人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東日本大震災の再来地震。311の教訓をふまえた政党選びを~各政党のマニフェスト点検

東日本大震災の再来地震。311の教訓をふまえた政党選びを~各政党のマニフェスト点検_e0171573_1853737.jpg
見てください。この震度分布図を。
まるで東日本大震災の再来じゃないか・・・。

昨日から今日にかけて太平洋沖で地震が頻発しており、
今日午前中に「要注意!」とつぶやいていたが、
まさにその予想が的中してしまった。
もうすっかり311のことを忘れてしまっている人も多いと思うが、
日本は地震大国。
まだまだ大地震が起こる。
東北沖、関東だけでなく、
西日本の太平洋岸を襲う三連動など、
とてつもない大地震が起きる可能性がある。

日本に生きている以上、地震は避けられない。
311の地震・津波・原発災害を教訓に、
今後の日本社会をどう構築していくのか。
それが次の衆議院選挙で問われていることだろう。

民主党がマニフェスト詐欺であり得ない選択肢となった今、
なかには「やっぱり自民党に戻すしかないか」
という人もいるかもしれない。
また自民圧勝の予想が出たように、
民主も自民もイヤという人が多くても、
第三極で票の奪い合いをしているため、
漁夫の利で自民が大勝してしまうことは十分考えられる。

では自民党は一体どんな政策を掲げているのだろうか?
マニフェストを見てみた。

するとはじめの方でものすごくいいこと言っているわけです。
4つのアクションという具体策の前に、
自民党マニフェストではこう書かれている。

今後数年以内に、極めて高い確率で首都直下型や
南海トラフの巨大地震が発生すると予想されています。
東日本大震災を大幅に上回る被害があると指摘される中、
民主党政権ではいっこうに対策が進んでいません。
国民の生命と財産を守ることが政治の使命です。
私たちは、何よりも早期の復興と
国民の「命を守り抜く」防災対策を徹底します。

おお、その通り!
で、どんな防災対策をしてくれるのか?
というと、

「国土強靭化基本法」の制定による事前防災の制度化を実現

をしてくれるという。

おお、素晴らしいじゃないか。
自民党は311の教訓を重くみているということだろう。
では自民党が冒頭で指摘するように、
地震が頻発する日本で、福島原発事故を教訓に、
地震・津波による原発災害にどう対処するつもりなのだろうか?
私は26ページの自民党マニフェストを見ていったのだが、
どこまでいっても「原発」という言葉が出てこないのだ。

えっ、冒頭で、

国民の「命を守り抜く」防災対策を徹底します。

というのに原発に対する対策は??
26ページ中、原発についての記述が出てくるのは、18ページ目だ。
しかしこの18ページ目の原発の記述は、
単に事故を起こした福島原発の廃炉についての記載で、
今後、原発をどうするのかがまったく書かれていない。

さらにマニフェストを読み進めてやっと原発再稼動について、
記述が出てくるのが、
なんと26ページ中23ページ目だ。

原発の再稼動の可否については、順次判断し、
全ての原発について3年以内の結論を目指します。

えっ、3年?そんなにかかるの?
地震は待ってくれませんよ。
311の教訓はどうしたんですか?
「国土強靭化」といっているわりに、
断固、動かさないとかそういう結論じゃないというのは、
冒頭で指摘した地震に対する備えはしないってことですか?

では、他の政党は原発に対してどのような姿勢なのか。
自民党では原発という単語が出てくるのが、
26ページ中18ページ目だが、
民主党は24ページ中2ページ目。
未来の党は4ページ中1ページ目。
維新の会は8ページ中4ページ目。
みんなの党は32ページ中1ページ目だ。

自民党だけあきらかに原発がマニフェスト内で後回しにされている。
そんなことよりも経済政策が重要だという認識なのだろう。
でもそれにしても自民党のマニフェスト冒頭には、
首都直下型や南海トラフの巨大地震についての指摘までしている。
なぜ?地震がくると予想されているのに、原発政策は後回しなのか。
これでは「国土強靭」なんてできるわけがない。

ただ、これだけ地震が頻発しているのに、
原発を動かそうとしているのは自民党だけではない。
たとえば民主党は、5つの重点政策のうち3つ目に
「原発ゼロで生まれ変わる日本」
と大々的に脱原発を装っているが、
2030年代までにゼロ、すなわち、
2039年までは原発を稼動させようという解釈ができる。
実際に野田民主は大飯原発再稼動を強行させた。
「原発ゼロ」とうたっているが実質原発推進だろう。

血迷っているのが維新の会だ。
そもそも脱原発だったはずの橋下氏が、
原発大好き石原慎太郎氏とくっついてしまったが最後、
維新の会は実質、原発推進ともうけとれる姿勢だ。

「維新八策(各論)VER1.01」には、4400字を費やし、
実にこと細かくあらゆる政策が書かれているにもかかわらず、
原発について書かれているのは、わずか、
「先進国をリードする脱原発依存体制の構築」のみだ。

311後の日本を考える上で重要な争点である原発について、
わずかこれしかマニフェストにないというのは驚きだ。
自民と同じ「無関心」度合いだ。

みんなの党は、2020年代の原発ゼロを訴え、
原発コストが安くないといういかさまの指摘もアジェンダ内でしている。

東京電力福島第一原発事故を受け、
原発が安全、環境に優しいエネルギーであるという幻想は崩れ去りました。
同時に、「原発は安い」という言説の再考を促すこととなりました。
政府が過小に評価した福島第一原発の事故被害額、
廃炉費用等を精査したみんなの党の試算では、
原発の発電コストは、最高18円/kWh以上。
これは、政府試算の天然ガス火力発電コスト(10.4~10.8円/kWh)、
風力発電コスト(9.9~17.3円/kWh)を上回ります。
原発は今や市場原理によっても淘汰されるべき存在です。
それにもかかわらず、原発依存がやまないのは、
競争不在の電力業界にとってその方が利益になるからです。
その結果、国民に単なる金銭的なコストに留まらない多大な負担を課すこととなりました。
 電力自由化による市場原理での原発ゼロ、
これがみんなの党が掲げる新エネルギー戦略です。

としている。

共産党は即時原発ゼロを訴えている。

一番、原発についてしっかり考え、
具体策を明示しているのは未来の党だ。
わずか4ページの「約束」では、
ほとんどが原発についての記述に割かれている。

「ふくしまの原子力発電所の事故は終わっていません。
これを確実に終わらせて、着実に原発から卒業できる道を
示さなければならないのです」

「まずやるべきことは、大地を汚し、
ふるさとを奪う原発から卒業することです」

これだけ地震が頻発し、
311により原発事故がいかに社会に深刻な影響を与えたかを考えると、
このぐらいのトーンで各政党が始まるべきだと思うのだが、
これだけはっきり原発ノーを言っているのは、
主要政党では未来の党ぐらいか。

さらに自民も民主も維新も原発に対する具体的な政策がない中、
未来の党では、「卒原発カリキュラム」と題し、
http://www.nippon-mirai.jp/curriculum/index.html

・大飯原発は即時に稼働停止する(他の原発再稼働も認めない)。
・大間等の建設中を含む原発新増設を禁止する。

・東京電力株式会社は、現在の実質国有化を見直し、
法的整理(破綻処理)して3分割する(グッド=電力供給・バッド=損害賠償・ワースト=福島原発事故処理)。
合理化努力を怠り、賠償が不十分で経営責任・貸手責任を問わないまま、
事故のツケを税金と電気料金値上げという国民負担に転嫁し続ける状態に終止符を打つ。

・震災復興のために被災地のガレキ処理が重要かつ不可欠だが、
全国各地の国民に不安を与えている現状の広域処理は見直す。

とかなり具体的に踏み込んでいる。

・・・
もう311は国民は忘れてしまったのだろうか?
原発事故による深刻な経済損失を忘れてしまったのだろうか?
今日、東日本大震災を彷彿とさせる地震が起き、
311以後のことを思い出した人も多いのではないか。

これから何度ももっとすごい大地震が起こるだろう。
日本に生きている以上、地震は避けられないが、
国民の決断で原発事故は避けられる。

「かさこさんは政治についていろいろつぶやいていますが、
どこの政党に入れるか、結論は出ているのですか?」
という質問をよく受けるが、
上記を考えれば、
絶対に避けなければならないのは、自民、公明、民主、維新。
脱原発で具体的に進めてくれそうなのは、未来。
未来が小選挙区でいなければ、
みんなの党、共産党も選択肢に入るだろう。
未来、みんな、共産の3つ以外は私の中ではない。

ただ小選挙区では、これらの党が互いに争いあい、
そのために自民を有利にしていることも考えられるため、
小選挙区では死に票にならないよう政党を選択したい。

まだまだ地震は起きる。
今後、地震が起きても安全な社会を作る。
そのためにはいらない原発は止めるのが当たり前の話。

もし原発推進派が勝利し、地震が起きてまた原発事故が起きたら、
これは投票者の責任も含めて人災以外の何者でもない。

原発のために死の町になったところもある。
国民はちゃんとそのことを考えて、投票すべきだと思う。

・「かさこマガジン3」を年賀状代わりに無料配布!
http://kasakoblog.exblog.jp/19283082/

・12/16(日)14~16時に旅写真教室開催!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=523&cal=1

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

by kasakoblog | 2012-12-07 18:55 | 政治

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog