人気ブログランキング | 話題のタグを見る

原発誘致で財政危機に陥った柏崎市~原発麻薬の恐ろしさ

原発誘致で財政危機に陥った柏崎市~原発麻薬の恐ろしさ_e0171573_0132337.jpg
原発を誘致すると過疎自治体がボロ儲けできる。
だから死の町になるリスクとひきかえに、
過疎自治体は原発を必死になって誘致した。
ところが原発が4基もある新潟県柏崎市が、
数年前から財政が危機的な状況だと、
訴えているのをご存知だろうか?

NHKの「原発マネー」という番組によると、
みなさんの電気料金に上乗せされた「原発マネー」は、
全国の原発立地自治体にこれまで3兆円も貢いだという。
そのうち最も多くの原発マネーを享受したのが、
財政危機にあえいでいる柏崎市である。
なんと3000億円もの原発マネーが流れ込んだ。
どうりで日本の電気料金がバカ高いはずである。

わずか人口9万人の柏崎市に、
これまで3000億円ものあぶく銭が流れ込んだとするなら、
さぞ財政は豊かなのかと思いきや、
市の年間予算が521億円に対して、借金が573億円もあるという。

なぜ?
原発誘致すれば危険かもしれないけど、
ボロ儲けできるはずじゃなかったの?
とんでもないデタラメだった。

なぜ原発があるのに借金が膨れ上がったのか。
その原因の1つが原発マネーで作りまくった、
施設の維持費が巨額になることだ。

人口9万人の柏崎市には、
首都圏の人たちの電気代によって、
豪華な施設が次々と建てられた。

柏崎ソフィアセンター、柏崎市立博物館、
柏崎市産業文化会館、柏崎マリーナ、柏崎アクアパーク、
佐藤池運動広場などである。
また総事業費60億円もの大金をかけて作った、
「柏崎・夢の森公園」なるものもある。
この公園は東京電力の寄付=すなわち、
首都圏の人たちの電気料金によって作られた。
こんなことしているから電気料金が高いのだ。

こうして原発マネーによって、
たった9万人の地方の市には似つかわしくない超豪華施設ができ、
原発に対していい印象を持っていなかった地元民も、
「東電様のおかげ」「原発のおかげ」
と原発を許容するようになる。

しかしこれらの建設費を首都圏の電気料金でまかなったところで、
施設を維持するのは地元負担。
例えば我々の電気料金から16億円ピンハネしてできた、
柏崎市立博物館は年間の入館料収入が89万円に対し、
維持費がなんと8884万円。
当たり前の話だが、人口9万人しかいないし、
原発があるという印象の悪い町に、
大挙して観光客が訪れるはずもなく、
そもそも展示に魅力があるのかも微妙で、
当然のことながら、赤字続きになる。
こんな施設がいくつもあるのだ。

施設を作った時には、
公共事業として地元の土建業者が儲かる。
だから土建業者が原発大賛成の政治家を選ぶわけだが、
設備維持は市民の負担になる。
こうして原発マネーでやりたい放題作られた、
施設のせいで財政が悪化しているという。

そこで柏崎市は2010年になって、
「資産・債務改革プラン」を打ち出した。

「県内の他市と比較し、建物(コミュニティセンター・社会福祉施設)などの
財産の所有が多くなっています。
これは原子力立地地域として交付金などの活用により
数々の施設整備が行われたことが背景となっています。」
と原発マネーのせいであることが明らかにされている。
だから無駄な施設をどうにかしないと、
財政が大変なことになってしまうことに、
今さらながら気づいたのだ。

しかも原発は新設して運転した当初は、
莫大な固定資産税などが入ってきて、
自治体の財政を豊かにするが、
固定資産税は年々減少する。
原発誘致で財政危機に陥った柏崎市~原発麻薬の恐ろしさ_e0171573_0134721.jpg
1998年に固定資産税の収入は162億円あったが、
2008年には97億円まで減少している。
原発を作った当初はいいが、
どんどんジリ貧になっていくのだ。

だから福島でもそうだけど、
原発がなくても電気は足りるのに、
原発の地元民は次々と原発を新設しようと躍起になる。
まるで麻薬。
はじめに麻薬(原発)を打てば一生安泰なのではない。
麻薬の効果は時とともに減っていく。
でもその時のハイなテンションが忘れられず、
次々に新たな麻薬(原発)が必要になる。
でないと死んでしまうからだ。
でも麻薬(原発)を打ち続ければ、
もっと早くに死ぬ。再起不能だ。
それは福島で明らかになった。

一度あぶく銭でボロ儲けした自治体は、
生活レベルを下げることもできず、
オレたちは自分たちの使う電気じゃなく、
首都圏の電気のために犠牲になって、
原発引き受けてやってるんだから、
寄付金よこせ、新しい施設作れと、
圧力をかけるようになる。
完全にシャブ中毒患者の錯乱状態だ。

さらに柏崎市は2007年に中越沖地震が起き、
柏崎市の原発3基がクラッシュしてしまい、
311に関係なく原発を動かせない状況が続いていた。

原発は運転しないと金が入ってこない。
だから福島原発事故があって、
原発が安全だなんてデタラメだということがわかり、
死の町になるかもしれないというのに、
手っ取り早く金が入るためには、
柏崎刈羽原発がなくても首都圏の電気は余裕にもかかわらず、
地元としては何が何でも原発を再稼動したいのだ。

柏崎市議会議員は26人いるが、
原発反対を明確に打ち出しているのは、
矢部忠夫議員と高橋新一議員の2人しかいないと、矢部議員は言う。
原発誘致で財政危機に陥った柏崎市~原発麻薬の恐ろしさ_e0171573_014393.jpg

矢部議員は311以前から、原発反対を訴え続けている。
311があったにもかかわらず、
地元や東京電力やあらゆる原子力利権の亡者たちが、
柏崎刈羽原発を再稼動させようとしている動きに、
断固として反対を訴える。
それは「原発を誘致すれば町は発展する」というのが、
ウソだったことが明白になったからだ。

「原発を誘致して柏崎市は本当に豊かになったのか?
原発を新設し続けなければ、収入はどんどん減っていく。
人口は増えていない。企業だって増えていない。
むしろ原発があるからといって、
撤退する企業の方が多いぐらい。

原発がないと雇用が減るというが、
原発で働いているのは約5000~6000人。
うち柏崎市と刈羽村の地元民は半分の3000人ぐらい。
あとの半分は地元ではない。
そもそも廃炉になったところで、
まだまだやるべき作業はたくさんあるわけで、
きちんと廃炉になるまで、ある程度の雇用は必要になる。

そもそもこの先、原発を動かし続けても、
使用済み燃料プールが一杯になるのだから、
動かしようがない。
それを安全に管理する保証はどこにもない。

むしろこの先、また2007年のような中越地震が起き、
再稼動してしまったせいで、
福島の二の舞になれば、柏崎市は全滅してしまう。
だから今こそ柏崎刈羽原発を廃炉にしなくてはならない」

311を見れば、矢部議員の結論は至極真っ当だが、
再稼動することによって入ってくる、
目先の金にくらんだ地元民が未だに多く、
地元から脱原発が思うように進まない現状もある。

でも再稼動しようが、
原発を新設し続けない限り、柏崎市はジリ貧だ。
むしろ311が起きたことにより、
原発がある町だから行くのをやめよう、
柏崎の海で泳ぐのはやめよう、住むのはやめよう、
柏崎で作られたものは、
汚染されているかもしれないから買うのはやめようといった、
あらゆる二次的被害に方が大きいのではないか。

再稼動に目がくらむ原発自治体が多いが、
原発は作り続けない限り、町は豊かにはならない。
それどころか原発があることによる、町のイメージは最悪だ。
財政危機に瀕する柏崎市を教訓に、
他の原発自治体もこの先、100年続く町をつくるために、
何をすべきか今、考え直すべきだと思う。

・日本全国・死の町マップ
http://kasakoblog.exblog.jp/17743674/

・福井県はシャブ中患者。経団連は麻薬生産者、電力会社は麻薬の売人~原発は麻薬
http://kasakoblog.exblog.jp/18894243/

・一生、家に帰れない帰宅難民インタビュー~原発の恐ろしさ~
http://kasakoblog.exblog.jp/17677403/

・原発がないと電力不足?東電は原発依存度0%ですが何か?
http://kasakoblog.exblog.jp/18359346/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

by kasakoblog | 2012-10-09 00:23 | 東日本大震災・原発

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog