人気ブログランキング | 話題のタグを見る

病状が奇跡的に回復した驚くべき出来事~薬漬けにされる前に

今の医学は本当に患者や病気に向き合っているのだろうか?
薬や手術だけを過信してはいないだろうか?
いや、むしろ「金儲け」「経済」のために、
患者の回復や気持ちより、応急処置ばかりで、
結局は薬漬けすることを優先してはいないだろうか?
病状が奇跡的に回復した驚くべき出来事~薬漬けにされる前に_e0171573_1827928.jpg
10万人に1~2人とも言われる難病、
ギラン・バレー症候群の再発などにより、
今年3月に死ぬと言われたセラピストの與倉ひとみさん(46歳)の、
壮絶なる人生を以前ブログで紹介したが、
ひとみさんに11月4日に再び取材。
長らく続けている闘病生活の中、
病気の回復には何が必要かを知る上で、
考えさせられるエピソードを紹介したい。

ひとみさんはバレーボール選手の健康体だったが、
19歳の時に原因不明の高熱が続き、
2ヵ月間、生死をさまよった後、
両親が先祖のお祓いをしたことによって、
奇跡的に回復したという話を以前のブログで紹介したが、
ひとみさんが24歳の時に、
養父がじん肺により呼吸不全となり、
15年にも及ぶ闘病生活がスタートすることになった。

じん肺とは吸入した粉塵が肺に沈着することによって起こる病気。
トンネル工事などを行った作業員が、
きちんとした労働環境が整備されていないために、
粉塵を吸い込んだことで病気になってしまう。

国のために工事で働いた人が、
労災も認められず、しかるべき治療も受けられず、
病気になってしまって、働けない状況の中、
家族の治療費負担がかさみ、
どんどん死んでいってしまう患者も多いことが、
大きな社会問題となったが、
国や企業は長らくその非を認めず、裁判になっていた。
ひとみさんは3人の子育てや自身の病気との戦いとの傍ら、
養父の通院・介護・裁判などをサポートしていた。

しかし10年が経ち、養父の病状は悪化。
自分の力では呼吸ができなくなり、気管も切開。
人工呼吸で命をつなぎとめる植物状態となってしまった。

もう意識もなくなり、このまま死んでしまうと思ったところ、奇跡が起きた。
意識が回復したのである。
そのきっかけは養父がずっと懸案だった、
娘ひとみさんを実母に会わせることが叶ったからだ。

養父が植物状態になる半年前。
もうこの先、長くないと感じた養父は、
自分が死んだ後も娘ひとみさんが一人ぼっちにならないよう、
実母と会わせたいとの強い希望を持っていた。
しかし探す手立てがなく、
日本テレビのヒューマンバラエティ番組「嗚呼!バラ色の珍生!!」に、
実母を探してくれるよう、
ハガキを出して欲しいとひとみさんに頼んでいた。

ひとみさんは生後4ヵ月で養子に出されたため、
実母の記憶はまったくない。
養子だった話は中学2年の時に聞かされた。
それまで養父母が実の親だと思っていた。
本当の親のように養父母が育ててくれたこともあり、
自分からどうしても実母に会いたいという想いはなかったが、
養父が強い願いを持っているならと考え、ハガキを出した。

テレビ局から連絡があったのは半年後。
養父が植物状態になり、意識もなくなり、
容態が悪化したタイミングで、ひとみさんのもとに、
「実母が見つかりましたがどうしましょう?」との連絡がきた。
養父は家族以外は面会謝絶状態の状況で、
こんなタイミングで実母に会ってもどうだろうとも思ったが、
むしろ養父のために今こそ会うべきなのではと、
思い返して会うことにした。

ひとみさんの実母は19歳の時に未婚でひとみさんを生んだ。
生後4ヵ月になった時、
実母の両親は未婚で19歳の女性一人では育てられないと判断し、
実母に相談もなく、突然ひとみさんを養女に出してしまう。

実母はひとみさんに会いたい一心で、
娘の居場所を探しあて、
何度か養父母の家に押しかけた。
養父母は気持ちを察して、
快く実母をひとみさんと会わせてあげた。

とはいえ実母が会えるのはほんのわずかな時間。
自分が育てられないことを悔やみ、
養父母の家の庭でそっと泣き、
張ったおっぱいから乳を出していた。
それを養父が偶然発見してしまい、
不憫に思った養父は、
ひとみさんに実母からおっぱいをあげることを許した。

しかしその後、養父母があげるミルクを、
ひとみさんが一切受け付けなくなってしまった。
これはまずいと考えた養父は、
再度、訪れた実母に「もう二度と家に来ないでくれ」とお願いし、
やむなく法的な手続きもした。
実母は自分の存在が娘にとっても迷惑になっていることを知り、
逃げるように別の場所へと引っ越した。
以来、33年間、実母とひとみさんは会うことはなかった。

しかし養父は実母の面会を断ったことを、
致し方がないとはいえ、ずっと心苦しく思っていた。
だからこそ自分が死ぬ前に、
実母をひとみさんに会わせてあげたい。
できるなら実母に謝りたいとも思っていたという。

病院の外で実母とひとみさんが再会した後、
病院の許可を得て、
家族以外は面会謝絶の養父への病室へと2人で行き、
再会できたことを養父に報告した。
すると意識不明だった養父が目を見開き、
奇跡的に意識が回復したのだという。

信じられないドラマみたいな話だけど、
「病は気から」というように、
病気って肉体的な病状を科学的に薬で押さえ込むことより、
時に精神的な原因を物理的に取っ払ってあげることの方が、
はるかに効果があることもあるのではないか。

さらにこの話には後日談もある。
奇跡的に回復した養父だが、
逆に意識が回復したことで、
苦しみの闘病生活が再び始まってしまった。

主治医の先生は、この苦しい表情を、
なんとか和らげることはできないだろうかと考えた。
先生もひとみさんも安定剤やドーパミンを使うことで、
薬漬けにするのは反対だった。

主治医の先生はひとみさんに聞いた。
「養父さんはお酒は好きですか?」
「毎晩、晩酌するぐらい好きでした」
「ちょっとだけ飲ませてみましょうか?」

医者が患者にお酒を飲ますなどご法度なはずだが、
薬漬けにするよりも、苦しい状態を放置するよりも、
ほんの少量、好きな焼酎を飲ませてあげた方がいいのではという、
機転の利いた医師の判断により焼酎を「処方」したところ、
手を動かせないはずの養父の手が、
焼酎を入れたビーカーをつかんで飲み、
表情はみるみるうちに明るくなった。
以後、苦しい表情が和らぎ、
夜はぐっすり眠れるようになった。

好きなお酒がきいたのか、
今まで流動食しか食べれなかったのが、
ちゃんとした食事をとれるようにまで回復。
食事をとれるようになったため、
さらに回復力がつき、病状が格段に良くなったという。

意識不明の状態でもう手の施しようのない患者が、
ずっと長年懸案だった、娘と実母を会わせることを見届け、
薬ではなく長年好きだったお酒を飲むことで、奇跡的に回復する。
一体、治療とは何であろうかと思ってしまう出来事だ。

「上っ面ではなく患者さんのことを真剣に考える、
ホスピタリティ(もてなし)あふれる病院やお医者さんに出会えて、
本当によかった」とひとみさんは言う。

ただひとみさんはこうも言う。
「でも決してそんな病院ばかりではありません。
患者の状態を見ないで簡単に追い返してしまう医者もいれば、
点数稼ぎのために薬漬けや手術をしたがる医者も多い。
患者さん自身が自分の病気に対する勉強をしっかりして、
病気についての知識を身につけることと、
最低でも3人は別の病院の医者に話を聞くことで、
間違った処置をされずに済みます」とアドバイスする。

ひとみさんの養父が奇跡的に回復したのは、
家族以外、面会謝絶が原則にもかかわらず、
患者のためを思い、柔軟に対応し、
家族ではない実母の面会を許したことと、
薬ではなくお酒を飲ませたことだった。

そんなことは普通だったらしないだろう。
なぜなら後から責任問題になったらやっかいだからだ。
だからルール通りに対応し、薬漬けにし、
助かる命を助けられないケースもあるかもしれない。
治療とは何かを考えさせられるエピソードだと思う。

・・・・・
ひとみさんは養父の闘病生活や、
自身が4度も死にかけ、難病に何度もかかっている経験から、
「薬で人は治せない、治せるのは栄養学をベースにした自然治癒だ」
と考えており、それを実践したカウンセリング・施術が口コミで広まり、
プロスポーツ選手や芸能人などから、
カリスマセラピストとして評判になっている。

「私は何度も難病を患っており、今も治療中で、
今年3月に死ぬと言われたぐらいだから、
いつ死んでしまうかもわからない。
だからこそ死ぬ前に、医学に殺されないよう、
私が闘病生活で学んだ実体験や施術方法を、
多くの人に知って欲しい」という想いを持っている。
ただ難病のために手足が思うように動かしにくいため、
私が話を聞いて、ひとみさんの話を文章にまとめ、
多くの人に広める役割の一部を担うことになった。

ひとみさんの今回のエピソードは、
「偶然だ」と思う人もいるかもしれない。
でもみなさんも大小さまざまな病気をしている中で、
ここまで劇的な経験はなかったとしても、
薬ではなく、気になっていたことがなくなったとか、
好きなことができるようになったとか、
そういうことがきっかけで回復した経験はあるのではないか。
私は思い当たることがいくつかある。

ひとみさんは言う。
「多くの人は自分の体や病気のことに無知すぎる。
病気になったら病院や医者を妄信し、
それが正しいかどうかも吟味せずに、
選択肢や治療法や臨床に対して理解できるまで尋ねるという、
「知る権利」を放棄してあきらめている人々がたくさんいます。
だからこそ逆に、
病院や医者が全面的に悪いわけではないのに、
ろくに説明を聞いていなかったにもかかわらず、
訴えたりクレームを言ったりする人もいます」と。

「クスリは反対から読んだたらリスク。
薬だけに過度に依存する医療は、
間違っているのではないでしょうか。
医者だって万能ではなく不安もあります。
医者や病院のせいにする前に、
自分や家族の大事な体を守るために、
病気について患者さん自身がしっかり勉強し、
病気となった原因をきちんと調べることが大事です」

そんな話を今後も取材し、
継続的に発信していきたいと思います。
ひとみさんが命ある限り。

※難病にお悩みの方、セラピスト指導を受けたい方は
h.yokura@upshare.co.jp


・3月に死ぬと言われた難病患者の想いと壮絶な半生
http://kasakoblog.exblog.jp/19050331/

・12/16(日)14~16時に旅写真教室開催!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=523&cal=1

・11/17・18に山形酒田で講演&写真展&懇親会イベント開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/18936002/

かさこマガジン広告募集中!
http://kasakoblog.exblog.jp/19014801/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

by kasakoblog | 2012-11-07 18:27

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog