2013年 04月 23日
最も怖いのはバブル崩壊ではなくバブルが終わらないこと
異次元の金融緩和を中心とするアベノミクスで、
株価が急騰し、円安が進行し、
マネー誌がバカ売れし、
一時は見向きもされなくなった株本コーナーが、
書店に復活し、一部では狂乱状態になっているわけだが、
でも多くの人たちは「どうせ参議院選挙まででしょ」
「バブルなんだから必ず崩壊するでしょ」と思っている。

バブルが崩壊したらそれはそれで大きな痛手になるわけだが、
株ブームでバブル狂乱とその暴落を数年前に経験した、
多くの人たちは、今は冷静に行動していると思うのだが、
実は最も怖いのは、予想通りどこかでバブルが崩壊することではなく、
このバブルが終わらないことなんじゃないかと、
最近、思い始めている。

バブルが終わらない。
例えば、日経平均が3万円になり、
不動産価格がはねあがり、
1ドル160円ぐらいになる世界。
はたしてこれは多くの人にとって素晴らしいことなのだろうか。

景気回復ではなく資産バブルに過ぎないとすれば、
いくら株価や不動産や物の値段が上がったところで、
賃金が上がるとは思えない。
株や不動産をたくさん持っている人はいいかもしれないが、
所詮、一般庶民が数十万円投資したってたかが知れている。

こうなるとせっかく年金不安、将来不安、バブル不安、会社不安から、
コツコツ貯めた預金もしくは現金の価値が、
暴落してしまう可能性がある。
バブルが崩壊してくれればいいが、
バブルが続くことの恐怖とはこのことだ。

異次元の金融緩和って、例えるなら、
成長戦略なき増資による株式の希薄化みたいなもの。
企業がたいした成長戦略もないのに、
株式を今の2倍にしますといったら、
既存の株主は激怒するはずだ。
なぜなら希薄化で暴落してしまうからだ。

でもアベノミクスの異次元の金融緩和って、
ようは現金や預金の価値を下げることに他ならない。
金融緩和してそれが新しい雇用を生むような、
新しい産業や成長産業に投資するなら、
成長した分、賃上げとか税収増とかになって、
ちゃんと国民にリターンが返ってくるわけだけど、
今の安倍政権のやっていることって、
成長戦略がないのに金をばらまいて、
現金の価値を下げてしまい、
ほらおまえら、現金や預金なんかで持っていると、
価値が半減するぞ!
さっさと株や不動産に金回さんかい!
と脅しているようなもので、
やっぱりもし本当にそうなるようだったら、
またしても世界の経済危機による大暴落のリスクを犯してでも、
株や不動産になけなしの金を注ぎ込まざるを得なくなる。

これぞまさに終わりなき資産バブルであり、
これがアベノミクスの真の狙いでもある。
リーマンショックでキャッシュイズキング(現金は王様)
であることがわかったのに、
こども銀行のごとく紙幣をばらまいて、
グレートローテーションなんてかっこいい言葉使って、
どんどんリスク資産に資金を還流させようと、
そういうことだ。

その資金を有効に活用してくれるならともかく、
金の使い道は株か不動産への投資しかなく、
どんどん株価も不動産価格も上がっていくという、
まさに20年前のバブル再来だ。
しかも恐ろしいことに異次元の緩和だ。
ある金融機関の人は「キチガイ沙汰だ」といっていた。
でもこのぐらい思い切ったことをすると、
副作用だろうが劇薬だろうが、
永遠にハイテンションのまま、
普通のテンションに戻れないという恐怖もある。

個人的には昨年仕込んだJREIT(不動産投資信託)や外貨預金は、
早いと言われようが、さっさと年初に利益確定してしまったわけだけど、
でもちょっとこのキチガイぶりは恐ろしい。

バブルが崩壊してくれるならいいが、
バブルが崩壊しないことの方が恐ろしいと思いながらも、
北朝鮮、中国、インド、中東、アメリカなどなど、
世界がきなくさい匂いで充満しており、
さらに日本でも世界でも地震が多発しており、
いつまた有事が起きるかわからない世界情勢の中で、
有事が起きたら世界同時株安と同時に、
「有事の円」が復活し、
円が買われて円高になる逆流現象も十分あり得ると思うと、
非常にどっちつかずで困ったなと思っている。

バブルが崩壊するよりバブルが終わらない方が怖いというリスクも、
視野に入れておいた方がいいかもしれない。

・「かさこマガジン3」無料配布中。
欲しい方は、郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数をメールください。
kasakotaka@hotmail.com

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-04-23 01:46 | 金融・経済・投資


<< 30分8000円の手相鑑定をや...      ノマドワーカーを実現する私の必... >>