4000円も出して会社の人と飲む価値があるのか?

「飲み会を『お金がない』との理由で断る人は、
『あなたと話すことに3000円の価値もない』
と言っているのと同義だということを自覚しろ」
という大学新入生に向けたツイッターが、
大論争になっているという。

ふと社会人に置き換えたらどうだろうと思った。
会社の人と4000円も払って、
飲み会に行く価値はあるのだろうか?

会社帰りになんとなく同僚や上司や部下と、
飲みに行くのが習慣になっている人もいる。
もしくは会社のオフィシャルな飲み会で、
半強制的に参加を強いられる、
部や課ごとで開催されるものもある。
そういう飲み会に「嫌だな」と思いながら、
仕方がなく参加する人も多い。
でもみんな「嫌だな」と思っているなら、
飲み会なんかやめちゃえばいいのに。

やれ給料が上がらないだとか、住宅ローンが大変だとか、
子供の教育に金がかかるとか、
小遣い少なくて昼はマックだとか、
この先、この業界はまずいかもしれないとか、
普段からそんな愚痴ばかり言っているなら、
真っ先に飲み会の無駄を排除すべきじゃないのか。

居酒屋に行けば1人3000円、4000円とられるのは当たり前。
ちょっと高い店に行こうものなら、
下手すると5000円とかしたりもする。
一次会で終わればいいが、二次会も行けば、
さらに費用がかさむ。

居酒屋の相場がその値段だから、
感覚がマヒしているんだろうけど、
1回4000円も出すなら、居酒屋じゃなく、
普通のレストランに行ったら、
相当いいもん食えるよねとか思ってしまう。
まあそこで酒をがぼがぼ飲めば、
そんな値段じゃ済まないんだろうけど、
別に社内交流深めるんなら、
居酒屋じゃなく、会食とかでもいいんじゃないか。
もしくは飲み会に4000円も使うなら、
その金、節約して、昼にいいもん食べて、
もりもり元気に仕事した方がいいよねとか思ったりもする。

酒が好きな人はいい。
居酒屋に行って飲みたいだけ飲めばいい。
でもそれは飲んで愚痴を言うだけの吹き溜まりじゃないか。
何の生産性もない。
社内で誘われたから、つきあいで行っている人もいるだろう。
最近は女子の方ががぼがぼ酒を飲み、
若い男性の方が「ウーロン茶!」ってな感じだけど、
酒をそんなに飲まない人からすると、
夜=居酒屋っていうのはあまりに能がない、
短絡的な発想だなと思ったりもする。

久しぶりに会った友人と、
お酒を飲みながら近況語ったりとか、
親しい人とバカ話して楽しむなら飲み会もいいかもしれないが、
毎日顔合わせている社内の人と、
互いに気を遣い、互いにけん制しあい、
でもほとんどが愚痴ばかりで、
しかもまるで欠席裁判のごとく、
そこの飲み会に参加していない、
上司や部下や同僚の悪口言うだけだったり、
取引先の愚痴や会社の将来性のなさを、
ただひたすら傷をなめあうように、
貴重な夜の2時間、3時間をつかって、
4000円、5000円もかけるなんて、
費用対効果として考えた場合、人生の大いなるムダじゃないか。

社内の人と仕事が終わった後、
何か真剣な話とか前向きな話するなら、
別に居酒屋である必要はないわけで、
カフェとかレストランとかだっていいわけだ。
結局、酒好き、家族に相手にされない、趣味なし会社人間が、
社員を無理やり連れまわして、
無駄な浪費に付き合わせているだけとも思ったりもする。

話題になった大学生の3000円払って話す価値があるかないか、
という話と同様、
上司や同僚や部下と4000円も払って、
貴重な時間とお金を浪費してもいいのかどうか。
そこに見合う価値があるのかどうかを考えた方がいい。

特に古いタイプの人間は、
社員と飲めば親睦が深まり、
仕事がスムーズに行くと思い込んでいる。
もちろんそういう部分もあるかもしれないが、
何度も何度も意味なく飲み会に誘うことは、
かえって逆効果の場合もある。

社内の飲み会=断れない=際限のない時間とお金の無駄は、
積もりに積もるとバカにならないコストになる。
十分吟味し、費用対効果があるかどうかを考え、
社内飲み会の参加可否を真剣に考え直してみてはどうだろうか?

無駄な飲み会代が少しでも節約できれば、
その分のお金を有効に活用できる。

社内飲み会=4000円は仕方がないとあきらめる前に、
断る選択肢を視野に入れたい。

<お知らせ>
・4/14に老舗旅館で講演&写真教室&オフ会開催。参加者募集中!
会費3500円の価値ある会だと思います。現在約30数名が参加予定。
http://kasakoblog.exblog.jp/20003298/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/
かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)

by kasakoblog | 2013-04-12 21:35 | 働き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog