働き、
増税にたえて税金をおさめても、
財政問題は解決しないのだろう。
無駄遣いをやめる気配まったくないんだから。

そういえば先日こんなニュースがあった。

自治体が国の補助を受けて整備した下水道施設のうち、
約360自治体が管理する約600施設を会計検査院が調べたところ、
約80施設(建設費約450億円)が1998年~2010年の間、
ほとんど使われていないことが分かった。
うち56施設は一度も稼働していなかった。
これらの施設には国の補助金約250億円が投入されており、
今後も使用されなければ多額の税金が無駄になる可能性が高い。
人口増加を見込んで設備を増設したが、見込みが外れて使われないなど、
余った状態の施設が約80あることが確認されたという。
(毎日新聞)

税金がないから増税するは社会保障費は削るは、
国民の負担を増やしていながら、
復興予算のネコババしかり、事業仕分けの無視しかり、
こうした税金の無駄遣いしかり。
まだまだじゃぶじゃぶの無駄遣い予算が注ぎ込まれている。

結局、311でわかったのは、
日本の財政が悪化しているのは、
政治家が悪いんじゃなく、官僚が悪い。
官僚が省益のために、
いかにももっともらしい事業をつくり、
そこに税金をぶんどり、
自分たちの利権先を確保している。
ここにメスを入れない限り、
どんな政治家になっても日本はよくならないだろう。

いやもしかしたら民主党はここに手をつけようとしたのかもしれない。
なぜならマニフェストの一番目には、

国の総予算207兆円を全面組み替え。
税金のムダづかいと天下りを根絶します。

と書かれている。
これを官僚のサボタージュとクーデターにより、
完全に拒否され、逆に官僚に乗っ取られ、
今は完全に官僚の傀儡政権だ。
だからマニフェストに書いてあることなんか、
やらないんです。
やられたら官僚が利権を失うから。

政権交代ではなく官僚交代。
官僚システムを抜本的に変えないと、
この国は絶対によくならない。

そういえば国民を被ばくさせたのも官僚だ。
原発事故が起きた際に、住民の避難に役立てるため、
緊急時迅速放射能影響予測システム(SPEEDI)があったが、
これを所管する文部科学省は、
官邸にSPEEDIの活用を助言せず、公表しなかった。
これは完全にサボタージュである。

「政治家から何にも言われなかったんだから、オレたち知らない」

原発の北側にある南相馬市だが、
原発から近いため、北西方向の飯舘村方面に避難した人もいた。
しかし流れたのは北西方向。
南相馬市の海側は原発から距離が近くても、
それほど放射線量が高くないのに、
よりによって放射線量が高い飯舘村方面に避難してしまった。

こういうことを平然としているのが、今の官僚だ。
選挙で選ばれた政治家より、
専門的な情報に詳しいはずの官僚が、
政治家に情報を出さない、国民に情報を出さない。
自分たちの省益判断でしか動かないからだ。
小賢しい頭脳を国民のためになんか使っていない。

そういえば自民党総裁に安倍氏が復活したが、
安倍政権時代に公務員改革を進めようと、
渡辺よし美大臣が奮闘したが、官僚に不都合だったのか、
安倍政権はマスコミのネガティブキャンペーンによって、
安倍首相は下ろされ、
官僚に取り込まれた自民党政権が復活して、
公務員改革が後退したのを機に、
渡辺よし美氏は離党し、みんなの党を立ち上げたのは、
記憶にあるだろうか?

官僚改革をしようとする政治家は、
マスコミやら脱税疑惑やら冤罪やら、
ありとあらゆる国家権力を使って、
犯罪者に仕立て上げて、放逐される。
結果、民主党政権も政権発足時とはまったく違うものになった。

官僚システムを抜本的に変革するには、
どうしたらいいのか、その方法論が見つからない。
ただこのままだと、
復興予算と称して他県の道路工事をしたり、
事業仕分けした予算が復活し、
中止した公共工事が再開され、
挙句の果てに、社会保障は削られ、
どんどん消費税増税され、
でも財政状態もよくならないという、
亡国まっしぐらになってしまう。

官僚システムを変えられるのは政治家しかいないが、
官僚に逆らう政治家は葬り去られる・・・。
官僚をバッシングしたところで、
国民が選挙で官僚を変えられるわけではない。
本当に困った事態。
でもここにメスを入れないと、
この先、どんなに政治家が変わっても、
この国はよくならないと思う。
さてどうしたものか・・・。


Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

by kasakoblog | 2012-10-04 23:55 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog