まだ株高でも円安でもない~10年スパンで市場を見る

日経平均株価1万3000円超えて株高だ!!!
1ドル99円になり円安だ!!!
なんて騒いでいるけど、
2008年秋のリーマンショック以降の「低迷期」と比べて、
直近で急激に上がったから騒いでいるだけで、
長期的に見たらはっきりいってバブルでもなんでもなく、
「まだまだ」という水準だ。

まず日経平均株価。
株式投資ブームにわいたのは2006年~2008年。
2005年に日経平均株価が1万10000円から1万6000円に急上昇したのを受け、
「日本株に投資していれば40%以上も値上がりした」
という上昇した結果が出てから、株がいいと騒ぎだし、
それに国民がのった。
「貯蓄から投資へ」とかホリエモンをはじめとしたM&Aブームもあり、
株が一挙に注目され、猫も杓子も株式投資を始めるようになった。
またこの時期、年金不安を煽ってリタイア世代には、
投資信託も大流行した。
e0171573_11442293.jpg
チャートを見ての通り、
2006年~2008年は1万6000円~1万8000円。
多くの人はこの水準で株を買ったり、投信を買ったりした。
でもこの時、多くのアナリストたちは、
「日経平均2万円突破は間近!」などと、
まだまだ上がる雰囲気に充満していたのである。

しかしこのバブルは2段階で崩壊した。
2008年はじめ。
リーマンショック前に世界同時株安があった。
さらに日本ではイカサマ強制捜査ともいうべき、
ライブドア強制捜査によるライブドアショックもあった。
日経平均は1万3000円まで下がった。
この時の感覚は、日本株が終わったかのような低水準というイメージだ。

そりゃそうだ。
1万6000円~1万8000円で購入したものが、
1万3000円になったら大損した気分になる。
この大損した気分になる1万3000円が今の株価の水準だ。
株高というにはあまりに「低い」と捉えることもできる。

しかしなぜ1万3000円でも株高だ!と騒げるかというと、
リーマンショック以前のチャートを見せないで説明したり、
多くの人がリーマンショック以前の株価水準を忘れているからだ。

日経平均が1万円割れを続けていたのが当たり前という感覚になり、
そこから比較して1万3000円という水準は、
とてつもなく株高なのである。

じゃあリーマンショック以降、日本株ズタボロ状態の時に、
株を買った人が多かったのかといえばそうではない。
みんな株バブルの時に買ってしまい、
貯金していれば1円も減ることがなかったのに、
株に投資したら半値以下になってしまった。
そんな状態で「よし、株をやるか!」という人は、
ほとんどいなかっただろう。

ほとんどいなかったからこそ株価が低迷した。
株価なんて企業の業績とはあまり関係ない。
みんなが株を買いたいと思えば上がるし、
みんなが株を買いたくないと思えば下がる。
ただそれだけの話だ。

というわけで日経平均が1万3000円という水準は、
直近の低迷期と比べれば割高だが、
2006~2008年のバブル期に比べたら、
到底バブルとはいえない低水準でもある。
直近の株価だけ見て上がった!下がった!と騒ぐから、
株でやられてしまうのだ。
10年ぐらいのスパンで今の株価水準がどの程度なのか、見た方がいい。

e0171573_114438100.jpg

さて次は為替相場。
1ドル=99円になって円安だ!輸出企業の業績急回復だ!
などと騒いでいるが、
これも10年のチャートを見れば、
はっきりいってまだまだの状況だ。
チャートを見てわかるように、
2003年~2008年まで、
1ドル100円以下になったことはない。
1ドル110円~120円の水準が続いていた。

だからちょっと前に1ドル99円になろうものなら、
マスコミは日本経済が終わったがごとく、
「1ドル100円割れの超円高!企業業績悪化か!」
などと大騒ぎしていたのだ。
ところがリーマンショック以降、
1ドル80円台が当たり前になったので、
そこと比較すると99円は超円安だ!と大喜びしているのである。

人間なんていい加減。
直近の比較でのモノサシしかはからない。
長期的に見て円安か円高なのか、
株高なのか株安なのかを見ない。
だから騙されるのである。

ちなみに貯蓄から投資への大号令のもと、
2006年~2008年まで大ブームになった、
外債投信や外株投信に投資した人は、
今の1ドル99円水準ではまだまだ大損状態だろう。
1ドル120円の時に投資商品買っちゃって、
それが1ドルまだ100円に満たないということは、
20%も下がったままなのだ。

つまり2006年~2008年の投資ブーム、資産運用ブームで、
株や投信に手を出した多くの人は、
株と為替のダブルパンチで、
今、世間が騒いでいる株価や為替相場でも、
まだまだ大損しているということだ。
かなり持ち直したとはいえ、
そういう人からみたら、株高・円安という感覚からは程遠いだろう。

マスコミも国民も短期的な視点でしかニュースをとらえず、
直近との比較で物を考えがちだが、
最低でも過去10年はさかのぼって、
その中で今の水準はどの程度のものなのか、
考えるくせをつけたい。

そうするときっと見えてくるものがある。
「この騒ぎって前にもあったよな・・・」

歴史は繰り返す。
過去を学ばないから、
人は過ちを何度も繰り返すのだろう。
過去に教訓はいっぱいつまっている。

<お知らせ>
・4/14に老舗旅館で講演&写真教室&オフ会開催。飛び入り参加者もOKです。
http://kasakoblog.exblog.jp/20003298/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/
かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)

by kasakoblog | 2013-04-14 11:44 | 金融・経済・投資

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog