人気ブログランキング |

他人の評価なんてあてにならない~断られた時こそチャンス

「レコード会社に曲を持ち込んだが、
『こんな暗い曲は売れるわけがない』と言われ、
40社以上のレコード会社から断られた。
でもそのおかげで、インディーズで出したので、
作詞作曲だけでなく、原盤印税、出版印税、
二次使用料、レンタル使用料など、
自分のところに直接お金が入ってきて、
22億円もの収入を得た。
今も年間1200万円のカラオケ使用料が入ってくる」

かつてミリオンセラーを記録した「ロード」を出した、
高橋ジョージ氏の話をたまたまテレビで見た。
インディーズで出したとは知らなかった。
しかしそのおかげで億万長者になったとは。
レコード会社の音楽を見る目がなかったおかげだ。

そういえば、今、以前に大ベストセラーになった
「週4時間だけ働く。」という本を読み始めたのだが、
ここにははじめの部分でこんなことが書かれている。

アメリカの27社の出版社に企画を持ち込んだが、
26社に断られた。

ところがこの本は瞬く間に大ベストセラーとなった。
本のプロのはずの出版社も、
26社は見る目がなかったということだ。
でもたった1社、この原稿に可能性を感じた出版社のおかげで、
この世に出すことができ、ベストセラーになった。

人はどうしても他人の評価を気にしてしまいがちだ。
就職活動なんかやっていて、
受けても受けても落とされると、
自分を全否定されるような気持ちになってしまうだろう。
就活自殺なる言葉まで出てきている。

でも上記の例を見ればわかるように、
はっきりいって世間の評価なんて極めていい加減だ。
プロを気取ってみても、本当の良さを見抜ける人間など、
はっきりいって皆無だ。

筆記試験のような明確な正解・不正解があり、
客観的に点数評価ができ、他人との比較が容易なものは、
残念ながら社会に出るとほとんどない。
もっともらしい理由をつけて、
低評価をして断られたところで気にすることはない。
こんな見る目のないバカな奴らのところに、
お世話にならなくてよかった。
自分の良さをわかってもらえるところがきっとあるはず。
ないなら自分でやればいいぐらいの気持ちで臨むのがいい。

また「ロード」の例のように、
すべてに断られたからこそ、
ヒットした後も、今に至るまでも、
人生にとって大きなプラスになる場合もある。
断られたら断られたで、
マイナス思考にならず、いい方向に考えたい。

若い頃はすぐに成功したいと焦ってしまいがちだ。
でも焦る必要はない。
高齢者で人生が残りわずかではないのだから。
そして無理に流れに逆らう必要はない。
結果は結果として受け止め、
それは自分の人生にとって何らかの必然だと思えばいい。
他人の評価から見ると低かったとしても、
それをむしろバネにして、
成功できる確率が高まるはずだ。

私も中央大学法学部を卒業しながら、
就職氷河期でサラ金にしか就職できなかった時は、
「人生の敗北」とまで思った。

でも今になって振り返ってみると、
大手サラ金で2年働いた経験は実に大きい。
取材現場でも多少のことでは動じないし、
金融という恐ろしい仕組みもよく理解できた。
何よりここでの営業経験が、
フリーランスでどう営業していくかに役立っている。
サラ金勤務のおかげで本も何冊か出せた。
「人生の敗北」どころか、最高の人生経験だった。

とはいえ30代の私自身にも焦りがあった。
もっと本を出せるネタは十分あるのに、
なぜ出版社の色よい返事がもらえないのだろうとか、
ブロガーとして力を入れて、毎日記事を書いているけど、
中身が薄いけど釣りタイトルがうまいブロガーの方が、
なぜ有名でPVも多いんだろうとか。

でもなんか今はそういうのは気にならなくなった。
まだ時がきていないんだと。
地道に努力して、地道に勉強し、
そしてしかるべき営業努力もすれば、
必ずもっと多くの人にいろんな「メディア」を使って、
発信できるようになるだろうと。

そんな気持ちを後押ししてくれたのは、
たまたま仕事で名古屋に行ったついでに、
知人から紹介してもらった手相師のところに行き、
手相をみてもらったこと。

「40歳ぐらいまでは修行期間ですね~。
でもその後はすごい活躍しますよ!」

たかが手相だし、リップサービスの気休めだとしても、
今の自分の置かれた環境や立場や実力を考えると、
まさにそういうことになるんだろうなと思う。

一番怖いのはすぐに注目して成功することではなく、
たいした実力もないうちに注目されてしまい、
一発屋で終わってしまい、成功が持続しないことだ。

そう考えるとまだまだ修行でいい。
まだまだ勉強することはあるし、
地道に努力を積み重ねていく時期でもある。
心折れずに、しっかりそれをやっていけば、
いつか必ず日の目を来る時があるだろうなと。

みなさんも他人から納得のいく評価がもらえなかったとしても、
自分が望む結果にならなかったとしても、
きっとそのことには必ず意味があり、
プラスに転じるチャンスがたんまり練りこまれいる。
そこでぶーたれてモチベーション下げて、
やる気を失ってしまうのではなく、
逆境だからこそできること、
望まない立場にいてもできることを、
しっかり続けていけば、
いつか必ず自分の思い描く生活ができるようになると思う。

ピンチはチャンス。
他人の評価なんてほんとクソだから、気にしなくていい。
大事なのは持続する情熱。
自分を信じて自分の努力を、
いつまで続けていけるかにかかっている。

・社長の嫌がらせのおかげでフリーになれた私の話
http://kasakoblog.exblog.jp/17319007

・パワハラ上司のおかげで会社を辞めて手相師として独立~パラレルキャリアの見本
http://kasakoblog.exblog.jp/20368151

・イヤな上司のおかげで人生好転!~33歳の女性Tさん~
http://kasakoblog.exblog.jp/16078184/

・すごい人発見!セルフマガジンを作成した26歳のイラストレーター
http://kasakoblog.exblog.jp/19542916

・「かさこマガジン3」無料配布中。
欲しい方は、郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数をメールください。
kasakotaka@hotmail.com

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

by kasakoblog | 2013-05-04 23:18 | 生き方

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog