人気ブログランキング | 話題のタグを見る

被災者に恵んでやるという驕り意識と勘違い障碍者擁護の相似形

乙武氏騒動の件で思ったことは、
被災地取材で感じた違和感と同じだなということだった。

被災者=弱者=恵んでやらなければならない。
障碍者=弱者=誰よりも優先しなければならない。

このように考える人は、いい意味で捉えれば「まじめすぎる」人なのかもしれないが、
はっきりいって思い込みが激しく、
先入観でしか物事を判断できず、
個別事情を見ない思考停止人間だと思う。

東日本大震災の取材をしていた時のこと。
ものすごく違和感を覚えたことがあった。

東京から来ているあるボランティアは、
ろくに貯金もなく、給料も決して多くなく、
でもブラックに近い業界に働いているので、
平日は朝7時から23時過ぎまで毎日働いていた。

でも震災が起きて「津波で家が亡くなった人がいるのに、
何もしないなんて自分が許せない」と感じ、
なけなしの金を交通費に使い、仕事で疲れているのに、
何度も土日にボランティアをしていた。

で、そのボランティアがお手伝いしているある被災者は、
津波で家を亡くしたものの、
これまで働いてきた貯金もあるし、年金もたんまりあるし、
義援金も入るので金銭的にはまったく困っていない。

金も時間もない東京の若いボランティアが、
土日をつぶしてがれきの片付けとか避難所の手伝いとか、
懸命にやっている。
でもその被災者はというと、朝から毎日のように酒を飲み、
若い女性ボランティアを長時間捕まえて話し相手にさせ、
津波にあった際の避難自慢話を何度も繰り返す。

そんな状況を見て思うわけです。
これでいいのだろうかと。

確かに大変な災害にあった。
話し相手も欲しいだろう。
多少の酒も必要だろう。
でも金も時間もない若者が、
懸命に被災地のために働いているのに、
何カ月も酒飲んでいるだけで、
復興作業を手伝いもしないという状態が続く。

「家を流された」という最強の切り札を言えば、
みな「かわいそうだ」と同情してくれるから、
金もあるのに何でも寄こせと、
必要以上に支援物資をためこみ、毎日酒を飲んでいる。

中にはパチンコに行く被災者もいた。
いやもちろんパチンコに行ってもいいと思うんですよ。
でもさ、毎日のように入り浸ってパチンコしてる。
ボランティアが膨大な復興作業を無償でしている中で。
少しは手伝えよと思うわけです。

でもそんなことはみんな言えない。
なぜなら被災者だから。
被災者は弱者だから。
被災者を批判しようものなら、
頭の固い連中から大バッシングを受ける可能性があるから。
「かわいそうな被災者を批判するとは何事か!」と。

だから一部のボランティアは、
この状況におかしいと感じながらも、
声を上げることができない。
声を上げたら弱者を叩く悪い者扱いされ、
現場を知らない無知な世間からバッシングされるからだ。
もしくは自立支援なき自己満足ボランティアから叩かれるからだ。

今回の乙武騒動もそれに近いものを感じる。
どんなことがあろうとも障碍者を批判することは許されない。
すべて悪いのは健常者だ。
と思い込んでいる人たちがごく少数いる。
でも少数でも「声のでかい人」だと、
世論はそっちに流されやすい。

「障碍者をないがしろにするとは何事か!」
という声の前に、誰もぐうの音が出ない。
だから多くの人は「いくらなんでも今回のはおかしいんじゃない?」
と思ってもそんなことは口に出せない。

でも今回ブログを書いて、そのリアクションを見ると、
想像以上に多くの人が、「これはおかしい」と思っていた。
自分の立場では言えないけど、
代弁してくれてありがとうという人が多い。

実は多くの人が「おかしいな」と不満を持っているのに、
バッシングを恐れて表立ってはいえず、
いかにも「被災者にやさしい」「障碍者にやさしい」フリして対応している。
それは相手への尊厳などではなく、
クレームが怖いからイヤだけど仕方がないという、
とても消極的な理由からだ。

こういう態度で接すると相手は二極化する。
1つは、どんどん俺様化し、
何でもお前らがやるのが当然という驕りを持ち、
ますます横柄になり、無理難題を言うようになるタイプ。
このタイプは学習して知ってしまっているのだ。
「騒げばこいつらは言うことを聞くはず」だと。

もう1つは、わざとらしい対応に気づいてしまい、
余計に社会に出るのがイヤになってしまうタイプ。
ああ、表面的に親切にしてくれてるけど、
これ本音ベースでやってないよね。
店の裏とかで「面倒くせえんだよ。やっかいだな」
とか絶対言っているよね。
優しくしてくれるのは、騒がれるとクレームになりかねない
「社会的弱者」だからという理由だよねと。

こんな建て前と本音を使い分ける社会が幸せなのだろうか?
客側は表面的には何の文句もないけど、
でも奥底では違和感を覚えている。
店側も世間的な圧力から仕方なく対応しているけど、不満を持っている。
そんなのうまくいっているように見えて、
ぜんぜんうまくいっていないじゃないか。

だからほんとは一人一人が声を上げた方がいい。
相手が被災者だろうが障碍者だろうが、
有名人だろうが政治家だろうが、
「これはあなたがおかしいのでは?」
「さすがにこれには対応できません」
と毅然とした態度をとる。

そうすれば要求がエスカレートになる勘違い客は減るだろうし、
他のお客さんに迷惑かけないで済む。
何よりも「社会的弱者」を上から目線で、
仕方なく助けてやってやるという態度ではなく、
フラットな視線で接することができる。
そしたら相手も気持ちいいじゃないですか。
あ、この人、変な色眼鏡で私のこと見てないなって。

でも世間のバッシングが怖いから言わない。行動しない。
それは両者にとって不幸なこと。
もちろんどういう言うか、誰がどんな形で言うかは、
対応を間違うと大変なことになるが、
でも接客とは何も客に媚びればいいってもんじゃない。
おかしなことはおかしいと、
世間のバッシングなんか恐れずはっきり言うべきだ。

それを頭ごなしに批判するたちのわるい人もいるだろう。
でもきっと多くの人は、
「よくぞいってくれた」と思うはずだ。

みんなが黙っていては社会はよくならない。
おかしいことはおかしいという。
その一つ一つの積み重ねが、
互いが気持ちよく暮らせる社会に近づく。

ぜひ今回の件をきっかけに、
おかしいと思うことは、勇気を持って、
それぞれの仕事場で言うべきだと思う。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

by kasakoblog | 2013-05-24 14:38

好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾主宰。撮影と執筆をこなすカメラマン&ライター。個人活動紹介冊子=セルフマガジン編集者。心に残るメッセージソングライター。


by kasakoblog